最終更新日時 2019/02/25

札幌市の名物「雪まつり」といえば、全国的にもその名を知られた冬のイベント。なんと言ってもあの迫力のある雪像が頭をよぎると思います。今回は、そんな「さっぽろ雪まつり」の最新情報をご紹介いたします。

さっぽろ雪まつりの開催場所は?

画像素材|PIXTA

札幌の代名詞ともなっている「大通公園」。ここが「さっぽろ雪まつり」のメイン会場です。札幌の中心部に位置し、大通西1丁目から大通西12丁目まで、なんとその距離1.5キロメートルも続いています。

春には花が咲き乱れ、夏にはビアガーデン、秋には北海道の味覚が集まるオータムフェスタなど、季節ごとに数々のイベントが行われています。そんな市民から愛されている公園で、世界的にも有名な冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」が開催されます。

画像素材|PIXTA

会場は「大通公園」だけではありません。確かに雪像が置かれているメイン会場は「大通公園」ですが、歓楽街の「すすきの」も会場となっています。ここでは、雪像ならぬ氷像が展示されており、「すすきのアイスワールド」と呼ばれ氷像のライトアップが行われているのです。さらにもうひとつ、東区にあるコミュニティドーム「つどーむ」は、ここが最近親子連れや若いカップルに大人気。飲食ブースも出ており、休憩する場所としてもぴったりのスポットです。

ここからは、各会場の魅力についてご紹介します。

大通公園に新名所が登場

画像素材|PIXTA

大通公園会場の見どころは、やはり雪像です。なんといっても作品の持つダイナミックさが、一番のポイントでしょうか。まるで本物なのではと目を疑うほど精巧に掘られた雪の建物には、思わず感嘆の声を挙げてしまうほど。作品の大きさはさまざまですが、大きい物は15メートルもあるのだとか。これはなんと、ビルの4〜5階に相当する高さです。

IMGP9506

この15メートル級の雪像をつくるのには、5トントラックの500台分の雪が必要になります。そんな大型級の雪像が、4,5,7,8,10丁目に全部で5基つくられるのです。

あまり知られていませんが、雪像のなかには自衛隊が制作したものもあるそう。2019年の出品タイトルは「Hard Rock Family Live~初音ミク&戸山香澄 on Snow Stage~」とのことで、音楽の楽しさを伝えることをテーマとしたようです。

IMGP9352

ちなみに写真は、2016年に彼らが制作した作品です。当時話題になった「進撃の巨人」を制作。見事なまでに躍動感をもつ作品に仕上がっています。まるで今にも目が動き出しそうだと非常に大きな反響がありました。

IMGP9522

ちなみに1987年から一般市民も参加ができるようになっており、毎年職場仲間や学校、サークル単位でたくさんの方が雪像つくりにチャレンジしています。さらに国際雪像コンクールとして、海外からのチームも参加。それぞれの民族カラーが反映された、個性豊かな作品が魅力です。そんなこともあり、2018年は全部で203基とかなりの数が集結。2019年は一体どんな作品がお目見えするのでしょうか。

画像素材|PIXTA

会場となる「大通公園」のなかでもひときわ賑やかなのが、1丁目にあるJ:COM広場。なんとこの時期限定のスケートリンクがつくられ、2019年は安藤美姫さんによるスケート教室も開かれるのです。特設ステージでは音楽ライブやキャラクターショーも。観光客だけでなく、札幌市民にとっても大変人気のスポットとなっています。

Park Air 2018.

そして、2007年からスタートして以来人気を博しているのが、高さが24メートルもある巨大なジャンプ台。全長は60メートルで最大斜度は39度もある本格的なもの。プロやアマチュアのボーダー、スキーヤーが華麗なジャンプを披露してくれます。目の前で繰り広げられるエキサイティングな場面に、興奮冷めやらぬ、そんな一夜になりそうですね。

北海道らしい大自然を満喫

Medium Slide

続いて、東区にあるコミュニティドーム、「つどーむ」。こちらには雪でつくられたすべり台やスノーラフトなどが設置されており、北海道らしい大自然のなか、子供から大人までが雪とふれあっている姿が見られます。

The Big Slide

長い滑り台から、ごくごく小さなお子様が楽しめる短い滑り台まで、3段階の難易度に分かれています。休憩所や飲食ブースのほか、屋内にもお子様向けのアトラクションまで。悪天候の場合にも遊べるのでおすすめですよ。

ロマンチックに輝く氷の世界

大氷像 ホエール・ホーム

雪まつりの締めくくりは、ぜひ「すすきの」へ。氷の像が幻想的な世界へと誘います。さまざまな氷像がありますが、いずれも芸術性の高さが感じられます。さらにライトアップされ、会場はロマンチックなムードに。

大氷像 ハートの宮殿

歩行者天国となる時間帯には、間近で眺めることができます。会場には温かいお飲み物をいただけるアイスバーがもうけられるので、冷えた身体を温めることも可能です。なお、大通公園の大雪像では、17時半以降プロジェクションマッピングの催しもあるので、時間を見ながらまわると良いでしょう。

開催場所 大通会場  大通公園西1丁目から西12丁目まで
つどーむ会場  札幌市スポーツ交流施設「つどーむ」
すすきの会場  南4条通から南7条通までの駅前通り
日時 大通会場、すすきの会場   2019年年2月4日から2月11日
つどーむ会場       2019年1月31日から2月11日
URL http://www.snowfes.com/

雪と氷に魅せられて・・・

画像素材|PIXTA

雪と氷の祭典とも言われる、さっぽろの「雪まつり」。ジャンプ台やスケートリンクが設置されたり、プロジェクションマッピングが行われるなど、年々その魅力がアップしています。雪降る街の中を歩くだけでも、とてもロマンチック。雪と氷に魅せられる、幻想的な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事