最終更新日時 2019/02/26

今、全国各地に古民家をリノベーションした宿が増えています。中でも、古民家の良さを活かしながら、贅沢に設えられた旅館が人気です。歴史を感じる重厚な館から田舎の農家をリノベーションしたものまで、ゆったりとした贅沢な時間を過ごし、美味しい料理も味わえるおすすめの古民家の宿を紹介します。

1. 温泉御宿 龍言

出典:Relux|温泉御宿 龍言

越後湯沢の奥座敷・六日市温泉にある「温泉御宿 龍言」は、上杉景勝・直江兼続生誕の地である坂戸山のふもとに、近郷の庄屋や豪農の館を移築した旅館です。豪壮な黒い長屋門をくぐると、約200年前、文政年代の建物の茶の間をそのまま利用したロビー「幽鳥の間」が、お客様を迎えてくれます。坂戸山を借景とする大庭園は約4,000坪の広さで、緑豊かな庭園の水辺には、鴨や錦鯉の姿がうかがえ、四季折々に美しく移り変わる花木や紅葉、雪景色を堪能できます。

出典:Relux|温泉御宿 龍言

客室は、本館、御居間屋敷、離れの3タイプがあります。本館の囲炉裏がきってある部屋では、冬の時期には置き火をして、雪国らしい何とも言えない風情を楽しむことができます。本館奥の大庭園に面する御居間屋敷は、大庭園の美しい景観を楽しめ、夜ともなるとライトアップされた幻想的な雰囲気に浸れます。龍言自慢の大庭園の一角に佇む離れ「明玉庵」は、茶室付で、表は大庭園、裏手には坂戸山の杉林と湧水の小川のせせらぎが聞こえてきます。

出典:Relux|温泉御宿 龍言

大庭園露天風呂をはじめ、絶景の貸切風呂、土蔵造の大浴場と自然と歴史を感じる男女合わせて8つの風呂を楽しめます。大庭園露天風呂「和楽の湯」は、日本庭園の池と見違うほどの美しい風呂で、外の爽やかな空気を感じながらゆっくり温まれます。特に、冬の雪見風呂がおすすめです。当地に伝承されてきた趣のある平屋の土蔵造りの大浴場「圓の湯」では、打たせ湯も楽しめます。大小二つの貸切露天風呂もあり、朝な夕なに、湯を楽しむことができます。

施設名 温泉御宿 龍言
所在地 新潟県南魚沼市坂戸79
詳細情報 https://rlx.jp/26358/
参考価格 27,000円〜/1名様あたり(税・サービス料込み、1泊2食付2名利用時)

2. あずみ野 河昌

出典:Relux|あずみ野 河昌

北アルプスの麓、安曇野と白馬の中間に位置し、立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口として知られる大町温泉。「あずみ野 河昌」は、安曇野地方に伝わる木の温もりを感じる本棟造りの古民家を大町温泉に移築・再生した旅館です。2,200坪の広大な敷地に客室は10室だけ、全室庭園に面し、平屋建てならではの落ち着いた滞在を楽しめます。庭には、春は福寿草やかたくり、夏は撫子や桔梗、秋は野菊や竜胆など、さまざまな山野草が咲き誇ります。

出典:Relux|あずみ野 河昌

白い土壁と古木のコントラストが映える趣のある客室は、檜の半露天風呂付の特別室「常念の間」や、8名まで宿泊できる三世代旅行におすすめの「高瀬の間」、ゆったりとした2間続きの数寄屋和室の「黒部の間」、L字型の広縁のある「立山の間」など、さまざまなタイプが用意されています。湯量豊富な2つの露天風呂と内湯は、源泉かけ流しで24時間入浴可能です。床は滑りにくい十和田石を使っています。湯冷めせずに、身体の芯からポカポカ温まる効能豊かな湯を満喫できます。

出典:Relux|あずみ野 河昌

「あずみ野 河昌」は、大町市内で古くから割烹を営んできた料理自慢の宿です。イワナのわたを熱した石の上に乗せて焼く「イワナわた石焼き」や新鮮な「イワナの活き造り」、信州名物の「馬刺し」など、自然豊かな安曇野の食材をふんだんに使用した創作料理の味を堪能してください。必ず食べていただきたいのが、ここでしか味わえない幻の麵「おざんざ」。塩を一切使わず納豆の酵素をつなぎに用い、地たまごや大町のおいしい水で練り上げられています。つるつるとした喉越しがクセになる逸品です。

施設名 あずみ野 河昌
所在地 長野県大町市大町温泉郷2860-1
詳細情報 https://rlx.jp/21067/
参考価格 17,280円〜/1名様あたり(税・サービス料込み、1泊2食付2名利用時)

3. 季節の料理と古民家の宿 竹林奏

出典:Relux|季節の料理と古民家の宿 竹林奏

「季節の料理と古民家の宿 竹林奏」は、都心から車で2時間、南房総・勝浦にある1日2組限定の隠れ宿です。車で30分ほどの場所には、紅葉で有名な養老渓谷があります。素朴な里山と竹林に囲まれた1,200坪の敷地に建つ築100年余りの古民家の母屋と蔵をリノベーションした宿で、それぞれ1棟貸切なので、誰にも気兼ねすることなくのんびり過ごすことができます。

出典:Relux|季節の料理と古民家の宿 竹林奏

母屋の寝室は、広々とした16畳。6名まで宿泊できるので、グループや三世代旅行におすすめです。竹林を眺めながら檜風呂に浸かり、小鳥のさえずりや竹林のそよぎに耳を傾けると、日常の疲れから解放されます。2階建の離れの蔵は、1階はおくつろぎスペースとして、2階の洋風に改装した寝室には、ツインベッドが置かれています。お風呂は、別棟にある専用家族風呂で、ゆっくり楽しめます。

出典:Relux|季節の料理と古民家の宿 竹林奏

夕食は、母屋の個室ダイニングで、新鮮な魚介など、勝浦を中心に各地から取り寄せた厳選素材を囲炉裏焼コースを味わいます。勝浦産のアワビや箸で切れるほど柔らかい和牛、地元で獲れた季節の野菜を炭火焼でいただきます。炭火焼のほか、前菜から蒸し物、お造り、揚げ物、デザートまで、四季折々の心を込めた献立を味わってください。朝は、囲炉裏で焼いた香ばしい焼きおにぎりや干物など、素朴だけど味わい深い朝食が味わえます。

施設名 季節の料理と古民家の宿 竹林奏
所在地 千葉県勝浦市大楠791
詳細情報 https://rlx.jp/24764/
参考価格 25,000円〜/1名様あたり(税・サービス料込み、1泊2食付2名利用時)

4. 阿蘇乃やまぼうし

出典:Relux|阿蘇乃やまぼうし

「阿蘇乃やまぼうし」は、阿蘇・大観峰の麓、ロケーション抜群の場所に位置する古民家の宿です。清流・紅地川が流れ、宿の前には、合鴨米の田んぼが広がります。大自然の透きとおった新鮮な空気と水は、日常の喧騒と旅の疲れを癒してくれます。6月中旬ごろには、たくさんの蛍が舞い、幻想的な光が楽しめます。夕刻からの雰囲気もステキで、夜になると満天の星空が広がります。

出典:Relux|阿蘇乃やまぼうし

客室は全4室、120年前の古民家をリノベ―ションした平屋と2階建ての蔵の2つのスタイルがあります。2間続きの和洋室がある平屋造りの部屋は、家族旅行や女子会旅行に、2階建ての蔵造りの客室は、9名まで宿泊可能なので、大人数のグループ旅行や三世代旅行におすすめです。2階の隠れ部屋の寝室は、子どもに大人気です。各タイプの客室には、露天風呂と石切りの内風呂が完備されています。女将が心を込めて沸かした五右衛門風呂を楽しめる客室もあります。

出典:Relux|阿蘇乃やまぼうし

夕食は、食事処の囲炉裏端でいただきます。厳選肉厚あか牛や地鶏などの肉盛り、阿蘇名物の手作り味噌を塗った味噌田楽、ピチピチの山女魚の塩焼き、だご汁、自家栽培の旬の野菜、地鶏の釜めしなど、阿蘇でしか味わえない郷土料理を堪能できます。宿の前で収穫した合鴨米のみで造られた自家製のどぶろくは、まろやかで女性でも飲みやすいと評判です。朝食は、田舎のおかずが10種類以上並び、釜でふっくらと炊き上げた合鴨米と一緒にいただきます。

施設名 阿蘇乃やまぼうし
所在地 熊本県阿蘇市湯浦718-1
詳細情報 https://rlx.jp/21119/
参考価格 19,800円〜/1名様あたり(税・サービス料込み、1泊2食付2名利用時)

5. 花の雲 別荘

出典:Relux|花の雲 別荘

「花の雲 別荘」は、伊豆高原の麓に広がる約3,000坪の森の中に佇む2棟の離れだけの隠れ宿です。伊豆屈指の景勝地・城ヶ崎海岸を望む高台に位置し、デッキの向こうには穏やかな海と空が広がり、遠くには伊豆大島のシルエットを眺めることができます。伊豆高原を吹き抜ける風を感じながら、贅を極めた最上のプライベート空間でのんびりと寛げる大人のためのスイートヴィラです。

出典:Relux|花の雲 別荘

長野、群馬から築100年の古民家を移築した2つの客室「閑」と「悠」は、どちらも土壁と剥き出しの梁が室内を柔らかく包み込んで独特の雰囲気を醸し出しています。100㎡の広々とした空間には、家具の彫刻家とも呼ばれたデンマークの家具デザイナー・フィン・ユールによるアンティークな椅子など、すべてオリジナルの家具・調度類が用意され、和の建材と洋のインテリアの見事な調和が、心安らぐ空間を創り出しています。。広大なウッドデッキには、伊豆石と檜の3×2mの大露天風呂、一段上がったところにベネチアンタイルを貼った内湯展望風呂があり、爽やかな風を感じながら極上の湯に浸れます。

出典:Relux|花の雲 別荘

夕食は、駿河湾で獲れた桜エビやのどぐろ、シマアジなど、伊豆の旬の食材を使用した「創作京懐石」をいただきます。京都の料亭で修行した板長の、こだわりの味と盛り付けを堪能してください。朝食は、炊きたてのご飯に、熱いお味噌汁に加えて、時期によって変わる季節の6品が岡持ちで供されます。

施設名 花の雲 別荘
所在地 静岡県伊東市富戸925-48
詳細情報 https://rlx.jp/23592/
参考価格 53,000円〜/1名様あたり(税・サービス料込み、1泊2食付2名利用時)

6. 宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館

出典:Relux|宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館

古き良き日本の佇まいが今もなお色濃く残る北国街道・海野宿。「日本の道百選」や「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された町並みは、道の中央に用水が流れ、江戸時代の宿場の建物と、明治以降の養蚕づくりの建物がよく調和し、生活感が色濃く残る静かな宿場町です。軽井沢や上田、別所温泉にも近く、観光の拠点としてもおすすめです。2014年にオープンした「海野宿 ふる里館」は、都会の喧騒から離れて、ゆっくりと静けさを楽しめる1日2組だけの宿。格子戸のはまった家並みが並ぶ通りの一角に佇んでいます。

出典:Relux|宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館

昭和初期に建てられた伝統的建築物群に登録されている建物をリノベーションしています。昭和モダンをコンセプトにシンプルで贅沢に設えられた客室は、1階は和室、2階は寝室のメゾネットタイプになっています。2階の寝室からは、街道を見渡せます。4名まで宿泊できる「胡桃」と2名までの「山桑」があり、夫婦やカップル、母娘旅におすすめです。お風呂は、温泉ではありませんが、全面檜張りのお風呂は、清潔で気持ちよく入浴できます。

出典:Relux|宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館

「海野宿ふる里館総合施設うんのわ」内に併設されている宿なので、食事は、施設内のレストラン「dining楽」でいただきます。明治時代に建てられた古民家をリノベーションしたもので、くるみ材をふんだんに使用した落ち着きある店内には、当時使われていた道具や家具が置かれ、趣のある雰囲気を醸し出しています。夜になると、中庭を中心に施設全体がライトアップされ、歴史を感じる幻想的な雰囲気の中で食事を楽しめます。信州牛、信州サーモン、信州米豚など、信州の食材にこだわったコース料理は、ぜひ、厳選した地元産のワインと一緒に味わってください。朝は、自家製の豆腐や鮎の干物、八重原米の焼きおにぎり、ほうとうなど、地元の特産を活かした朝食を味わえます。

施設名 宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館
所在地 長野県東御市本海野1013
詳細情報 https://rlx.jp/21774/
参考価格 26,800円〜/1名様あたり(税・サービス料込み、1泊2食付2名利用時)

古民家の宿でゆったりとした贅沢な時間を過ごしましょう!

古民家をリノベーションしたおすすめの宿をご紹介しましたが、いかがでしたか?温泉地、森の中、旧街道など、バラエティー豊かな立地に建つ古民家の宿。重厚感漂う佇まいから、田舎の素朴さを感じる古民家まで、さまざまな歴史を感じる宿がありますね。ぜひ、お気に入りの古民家の宿に泊まって、ゆったりとした贅沢な時間を過ごしてくださいね。

特集

2020/01/22金魚のように揺蕩うふたりだけの濃密な時間 ──1日3組限定の露天風呂付ラグジュアリーヴィラ Yufuin Luxury Villa zakuro

2019/12/16【宿泊体験】子どもが主役になれる!レゴランド®・ジャパン・リゾートステイ

人気記事