最終更新日時 2019/07/12

高知県の東南部に位置し、太平洋にせり出した三角形の地形が印象的な室戸。全域が世界ユネスコジオパークに認定され、長い歴史が作り出した大自然の営みに圧倒される場所です。室戸岬を始め、周辺の遊歩道は見どころ満載。地球のダイナミックさを感じる室戸の魅力を、穴場情報も含め、ご紹介いたします。

室戸でおすすめの定番スポット5選

1. 室戸岬

高知の代表的な観光地の1つ、太平洋に突き出たユニークな形の「室戸岬」。周辺には大地震により何度も隆起を繰り返してできた数々の奇岩があり、自然の驚異を感じます。また、国の天然記念物に指定されている亜熱帯植物樹林があり、南国を思わせる景観も素敵です。自然の偉大さに触れ、室戸がジオパークに認定された理由が理解できるかもしれませんね。

珍しい地形と地理が作り出す室戸岬は、世界的にも注目されている場所。室戸阿南海岸国定公園にも指定されています。岬を巡るガイドさん付きのツアーもありますので詳しく知りたい方にはおすすめです。弘法大師(空海)や中岡慎太郎のゆかりの地でもあり、ぜひ遊歩道を歩き歴史にも触れてみましょう。地球の地殻変動の形跡を感じられるこの場所で、地球の歴史と営み、偉人たちの足跡をあなたの目で確かめてみませんか。

名称 室戸岬
住所 高知県室戸市室戸岬町
サイト https://www.city.muroto.kochi.jp/navi/a04b01c02.php

2. 乱礁遊歩道

画像素材|PIXTA

室戸岬とともに、見逃せない観光スポットである「乱礁遊歩道」。室戸岬の海岸線沿いに奇岩を縫うように続く約2キロにわたる遊歩道です。周辺には、悲しい伝説が残るビシャゴ巌や数々の奇岩があり目を楽しませてくれます。また、温暖な気候が育てた亜熱帯植物のハマユウ、アコウ、ハイビスカスなども見ることができます。中でも、強風の大地に強く根を張った生命力あふれる「アコウの木」は必見。

空海(弘法大使)ゆかりの地としても有名であり、その足跡をたどることができます。空海が悟りを開いたといわれる御厨人窟、行水の池、人々の眼病を治したとされる目洗いの池などもあります。中でも御厨人窟は、空海が修行をした神聖な場所であり、パワースポットとしても有名。弘法大使が「空海」の名前を得た由来の場所とも言われています。乱礁遊歩道は、名所もあり見逃せないスポット、ぜひ歩きやすい靴でお出かけください。

名称 乱礁遊歩道
住所 高知県室戸市室戸岬町
サイト http://www.muroto-kankou.com/category/nature/

3. 室戸ドルフィンセンター

「室戸ドルフィンセンター」は、イルカと人が一緒に触れ合いコニュニケーションを取りながら楽しむことを目指している施設。イルカとの距離が近いことに驚き、表情までわかり、イルカを身近に感じられるはずです。また、イルカセラピーが注目されているように、イルカには不思議な力があるのかもしれませんね。そのイルカの力を借り、障害のあるお子さんへの活動にも取り組んでいる施設です。

「ドルフィンタッチ」「トレーナー体験」「ふれあい体験」などのプログラムがあります。他にもウェットスーツを着てイルカと一緒に泳げる体験プログラムもあり、貴重な体験ができるのではないでしょうか。「道の駅とろむ」の敷地内にあるため、買い物やお食事にも便利な所です。子供から大人まで楽しめる施設なので、ご家族連れにもおすすめです。

名称 室戸ドルフィンセンター
住所 高知県室戸市室戸岬町字鯨浜6810番地162
営業時間 10:00~16:00(夏季・ゴールデンウイークは営業時間が変わります)
サイト http://www.muroto-dc.jp/index.html

4. 最御崎寺

空海が悟りを開いたといわれる室戸岬にある「御厨人窟」から車で約5分ほどの所にある「最御崎寺」。空海が本尊である「虚空蔵菩薩像」を彫造して本堂を建立したのが始まりと言われています。山門を入ると右手に虚空蔵菩薩石像、多宝塔などが見えます。宝物殿には、有名な大理石でできた「如意輪観音半跏像」、「木造月光菩薩立像」などがあります。

最御崎寺は、四国霊場第24番札所であり、宿坊があります。以前は女人禁制のお寺でしたが、明治5年に解禁されたそうです。境内には、空海の七不思議とされる叩くと鐘のような高い音が出て、その音は極楽浄土まで届くと言われている「鐘石」や 修行の際に毒龍の妨げから防いだとされる「明星石」、「ねじれ岩」なども見ることができます。空海に触れ、軌跡をたどれる貴重なお寺の1つなので、ぜひ、訪ねてみましょう。

名称 最御崎寺
住所 高知県室戸市室戸岬町4058-1
サイト http://www.88shikokuhenro.jp/24hotsumisakiji/

5. 室戸世界ジオパークセンター

世界ユネスコジオパークに認定された室戸を知るために、ぜひ訪れて頂きたい場所。「室戸世界ジオパークセンター」では、ジオパーク巡りの楽しみ方を知り、人と大地の共生について考えるきっかけを与えてくれる施設です。地殻変動で大地が盛り上がり続ける中で人々が、自然とどのように共生してきたかを知ることができます。

館内には、大地の成り立ち、大地と人の共生などに関しての展示や臨場感あふれるジオシアターがあり、楽しみながら学ぶことができます。また、室戸をどのように巡ったらよいかなどの情報を得ることもできます。各種イベントやツアーも行っており、室戸観光のお役立ちスポットでもありますね。室戸を巡る前に立ち寄って、ここから旅のプランを考えるのがおすすめです。

名称 室戸世界ジオパークセンター
住所 室戸市室戸岬町1810-2
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.muroto-geo.jp/

室戸でおすすめの穴場スポット5選

1. 道の駅 キラメッセ室戸

「道の駅 キラメッセ室戸」には、レストランが入った食遊、直売市場の楽市、鯨の資料館である鯨館、3つの建物があります。食遊は、太平洋を一望できる眺めのいいレストランで、地魚のお刺身や鯨のお料理も味わえます。楽市では、地元で捕れた鮮魚や野菜などの他、若き日の空海が愛飲したと言われているお茶(空海茶)も扱っており、人気商品になっています。空海茶はお土産にもよさそうですね。

また、鯨館では、室戸の人々がどのように鯨とかかわってきたか歴史を知ることができます。2017年にリニューアルオープンし、最新のプロジェクター2台を使って映し出される大型画面の3Dシュートアニメによる、古式捕鯨の様子もご家族でも楽しめそうです。館内の天井から吊るされた、原寸大の鯨の模型は迫力満点。道の駅キラメッセはお買い物、お食事、見学ともに楽しめる所です。

名称 道の駅 キラメッセ室戸
住所 高知県室戸市吉良川町丙890-11
営業時間 食遊10:00~20:00 楽市8:30~1700 鯨館9:00~17:00 休館日:月曜日
サイト https://www.kiramesse-muroto.jp/

2. 吉良川の町並み

室戸岬から15キロほどの所に位置する「吉良川の町並み」は、高知県で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。御田八幡宮前にある古い民家を改装した「まちなみ館」では、吉良川の資料を見学したり、休憩もできるので立ち寄ってみましょう。土佐漆喰が使われている白壁の家々には、暴風雨の強い地域ならではの工夫として、珍しい水切瓦が用いられています。それによって、外壁を保護しているのだそうです。

大正時代に建てられ昭和初期まで郵便局として使われていた熊懐家住宅は、レトロな雰囲気が素敵なのでお見逃しなく。吉良川の町並みは、約1時間ほどで見て回れるようです。明治時代に建てられた米蔵を利用したおしゃれなカフェもあり、休憩場所におすすめ。懐かしさを感じながら備長炭の産出により栄えた、当時の人々の暮らしに思いを馳せながら散策してみましょう。

名称 吉良川の町並み
住所 室戸市吉良川町
サイト http://www.muroto-kankou.com/kiragawa/

3. 室戸岬展望台

画像素材|PIXTA

室戸岬観光の際に立ち寄って欲しいのが「室戸岬展望台」。室戸岬の海岸に立っている中岡慎太郎像の横の階段を上っていくとあります。ちなみに中岡慎太郎とは、幕末に活躍した武士であり、坂本龍馬の盟友だった人物。展望台からは、室戸岬を見下ろすことができ、迫力ある奇岩の数々、亜熱帯植物、雄大な太平洋を一望できます。

画像素材|PIXTA

室戸岬展望台には、「恋人の聖地」のプレートもあり、穴場的デートスポットです。カップルで夕日を眺めるのもいいですね。眼下には、室戸岬のシンボルでもある白い灯台があり晴れた日には、空と海の青さに、ひときわ灯台の白さが輝き存在感を増します。絵になる風景です。日本最大級のレンズの大きさを持つ灯台、残念ながら普段は中には入れないそうです。眺望が素晴らしいので、晴れた日には、ぜひ訪れて頂きたい場所です。

名称 室戸岬展望台
住所 高知県室戸市室戸岬町
サイト http://www.muroto-kankou.com/category/nature/

4. シレストむろと

「シレストむろと」は、室戸海洋深層水を利用したリラックスできる健康施設です。海洋深層水を使かった、だ円形のプールはドイツのハイドロセラピー(水療法)をベースにしています。ボディマッサージゾーンでは旅の疲れも取れそうです。屋外には、海洋深層水を利用したホットジャグジーや無料の足湯もあります。お時間のない方は、足湯だけの利用でもいいですね。

海洋深層水を利用したプールで泳げる機会もめったにないので、貴重な体験が出来そうです。エステやタイ古式マッサージも受けられるので、女子旅にもおすすめ。館内には、地元の食材を使った料理が人気のレストランがあります。また、海洋深層水を使ったお土産を購入できる売店もあります。水着とタオルのレンタルもありますので旅の途中に、のんびりした癒やしのひと時を過ごすのにいかがでしょうか。

名称 シレストむろと
住所 高知県室戸市室戸岬3795-1
営業時間 10:00~21:00 休館日:毎月第2水曜日
サイト https://searest.jp/restaurant/

5. 海の駅とろむ

「海の駅とろむ」には、レストランと新鮮市場があります。レストラン「ぢばうま八」では、ご当地グルメを安いお値段で食べられるので観光客にも人気。室戸でとれた新鮮な魚料理がおすすめです。中でも、地元高知でとれたカツオを使った「たたきづくり体験」が好評。カツオを自分でさばき、あぶり、盛り付けそしていただけます。藁を使って焼き上げた、作り立てのカツオのたたきは絶品だと評判。

カツオたたきづくり体験ご希望の方は、事前予約が必要です。また、珍しい鯨やマンボウ料理も味わえます。市場「くじらはま」では、室戸産の新鮮な野菜や旬の食材を販売しています。自分で作ったカツオのたたきを味わえる貴重な体験ができるのも魅力の一つ。室戸岬漁港にあり、大型駐車場も完備、お車でのご利用が便利ですので、ランチに迷ったら訪れてみてください。

名称 海の駅とろむ
住所 高知県室戸市室戸岬町6810-152
営業時間 11:00~15:00 (L.O.14:30) 定休日:水曜日
サイト https://toromu.jp/?page_id=353

大地の息吹を感じる場所・室戸で感動の旅

室戸は単なる観光地ではなく、世界ジオパークに認定された場所。ジオパークとは、「大地の公園」のことであり、地球科学的な価値を持っているのが特徴。室戸を訪れることによって、地球の歴史の偉大さに触れる旅ができることでしょう。また、空海が修行した場所でもあり、見逃せない名所もあります。外国人や地理に興味がある方の一人旅にもおすすめの場所です。あなたも自然の魅力いっぱいの室戸をぜひ一度、訪れてみましょう。

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事