最終更新日時 2018/12/25 11:44

今回ご紹介するのは2016年の今年、30回目を迎える定山渓温泉渓流鯉のぼりと、その周辺に佇む宿です。毎年、こどもの日にちなんで4月中旬から約1ヶ月間、豊平川の上空や温泉街中に鯉のぼりを掲揚します。色や形、大きさなど個性豊かな鯉のぼりが、温泉街の空をゆったりと泳ぐ姿はまさに壮観の一言。子供の日に合わせて、旅にでてみませんか。

第30回 定山渓温泉渓流鯉のぼり

定山渓温泉渓流鯉のぼり出典:一般社団法人定山渓観光協会
札幌からバスで約1時間の所にある定山渓温泉。江戸時代末期、修験僧・美泉定山がアイヌの人々の案内で泉源と出会ったのが定山渓温泉の始まりです。今では、北海道を代表する温泉地として名を馳せ、札幌の奥座敷として人気が高く、札幌から日帰りで温泉を楽しむ人も多いようです。
定山渓温泉渓流鯉のぼり出典:一般社団法人定山渓観光協会
定山渓の春の風物詩でもある定山渓温泉渓流鯉のぼり。2016年で30年目を迎えました。昭和62年、まだ雪残る温泉街に端午の節句に、温泉街での思い出のひとつとして掲揚したのが始まりです。
定山渓温泉渓流鯉のぼり出典:一般社団法人定山渓観光協会
温泉街を流れる豊平川上空を、大小400匹の鯉のぼりがゆうゆうと舞うさまは、春の気分をさらに盛り上げてくれることでしょう。

会場 北海道札幌市南区定山渓温泉
詳細情報 http://jozankei.jp/
期間 平成28年4月15日〜平成28年5月8日
駐車場 定山渓公共駐車場(30台)

定山渓温泉の宿をご紹介 >>

特集

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【後編】

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【前編】

人気記事