最終更新日時 2019/02/27

日本で最北端の世界遺産、知床。流氷が接岸する最南端の地として有名ですが、そのおかげで自然の恵み、豊かな生態系と、どこにもない貴重な景色を見ることができます。世界遺産「知床」でしか見ることのできない不思議な絶景、「知床八景」に出会う旅に出かけましょう。

1. 知床五湖

@ymtzidが投稿した写真


八景の中でまず最初にご紹介したいのは「知床五湖」です。原生林に覆われた中に一湖から五湖までが点在する不思議な景色。原生林の中を巡っている高架木道を歩いて周ると、数多くの珍しい植物や動物に出会えます。特に夏にはネムロコウホネやスイレンなどの花が湖面を彩り、多くの観光客が訪れます。6月頃にはエゾシカの赤ちゃんや遠くからヒグマを目撃することもあり、自然のパノラマを見る事ができる感動の場所です。

所在地 北海道斜里郡斜里町
営業時間 フィールドハウス 7:30~18:00
開催期間 フィールドハウス開催期間 4月下旬~11月下旬
詳細情報 http://www.goko.go.jp/

2. カムイワッカ湯の滝

@b_dipperが投稿した写真


「カムイワッカ湯の滝」は、知床五湖からも近く、自然が造り上げた秘湯と言うべき不思議な滝です。活火山である知床硫黄山の中腹から涌き出る温泉が、川に流れ込んでできている、実にダイナミックな野天風呂です。どこから登るのか探索しながら、わらじを履いて川を登るのが醍醐味!登りついた先に温泉があります。

所在地 北海道斜里郡斜里町遠音別村
開催期間 道路は6月~10月下旬(予定)通行可能
詳細情報 http://center.shiretoko.or.jp/guide/kamuiwakka/

3. フレぺの滝


知床国立公園の「フレぺの滝」は、水が断崖からしみ出る不思議な滝です。ホロホロと流れ出るさまから、別名「乙女の涙」とも呼ばれます。水は100mの高さのダイナミックな断崖から地下水が流れ出ているもので、羅臼岳に積もった雪が溶けて「フレペの滝」となりオホーツク海へと流れていきます。夏には一番水量が増すと言われ、美しい原生林と海、断崖でのウミウやオオセグロカモメに出会うことができます。

所在地 北海道斜里郡斜里町岩尾別
詳細情報 http://center.shiretoko.or.jp/guide/furepe/

4. オシンコシンの滝

えりさん(@e.244)が投稿した写真


知床半島にあり、落差50mから流れ、途中から2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれる不思議な滝。滝の中ほどまで階段で登ることができます。混み合う時は上の展望台まで登るのがオススメ。美しいオホーツク海と知床連山の景色が広がります。滝壺近くでは音としぶきを直接受けることができ、夏に人気の場所です。

所在地 北海道斜里郡斜里町
詳細情報 http://www.shiretoko.asia/oshinkoshin.html

夏秋だけの絶景「知床峠」 >>

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事