最終更新日時 2019/05/16

ラベンダー畑のイメージが強い北海道・富良野ですが、実は他にもたくさんの観光スポットがあります。今回は人気のラベンダー畑をはじめ、ロケ地として有名なスポットや富良野で人気が高いおしゃれなスポットなど、富良野ならではのおすすめ観光スポット20選をご紹介します。

富良野でおすすめの定番スポット10選

1. ファーム富田

画像素材|PIXTA

日本のラベンダー観光発祥の農園と言われている「ファーム富田」。毎年およそ100万人もの観光客が押し寄せる人気のスポットです。ラベンダーだけではなく様々な種類の花が咲くカラフルな花畑、さらに、ファーム富田からは十勝岳連峰や田園風景をも望むことができるため、富良野の大自然を満喫することができます。

画像素材|PIXTA

広大な敷地には様々な建物も点在。ファーム富田やラベンダーの歴史について学ぶことのできる「花人の舎」を始め、様々なカフェやショップもあります。また、ファーム富田でしか食べられない、ラベンダーソフトクリームが大人気。この他にもラベンダーを使ったいろいろな商品と出会うことができます。

名称 ファーム富田
住所 北海道空知郡中富良野町基線北15号
営業時間 花畑・駐車場 24時間開放
サイト https://www.farm-tomita.co.jp/

2. 町営ラベンダー園/北星山スキー場

画像素材|PIXTA

北星山の中腹に位置する施設「町営ラベンダー園/北星山スキー場」。ひまわりやマリーゴールド、サルビアなど、4種類のラベンダー以外の植物もカラフルに咲く花畑が広がっています。頂上には公園があり、その中には展望スペースが。ラベンダー畑と共に十勝岳連邦や富良野盆地も見渡せます。

画像素材|PIXTA

こちらのラベンダー園最大の特徴は、空中散歩ができること。リフトに乗って山を降りながら、富良野ならではの絶景が見られます。山のふもとにはお土産屋さんや地元で人気のカレー屋さんなどがあり、お買い物や食事も可能です。

名称 町営ラベンダー園/北星山スキー場
住所 北海道空知郡中富良野町宮町1-41
営業時間 【2019年】
6月22日~6月30日
8月20日~8月31日
9:00~17:00
7月1日~8月19日
9:00~18:00
サイト https://nakafukanko.com/spot/spot-141

3. ハイランドふらの

ラベンダー畑をもつホテル「ハイランドふらの」。富良野市最大のラベンダー畑となっており、宿泊客以外の方も訪れることができます。富良野唯一の天然泉である温泉もあり、日帰り入浴も可。ラベンダー畑を見ながら温泉に入れる露天風呂もあります。

ハイランドふらのには、ラベンダー畑が望める客室も。7月中はラベンダー畑がライトアップされ、日中とは異なる雰囲気を楽しめます。一日中富良野ならではのラベンダー景色を堪能したい方におすすめの宿泊施設です。

名称 ハイランドふらの
住所 北海道富良野市島ノ下
営業時間 日帰り入浴 6:00~23:00
サイト https://www.highland-furano.jp/

4. 麓郷の森

画像素材|PIXTA

次にご紹介するのは、富良野が舞台となった名作ドラマ「北の国から」で使用された建物が点在している「麓郷の森」。深い森林の中に主人公・黒板五郎が建てた「丸太小屋」や「五郎3番目の家(風車の家)」など、撮影で実際に使用された建物を見学することができます。

画像素材|PIXTA

放映初期に使用された建物ばかりで、ドラマの名シーンを体感できると今でもファンにとっては人気のスポット。「麓郷の森」にはドラマにちなんだグッズを販売しているお店やレストランなどもあり、富良野の大自然の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。

名称 麓郷の森
住所 富良野市東麓郷1-1
営業時間 4月14日~9月下旬 9:30~17:30
10月初旬日~11月24日 9:30~16:00
サイト https://www.furanotourism.com/jp/spot/spot_D.php?id=404

5. 新富良野プリンスホテル

出典:Relux|新富良野プリンスホテル

「新富良野プリンスホテル」には、観光名所として人気の「ニングルテラス」があります。森の中にログハウス型の店舗が並び、ここでしか買えない富良野らしさ溢れる商品を見つけることができます。日が沈む頃には、ライトアップされてロマンチックな空間に。デートにもおすすめのスポットです。

出典:Relux|新富良野プリンスホテル

さらにホテル敷地内には、ドラマ「風のガーデン」の撮影で使用された「風のガーデン」という庭も。450種類以上、およそ2万株の花々が約2,000平方メートルの花畑に広がっています。ドラマのグッズやガーデンに咲く花の苗を購入することができる「ガブリエルの家」もあります。

名称 新富良野プリンスホテル
住所 北海道富良野市中御料
サイト https://www.princehotels.co.jp/newfurano/

6. グラス・フォレスト in 富良野

様々なガラス製品が揃う「グラス・フォレスト in 富良野」。ダイヤモンドダストをイメージして作られたオリジナルの「しばれ硝子」で作られたグラスをはじめ、小物やアクセサリー、贈答品にもおすすめの食器やグラスアート作品などがあり、お土産探しにもおすすめです。

北海道で唯一、耐熱ガラスの吹きガラス体験ができるというグこちら。とんぼ玉やサンドブラストの体験工房もあり、計6つの施設で成り立っています。中でも2号館は富良野の春から秋をテーマにしたお花畑がガラスで演出されており、必見です。

名称 グラス・フォレスト in 富良野
住所 北海道富良野市麓郷市街地3
営業時間 9:00~18:00
冬季休業日あり(要確認)
サイト http://www.furano-glass.jp/

7. 富良野市ぶどう果樹研究所(ふらのワイン)

「富良野市ぶどう果樹研究所(ふらのワイン)」にはワイナリーがあり、ふらのワインができるまでの工程を見学することができます。所要時間は約20~30分で、ワインの試飲付き。ふらのワインやぶどう果汁を使った、オリジナルの商品を購入できる売店もあります。

ワイナリーの上には、ラベンダー畑が広がっています。ラベンダーの開花に合わせて、ワイナリーとラベンダーのライトアップも毎年実施。この地でしか見ることのできない幻想的な景色が広がるので、夜のデートスポットとしても人気です。

名称 富良野市ぶどう果樹研究所(ふらのワイン)
住所 北海道富良野市清水山
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.furanowine.jp/index.asp

8. 富良野チーズ工房

新鮮な富良野の牛乳を使って作る乳製品が楽しめる「富良野チーズ工房」。日本で唯一の、ワイン入りチーズ「ワインチェダー」が人気です。チーズ工房ではチーズの製造室や熟成庫を見学でき、試食もあります。牛の模型で乳搾り体験やチーズの歴史を学ぶことができたりと、子供も楽しめる工房です。

チーズ工房の他に、新鮮な富良野牛乳から作られたソフトクリームが味わえる「アイスミルク工房」、ナポリ直輸入の窯で作る本格ナポリピッツァが人気の「ピッツァ工房」と、ここならではのグルメが楽しめます。また、手作り体験工房もあり、バターやアイスの作り方を学ぶことができます。

名称 富良野チーズ工房
住所 北海道富良野市中五区
営業時間 4月~10月 9:00~17:00
11月~3月 9:00~16:00
サイト http://www.furano-cheese.jp/

9. カンパーナ六花亭

「カンパーナ六花亭」は、北海道の人気お菓子ブランド「六花亭」の富良野店。2万4千坪の広大な丘陵地に広がるぶどう畑の中にあり、ガラス張りの店内からは十勝岳を一望できます。「ギャラリー 神々の遊ぶ庭」や「ジンギスカン白樺 富良野店」も併設されているため、アートもグルメも楽しめるスポットです。

カンパーナ六花亭には、ここでしか買うことのできないオリジナル商品も。富良野産赤えんどう入りのお餅で作られた「ふらの餅」や、富良野産の青えんどうを使った「富良野あんころ」など、富良野ならではのご当地品があります。

名称 カンパーナ六花亭
住所 北海道富良野市清水山
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.rokkatei.co.jp/facilities/campana/index.html

10. ふらのジャム園&アンパンマンショップ

水を一滴も加えることなく作られた、38種類ものジャムがある「ふらのジャム園」。材料のほとんどは北海道産で、無添加無着色の昔ながらの製法でジャム作りが行われています。様々なオリジナルスイーツが楽しめる「スイーツ工房」や軽食をとることができる「青空☆テラス」、ジャム作り体験ができる体験教室もあります。

ふらのジャム園には「アンパンマンショップ」も併設。1階は日本最大級の品揃えを誇るグッズショップで、2階はアンパンマンの絵画などが飾ってあるギャラリーがあります。また、富良野の大自然を望むことができる「麓郷展望台」もあり、子供から大人まで楽しめるスポットです。

名称 ふらのジャム園&アンパンマンショップ
住所 北海道富良野市東麓郷の3
営業時間 9:00~17:30
11月24日~4月20日 ジャム工房火曜定休
サイト https://www.furanojam.com/

富良野駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 北海道中央経緯度観測標

富良野市の指定文化財である「北海道中央経緯度観測標」。東経142度20分、北緯43度20分に位置する富良野市は、北海道本土の中心地とされています。「北海道中心標」や「北海道のへそ」との呼び名もあります。

View this post on Instagram

@3cfluorite69がシェアした投稿

1914年、当時の京都帝国大学の教授らが地球重力の測定や天文観測、そして経緯度測定のため機械を据え付けたのが、この地でした。その記念として、この場所に中心標が建てられました。富良野小学校の敷地内にあるため、訪問時は留意が必要です。

名称 北海道中央経緯度観測標
住所 北海道富良野市若松町10
営業時間 小学校敷地内のため、留意必要
サイト https://www.furanotourism.com/sp/jp/spot_D.php?id=492

2. へそ神社(北真神社)

正式名は「北真神社」でありながら、北海道の中心地に位置するということで名付けられた「へそ神社」。毎年7月28日、29日に開催されるお祭り「北海へそ祭り」の会場にもなります。隣には「へそ公園」と呼ばれる小さな公園があります。

へそ神社には、「へそ絆石」という石があります。この石には穴が開いており、その穴の両側から手を繋ぐと絆が深まるとの言い伝えが。「絆を願う自販機」もあり、おみくじやお守り、絵馬を購入することができます。女子旅やデートにもおすすめの穴場スポットです。

名称 へそ神社(北真神社)
住所 北海道富良野市日の出町6
サイト https://www.furanotourism.com/sp/jp/spot_D.php?id=493

3. フラノマルシェ/フラノマルシェ2

富良野ならではの商品に、たくさん出会える「フラノマルシェ」と「フラノマルシェ2」。フラノマルシェには農産物直売所や富良野物産センター、テイクアウトショップやカフェなどがあります。またフラノマルシェ2には、富良野グルメが楽しめる飲食店が揃っています。

富良野の特産品が揃っているため、お土産を選ぶのにはぴったりの場所。富良野の最新ご当地グルメも味わうことができます。駐車場完備しており、インフォメーションセンターもあるので、富良野にまつわる情報が欲しい時に訪れたいスポットです。

名称 フラノマルシェ・フラノマルシェ2
住所 フラノマルシェ
北海道富良野市幸町13-1
フラノマルシェ2
北海道富良野市幸町8-5
営業時間 10:00~19:00
サイト/フラノマルシェ https://www.furano.ne.jp/marche/top.asp
サイト/フラノマルシェ2 https://www.furano.ne.jp/marche/top.asp

4. コンシェルジュ フラノ

JR富良野駅から徒歩3分の場所に位置する「コンシェルジュ フラノ」。空きビルを再生した複合施設で、1階には観光案内所や富良野のお土産を販売している「富良野物産観光公社コンシェルジュ店」、富良野や北海道で作られた食材にこだわったレストラン「EVELSA(エベルサ)」があります。

コンシェルジュ フラノの2階は富良野市の商工観光課などが入っているシェアオフィス、3階はドミトリー形式の宿泊施設である「HOSTEL TOMAR(ホステルトマール)」があります。こちらのホテルはリーズナブルな料金で利用することができるので、気軽な旅行にもおすすめの宿泊施設です。

名称 コンシェルジュ フラノ
住所 北海道富良野市本町2-27
営業時間 各店舗・事業所により異なる
サイト https://www.furano.ne.jp/furano-machi/conciergefurano.html

5. 富良野ナチュラクスホテル

出典:Relux|富良野ナチュラクスホテル

富良野の新鮮な食材をふんだんに使用したご当地グルメが楽しめる「富良野ナチュラクスホテル」。こちらのホテルには宿泊していない人でも気軽に利用できるカフェがあります。自家製パンで作られたオリジナルハンバーガーや濃厚な味わいのソフトクリームといったグルメが楽しめます。

出典:Relux|富良野ナチュラクスホテル

JR富良野駅から徒歩で約1分の場所にあるため、アクセスも抜群。富良野ならではの料理を、優雅な雰囲気の中で味わうことができます。また、テイクアウト可能なメニューもあるので、街歩きをしながらの食事もおすすめです。

名称 富良野ナチュラクスホテル
住所 北海道富良野市朝日町1-35
サイト https://www.natulux.com/

富良野でおすすめの穴場スポット5選

1. 鳥沼公園

画像素材|PIXTA

富良野市郊外にある「鳥沼公園」。自然の木々を生かした形をとった公園で、北海道ならではの大自然を味わうことができます。中でも透明度の高いエメラルドグリーンの沼は必見。神秘的な美しさに息をのむ絶景が広がっています。

画像素材|PIXTA

鳥沼公園では、四季折々の花や生き物を楽しむこともできます。春には水芭蕉やザゼンソウ、夏には蛍、秋は紅葉。子供と一緒に訪れるのはもちろん、女子旅やデートにもおすすめの穴場スポットとして人気上昇中です。

名称 鳥沼公園
住所 北海道富良野市鳥沼
サイト https://www.furanotourism.com/jp/spot/spot_D.php?id=405

2. 彩香の里

画像素材|PIXTA

次にご紹介するのは、8種類ものラベンダーを楽しむことのできる「彩香の里」。約6ヘクタールもある広大な土地に、季節に応じた様々な種類の花々が咲き乱れます。また、丘の上には展望台があり、富良野の綺麗な山々と花のパノラマ風景を見ることが可能です。

Young woman picking lavender flowers at sunset. Romantic warm sunshine[/caption]画像素材|PIXTA

そして彩香の里の一番のおすすめポイントは、ラベンダー摘み取り体験ができること。1回1人1,000円で、専用の袋に詰め放題。女子旅でも一人旅でも、デートでも子供と一緒でも、誰でも楽しめるスポットです。

名称 彩香の里
住所 北海道空知郡中富良野町字中富良野西1線北12号
営業時間 6月~9月 8:00~17:00
(冬期休業)
サイト http://ssvr7.jp/saikanosato/

3. ジェットコースターの路

画像素材|PIXTA

アップダウンの激しい道路、「ジェットコースターの路」。上富良野町にある「西11線」という道のことを指します。2.5kmに渡って直線道路ながらも高低差が激しい道で、テレビドラマ「優しい時間」に使われたスポットでもあります。

画像素材|PIXTA

ジェットコースターという名前がついた道ではありますが、周囲を見渡すと大自然のパノラマ風景が広がります。幾重にも折り重なっている美しい丘陵や田園風景があり、地元民が選ぶ「かみふらの八景」にも認定されています。

名称 ジェットコースターの路
住所 北海道空知郡上富良野町西11線
サイト http://www.kamifurano.jp/hakkei/01b.html

4. パノラマロード江花

画像素材|PIXTA

「パノラマロード江花」は、富良野ならではの大自然に吸い込まれる感覚を味わえる道路。高い丘の上から富良野盆地へ向かって5kmにも及ぶ直線道路。こちらも地元町民が選ぶ「かみふらの八景」に認定されている穴場の絶景スポットです。

画像素材|PIXTA

「ジェットコースターの路」よりも緩やかな道路なので、運転が苦手な人でも問題ありません。また、車でのドライブだけでなくウォーキングやサイクリングが好きな方にも人気のコース。冬は雪が積もり、キラキラと輝く道へと変身。雪の季節にも訪れたくなる道路です。

名称 パノラマロード江花
住所 北海道空知郡上富良野町西2線北21
サイト http://www.kamifurano.jp/hakkei/04b.html

5. 深山峠アートパーク

大きな白い観覧車がシンボルとなっている「深山峠アートパーク」。この観覧車では地上50mから富良野の景色を満喫できます。また、観覧車だけでなくアイス工房やパン工房、アート体験コーナーなどもあるため、いろいろな楽しみ方ができる複合型施設です。

なんといっても、深山アートパークの名所は「トリックアート美術館」。視覚的な錯覚を利用した作品がたくさんそろっています。思わずSNS投稿したくなる写真を撮影することができ、子供から大人まで楽しめるスポットとして評判です。

名称 深山峠アートパーク
住所 北海道空知郡上富良野町西8線北33号深山峠
営業時間 4月、9~11月 9:00~17:00
5~8月 9:00~18:00
12~3月 10:00~16:00(トリックアート美術館のみ営業)
12月~2月定休日 火曜
サイト http://tokachidake.com/art/index.html

富良野ならではの絶景・味を楽しもう!

北海道・富良野には、ラベンダー畑をはじめ自然を満喫できるスポットがたくさん。観光スポットに足を運ばずとも、至る所で優雅な自然溢れるパノラマ景色を目にすることができます。
そして、自然の織り成す絶景だけでなく、オシャレなお店がそろっているのが富良野。また、富良野ならではのオリジナル商品やグルメも豊富にあります。この地でしか味わえない絶景・味を楽しみに富良野へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連記事はこちら】
▷北海道で一度は泊まりたい!おすすめ高級旅館10選!
▷知る人ぞ知るグルメの町!豚丼からラーメンまで、帯広のおすすめランチ20選

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事