最終更新日時 2019/08/06

北海道から九州までのおすすめの温泉街を紹介しています。日本三名泉に数えられる「群馬県 草津温泉」や「岐阜県 下呂温泉」、恋人の聖地が大人気の「宮城県 秋保温泉」、また天然の砂むし風呂が楽しめる「鹿児島県 指宿温泉」など、1度は行ってみたくなる名湯がたくさんあります。

北海道・東北・関東・中部地方でおすすめの温泉街10選

1. 静岡県 熱海温泉

全国有数の湯量である「熱海温泉」は、都内からのアクセスも便利です。熱海海上花火大会は1年を通しておこなわれ、近くには夏に海水浴客がにぎわうサンビーチがあります。夜はライトアップされ温泉街の華やかな夜景が見られます。

熱海温泉の泉質は、弱アルカリ性でお肌にやさしいです。温泉街周辺には、熱海城や複合型リゾート施設などがあり、グルメや観光を楽しむことができます。そのため、デートや旅行で訪れたり、外国の方にもおすすめです。

名称 静岡県 熱海温泉
住所 静岡県熱海市
サイト https://www.atamispa.com/

2. 群馬県 草津温泉

たっぷりとした湯量の「草津温泉」は、標高が約1,200メートルもあります。シンボルである「湯畑」は、夜にはライトアップがされるため、昼と夜とでは違った顔を見せます。また、名物である「湯もみショー」や「熱乃湯」といった見どころも多いです。

草津温泉は日本三名泉の中に入る名湯です。泉質はほとんどが酸性泉で、皮膚病や神経痛などへの効能があります。また、古来より「万病に吉」といわれ、保温効果や殺菌作用などからハンセン病や皮膚病にも効くとされています。

名称 群馬県 草津温泉
住所 群馬県吾妻郡草津町
サイト https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

3. 栃木県 鬼怒川温泉

「鬼怒川温泉」は、箱根・熱海と並ぶ「東京の奥座敷」とされています。泉質はアルカリ性単純泉であり、やけどに効くとされています。温泉街には、40軒ほどの温泉旅館が立ち並び、公共浴場や足湯、リゾートマンションなどで賑わっています。

最近では、各旅館やホテルがインバウンドを積極的に受け入れるためにリニューアルをおこない、また個人旅行や富裕層のニーズにも対応しています。さらに、温泉街を中心として日光ブランドの地元食材を使ったカフェや飲食店などが増えています。

名称 栃木県 鬼怒川温泉
住所 栃木県日光市
サイト http://www.nikko-kankou.org/spot/51/

4. 北海道 函館温泉・湯の川温泉

「湯の川温泉」は、函館空港より車でおよそ5分とアクセスにとても便利な立地で、観光で函館に訪れた方にも立ち寄りやすい温泉地です。古くからある老舗旅館やオーシャンビューのオシャレなホテルなど、温泉宿もさまざまです。

湯の川温泉は、北海道の三大温泉郷の1つとされている名湯です。箱館戦争の際には、旧幕府軍である榎本武揚も利用したといわれている歴史のある温泉です。温泉の泉質は、ナトリウムとカルシウムの塩化物泉のため、湯冷めがしにくいです。

名称 北海道 函館温泉・湯の川温泉
住所 北海道函館市
サイト https://hakodate-yunokawa.jp/

5. 栃木県 那須温泉

歴史のある温泉であり、開湯してから1300年以上も経っています。那須温泉のシンボルである「鹿の湯」や、さまざまな泉質・効能がある「那須七湯」などがあります。そのため、湯めぐりや史跡の散策などが楽しめます。

那須温泉の周辺には、「那須ハイランドパーク」などの観光スポットや、和風旅館、高原リゾートなどが集い、宿泊施設もあるので便利です。温泉の泉質は、硫黄泉や単純泉、また炭酸水素塩泉などさまざまなものがあります。

名称 栃木県 那須温泉
住所 栃木県那須郡那須町
サイト http://www.nasukogen.org/nasuonsen/

6. 静岡県 伊東温泉

「伊東温泉」の泉質は、古くから湯治場とされ、主に単純泉と弱食塩泉があります。単純泉は低刺激で、お肌にやさしくなっているため、お子さんでも安心です。一方弱食塩泉は、保温効果や血行促進作用があり、冷え性の方におすすめです。

伊東温泉周辺は、家族向けの「伊豆シャボテン動物公園」や、伊藤八景などの絶景を望める場所などの観光スポットが目白押しです。また夏は、伊東市最大の「按針祭」も催され、灯篭流し、花火などを楽しむことができます。

名称 静岡県 伊東温泉
住所 静岡県伊東市
サイト https://itospa.com/spa/

7. 宮城県 秋保温泉

仙台の都心からのアクセスが便利なため、宿泊だけでなく、日帰りでも楽しめる温泉です。1400年も昔から仙台の奥座敷とされ賑わってきました。近くには、「日本の滝百選」に登録されている「秋保大滝」やガラス工房などの、自然・観光スポットが数多く点在します。

秋保温泉郷に入ると、「覗橋(のぞきばし)」があり、そこから見ることができる「ハート形の岩のくぼみ」も「恋人の聖地」とされているので大人気です。そのため、たくさんの観光客やカップルが訪れ、賑わっています。

名称 宮城県 秋保温泉
住所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元
サイト http://www.akiuonsenkumiai.com/

8. 新潟県 越後湯沢温泉

鎌倉時代初期にできた「越後湯沢温泉」は、江戸時代から栄え、川端康成の「雪国」の舞台としても有名です。そのため、老舗の温泉宿が多く、また現代らしいホテル、宿泊施設もたくさんあります。東京から新幹線で行きやすいため、アクセスも便利です。

泉質は単純温泉や硫黄泉、塩化物泉などさまざまで、筋肉痛、疲労回復などの効能があります。温泉周辺は、季節ごとに色とりどりの花が咲き誇る「湯沢高原パノラマパーク」などの観光スポットをたくさん楽しむことができます。

名称 新潟県 越後湯沢温泉
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町
サイト https://yuzawaonsen.com/

9. 群馬県 伊香保温泉

湯治場の役割を担っている「伊香保温泉」は、草津温泉に並ぶ群馬県きっての名湯です。シンボルである「365段の石段」の両サイドには、温泉旅館やみやげ物屋、また遊技場などで栄えています。さらに、秋は紅葉がキレイな「河鹿橋」といった観光スポットもあります。

温泉は、空気によって茶褐色に変わる硫酸塩泉の「黄金の湯」と無色透明なメタケイ酸単純泉である「白銀の湯」があります。白銀の湯は、ご年配の方や病後の方に特におすすめです。また、治療、健康増進に効きます。

名称 群馬県 伊香保温泉
住所 群馬県渋川市伊香保町
サイト http://ikaho-kankou.com/

10. 神奈川県 箱根湯本温泉

箱根の玄関口である「箱根湯本温泉」は、都内や名古屋から1時間弱で行けるためアクセスにとても便利です。そのため、日帰りでも楽しむことができます。泉質は、主に単純温泉、アルカリ性単純泉であり、神経痛・冷え性などに効きます。

温泉の周りには、レストランやお土産を売っているお店が多いため、観光客も多いです。また、箱根ならではの新鮮な魚介、箱根のきれいな水を使用して作ったそばやパンなど、名物もたくさんあります。さらに、箱根の歴史を知ることができる資料館や寺院などもおすすめです。

名称 神奈川県 箱根湯本温泉
住所 神奈川県足柄下郡箱根町
サイト http://www.hakoneyumoto.com/hotspa/

近畿・中国・四国地方でおすすめの温泉街5選

1. 和歌山県 白浜温泉

1350年以上の歴史がある温泉です。飛鳥や奈良時代の頃から「牟婁(むろ)の温湯」や「紀の温湯」とされ、外湯の湯めぐりや街中などの無料の足湯も楽しめます。夏場は、海水浴で人気な「白良浜」、かわいいパンダがいる「アドベンチャーワールド」といった観光スポットも賑やかです。

食塩泉や炭酸泉、重曹泉があり、胃腸病やリウマチなどの効能があります。民宿や旅館以外にも、温泉施設だけの共同浴場があったり、料亭やオートキャンプ場内に温泉が備えられていたり、新しい温泉の形も垣間見られます。

名称 和歌山県 白浜温泉
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町
サイト http://www.nanki-shirahama.com/index.php

2. 岐阜県 下呂温泉

「下呂温泉」は、日本三名泉の1つに数えられている温泉地です。無色透明で、微かに香るまろやかな泉質は、お肌をすべすべにしてくれる効果があります。共同浴場では外湯が楽しめ、また無料の足湯で寛ぐこともできます。

温泉街では、飛騨川に沿って旅館やホテルが立ち並んでいます。また、国の重要指定文化財に登録されている「下呂温泉合掌村」や、マイナスイオンの多い「横谷峡」などがあり、観光を楽しめるので、旅行や外国の方にもおすすめです。

名称 岐阜県 下呂温泉
住所 岐阜県下呂市
サイト http://www.gero-spa.or.jp/

3. 愛媛県 道後温泉

3000年以上の歴史を誇る、日本三大古湯のひとつとされています。万葉集や夏目漱石「坊っちゃん」にも登場する、愛媛県で名高い温泉です。シンボルになっている「道後温泉本館」は重要文化財であり、また別館の「飛鳥乃湯泉」は飛鳥時代の湯屋をイメージして建てられ、2017年にオープンしたばかりです。

アルカリ性単純泉で低刺激のため、神経痛や胃腸病、痛風などに良いとされ、また美容効果もあります。近年では、商店街と本館の間の道路が歩道化されたことでモダンな街並みが実現し、歩行者がより安全に温泉街を楽しめます。また、人力車も利用できます。

名称 愛媛県 道後温泉
住所 愛媛県松山市
サイト https://dogo.jp/onsen/honkan

4. 兵庫県 城崎温泉

外湯めぐりが中心となる温泉です。外湯は「一の湯」や「御所の湯」など7つに分かれています。古くからの温泉街の雰囲気が残っているため、趣が感じられます。周辺には、宿泊施設やカフェ、お土産屋さんなどがあり、食べ歩きやお買い物を楽しむことができます。

外湯以外にも、薬師公園にある足湯や駅前にある飲湯場で温泉を楽しむこともできます。また城崎温泉では、浴衣と下駄が正装といわれ、レンタルもおこなっています。浴衣姿で街を散策するのも風情があるためおすすめです。

名称 兵庫県 城崎温泉
住所 兵庫県豊岡市城崎町
サイト http://www.kinosaki-spa.gr.jp/

5. 三重県 鳥羽温泉郷

太平洋に面した「鳥羽温泉郷」は、海辺には9つの湯処が広がり、温泉街道を進みながら湯めぐりを楽しむことができます。温泉は、伊勢湾や的矢湾を眺めながら入ることができ、開放的な気分を味わえます。また、地元でとれた海の幸を使った料理なども食べられますよ。

温泉地周辺にはパワースポットが多く、子宝に恵まれる「子宝石」がある「石鏡(いじか)神社」や、女性が「石神さん」に願い事をすると、一つだけ叶えてくれるといわれる「神明神社」などがあります。また、伊勢まではおよそ20分のため、伊勢観光もおすすめです。

名称 三重県 鳥羽温泉郷
住所 三重県鳥羽市
サイト http://www.toba-onsen.com/

九州地方でおすすめの温泉街5選

1. 大分県 別府温泉

人の入浴が可能な温泉の湧出量や源泉数が世界最大の温泉地です。熊本地震での被害からの復興も進み、宿泊施設なども再オープンしています。また、夜は別府タワーなどネオンのある繁華街もあり、賑わいを見せています。駅からも近いのでアクセスも便利です。

別府温泉には、単純泉や食塩泉などさまざまな泉質があり、それぞれに応じた効能があります。中でも8つの温泉郷を主とした「別府八湯」は有名であり、温泉祭りや温泉博覧会などのイベントが毎年開催され、賑わっています。

名称 大分県 別府温泉
住所 大分県別府市
サイト https://www.city.beppu.oita.jp/

2. 熊本県 黒川温泉

標高700メートルにある全国的に知名度が高く、人気の温泉です。湯治場としての役割を担い、田の原川に沿って、懐かしい情緒が漂う宿がたくさん並んでいます。含食塩芒硝硫化水素泉のため、神経痛やリウマチに効果的です。

旅行の際には、杉の木でできた「入湯手形」を中心にある旅館組合の案内所で購入することができ、温泉街にある露天風呂の3カ所まで入浴ができます。また、共同浴場も2つあり、それぞれ「地蔵湯」と「穴湯」と呼ばれています。

名称 熊本県 黒川温泉
住所 熊本県阿蘇郡南小国町
サイト https://www.kurokawaonsen.or.jp/

3. 鹿児島県 指宿温泉

薩摩半島にあり、南国風のヤシの木やフェニックスなどにより「東洋のハワイ」とも呼ばれています。湯量が豊富で、約800もの源泉があるとされています。ナトリウム塩化物泉であり、神経痛や筋肉痛などへの効能があるほか、エステ効果もあるため女性にもおすすめです。

名物である「天然砂むし風呂」は人気があり、砂浜の砂を被る入浴法です。夏は海水浴のついでにもおすすめです。この砂むしが有名である摺りヶ浜の周辺には、大型の宿泊施設がたくさん集中しています。また、農業・養殖などにも温泉を積極的に利用しています。

名称 鹿児島県 指宿温泉
住所 鹿児島県指宿市東部
サイト http://ibusuki.or.jp/spa/

4. 佐賀県 嬉野温泉

「嬉野温泉」は、佐賀県を代表する温泉です。17ヶ所の源泉があり、食塩と炭酸を含むアルカリ性の良質なお湯です。汲み上げるときは、温度が約100度にも上ります。江戸時代には宿場町として繁栄し、現代は嬉野川に沿って温泉宿が60軒以上も建ち並んでいます。

商店街の中心では、「シーボルトの足湯」が無料で入浴できます。また、嬉野温泉の温泉は美肌の湯ともいわれ、飲用に利用するのも適しています。代表的な名物である「温泉湯豆腐」やお茶は、温泉を使用して作られています。

名称 佐賀県 嬉野温泉
住所 佐賀県嬉野市嬉野町
サイト https://spa-u.net/

5. 大分県 由布院温泉

由布岳の麓にある「由布院温泉」は、刺激の少ない単純温泉とアルカリ性単純泉の2つの泉質があります。温泉湧出量や源泉の数が全国第2位を誇り、湯量が豊富なため、比較的安く入浴できるような共同温泉も豊富です。

温泉街周辺は賑やかで、オシャレな雑貨屋さんやレストラン、美術館などがたくさんあり、女性に大人気です。一方、宿泊施設の多くは、川端や林の中、また丘の上などにあり、賑やかな街並みから少し外れるため、静かに過ごすことができます。秋から冬には、幻想的な朝霧に覆われた風景が眺められます。

名称 大分県 由布院温泉
住所 大分県由布市
サイト http://www.yufuin.gr.jp/

1日中楽しむことができる魅力的な温泉街!

全国でおすすめの温泉街を紹介しました。「北海道・東北・関東・中部地方」では、花火大会やリゾート施設が楽しめる『静岡県 熱海温泉』や、老舗旅館やオーシャンビューのホテルが集う『北海道 函館温泉・湯の川温泉』、「近畿・中国・四国地方」では、日本三大古湯のひとつとされる『愛媛県 道後温泉』、「九州地方」では、湧出量や源泉数が世界最大である『大分県 別府温泉』など名湯ばかりです。ぜひ参考にしてみてください。

▷北は北海道から南は長崎まで!全国でおすすめの宮内庁御用達の逸品14選!

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事