最終更新日時 2020/01/20

アイヌ民族の独特の文化が根付く「北海道」

画像|PIXTA

47都道府県中ただ1つの「道」である「北海道」。都道府県の魅力度ランキング不動の1位に君臨しています。観光の意欲度や産品購入意欲などでも他の追随を許しません。中でも札幌市は、スキー場やビール、ラーメン、さっぽろ雪まつりなどがあり、全国的に有名ですよ。

北海道に行ったら一度は訪れたい公園スポット4選

1. 大通公園

画像|PIXTA

「大通公園」は、札幌の中心部に位置する長さ約1.5kmの札幌を代表する観光スポットです。観光で札幌を訪れたら、多くの人が必ず足を運ぶといっても過言ではない有名な公園。園内には、綺麗に整えられた芝生や美しい花壇、約90種類4700本にもおよぶ樹木が植えられ、やって来る人々に安らぎを与えています。

画像|PIXTA

こちらでは、さっぽろライラックまつりやYOSAKOIソーラン祭、さっぽろ夏まつり、さっぽろ雪まつりなどの人気のイベントが年間を通して開催され、1日たりとも賑わいが失われることがありません。また、園内に建つさっぽろテレビ塔の展望台からは、まっすぐに伸びる公園を一望できます。

名称 大通公園
住所 北海道札幌市中央区大通西1~12
営業時間 終日開放
サイト https://odori-park.jp

2. 知床国立公園

画像|PIXTA

「知床国立公園」は、知床半島を含む陸域とオホーツク海域の面積を合計して約61haの広大な広さを誇る、日本の最東北端に位置する国立公園です。自然の織りなす豊かな景観とめずらしい動物や絶滅寸前の生き物などが数多く生息することから、2005年には世界自然遺産に登録されました。

画像|PIXTA

知床国立公園には、周囲を豊かな原生林に囲まれる知床五湖や、こんこんと湧き出る温泉が流れ落ちるカムイワッカ湯の滝など見どころがたくさん。そのほか、北海道有数のドライブコースで晴れた日には大パノラマが楽しめる知床峠など、さまざまな絶景スポットに恵まれています。各ガイドツアーも開催されているので、お好きなシーズンを狙って出かけてみてください。

名称 知床国立公園
住所 北海道斜里郡斜里町
営業時間 終日
サイト https://www.env.go.jp/park/shiretoko/

3. 大雪山国立公園

画像|PIXTA

「大雪山国立公園」は、大雪山連峰と十勝岳連峰にまたがる広さ約23万haを誇る日本最大の国立公園です。日本で最も早く紅葉がはじまることで知られ、雄大な大自然の中、辺り一面が鮮やか茜色や黄金色に色づく見事な紅葉を目の当たりにできます。

画像|PIXTA

大雪山国立公園には、北海道最高峰2291mの旭岳をはじめ、2000m級の山々が連なっています。そして、このように緯度が高いことから、本州における3000m級の高地で生息する約250種類の高山植物を見ることができます。そのほか、麓には豊富な温泉が湧きだし、この場所を訪れる旅行者や登山者の疲れた体を芯から癒してくれます。

名称 大雪山国立公園
住所 北海道上川郡上川町
営業時間 終日
サイト https://www.env.go.jp/park/daisetsu/index.html

4. 阿寒摩周国立公園

画像|PIXTA

「阿寒摩周国立公園」は、北海道の東部に位置し、大雪山国立公園と並び北海道では歴史ある国立公園です。2017年には、区域が摩周湖方面まで広がり阿寒国立公園から現在の名称に変更されました。その広さは9万1000ha。その大半は人の手が入らない自然保地域となっています。

画像|PIXTA

阿寒摩周国立公園には、北海道を代表する観光スポットがたくさんあります。マリモの生息地で知られる阿寒湖や、日本一のカルデラ湖である屈斜路湖、霧で有名な摩周湖などの湖の数々。そのほか、阿寒湖温泉や川湯温泉などの旅の疲れを癒せる温泉や、キタキツネやエゾシカなどの北海道ならではの生き物たちが生息しています。

名称 阿寒摩周国立公園
住所 北海道釧路市、網走郡美幌町ほか
営業時間 終日
サイト https://www.env.go.jp/park/akan/

北海道自然を味わうならここ!山岳スポット6選

1. 函館山

画像|PIXTA

「函館山」は、100万ドルの夜景と謳われるほど見事な絶景を目の当たりにできる函館の観光スポットです。その美しさは、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星でランクインされるほど。函館の街はもちろん津軽海峡、天気が良ければ下北半島までを一望できます。

画像|PIXTA

山頂には駐車場が整備されているので、バスや自家用車で行くことができます。また、夕暮れ後の渋滞を避けるならロープウェイがおすすめ。また、脚に自信がある人なら徒歩でも1時間ほどで登れます。山頂には展望台やレストランがあるので、ゆっくり美味しいメニューを味わいながら美しい夜景を楽しみましょう。

名称 函館山
住所 北海道函館市函館山
営業時間 展望台営業時間10:00~22:00(10月16日~4月24日は21:00まで)
サイト https://www.visit-hokkaido.jp/info/detail/167

2. 旭岳

画像|PIXTA

「旭岳」は、大雪山国立公園内にある標高2291mの北海道最高峰の山です。日本百名山の一つに選ばれ、6月下旬から10月上旬にかけての登山シーズンには、足元をカラフルに染める美しい高山植物や、9月中旬から下旬にかけて色付く雄大な紅葉を鑑賞しようと多くの観光客が訪れます。

画像|PIXTA

標高1600m付近までは、年間を通して運行する旭岳ロープウェイを利用しましょう。10分ほどで到着できます。気軽にトレッキングを楽しむなら、1時間ほどで周れるトレッキングコースがおすすめ。もちろん脚に自信がある人は本格的な登山にもチャレンジできます。12月からはパウダースノーで知られるスキーシーズンが到来です。

名称 旭岳
住所 北海道上川郡東川町旭岳温泉
営業時間 終日
サイト http://www.welcome-higashikawa.jp/areaguide/asahidake/

3. 層雲峡

画像|PIXTA

「層雲峡」は、大雪山国立公園内に位置する峡谷で、石狩川沿いに約24kmもの断崖絶壁が続きます。中でも高さ20mもの柱状節理の岩が規則的に並ぶ大函(おおばこ)は、スケールの大きさでは群を抜き、層雲峡では観光客に最も人気のスポットです。

画像|PIXTA

また、もう一つの絶景スポットの双瀑台からは、日本の滝百選に選ばれる銀河の滝、流星の滝の両方が見られます。そして、旅の疲れを癒すなら、層雲峡の中ほどにある北海道有数の温泉地層雲峡温泉がおすすめ。黒岳ロープウェイからすぐとアクセスが良く、源泉掛け流しのお湯が楽しめる宿もあります。

名称 層雲峡
住所 北海道上川町
営業時間 終日
サイト http://www.sounkyo.net/category/index.php?category=1

4. 地獄谷

画像|PIXTA

「地獄谷」は、登別温泉の北東にある約450mの爆裂火口跡で、登別温泉の源泉地として毎分3000リットルもの豊富な温泉を湧出しています。敷地内には、遊歩道が設置され1周10分ほどで回ることができます。1歩足を踏み入れれば、あたり一面硫黄の匂いが立ち込めています。

画像|PIXTA

展望台へと進んでいけば、激しく火山ガスを噴出したり温泉が噴き出す様子が見られ、その光景はまさに地獄そのもの。そんな風景とは打って変わり、自然の草花が季節ごとに移り変わる様子や、雪に埋れながらも熱気が感じられる冬の光景も楽しめます。

名称 地獄谷
住所 北海道登別市登別温泉町
営業時間 8:00~18:00
サイト http://www.noboribetsu.tv/facil/jigoku.html

5. 羊蹄山

画像|PIXTA

「羊蹄山」は、その姿形が富士山に似ていることから蝦夷富士の名で親しまれる標高1898mの成層火山です。日本百名山にも選ばれ、山頂には直径約700m、深さ約200mの火口を有します。雪解けが進む春には、あたり一面は新緑に包まれ可愛い高山植物が咲きはじめます。そして夏になるとその数は100種類以上にもなります。

画像|PIXTA

さらに秋には赤や黄金色に色づく紅葉、冬には真っ白な雪に覆われた美しい姿を楽しめます。羊蹄山を楽しむなら断然登山がおすすめ。距離や難易度が異なる4つの登山道があり、それらの中から自分レベルに合ったコースが選べます。

名称 羊蹄山
住所 北海道虻田郡倶知安町、真狩村ほか
営業時間 終日
サイト https://www.town.kutchan.hokkaido.jp/tourism/yoteizan/

6. 大雪山

画像|PIXTA

「大雪山」は、一つの山と勘違いされがちですが、実は2000m級の山が連なる大雪山連峰の総称です。大雪山連峰と十勝連峰がある大雪山国立公園内に位置します。大雪山連峰には、北海道最高峰2291mを誇る旭岳や、標高1984mの黒岳など山々が存在します。

画像|PIXTA

緯度の高さの影響により、本州より低い標高であっても高山植物を鑑賞することができます。また、日本で最も早い紅葉がやってくることでも知られ、9月にや赤や黄色に色付く美しい紅葉を眺められます。また、大雪山で人気観光スポットの一つに挙げられる層雲峡は、黒岳の中腹に位置します。

名称 大雪山
住所 北海道上川郡上川町ほか
営業時間 終日
サイト https://www.env.go.jp/park/daisetsu/index.html

北海道の景色を一望したい方に!北海道の湖5選

1. 洞爺湖

画像|PIXTA

「洞爺湖」は、ドーナツ型をしたほぼ円形の湖。湖中央に浮かぶ中島は、100頭ものエゾシカが生息するほどの豊かな自然に恵まれています。湖畔には美術館などのアートスポットが数多く点在し、温泉地でもあることからホテルや旅館などの宿泊施設が充実。毎年多くの観光客で賑わいます。

画像|PIXTA

洞爺湖を一望するなら、湖面から170mほどの高さにあるサイロ展望台がおすすめ。中島やその向こうに広がる有珠山や昭和新山などの雄大な景観を満喫できます。また、毎年4月下旬から10月下旬まで開催される洞爺湖ロングラン花火大会は、湖を彩る美しい花火が毎日打ち上げられる人気のイベント。さまざまな楽しみに溢れる洞爺湖へとぜひお出かけください。

名称 洞爺湖
住所 北海道虻田郡洞爺湖町と有珠郡壮瞥町
営業時間 終日
サイト https://www.laketoya.com

2. 青い池

画像|PIXTA

「青い池」は、立ち枯れたカラマツと青い池が幻想的な雰囲気を醸し出す、美瑛町の人気観光スポット。美瑛や富良野方面へと向かう観光ツアーでのメインスポットの一つです。周囲には駐車場が整備されているので、デートで北海道を旅するカップルや、女子会で美瑛旅行を満喫する人たちでも、気軽に自家用車で訪れることができます。

画像|PIXTA

天気や時間によって見え方が異なり、何といってもおすすめなのが、7月頃のよく晴れた日の早朝の時間。特に夜明け前から7時ごろにかけての青い池なら、人気が少なく幻想的な雰囲気を味わえる最高の時間です。湖面に差し込む朝日の美しい光と、徐々に高まる鳥のさえずる光景を目の当たりにできます。

名称 青い池
住所 北海道上川郡美瑛町白金
営業時間 終日
サイト https://www.biei-hokkaido.jp/ja/sightseeing/shirogane-blue-pond/

3. 阿寒湖

画像|PIXTA

「阿寒湖」は、周囲約26km、最大深度45m、水面の標高420mの阿寒国立公園内にあるカルデラ湖です。周囲は雄阿寒岳や雌阿寒岳、阿寒富士などの山々が取り囲みひっそりとした静けさが漂い、国の特別天然記念物のマリモの生息地として有名です。

画像|PIXTA

また、湖面を旅する観光汽船やカヌーが盛んで、ヒメマスなどの淡水魚が多く生息することから釣りを楽しむ人のメッカとして知られています。冬場には湖面が全面凍結し、ワカサギ釣りも盛んにおこなわれます。大自然の中、さまざまな楽しみを体験してみてはいかがでしょうか。

名称 阿寒湖
住所 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
営業時間 終日
サイト https://ja.kushiro-lakeakan.com

4. 支笏湖

画像|PIXTA

「支笏湖」は、周囲約40km、最大深度約360m、平均水深約265mと深く、秋田県の田沢湖に次いで2番目の深さを誇る、支笏洞爺国立公園内にある湖です。火山の噴火によりできたカルデラ湖で、日本で最も北に位置する不凍湖として知られています。

画像|PIXTA

水質の良さは抜群で、何年も連続して水質ナンバーワンに輝いています。この澄んだ水に光が照らされることで、美しく神秘的な支笏ブルーと呼ばれる輝きを放っています。その支笏ブルーを間近に見るにはカヌーがおすすめ。さらに周囲には支笏温泉が楽しめるホテルや旅館が充実。美人の湯として定評がある温泉は、たくさんの女性に人気です。

名称 支笏湖
住所 北海道千歳市支笏湖温泉番外地
営業時間 終日
サイト https://www.welcome-to-chitose.jp/attractive/shikotsu.html

5. 屈斜路湖

画像|PIXTA

「屈斜路湖」は、周囲約57km、最深125m、湖面海抜121mの阿寒摩周国立公園内にある日本一の大きさを誇るカルデラ湖です。湖には大きな中島を有し、屈斜路湖を見下ろせる美幌峠からの眺めは、筆舌に尽くし難い雄大な光景が眼下に広がります。

画像|PIXTA

湖周辺にはいくつもの温泉が点在します。手軽に楽しむなら湖畔の砂湯がおすすめ。湖岸の砂を掘り進めると温泉が湧き出る楽しい体験ができます。また、和琴湖畔キャンプ場近くにある和琴の湯や、無料で温泉が楽しめるコタンの湯もおすすめです。

名称 屈斜路湖
住所 北海道川上郡弟子屈町
営業時間 終日
サイト https://www.masyuko.or.jp/introduce/kussharoko/

北海道を存分に楽しみたい方に!観光スポット5選

1. ファーム富田

画像|PIXTA

「ファーム富田」は、4万㎡もの広大な花畑を有する、北海道で最も人気観光地の富良野にある農園です。園内には12もの花畑と一つの温室があり、ラベンダーをはじめ季節ごとに見頃が異なるさまざまな植物が栽培されています。

ファーム富田を訪れるなら、ラベンダーが咲き誇る7月がおすすめ。日本最大級のラベンダー畑であるラベンダーイーストでは、雄大な夕張山地をバックに、広大な丘を埋め尽し果てしなく広がるラベンダーが見られます。ラベンダーソフトクリームやラベンダーカルピスなど、ここでしか味わえないグルメも充実。カップルや女子会など出かけてみてはいかがでしょうか。

名称 ファーム富田
住所 北海道空知郡中富良野町基線北15
営業時間 8:30~18:00(時期により異なる)
サイト https://www.farm-tomita.co.jp

2. 旭川市旭山動物園

画像|PIXTA

「旭川市旭山動物園」は、年間を通して楽しむことができる日本最北地の動物園です。ここでは、従来の方法にとらわれることなく、動物本来の動きが観察できるように工夫された展示が話題となった、日本でも大人気の動物園です。

画像|PIXTA

中でも、大きなしぶきを上げながらシロクマが飛び込む巨大プールや、陸上では見られないアザラシの見事の泳ぎが見られる円柱水槽など見所がたくさん。また、雪の上をたくさんのペンギンが行進する、冬恒例のペンギンの散歩も見逃せません。動物のリアルな動きが観察するには、絶対おすすめの動物園です。

名称 旭川市旭山動物園
住所 北海道旭川市東旭川町倉沼
営業時間 年度により変更あり
サイト https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

3. 特別史跡五稜郭跡

画像|PIXTA

「特別史跡五稜郭跡」は、戊辰戦争の最終局面である、1868年から1869年にかけて戦われた箱館戦争の舞台となった城廓です。日本初の西洋式城塞として知られ、国の特別史跡にしてされています。星形をしたその形はとても美しく、歴史ファンにとっても人気の観光スポットです。

画像|PIXTA

その姿を眺めるなら、五稜郭タワーに登るのがおすすめです。高さ107mのタワーにある展望台からの五稜郭跡眺めはまさに絶景。さらに箱館市街から函館山まで一望できます。また、園内には1600本もの桜が植えられ、シーズンには多くの花見客で賑わいます。そのほか、冬のイルミネーションもカップルにはおすすめのイベントです。

名称 特別史跡五稜郭跡
住所 北海道函館市五稜郭町44
営業時間 4月~10月 5:00~19:00、11月~3月 5:00~18:00
サイト https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014011601161/

4. さっぽろテレビ塔

画像|PIXTA

「さっぽろテレビ塔」は、札幌の街の中心部にある大通公園の西1丁目に建つ電波塔です。完成は1957年。その当時の総工費1億7000万円を投じてつくられました。設計者は東京タワーや通天閣を手がけた内藤多仲氏。何十年も経過した現在でも札幌市のシンボルとして親しまれています。

画像|PIXTA

約90mのところに位置する展望台からは、季節ごとに異なる景観を示す大通公園を眺めることができます。さらに晴れた日には、日本海や石狩平野を一望できる絶景スポットに。北海道グルメが味わえるレストランや、テレビ塔グッズが買えるお土産屋さんもあって、一人でも大勢でも楽しる観光スポットです。

名称 さっぽろテレビ塔
住所 北海道札幌市中央区大通西1
営業時間 9:00~22:00(最終入場21:50)
サイト http://www.tv-tower.co.jp

5. サッポロビール博物館

画像|PIXTA

「サッポロビール博物館」は、サッポロビールの歴史などが学べる日本で唯一のビール博物館です。明治時代の面影を残す博物館とサッポロビール園開拓使館は、北海道遺産にも認定される歴史的に貴重な建物で、フォトスポットとしても人気です。レトロな雰囲気が漂うレンガ造りは周りの景観とも調和し、四季を通してさまざまな表情を見せてくれます。

画像|PIXTA

館内では、サッポロビールの誕生から現代に至るまでの流れを、ポスターなどの資料を通して学ぶことができます。また、館内をめぐるプレミアムツアーに参加すれば、ここでしか味わえない復刻ビールを楽しめます。ビール好きにはたまらない札幌の観光スポットです。

名称 サッポロビール博物館
住所 北海道札幌市北7 条東9-1-1
営業時間 11:00~20:00
サイト https://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

本州では経験できない大自然を味わえる!北海道の観光スポット

いかがでしたか?北海道はメディアでも話題の「旭川市旭山動物園」をはじめ、さっぽろビールや自然スポットなどがあり、飽きさせませんよ。大自然を満喫したい方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

【北海道でのグルメ・旅館はこちら】
▷食の宝庫、北海道・千歳でおいしいものを食べつくす!おすすめグルメ19選
▷北海道観光で定番の登別温泉。おすすめしたい人気の温泉宿&銭湯10選

特集

2020/01/22金魚のように揺蕩うふたりだけの濃密な時間 ──1日3組限定の露天風呂付ラグジュアリーヴィラ Yufuin Luxury Villa zakuro

2019/12/16【宿泊体験】子どもが主役になれる!レゴランド®・ジャパン・リゾートステイ

人気記事