最終更新日時 2019/05/08

古くから港湾都市として発展してきた小樽は、「寿司と運河」の街として知られていますが、ほかにも多くの観光スポットがあります。美術館や博物館、自然に近い状態の水族館、ガラスの制作体験や市場飯も楽しめます。今回はそんな小樽のおすすめの定番や穴場のスポット、グルメなお店をご紹介します。

小樽でおすすめの定番スポット10選

1. 小樽運河

北海道開拓時代に、荷揚げの効率化を図るために作られた「小樽運河」は、1986年に散策路や街路樹などが整備された現在の姿となりました。散策路には63基のガス灯が設置されていて、夕暮れからは倉庫群のライトアップとともに、ロマンチックな風景をみせてくれるスポットです。

小樽運河が作られた当時のまま姿の倉庫群は、石造りでレスランやショップなどが入店しています。また、運河の中央橋から出発する「小樽運河クルーズ」は、デイクルーズとナイトクルーズがあり、女子旅にもデートにもぴったりです。舟からの四季折々の景色は写真映えしますので、ぜひ撮影をおすすめします。

名称 小樽運河
住所 北海道小樽市港町5
サイト https://www.city.otaru.lg.jp/kankou/miru_asobu_tomaru/kankosisetu/otaruunga.html

2. おたる水族館

1959年開業の「おたる水族館」は、海を区切っただけの自然に近い状態のプールで海獣が暮らしていることが特徴です。クリオネの展示やネズミイルカ「次郎吉」の世界最長飼育記録、アザラシの飼育頭数日本一ということでも知られています。他の地域の水族館ではあまり見られない、北海道の魚類の展示も魅力です。

規模はあまり大きくないのですが、自然が身近に感じられる水族館に約5,000点の魚類を展示があるため、見どころが多くあります。また、食事処が2カ所あるのも便利です。イルカ、アザラシ、ペンギンのショーには定評があり、ふれあいのコーナーもあるので、小さな子供にも人気です。デートや女子旅にもおすすめですよ。

名称 おたる水族館
住所 北海道小樽市祝津3-303
営業時間 9:00~17:00(最終入園16:30) 季節によって変動あり
サイト https://otaru-aq.jp/

3. 小樽オルゴール堂

1912年に建てられた「小樽オルゴール堂本館」の建物は、レンガ造りの明治モダンの建築です。国内最大級のオルゴール専門店で数多く並ぶオルゴールをじっくり見たり、購入したりするほか、2号館のアンティークミュージアムでは、自動演奏の「エオリアパイプオルガン」や「オーケストラオルゴール」の音色が聴けます。

「遊工房」では、自分だけのオルゴールの手作り体験も可能。基本のオルゴールに好きなパーツを選んでデコレーションしていきオリジナルオルコールを作ります。本館の正面にある「蒸気時計」は写真スポットとしても人気があります。旅の思い出にいかがでしょうか。

名称 小樽オルゴール堂
住所 北海道小樽市住吉町4-4-1
営業時間 月曜日~木曜日 9:00~18:00
祝前日・金土曜日 9:00~19:00 季節により変動あり
サイト https://www.otaru-orgel.co.jp/j_main.html

4. かま栄 工場直売店

1905年創業の老舗かまぼこ店の「かま栄」は、地元でしか食べられない「パンロール」が人気です。パンで魚のすり身をくるんで揚げたもので、揚げたてが一番おいしいため、通信販売はしていません。工場直売店にはカフェが併設されているので、こちらで揚げたてのパンロールが食べられます。

工場見学が無料でできますから、ぜひ見学してみてください。なかなか見られないかまぼこ作りの行程をガラス越しに眺めることができます。直売店では、工場直営ならではの限定品も味わえます。「から甲ら」は、カニの甲羅にカニ肉のすり身を詰めてズワイガニの棒肉まで乗っている贅沢な1品です、お土産に特におすすめです。

名称 かま栄 工場直売店
住所 北海道小樽市堺町3-7
営業時間 9:00~19:00 定休日 元旦
サイト https://www.kamaei.co.jp/store_introduce/chokubai/

5. おたる政寿司本店

カナダ沖で獲れる300キロ超えのマグロのみを仕入れる「おたる政寿司本店」は、創業70年以上の老舗です。一人でも入れる1階のカウンター席、子供連れのご家族もゆっくりできる2階席などがあり、選択肢の多いメニューで人気があります。

「蝦夷前寿司」と呼ぶ、北海道を代表するホタテやボタンエビの寿司ネタはさすがのおいしさです。ランチで訪れても色々食べられて満足ですますが、1品料理も揃っているので、お酒と1品料理を食べた後にお寿司を食べる、という楽しみ方もできるおすすめのお店です。

名称 おたる政寿司本店
住所 北海道小樽市花園1-1-1寿司屋通り
営業時間 11:00~15:00 17:00~21:30 定休日 水曜日・元旦
サイト http://www.masazushi.co.jp/

6. 中華食堂桂苑(けいえん)

小樽あんかけ焼きそばの創成期からある名店「中華食堂桂苑」。ご当地グルメの小樽あんかけ焼きそばの小樽で一番の店、との評判もあります。焼き固めた麺に、新鮮な魚介類をたっぷりな餡とともにかけて食べる、小樽市内で提供されるあんかけ焼きそばを「小樽あんかけ焼きそば」と呼び、1960年代から人気となりました。

小樽市内にある約80店舗の店が、あんかけ焼きそばを出していて、店によってそれぞれ工夫を凝らしています。中華食堂桂苑を始めとして、自分にとってベストなあんかけ焼きそばを食べ歩いてみるのも楽しいことでしょう。小樽市民のソウルフードと言われるあんかけ焼きそば、一度味わってみてはいかがでしょうか。

名称 中華食堂桂苑(けいえん)
住所 北海道小樽市稲穂2-16-14
営業時間 11:00~20:30 定休日 木曜日
サイト https://www.hokkaido-chuka.or.jp/shoplist/102/

7. 三角市場

屋根と土地のかたちが三角形のところから名づけられた「三角市場」は、小樽駅から徒歩5分という便利な場所にあります。中国語や英語などのHPもあり、中国語が話せるスタッフもいるので、外国人の方が多く訪れている市場です。

新鮮な海の幸が食べられる食堂が6軒あるため、小樽に到着して最初のランチをこちらで、というのも良い選択です。どの食堂にも所せましと、海鮮丼や定食の写真が貼ってあり、迷う事必至ですが、どのお店も外れはありません。女子旅やデートで別々の物を頼んでシェアするのもおすすめです。

名称 三角市場
住所 北海道小樽市稲穂3-10-16
営業時間 8:00~17:00 
サイト http://otaru-sankaku.com/

8. 北一硝子

「北一硝子」は堺町エリアに、ガラスショップ・北一ヴェネツィア美術館・フードカフェ・アルコールショップと色々な店舗を展開している、小樽一のガラス工芸店です。アクセサリーから調味料入れ、ヴェネツィアガラスまで扱っているので、ガラス好きな方は各店舗を見て回るだけでも半日たっぷり楽しめます。

ヴェネツィアのグラッシィ宮殿を模した「北一ヴェネツィア美術館」では、16世紀から18世紀頃の宮殿の部屋を鑑賞したり、サンドブラスの手法でオリジナルグラスや、とんぼ玉を選んでアクセサリーなどを作る体験ができる、一大観光スポットと言えるでしょう。お土産探しにもぴったりですから、ぜひ訪れてみてください。

名称 北一硝子
住所 (事業統括本部所在地)北海道小樽市堺町7-26
営業時間 花園店 10:00~19:00 飲食店 11:00~17:00
その他店舗共通 8:45~18:30 定休日 元旦
サイト https://kitaichiglass.co.jp/

9. 小樽市総合博物館

蒸気機関車「しづか号」や、北海道を代表する50両の鉄道車両や車両が展示されている本館と、小樽市の自然や歴史に関する資料を展示している運河館から構成されている「小樽市総合博物館」。本館は蒸気機関車に乗れたり、珍しい車両が見られたりと鉄道好きや子供に大人気です。

運河館では、北前船などで使われた船箪笥や商家の復元、アイヌ文化についての展示などがあり、小樽運河の散策で入るのにぴったりの施設です。建物自体が歴史的建造物なので、写真スポットとしても人気があります。なお、本館では冬は屋外展示物が雪よけのシートで覆われるため、夏の訪問がおすすめです。

名称 小樽市総合博物館
住所 本館 北海道小樽市手宮1-3-6 運河館 北海道小樽市色内2-1-20
営業時間 9:30~17:00 休館日 火曜日・12月29日~1月3日
サイト https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/

10. 市立小樽美術館

小樽にゆかりのある芸術家の作品を中心に展示する「市立小樽美術館」。作品や美術関係資料の収集や保管は市立小樽美術館協力会という市民団体が行っています。小樽市生まれで風景画を多く残した「中村善策」、小樽市に住んでいた版画家の「一原有徳」は、それぞれ記念ホールが館内に設置され、常設展が行われています。

また、併設されている「小樽文学館」では、小林多喜二、伊藤整、石川啄木、石原慎太郎などを始め多くの作家の作品や資料が常設されていて、たいへん興味深い内容。小樽駅から歩いて10分ほどと近い場所にあるので、町歩きの際に立ち寄れます。北海道の美術と文学に触れてみてはいかがでしょうか。

名称 市立小樽美術館
住所 北海道小樽市色内1-9-5
営業時間 9:30~17:00 定休日 月曜日
サイト https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/artmuseum/

小樽駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 小樽洋菓子舗ルタオ本店

小樽の観光地にあるメルヘン交差点に「小樽洋菓子舗ルタオ本店」はあります。大きな塔が目印のお店は、チーズケーキが看板商品です。「ドゥーブルフロマージュ」は、口どけの良さと強すぎない甘さとミルク感を備え、ベイクドチーズケーキとレアチーズケーキの良さを合わせた絶妙のバランスのおいしさです。

「ヴェネチア ランデブー」は、特製生クリームとマスカルポーネチーズのチーズブリュレで、シンプルな味わいは男性にも人気です。「ショコラドゥーブル」は、チョコレートとチーズケーキが一緒に味わえ、カカオとミルク感が楽します。小樽駅から観光スポットを歩いてきて、こちらのカフェで休憩、というのもおすすめです。

名称 小樽洋菓子舗ルタオ本店
住所 北海道小樽市堺町7-16
営業時間 9:00~18:00
サイト https://www.letao.jp/shop/letao.php

2. OTARU TIMES GARTEN (小樽タイムズガーテン)

2018年にオープンした最新スポット「OTARU TIMES GARTEN」は、3つの店舗が複合している飲食店です。「パンたいむ」は、北海道産小麦粉を使用した無添加・低温長時間熟成のこだわりパン店。ハンモックカフェ「おちゃびより」では、北海道産フルーツのタルトや余市産天然ぶどうジュースを楽しめます。

「お・に・くのひととき」は、牛肉や鶏肉、生ラム肉が食べられる肉の専門店。生ラム肉は塩コショウだけでも臭みがなく柔らかいのでぜひ試して欲しい一品です。内部もとてもおしゃれですが、石造り倉庫の外観もフォトジェニックですから、記念写真撮影ポイントとしてもおすすめです。

名称 OTARU TIMES GARTEN (小樽タイムズガーテン)
住所 北海道小樽市港町5-4
営業時間 10:00~21:00 定休日 水曜日
サイト http://otaru-times-garten.com/

3. 蕎麦・料理 藪半

ミシュランに掲載された大人気蕎麦店の「蕎麦・料理藪半」は、ゆっくりしたいなら平日の開店直後が狙い目です。北海道産の地物粉を使った「割子そば」は、3段の「錦糸卵・とびっこ・ウニとろろ」から5段の「錦糸卵・とびっこ・ウニとろろ・なめこ・ズワイ蟹」まであり、北海道らしい食材も蕎麦と一緒に味わえます。

さっと蕎麦をたぐって出るというのも良いですが、天ぷらや豆腐料理などもの単品料理も豊富にありますので、蕎麦を食べる前に一杯飲む「蕎麦前」を楽しんでみてはいかがでしょうか。ほろ酔い用のメニューや宴会コースもあって、大人の女子旅にもおすすめです。

名称 蕎麦・料理 藪半
住所 北海道小樽市稲穂2-19-14
営業時間 11:00~16:00 17:00~20:30 定休日 火曜日
サイト http://www.yabuhan.co.jp/yabuhan_2011/wp-content/010_info_2010.html

4. 若鶏時代なると本店

View this post on Instagram

@ictfilがシェアした投稿

地元で長年親しまれている「若鶏時代なると」は、「若鶏の半身揚げ」が人気です。北海道のご当地グルメの「ざんぎ」などの鶏料理が多くあり、鶏好きさんは大満足!また、海鮮丼や寿司もあるので、欲張りなランチも楽しめますよ。

ランチメニューには、刺身定食(1,000円)や若鶏・海鮮丼セットや若鶏・寿司セット(1,500円)があり、他の寿司店などで迷っていた方も安心価格で食べられます。メニューの種類が多く、色々なものが食べられて、老若男女を選びませんので、夜の食事会や宴会にもおすすめですよ。

名称 若鶏時代なると本店
住所 北海道小樽市稲穂3-16-16-13
営業時間 11:00~21:00
サイト http://otaru-naruto.jp/tenpo_new140430.html

5. 小樽料理 海月(くらげ)

ランチのコースが安いことで人気の「小樽料理海月」。弁慶さんコース(600円)は、刺身・茶碗蒸し・小鉢・汁物・漬物、花子さんコース(800円)は寿司・天ぷら・茶碗蒸し・小鉢・汁物・漬物、太郎さんコース(800円)は、花子さんコースの寿司が生ちらしに変更になったものです。

夜のコースもお手頃価格で、新鮮な海産物が食べられます。メニューは150種類と豊富。お財布と相談しながら、お腹いっぱい食べられますよ。小樽産のしゃこの刺身や活きあわびの刺身、八角の塩焼きなど、北海道ならではのメニューもお手頃な価格で楽しめるので、若いグループの旅行にもおすすめです。

名称 小樽料理 海月(くらげ)
住所 北海道小樽市花園1-8-1
営業時間 11:30~22:30
サイト https://sushisashimikurage.gorp.jp/

小樽でおすすめの穴場スポット5選

1. おたる屋台村

2017年オープンの、レンガ横丁とロマン横丁からできている「おたる屋台村」には、約20店舗の飲食店が並んでいます。ジンギスカンや小樽地鶏、寿司店など北海道らして店舗から、イタリアンバー、居酒屋、餃子店など、いずれも6席から15席ほどの小さなお店ばかりです。

小樽に来たら、この店!という常連さんがいる店もあり、気軽に入れるお店ばかりです。リーズナブルなので、何軒もはしごして小樽の夜を満喫してください。地元のお客菜さんと交流できたり、各店から好きな物を購入して食べられるフードコートのようなスペースがあったりするので、一人でも楽しめるおすすめのスポットです。

名称 おたる屋台村
住所 北海道小樽市稲穂1-4-15
営業時間 17:00頃~23:00頃 営業時間・定休日とも店舗によって異なります
サイト http://otaruyataimura.jp/

2. オタルナイ湖

朝里ダムの建設によってできた人造湖である「オタルナイ湖」は、公募によって命名されました。朝里ダム記念館が設置された湖畔園地は1994年にオープンし、展望ゾーンやレクリエーションゾーンも備えています。小樽駅からバスが出ていますが、オタルナイ湖までバス停から30分ほど歩くため、車での観光がおすすめです。

湖の近くにある北海道初の巨大なループ橋「朝里スカイループ」は、絶景写真がとれるスポットでもあり、このループ橋と湖の周辺は、小樽市都市景観賞を受賞しています。10月中旬の紅葉の時期は特に美しい風景が見られる名所なので、その時期に小樽に行かれたら観光のコースに加えてみてはいかがでしょうか。

名称 オタルナイ湖
住所 北海道小樽市朝里川温泉

3. ニトリ小樽芸術村

あの「ニトリ」が作った「小樽芸術村」は、小樽市の指定歴史建造物や有形文化財を使用し、芸術や文化に気軽に触れられる複合施設です。2017年にオープンした新しい施設なので、団体客などが少なく、ゆっくり芸術鑑賞ができる穴場スポットです。

旧北海道拓殖銀行小樽支店を様々な芸術作品を展示する似鳥美術館、旧高橋倉庫をステンドグラス美術館として公開しています。ステンドグラス美術館はイギリスで取り壊された教会から運ばれたものをずらりと展示しています。建物の雰囲気とマッチしたその光景は、感動もの。ぜひ訪れていただきたい施設です。

名称 ニトリ小樽芸術村
住所 北海道小樽市色内1-3-1
営業時間 5月~10月 9:30~17:00 11月~4月 10:00~16:00
休館日 11月~4月のみ水曜日
サイト https://www.nitorihd.co.jp/otaru-art-base/

4. 鱗友朝市(りんゆうあさいち)

小樽で一番早く4:00に開場する市場が「鱗友朝市」です。こじんまりした建物ながら、旬の北海道の名産品が並び、時期が合えば積丹のウニ、全国第2位の生産量を誇る北海道のさくらんぼなども購入できます。小樽運河の近くにありながら、団体観光客も少ないのでF、ゆっくり買い物が楽しめます。

市場で買った魚介類を「のんのん食堂」に持ち込むと、刺身や丼、焼き魚など好みの料理に調理して貰えます(持込料金は必要です)。市場の人に相談しながら、その日のおすすめを選ぶと、間違いないものを食べられます。狙い目の時間帯は商品が出そろう7時から10時頃。早起きして、ここで朝ごはんというのもおすすめです。

名称 鱗友朝市(りんゆうあさいち)
住所 北海道小樽市色内3-10-15
営業時間 4:00~14:00 定休日 日曜日

5. にしん御殿小樽貴賓館

View this post on Instagram

@tetsutabistがシェアした投稿

にしん漁で財を成した「にしん大尽」が建てた旧青山別邸(国の有形文化財)と、食事を提供する近年に建てられた和風の建物「小樽貴賓館」を「にしん御殿小樽貴賓館」と総称しています。建物内部は、春慶塗の廊下にひのきの長押、釘を使わずに作った木目が美しい階段、白檀で作られた手彫りの欄間や襖絵などが見どころです。

また、庭ではボタンやシャクヤクの鑑賞をすることもでき、貴賓館1階ホールの北海道にゆかりのある画家による天井画などの鑑賞ポイントがあり、食事処では「にしんそば」や「にしんお重」なども食べられます。他の地方では見られない贅を凝らした「にしん御殿」をドライブコースに加えてみてはいかがでしょうか。

名称 にしん御殿小樽貴賓館
住所 北海道小樽市祝津3-63
営業時間 9:00~17:00 休館日 年末年始
サイト http://www.otaru-kihinkan.jp/

小樽は面白い観光スポットがたくさん!

個性的で面白い施設がたくさんある小樽。寿司や地元の名物「小樽あんかけ焼きそば」などのグルメスポットのほか、博物館や美術館、水族館なども見所です。また、ガラスやトンボ玉制作オルゴールのデコレーションなどの体験や、大自然の中のドライブ、他の土地にはない「にしん御殿」などの鑑賞も楽しめます。どうぞ小樽のバリエーションの多い観光スポットをお楽しみくださいね!

【関連記事はこちら】
▷名物グルメから穴場スポットまで!函館でおすすめの観光スポット20選
▷北海道に行くなら!大自然や文化まで堪能できるおすすめ観光スポット40選

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事