最終更新日時2019/02/27

日本には先人たちが切り開いた道が、今もなお残されています。そこで今回は、日本三大古道と呼ばれる「熊野古道」「奥の細道」「中山道」をご紹介します。少し足を伸ばして、歴史ある古道を歩いてみませんか。

熊野古道

@bertybert974が投稿した写真


熊野古道は、三重県・奈良県・和歌山県・大阪府を通る参詣道です。古来より、上皇や女院など高貴な身分から庶民にいたるまで多くの人々が参拝してきました。2004年に紀伊山地の霊場と参詣道の一部としてユネスコ世界遺産に登録されました。

Atsushiさん(@daralin)が投稿した写真


発心門王子が熊野本宮大社の入り口とされています。歩くコースがいくつかあり、またガイドツアーもあるので初心者の方でも参拝することができます。

yaenoさん(@saku03302013)が投稿した写真


一番歩きやすいとされている発心門王子〜熊野本宮大社のコースは、石畳が残る古道や棚田、茶畑、集落の中の道など美しい景色を楽しめます。森林の中を歩き、心癒されてみませんか。

@mykaboが投稿した写真


熊野本宮大社は今から2000年前に神が祀られたとされています。平安時代に熊野詣が盛んになりました。後白河上皇や後鳥羽上皇など数多く参拝されています。「世界遺産熊野本宮館」や世界遺産に登録された入浴ができる唯一の温泉「川湯温泉」にも、ぜひ足を運んでみてください。

距離 発心門王子~熊野本宮大社:6.9km
詳細情報 http://www.hongu.jp/kumanokodo/

芭蕉と歩く奥の細道 >>

特集

2020/02/17泊まってよかった!Reluxが紹介する部屋自慢の宿5選

2020/02/14プール付きヴィラと美食を楽しむ “プライベートで贅沢”なファミリーステイ──ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

人気記事