最終更新日時 2019/08/14

どこも魅力的な観光地が沢山あり、とても広くてどこに行くか迷ってしまう北海道。今回はばんえい競馬などで有名な、北海道・道東地方の帯広の観光スポットをご紹介します。北海道へ旅行に行く際に参考にしてみてくださいね。

帯広でおすすめの観光スポット14選

1. 六花亭本店

六花亭本店

お土産だけでなくお取り寄せする人もいるほど人気の北海道スイーツ、マルセイバターサンド。マルセイバターサンドを販売しているのは六花亭ですが、その本店は帯広駅北口から10分の場所にあります。北海道にある六花亭は帯広本店以外にも札幌や小樽、釧路地区にもありますが、せっかく北海道にいるならやはり本店を訪れてみたいですよね。帯広の六花亭本店は1階が店舗になっていて、おなじみのマルセイバターサンドやストロベリーチョコ、そのほかお土産にぴったりなお菓子詰め合わせなどを購入することができます。

六花亭本店

帯広本店はお買い物だけではありません!2階は喫茶室になっており、キッシュ、ピザやパフェなど、軽食やスイーツを楽しむこともできるようになっているんです。1階でお土産を買ったら、2階の喫茶室でごちそうとブレイクタイムを楽しみましょう!

2010.01.22 蜜月DAY2-帶廣 六花亭本舖

六花亭本店に行ったなら是非味わっておきたいのは、ご存じ「サクサクパイ」ですよね。賞味期限がたった3時間ということで大きな話題を呼びました。現在は1本あたり180円。さすが作りたてだけあって、サクサクの食感が楽しめます。中のクリームとの組み合わせも絶妙ですよ。また、ココアビスケットに濃厚なベイクドチーズケーキをサンドした「雪こんチーズ」や、持ち帰り不可の「マルセイユアイスサンド」など、お洒落な喫茶室でゆっくりと味わってください。ちなみに5階にはギャラリーも併設しています。

施設名 六花亭帯広本店
所在地 北海道帯広市西2条南9丁目6
営業時間 9:00~19:00
電話番号 0155-24-6666
サイト http://www.rokkatei.co.jp/

2. 花畑牧場

花畑牧場

北海道土産として一躍有名になった花畑牧場の生キャラメル。花畑牧場はJR帯広駅から車で約50分。花畑牧場では、生キャラメルはもちろん、ラクレットやカマンベールなどの手造りチーズなども生産しており、その生産過程を見学することもできます。
花畑牧場カフェでは自家製ソフトクリームや自家製チーズを使った料理が提供されます。


花畑牧場

花畑牧場カフェでは自家製ソフトクリームや自家製チーズを使った料理が提供されます。花畑牧場ショップでは、バター、生クリーム、はちみつをたっぷり使ったショップ限定の生キャラメルも購入できます。

花畑牧場

また、牧場内にある動物ふれあいファームランドでは、リャマやミニチュアホースなどの動物と触れ合うことができます。しかも入場料は無料と言うのが嬉しいところ。日曜日には体験型ファームショーも開催されるので、より身近に動物たちを知ることができます。また、乳搾り体験やバター作り体験などのさまざまなイベントも催されていますので、小さなお子様のいる家族連れには特におすすめのスポットです。ただし、開園しているのは4月中旬から10月末まで。その期間中は定休日がありませんので、安心して訪れることができます。

施設名 花畑牧場
所在地 北海道河西郡中札内村元札内東4線311-6
営業時間 10:00~16:00(季節や繁忙期によって変更)
電話番号 011-375-9853
サイト http://www.hanabatakebokujo.com/

3. 北の屋台

@OBIHIRO "KITA-NO-YATAI"

帯広の新名所『北の屋台』とは、焼き鳥・イタリアン・韓国料理など、様々な種類の屋台が並ぶ一角です。20軒の屋台が並ぶ北の屋台は、飲食店営業の許可を得ているため普通の飲食店と同じように料理を出すことができ、美味しく衛生的な屋台を楽しむことができるようになっています。屋台といえば焼き鳥やおでんに日本酒……といったイメージを持っている人が多いと思いますが、そういった定番の屋台だけでなく(もちろん焼き鳥など定番屋台もあります)、ワインとチーズの盛り合わせなどお洒落なダイニング居酒屋のようなメニューを出す屋台も。バリエーション豊富な北の屋台で少し冒険してみるのはいかがでしょう。

彩華ラーメン|01|サイカラーメン 生玉子入り 大

まず、北海道らしい新鮮な魚貝類がいただけるのが「創家」。お刺身や焼き物がおすすめで、メニューはなんと50種類というから驚きです。しかも、ナガスクジラのユッケや十勝えりも産のアブラボウズ味噌焼きなどレアメニューがいただけます。ただし、日曜は定休なのでご注意を。また、フランス料理をいただける屋台「マリヨンヌ」もおすすめです。ミシュランガイドのうちビブグルマンに選ばれたということで、すでにご存じの方もいるでしょうか。生ウニや鹿肉など、十勝の素材を使った、丁寧に調理されたフランス料理がいただけます。本格的なお料理ながら、レストランでいただくよりリーズナブルでいただけるのが魅力。ちなみにこちらは、火曜日が定休日です。

施設名 いきぬき通り 北の屋台
所在地 北海道帯広市西1条南10丁目7番地
営業時間 屋台によって異なる
サイト http://kitanoyatai.com/

4. 池田町ワイン城

034_池田ブドウ・ブドウ酒研究所

石造りの城のような外観の、池田町ワイン城。南側には、池田町だけの品種、『清舞』『山幸』のブドウの木が植えられています。池田町ワイン城は、十勝ワインの製造の見学や十勝ワインを購入できるショッピングエリア、レストランでの食事などが楽しめる、ワイン好きにおすすめのスポットです。1階には十勝ワインの無料試飲コーナーも。レストランでも十勝ワインが提供されているので、十勝ワインが気に入ったらショッピングエリアのワインショップ十勝で十勝ワインをお土産に買って帰りましょう。

画像素材|PIXTA

池田町ワイン城は実はニックネーム。正式には「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」という名前があるのです。名前の通り、本格的にワイン造りをしていて、地下では、プレミアムワインの熟成に使われるというフレンチオーク樽や、カビのはえたヴィンテージワインを見学することもできます。なお、奇跡のワインと言われた「清見」はお土産にも最適です。720ミリリットルで1,371円とリーズナブルなのも魅力。また、最低気温がマイナス12度以下になる早朝に、凍結したブドウを収穫して圧搾するという、山幸アイスワインもおすすめです。こちらは数量限定なので、見つけたら迷わず購入すると良いでしょう。

施設名 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所
所在地 北海道中川郡池田町清見83番地
営業時間 9:00~17:00
電話番号 015-572-2467
サイト http://www.tokachi-wine.com/

5. ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原

ナイタイ高原牧場は、日本一広い公共牧場(総面積約1700ha、東京ドーム約358個分)です。ナイタイ高原牧場には牧場から預かった牛が放牧されており、たまに野生の鹿も現れるそう。あまりにも広大な一面に広がる緑の牧場は、北海道のイメージにぴったり。緑の高原と青い空以外にはなにもない空間は、開放感たっぷりです。まさしく『北海道っぽい』場所を見られる場所です。

画像素材|PIXTA

そもそもこのナイタイ高原というのは、大雪山国立公園内にある然別湖(しかりべつこ)の北東にある、ナイタイ山の山麓に広がる高原であります。標高がやや高めなのでちょうど十勝平野を見下ろせる位置にあり、緑色の草原だけでなく、その広がりこそがまさしく北海道という印象です。ちなみに牧場の一番高いところは標高780メートルほど。広々とした展望台があるので、全体の写真撮影はここからがおすすめです。また、レストハウスもあり、牧場ならではの濃厚なソフトクリームや十勝ナイタイ和牛のハンバーグセットをいただくことができます。

施設名 ナイタイ高原牧場レストハウス
所在地 北海道上士幌町字上音更85番地2
電話番号 090-3398-5049
サイト http://www.kamishihoro.jp/sp/naitai/00000138/

6. 八千代牧場

八千代公共育成牧場

八千代牧場もナイタイ高原牧場ほどではないですが、その広大さは負けていません。八千代牧場は総面積981haと、東京ドーム約210個分の大きさ。十勝幌尻岳の裾野に広がる牧場で、どこまで広がる草原と雄大な十勝幌尻岳の組み合わせと行った、『北海道っぽい』広大さを感じられる風景を見ることができます。ゆっくりと眺めたい方は、展望台にのぼってみてくださいね。

画像素材|PIXTA

なお、「八千代牧場」ブランドの製品も大人気。新鮮で厳選した素材を使用し、一つ一つ丁寧に作られたハム・ソーセージは、肉本来の持つ旨みにあふれており、お土産品として大変喜ばれます。とくに、ウインナーのように腸詰めせずソーセージ生地を焼くという、「フライッシュケーゼ」がおすすめ。パンに挟んでサンドイッチにすると絶品ですよ。また、八千代牧場では十勝帯広牛などを使ったメニューを食べられるレストランもあります。ステーキはボリューム満点で、やわらかく、かつジューシーだと評判になっています。もちろん、牧場定番のソフトクリームも販売されていますよ。

施設名 八千代牧場
所在地 北海道帯広市八千代町西4線187-1
電話番号 0155-60-2514
サイト http://obikan.jp/post_spot/1484/

7. 十勝千年の森

Swampy forested area.

十勝千年の森は、ローズガーデン、アースガーデン、フォレストガーデン、メドウガーデン、ファームガーデンなど、場の特性を活かし、複数のテーマの庭が合わさった庭園。どの庭も自然と調和しつつテーマに沿って美しく整備されています。自然と調和する十勝千年の森では、様々な鳥や昆虫など自然の生き物を発見することもできます。また、草花だけでなく、十勝千年の森の中には様々な場所に現代アートが配置されており、オノ・ヨーコ氏の作品もあります。

SEGWAY.

他にも、庭園を見ながら食事ができる開放的なレストランや、セグウェイ体験など色々な楽しみ方ができます。自然溢れるガーデンの中で散策し、体を動かし、芸術に触れ、体と心をリフレッシュさせることができる場所です。

画像素材|PIXTA

最近なにかと登場する、「森林セラピー」という言葉をご存じですか?まさにこちらの森も、木々の中を進んでいくと心が浄化され、解き放たれていくような気持ちになります。運が良ければ野生のリスにも出会えるかもしれません。また、大自然の中だからこそ体験して欲しいのが、ネイチャーホースライディング。馬選びからはじまる約3時間のトレッキングプログラムです。大人1人あたり9,800円。お子様には餌やりやブラッシング、ひき馬を行うふれあいプログラムがおすすめですよ。

施設名 十勝千年の森
所在地 北海道清水町羽帯南10線
営業時間 9:30~17:00(季節によって変更)
電話番号 0156-63-3000
サイト http://www.tmf.jp/index.php

8. 緑ヶ丘公園

151012_1310

帯広中心街の近くに位置する緑ヶ丘公園は、子供向けの遊具や桜の並木、池とボート乗り場などがあり、色々なアクティビティを楽しむことができます。野草館や動物園、帯広百年記念館や北海道立美術館など、色々な施設が公園内にあるので、アクセスも便利。緑ヶ丘公園には、かつて世界最長のベンチとしてギネスにも登録された、400mのベンチもあります。緑ヶ丘公園を訪れた際には、ぜひ記念撮影しておきたいスポットですよ。

Untitled

なお、緑豊かで広大なこちらの公園では、エゾリスやアカゲラなどの野生動物に出会えることも。動物園でもないのに会えるなんて、かなり貴重な体験ですよね。また、公園内にある大きな池には、マガモやオシドリが泳いでいます。ちなみにこの池は自然に出来たものではなく、延べ3,260人もの囚人により掘られたものなんだとか。ちなみに遊具には、子供たちに大人気のじゃぶじゃぶ水路もあります。水路のなかには乗ったり滑ったり出来る遊具があるので、飽きずに楽しむことができるでしょう。他にも、水が滝のように流れる石組壁もあり、お子様も大満足できるスポットといえそうです。

施設名 緑ヶ丘公園
所在地 北海道帯広市字緑ヶ丘2
電話番号 0155-21-3172
サイト http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/toshikensetsubu/midorinoka/a_01midorigaoka.html

9. 帯広競馬場

Racecourse.

帯広競馬場は、現在世界で唯一ばんえい競馬がを見られる競馬場です。重りを引いて直線コースを競うばんえい競馬のばん馬は、しなやかで軽やかに走るサラブレッドとは違って、がっしり、どっしり、大きく迫力満点。馬券を買わなくても、ばんえい競馬は帯広に行くなら一度見てみたいですね。
帯広競馬場内には、十勝の食材を使ったグルメを味わえるレストランや産直市場のある『とかちむら』や十勝開拓に活躍した農用場の馬具や写真などが展示されている『馬の資料館』もあります。

画像素材|PIXTA

ちなみにばんばとは、北海道の馬、つまり「どさん子」だと思っている方がほとんどなのではないでしょうか。しかしながら、実は、ルーツはフランスやベルギーなど西ヨーロッパからきているのです。そんなばんばを、もっと身近に感じることができるのが、バックヤードツアー。普段は、関係者以外立ち入り禁止のエリアを見学できるとあって、話題を呼んでいるのです。馬具やゼッケンを装着する装鞍所(そうあんじょ)やきゅう舎まで、普段は見られない貴重な場所に足を踏み入れることができます。なお、ポニーやうさぎ、山羊などさまざまな動物と会える『ふれあい動物園』もあるので、お子様連れにもおすすめです。

施設名 帯広競馬場(ばんえい十勝)
所在地 北海道帯広市西13条南9丁目
電話番号 0155-34-0825
サイト http://www.banei-keiba.or.jp/index.php

10. おびひろ動物園

20120521_112946_ObihiroTKN

緑ヶ丘公園内にあるおびひろ動物園。公園内の動物園だからと言って侮るなかれ、ヒツジやウサギといった小動物から、コンドル、オオワシ、インドゾウ、アメリカバイソン、ライオン、ホッキョクグマなど見応えのある大型動物まで色々な種類の動物を見ることができます。大人420円、中学生以下は無料と料金は非常にリーズナブルですが、動物好きなら入園料以上に楽しめますよ!

画像素材|PIXTA

また、動物園自体が広すぎないのもポイント。移動も楽なので、小さなお子様連れにはとくにおすすめです。とはいえ、1日飼育係体験や、動物画写生コンクールなど、趣向を凝らしたイベントを実施しており、地元の子供たちにも大人気。とくにおすすめは『よるの動物園』。この日だけは21時まで開園しており、夜行性の動物たちが活発に動く姿を見ることができます。暗闇に光る眼に思わずドキッとさせられますよ。また、園内には、空中観覧車やメリーゴーラウンドなどの大型遊具も完備。10種類以上もあるので、わんぱくなお子様でもたっぷりと楽しむことができますよ。

施設名 おびひろ動物園
所在地 北海道帯広市字緑ヶ丘2
電話番号 0155-24-2437
サイト http://www.obihirozoo.jp/

11. サホロ ベアマウンテン

サホロベアマウンテンにて

サホロ ベアマウンテンは、北海道ならではの野生のエゾヒグマを見ることができる観光スポット。サホロの森の1区画をフェンスで囲い、その中に設置された遊歩道コースやヒグマが闊歩する中をバスで走るベアウォッチングコース、距離約4㎝という大迫力でヒグマを見られるガラス張りのベアポイントなどで、自然の姿そのままのヒグマを観察することができます。

画像素材|PIXTA

本州では見られないヒグマを、至近距離で見られるという体験は非常に貴重かつスリリング!その距離、わずか4センチメートルで、大きな顔やつぶらな瞳までじっくりと観察できます。こんな体験ほかでは出来ないですよね。さらに、生きたままの鮭を投げ込むという、熊の豪快な捕食シーンを見ることもできます。大きな前足でつかみ取り、口にくわえて左右に振りながら食べるシーンは圧巻です。なお、バスに乗れば雨でも楽しめるのもポイント。天候に左右されないのが嬉しいですね。ベアマウンテンの入場券に、ホテルランチが付いたランチパックもあるので、ぜひチェックしてみてください。

施設名 サホロリゾート ベア・マウンテン
所在地 北海道上川郡新得町狩勝高原
営業時間 9:00-16:00
電話番号 0156-64-7007
サイト http://bear-mt.jp/

12. 幸福駅

幸福駅

幸福駅とは、北海道帯広市幸福町にある、旧国鉄・広尾線沿線内の駅名。1987年に広尾駅が廃線となった後も、駅名の縁起のよさとテレビで特集され知名度が全国的に広まったことによる幸福駅ブームから観光スポットとなりました。その後も観光に訪れる人が絶えず、今でも帯広の観光スポットとして存続しています。木造の幸福駅駅舎は名刺がびっしりと貼られています。ある観光客が自分の名刺を壁に貼り付けたことから、来訪の記念として自分の名刺を張り付けていくことが通例になったそうです。確かに沢山の名刺がはられていますね。

幸福駅

一時期の加熱ぶりは落ち着いたものの、いまでも観光客が後を絶えません。それだけこの幸福駅は、幸せになりたいと願う人々に愛されているからでしょう。とくに、カップルにとっては恋人の聖地として不動の人気スポットとなっています。「恋人の泉」という噴水や「幸福の木」も新設されたうえ、ウエディングドレス、タキシードに着替えての写真撮影を行う「幸福駅ハッピーセレモニー」というプログラムも実施しています。幸せになりたいという人は、この幸福駅を訪れてみてはいかがでしょうか?

施設名 幸福駅
所在地 北海道帯広市幸福町東1線
サイト http://www.koufuku-eki.com/koufukuinfo/135.html

13. タウシュベツ川橋梁

画像素材|PIXTA

ローマの遺跡のような趣のタウシュベツ橋梁。タウシュベツ橋梁は糠平湖にあるコンクリートアーチ橋で、よく晴れた日には湖面に橋が映りめがねのように見えることから『めがね橋』の別名もあります。よく晴れた日、湖の水位が下がって橋が橋脚まで見える日、雪が積もった日、湖が凍った日など、季節によって全然違う印象を見せてくれます。

画像素材|PIXTA

ちなみに、糠平湖の水かさが増える6月頃から徐々に水に沈み始め、8月頃には湖底に沈んで見えなくなります。そして水かさが減る1月頃からは凍結した湖面に再び姿を現すという、貴重な橋なのです。その年の雨量によって時期はずれ込みますが、前述した背景から「幻の橋」とも呼ばれているのです。冬には糠平湖上をわたり間近で見ることもできますよ。その際には安全のため、スノーシューの着用をおすすめします。一方、一番水位が低くなるゴールデンウィーク前の橋の姿も見応えがあり、おすすめです。なお、徐々に崩壊が進んでおり、本当の意味で「幻の橋」となるとも言われています。崩れ去ってしまう前に、ぜひ訪れてみてくださいね。

施設名 タウシュベツ川橋梁
所在地 北海道上士幌町字ぬかびら源泉郷
電話番号 01564-4-2224(上士幌町観光協会)
サイト https://kamishihoro.info/sg_detail.php?id=30

14. 愛国駅

愛国駅

愛国駅は、北海道帯広市愛国町にある旧国鉄・広尾線内の駅名。広尾線の廃線とともに、『愛の国から幸福へ』のキャッチフレーズで幸福駅とともにブームとなり、今でも対のような存在です。
愛国駅の駅舎は改築され、現在は交通記念館として、旧国鉄時代の品々が展示されています。プラットホームは旧国鉄当時のまま保存されており、『愛国駅』と書かれた看板が印象的。愛国駅には、蒸気機関車も記念展示されています。鉄道ファンが訪れても楽しいですね。

画像素材|PIXTA

記念展示されている蒸気機関車は19671号。1918年、つまり大正7年に、あの川崎重工の工場でつくられた大変古い物となります。漆黒色の車体にはられたオレンジ色に輝くナンバープレートが、レトロな印象でほっこりとした気分になります。なお、こちらは冬期は営業しておらず、SLも腐食防止用のシートがかけられていますので注意が必要です。幸福駅、愛国駅ともに、『恋人の聖地プロジェクト』プロポーズに相応しい恋人の聖地として指定されています。幸福駅・愛国駅で幸せと愛が続きそうな縁起の良いプロポーズをしてみたいですね。

施設名 愛国駅
所在地 北海道帯広市愛国町基線39-40
サイト http://www.koufuku-eki.com/koufukuinfo/135.html

帯広でおすすめの豚丼4選

1. ぱんちょう

帯広のご当地グルメと言えば絶対に外せないのが豚丼。その豚丼の中でも飛び抜けて美味しく、外国人観光客も多く訪れるほど人気なのが「ぱんちょう」です。休日となると2〜3時間待ちは当たり前、平日であっても開店前から列ができるので、確実に食べたい方は最低でも開店30分前までには並ぶことをおすすめします。帯広駅から徒歩3分の距離なので、アクセスがとても良いのも魅力です。

ぱんちょうは松、竹、梅、華の順でお肉の量によってお値段が異なります。写真は松ですが、一番少ない量でもこのボリュームですから男性でも大満足のボリュームです。ぱんちょうの豚丼は甘すぎず、塩っぱ過ぎず、丁度良い調味加減が人気の秘訣。肉もしつこい脂身がないので、女性でもペロリと平らげてしまうほどの美味しさ。帯広に来たら絶対に外せないぱんちょうの豚丼をぜひご賞味ください。

名称 ぱんちょう
住所 北海道帯広市西1条南11-19
営業時間 11:00~19:00
定休日:月曜日。第1、第3火曜日
(祝日の場合営業、翌日休、連休)

2. ぶたはげ

こちらも大人気の豚丼専門店「ぶたはげ」。帯広駅すぐのエスタという建物の中にお店があります。ぶたはげの豚丼に使用されている豚肉は道産豚の中でもさらに希少な豚肉を厳選し、850度の高温で丁寧に焼き上げているのが特徴。高温で焼くことにより、香ばしい匂いが店内に広がります。

味の決め手となるタレにもこだわりがあります。豚丼が誕生してから60年以上もの間、人の手で丁寧に手作りをし続けてきた深い味わいのあるタレは、他では真似ができない究極のタレとなっています。ご飯と香ばしい豚肉、そして濃い目のタレは言葉にできないほどの美味しい組み合わせです。ランチタイムはサラリーマンやOL、そして観光客で賑わいます。

名称 ぶたはげ
住所 北海道帯広市西2条南12 エスタ帯広 西館
営業時間 10:00~19:30
定休日:第3水曜日
サイト http://www.butahage.com/

3. はげ天

「はげ天」と言うと天ぷらを連想しますが、実は豚丼にも力を入れています。地元帯広の方々に長く愛されている豚丼の味をそのまま受け継ぎ、帯広ご当地グルメを守り続けています。しかし、その伝統を守りつつも、はげ天ならではのこだわりもしっかり取り入れています。要となる豚肉には程よく「刺し」が入っているものを選び、焼き上げの最後は黒胡椒で味を引き締めているのがはげ天の豚丼の特徴です。

はげ天では豚丼を注文すると、漬物とお味噌汁も付いてくるので必ず満足できるボリュームです。さらに、はげ天ならではのサービスとしては、無料で「タレ」を追加できること。正直、他の店でタレが足りないと思う方もいるのではと思いますが、はげ天では自分好みのタレの量を希望できるので、遠慮なく店員さんにタレを追加してもらうことをおすすめします。

名称 はげ天
住所 北海道帯広市西1条南10-5-2
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:30)
サイト http://www.obihiro-hageten.com/

4. とん田

2017年に現住所に移転し、駐車場や客席数を増やしたものの、それでも開店前から長蛇の列ができる「とん田」。以前と比較するとゆったり過ごすことはできますが、早めに食べたい方は30分前くらいから並んでおくと、比較的すぐ入店ができるかと思います。

とん田は、「バラ豚丼」と「ロース・バラ盛り合わせ」の2種類がメニューにあります。この2つのどちらを注文するか初めての方は必ず迷ってしまいます。常連客ですらも、バラにするかロース・バラ盛り合わせにするかを毎回悩んでしまうほど。他の豚丼店の本格的な味とは違い、とん田は家庭的な美味しさが売りの豚丼です。この家庭的なタレの美味しさと、豚肉本来の甘さを味わいたいと言う方は、とん田の豚丼がおすすめです。

名称 とん田
住所 北海道帯広市東10条南17-2
営業時間 月~土
11:00~18:00(なくなり次第終了)
定休日:日曜日

帯広でおすすめのホテル4選

1. 十勝川温泉第一ホテル

十勝の自然を心ゆくまで堪能できるホテルが、「十勝川温泉第一ホテル」です。十勝川温泉第一ホテルの温泉は日本でも珍しい「モール温泉」を楽しむことができます。モール温泉とは植物性の有機物を多く含む温泉で、かつてアイヌ人は「薬の沼」として利用していたものが今でも語り継がれているものとなっています。

新鮮な肉・野菜が豊富な十勝だからこそできる、上質な料理が振る舞われます。特に十勝で採れた「朝もぎアスパラ」はここでしか味わえない格別の美味しさ。厳しい寒さも耐えた太くて柔らかいアスパラを生産者から直接仕入れているという十勝川温泉第一ホテルのこだわりです。ぜひ、ゆったりとしたひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称 十勝川温泉第一ホテル
住所 北海道河東郡音更町十勝川温泉南12
営業時間 チェックイン15:00/チェックアウト11:00
サイト https://www.daiichihotel.com/

2. 十勝幕別温泉グランヴィリオホテル

「十勝幕別温泉グランヴィリオホテル」のロビーでお出迎えしてくれるのは、1929年型A型フォード・キャブリオレのレプリカ。レプリカと言えども、とても大きいのが伝わります。子供が喜びそうな遊び心のあるサービスがとても良いですね。また、グランヴィリオホテルでは十勝平野を一望できる露天風呂や一人でゆったりと入れる壷風呂など、女性に人気の温泉も用意され、家族はもちろん女子会にもぴったりなホテルです。

お食事は地産地消にこだわった、45種類の豊富なバイキングメニューが揃えられております。種類が豊富だと子供も選ぶのが楽しくなってしまうのではないでしょうか。デザートも一つ一つ丁寧に仕上げられているので、スイーツ好きの女性にとっても格別の時間を過ごすことができます。

名称 十勝幕別温泉グランヴィリオホテル
住所 北海道中川郡幕別町字依田384
営業時間 チェックイン15:00/チェックアウト10:00
サイト https://www.route-inn.co.jp/search/hotel/index.php?hotel_id=214/

3. 観月苑

「観月苑」では、和をテーマとした安らぎの空間をご用意しています。客室については展望露天風呂付きが8室もあり、結婚記念日や特別なデート、女子旅、あらゆるシチュエーションにぴったりです。プライベートな空間で十勝の大自然を独り占めできてしまうのは究極の贅沢なのではないでしょうか。

海の幸、山の幸を旬の季節に味わってもらいたいという観月苑のこだわりが、お食事メニューに表れています。小麦や小豆、ジャガイモなど、十勝だからこそできる美味しい料理を、舌で愉しむことはもちろん、目でも味わえることができるように日々工夫が施されております。十勝に来た時はぜひ、泊まっていただきたいおすすめの宿です。

名称 観月苑
住所 北海道河東郡音更町十勝川温泉南14-2
営業時間 チェックイン15:00/チェックアウト10:00
サイト https://www.kangetsuen.com/

4. 森のスパリゾート 北海道ホテル

「森のスパリゾート 北海道ホテル」では、モール温泉を楽しむことができます。モール温泉は別名「美人の湯」とも呼ばれ、湯に浸かれば肌がしっとりすべすべに、そして疲労回復や冷え性改善の効能もあるのでぜひ入浴したいところ。十勝の澄んだ空気を味わいながらの露天風呂もおすすめです。

さまざまなシーンに合わせて森のスパリゾート北海道ホテルを利用できるのも、魅力の一つです。接待や両家顔合わせ、記念日、デート、女子会、そしてお一人様も、どんなシチュエーションもお任せ。お料理の質はもちろん、接客サービスもここでしか体感することのできない感動があります。十勝の思い出の一つとして森のスパリゾート北海道ホテルをご利用してみてはいかがでしょうか。

名称 森のスパリゾート 北海道ホテル
住所 北海道帯広市西7条南19-1
営業時間 チェックイン15:00/チェックアウト11:00
サイト https://www.hokkaidohotel.co.jp/

帯広でおすすめのラーメン4選

1. らぁめん とん平

帯広の人気ラーメン店「とん平」。あまりの人気の高さに、ランチタイムはすぐに満席となってしまいます。駐車場も数台しか止められず、車でお越しの場合は早めに来店することをおすすめします。もし満席となっていても、店内で待つもよし、他の場所で時間を潰しながら待つもよしなので、そこまで苦労せずに待つことができます。

とん平のイチオシメニューは「醤油ラーメン」です。椎茸、丸鶏、昆布などをじっくり煮込んだスープに、ストレート麺と、チャーシューが贅沢にも3枚乗せられている究極の一杯。ぜひ追加トッピングで味玉も乗せてもらえれば完璧なラーメンが出来上がります。狭い店内ながらも、子供連れやカップルなど幅広い年齢層に愛されているラーメン屋です。

名称 らぁめん とん平
住所 北海道帯広市西2条南2-2-2
営業時間 11:00~15:00
17:00~20:00
定休日:火曜日・第1、第3木曜日(火曜日、木曜日が祝祭日の場合は翌日休み)

2. らーめん みすゞ

帯広の醤油ラーメンと言えばここ!「らーめん みすゞ」です。多くの有名人も足を運ぶほどの人気ラーメン店で、一人で来られるお客様も多くいらっしゃいます。帯広駅近郊に位置するため、仕事帰りやシメのラーメンで一杯食べていくという感覚で気軽に立ち寄れます。

みすゞのラーメンは昔ながらの醤油ラーメンで、ダシのアクセントが強く残るわけでもなく、ドロドロの今風なスープでもなく、王道の味を貫いているのが人気の理由です。上には若干ピリ辛な野菜炒めが乗っており、それがまたいいアクセントとなっているのでやみつきになっちゃいます。

名称 らーめん みすゞ
住所 北海道帯広市西2条南8-20
営業時間 11:00~20:30
定休日:水曜日
サイト https://misuzu01.web.fc2.com/

3. らーめんキッチン なると

お店の外観がとてもかわいらしいラーメン店が、「らーめんキッチン なると」です。見た目だけだとカフェに見えるので、ラーメンのお店としては地元の方じゃないと知らない穴場スポットだと思います。店内もカフェのような雰囲気なので、子供連れのお客様でも気軽に訪れることのできるお店ですね。

なんとラーメンには「自家製麺を使っている」。というこだわりがあります!メニューは醤油、味噌、塩の3種類ですが、醤油だけは「なると醤油」と「きたろう醤油」の2種類が用意されいます。なると醤油はあっさりしたスープで箸が止まらなくなってしまいます。きたろう醤油は味が濃く、脂もなると醤油よりは多めですが、くどくない美味しさ。どちらも癖になる味ですので、お近くを通った際はぜひお立ち寄りください。

名称 らーめんキッチン なると
住所 北海道帯広市稲田町基線13-9
営業時間 月〜土11:30~14:30/17:00~20:00
祝日
11:30~14:30/17:00~20:00
定休日:日曜日

4. 華宴

「華宴」は、初見だととてもわかりづらい場所にあるので、こちらも穴場のラーメン店と言ってもいいでしょう。華宴は醤油、味噌、塩のどれもがこってりとした豚骨ベースのスープとなっており、濃い味が好みの方には一番におすすめしたいラーメンです。

華宴は、帯広のラーメン店としては珍しく「味噌」が一番人気です。麺はストレートの中太麺が使用されており、スープにはラードがたっぷり。かすかにバターの香り、そしてあとからにんにくの風味が口いっぱいに広がります。他にもごま油の風味が効いた油麺や、激辛の辛味噌ラーメンなど、どれもラーメン好きにはたまらないメニューとなっていますので、要チェック!

名称 華宴
住所 北海道帯広市西23条南1-72-2
営業時間 11:30~19:00(スープが無くなり次第終終了)
定休日 日曜・祝日・木曜日(祝日がある週の木曜日は営業)

帯広でおすすめの温泉4選

1. オベリベリ温泉 水光園

日帰り温泉で人気のスポットが「オベリベリ温泉 水光園」です。十勝の有名な「モール温泉」を大人なら440円で入浴できてしまうので、日帰り旅行にぴったりな温泉施設です。露天風呂はもちろん、漢方蒸し風呂や最新のジェットバスなど多彩な湯船を楽しむことができるので、お風呂を嫌がってしまう子供でも楽しんで入浴できます。

オベリベリ温泉 水光園で体を温めたら、お風呂上がりにぜひ食べてほしい「モカソフトクリーム」!なんと150円という安いお値段で味わうことができます。滑らかな舌触りのソフトクリームをお風呂上がりに食べるなんて最高の幸せなのではないでしょうか。しかも値段が安いので、常連客は必ずモカソフトクリームを食べていくほどの大人気メニューです。

名称 オベリベリ温泉 水光園
住所 帯広市東10条南5
営業時間 11:00~23:00
定休日:元日

2. 天然の湯 自由ヶ丘温泉

十勝の大自然に囲まれた中で温泉を楽しめるのは、「天然の湯 自由ヶ丘温泉」です。温泉に行くとなるとアメニティグッズやバスタオルを準備するのが面倒を感じる方もいるかと思いますが、天然の湯 自由ヶ丘温泉ではバスタオルとタオルをセットで貸し出してくれる「手ぶらセット」や、アメニティグッズの販売もあるので、思い立った時にふらっと行けてしまいます。開店時間が比較的早いので、常連客は今か今かと並んで待つほどの人気温泉スポットです。

天然の湯 自由ヶ丘温泉は熱めの温度が設定されており、熱いお湯と水風呂を交互に楽しみたい方にはぜひおすすめしたい温泉スポットです。夜になると中庭がライトアップされ、温泉に浸かりながら綺麗な景色を眺めることができます。お風呂上がりには併設されている「ロッキー」というラーメン屋さんで晩ご飯を食べることもできるので、夜をゆったり過ごすことができます。

名称 天然の湯 自由ヶ丘温泉
住所 帯広市自由が丘4-4-19
営業時間 10:30~翌1:00(最終入場0:30)

3. アサヒ湯

帯広の人々に長く愛されているのが、「アサヒ湯」です。銭湯という枠組みを超えた上質な温泉を楽しめるとして大人気。アサヒ湯の温泉はもちろん、「モール温泉」ですが、アサヒ湯の場合は匂いやお湯が濃いめで、さらにはお湯がとろっとろなので、お風呂上がりはみなさん肌がもちもちすべすべの状態になっているとのこと。温泉愛好者にとってもアサヒ湯の温泉は絶対に外せない大きな存在となっています。

源泉掛け流しのモール温泉を贅沢に堪能できるアサヒ湯は、浴槽は一つしかなく、浴場自体も他の銭湯と比べると狭めな印象です。しかし、小さくこじんまりしているからこそ、落ち着いて入浴ができるということで、その点もアサヒ湯の人気の一つとなっています。また、毎週日曜日は朝6時から「朝湯」に入ることができるので、週末の楽しみとして常連客はこぞって訪れます。観光客にとっては穴場の温泉スポットなので、ぜひこのとろとろのモール温泉を体感してみてはいかがでしょうか。

名称 アサヒ湯
住所 北海道帯広市東3条南14-19
営業時間 月〜日 13:00〜23:00
日曜日の朝湯 6:00〜10:00
定休日:元日

4. 天然温泉 やよい乃湯

家族でゆったり温泉を楽しむなら「天然温泉 やよい乃湯」が、一番おすすめです。湯船のバリエーションが豊富で、ひのき湯や洞窟風呂、電気風呂など思わず長風呂してしまうような温泉施設となっています。やよい乃湯では、地底1600mから湧き出るナトリウム塩化物温泉を堪能することができ、肌に優しく、高保湿・高保温効果があります。女性にとって嬉しい効能ですよね。

お風呂から上がるとお腹がすいてきますよね。やよい乃湯はお食事メニューも豊富で、一番人気は帯広のご当地グルメである「豚丼」です!おすすめは「やよいラーメンセット」で、ラーメンとミニ豚丼、ミニサラダがセットになってお値段なんと1000円で食べることができます。たくさん食べる男性でも絶対に満足できるセットメニューですし、お得感たっぷりなのでぜひお召し上がりください。

名称 天然温泉 やよい乃湯
住所 北海道帯広市西条18南2-5-32
営業時間 10:00〜24:00
定休日:なし
サイト http://yayoinoyu.com/

広大な北海道の自然やグルメを味わおう!

いかがでしたか?北海道らしさを味わえる広大な牧場や庭園、自然や動物と触れ合える観光スポット、買い物やグルメを楽しめる場所など、帯広の観光名所をご紹介しました。
北海道・帯広では、カップルや友人など大人同士でいくのか、小さな子供がいる家族連れで行くのかなどで、行きたい場所が変わってきそうですね。
北海道ならではの新鮮な牛乳を使ったソフトクリームやチーズ、牛肉、広大な敷地を活かして作ったワインなどグルメを楽しむもよし、緑が一面に広がる開放的な景色でリフレッシュするもよし、美しい草花が生い茂る庭園を散策して自然に触れ癒されるもよし。ぜひ北海道・帯広の魅力に溢れた観光スポットを訪れてみてください。

北海道のおすすめ旅館・ホテルをさがす

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事