最終更新日時2019/08/16

大自然溢れる北海道の主要都市である函館には海の幸・山の幸が数え切れないほどあり、旅行などでその地を満喫するならグルメ巡りは必須!有名店・人気店も絞りきれないほどたくさんありますが、今回はその中でも特におすすめのお店を19店舗紹介していきます。

函館でおすすめの定番グルメ9選

1. 函館朝市 駅二市場 活いか釣り広場

「函館朝市 駅二市場 活いか釣り広場」は、函館駅から徒歩2分という好アクセスで、函館ならではの新鮮な魚介類をリーズナブルな値段で堪能できます。お手軽にイカ釣りを楽しめる場所として人気のスポット。お店には簡易の釣り堀があり、貴重なイカ釣りを体験出来ます。

市場の中には数え切れないほどのお店が並んでいますが、その中でも特に人気なのがここ「函館朝市 駅二市場 活いか釣り広場」。その日の朝に直送されてきた新鮮なイカを自分で釣って、その場でさばいてお刺身にしてくれます。自分で釣ったイカを食べることができるので、子供を連れて行っても楽しんでくれます。

名称 函館朝市 駅二市場 活いか釣り広場
住所 北海道函館市若松町9-19
営業時間 5月~9月 月~土 5:00~15:00
日 5:00~14:00
10月~12月 月~土 6:00~15:00
日 6:00~14:00  
1月~4月 6:00~14:00
サイト

https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1005928/

2. うにむらかみ 函館本店

無添加のうにを始めとした絶品の海鮮料理が味わえるのが「うにむらかみ 函館本店」。有名な観光スポットである赤レンガ倉庫から徒歩5分で行けるので、観光のあとにここでうにを食べるのが定番のコースです。うにと一緒に旬の北海道野菜も楽しめます。

うにむらかみと言えばやっぱりうにを食べておきたいところ。定番の看板メニューのうに丼の他にも、うにの天ぷらやうにグラタンとまさにうに好きの人にはぴったりのお店!もちろん他にも季節に応じた新鮮な魚介類が楽しめます。

名称 うにむらかみ 函館本店
住所 北海道函館市大手町22-1
営業時間 10月1日〜4月下旬 11:00〜14:30(L.O.14:00)
17:00〜22:00(L.O.21:00)
4月下旬〜9月30日 9:00〜14:30(L.O.14:00)
17:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日 水曜、第1・第3水曜のディナー
サイト

https://www.uni-murakami.com/hakodate/

3. 梅乃寿司

グルメサイトや雑誌などでも多く取り上げられている「梅乃寿司」は函館屈指の人気寿司店と言えます。混雑している時は営業時間が短くなってしまうこともあるので予約必須ですが、それだけ人気なだけに味はお墨付き。

マグロ・いくら・うに・イカ・かになどの定番寿司ネタを始めとした握りはもちろんですが、一品料理やおつまみもかなりの好評価!日本酒だけでなくワインのメニューも豊富なので、美味しいお寿司とお酒を同時に味わうことができます。

名称 梅乃寿司
住所 北海道函館市柏木町1-19
営業時間 12:00〜14:00(L.O.13:00)
17:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日 日曜
サイト

http://umenozushi.co.jp

4. きくよ食堂 本店

市場内仲通り中央に面している「きくよ食堂 本店」は炭炊き蒸し釜戸にこだわっているお店として有名です。グルメ番組で取り上げられることも多く、地元民だけでなく観光客にも長く愛されてきた老舗店でもあります。

きくよ食堂と言えば有名なのはお好み海鮮丼!色々な種類な具材を自由に乗せることができます。一番種類が多い大漁丼はうに・いくら・ほたて・かに・えび・いか・アワビ等の7種類が一度に食べられる超豪華グルメ。他にも定食や汁物も人気があります。

名称 きくよ食堂 本店
住所 北海道函館市若松町11-15
営業時間 5:00〜14:00
12月〜4月 6:00〜13:30
サイト

http://hakodate-kikuyo.com

5. 寿司海鮮処 函太郎 五稜郭店

広々とした駐車場が備え付けられていて車で観光する人にもおすすめな「寿司海鮮処 函太郎 五稜郭店」。懐かしい雰囲気漂う大広間のほか、ゆっくりくつろげる個室や職人の技術も見られるカウンター席など、一人で行っても大人数で行っても楽しめるお店です。

定番なのは自慢のお寿司だけでなく天ぷらや焼き物も楽しめる「店長一押し旬にぎりコース」です。「レディースコース」や「ミニコース」もあるため、デートやファミリーで訪れてもそれぞれがちょうど良い量を味わえるところが特徴。

名称 寿司海鮮処 函太郎 五稜郭店
住所 北海道函館市五稜郭町 25-17
営業時間 11:00~22:00
サイト

https://www.hk-r.jp/shop/s_kantaro/

6. 開陽亭 本店

お酒を飲みながら函館の夜をゆっくり楽しみたいなら「開陽亭 本店」がおすすめ。五稜郭公園駅から歩いてすぐの場所にありますが、絶品の海鮮はもちろん、地酒の種類も豊富にある居酒屋です。お酒好きの人にはぜひ訪れてもらいたい名店。

開陽亭 本店の人気ナンバーワンメニューは何と言っても、函館近海沖で採れる活いかのおどり造り。お店に設置してある水槽からすくった新鮮なイカを内臓までお刺身に。お皿の上でまだ動いている様子は見た目のインパクトも抜群です。

名称 開陽亭 本店
住所 北海道函館市本町7-5
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜、連休の場合は最終日
サイト

https://r.gnavi.co.jp/h026900/

7. ジンギスカン羊羊亭

北海道といえばジンギスカンも有名ですが、それを味わえるおすすめ店の一つは「ジンギスカン羊羊亭」。生後1年未満の仔羊の肉「ラム肉」はジューシーかつ癖がなく、子供から大人まで万人ウケする名物だと言えます。

このお店の特徴はなんとジンギスカンの食べ放題コースがあるということ!3,980円で生ラム肉や八雲豚などの7種類のお肉やえび、その他に北海道の大地で育った野菜を楽しめる人気コースです。たくさん食べたい人にはかなりありがたいお店。

名称 ジンギスカン羊羊亭
住所 北海道函館市豊川町12-8
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
サイト

https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1002807/

8. 松羊亭

柏木町駅から徒歩4分ほどの場所にある「松羊亭」も美味しいラム肉が味わえるお店です。座席だけでなくカウンター席もあるので、少人数で訪れてもゆっくりと楽しむことができます。お客さんがいっぱいの時も珍しくないので事前に予約していきましょう。

食べ放題コースは1,950円からありますが、そちらはソフトラムのみ。なのでせっかくだし生ラムを食べたいという人にはセットメニューがおすすめです。ラムロース・生ラム・ソフトラムの3種類の他、野菜・ご飯・お味噌汁付きのお得なセット。

名称 松羊亭
住所 北海道函館市松蔭町18-35
営業時間 11:30~13:30
17:00~21:30(L.O.20:30)
定休日 月曜・日曜のランチ
サイト

https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1008310/

9. ラムきち

アットホームな雰囲気の中でジンギスカンを楽しめる「ラムきち」は評判もさることながらちょっとした穴場スポットでもあります。移転してしまっているので、来店の際は以前の住所に行ってしまわないように注意してください。

ラムきちで特に評判が高いのはラムしお!食感も柔らかく食べやすいですし、さっぱりとした味付けは一度箸をつけるともう止まりません。他にも豪快な見た目のラムチョップや濃厚な熟成みそラムなど、色んな味付けのラム肉を楽しみたいならぜひ訪れてみてください。

名称 ラムきち
住所 北海道函館市本通2-45-11
営業時間 17:30~21:30(L.O.21:00)
定休日 水曜
サイト

https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1060955/

函館でおすすめの地元グルメ5選

1. 滋養軒

松風町駅から徒歩4分ほどの場所にある「滋養軒」は函館で大人気のラーメン屋です。北海道でラーメンといえば札幌ラーメンのイメージが強いですが、函館では伝統的な塩ラーメンを味わえる名店がたくさんあり、滋養軒はその代表格とも言えます。

滋養軒でのおすすめは澄んだ輝きを放つスープが特徴的な函館塩ラーメンです。一切の濁りもない綺麗なスープはあっさりとした味わいながら動物系・植物系の旨味がぎゅっと濃縮されていて、中細ストレート麺との相性抜群です!

名称 滋養軒
住所 北海道函館市松風町7-12
営業時間 11:30~14:00
17:00~20:00
定休日 火曜・水曜
サイト

https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1007287/

2. 函館麺や 一文字 函館本店

湯の川温泉街に本店を構える「函館麺や 一文字」も函館の人気ラーメン屋。他にも複数の店舗がありますが、お土産屋さんなどではインスタントラーメンも販売されています。函館といえばまず函館麺や 一文字の名前を挙げる人も多いです。

函館麺や 一文字でも絶品塩ラーメンが味わえますが、他にもバラエティ豊かなラーメンが揃っているところが特徴。比内鶏スープにマッチした正油ラーメン、とんこつスープに数種類の味噌をブレンドした味噌ラーメンなど、その全てが美味しいと大人気です。

名称 函館麺や 一文字 函館本店
住所 北海道函館市湯川町2-1-3
営業時間 11:00〜翌1:00(L.O.翌0:30)
サイト http://www.ichi-monji.com/2018/

3. 龍鳳 大門横丁店

函館駅から徒歩4分ほどの場所にある「黄金塩ラーメン 龍鳳 大門横丁店」。大門横丁という屋台村の一角にあり、函館ラーメンの中でも名店です。カウンター6席のみで決して広いとは言えませんが、〆の一杯を食べるには最適です。

看板メニューは塩ラーメンですが、黄金に輝くスープが特徴であっさりとした味わいはまさに〆るためにあるような一杯。素材の旨味が際立つスープとモチモチとした食感のちぢれ麺に、函館を訪れる度に来店する人もたくさんいるようです。

名称 龍鳳 大門横丁店
住所 北海道函館市松風町7
営業時間 11:00~22:00
サイト

https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1002569/

4. ラッキーピエロ 五稜郭公園前店

函館の地元グルメの一つとして数えられる「ラッキーピエロ」。ハンバーガーチェーン店ではありますが、作り置きをしない製法からファストフードと侮れないクオリティの高さで、ご当地バーガー日本一にも輝いています。

ユニークなハンバーガーが多いラッキーピエロの中で最も人気があるのは「チャイニーズチキンバーガー」。大きなチキンとシャキシャキレタスを挟んだこのハンバーガーは非常に評価が高く、食べ応えがあるサイズにも関わらず350円というリーズナブルな価格設定も愛される理由です。

名称 ラッキーピエロ 五稜郭公園前店
住所 北海道函館市五稜郭町30-14
営業時間 月〜金・日 10:00~翌0:30
土 10:00~翌1:30
サイト

http://luckypierrot.jp

5. ハセガワストア 五稜郭店

「ハセスト」の愛称でお馴染みの「ハセガワストア」は北海道渡島地方に店舗を展開するコンビニチェーン店です。ここでしか手に入らない地元製品も多く、コンビニなのにお土産を購入できる定番スポットでもありますね。

名前を聞いたことがあるという人も多いと思いますが、ハセガワストアと言えばやはり「やきとり弁当」。ご飯の上に海苔、その上に焼き鳥が乗っているこのお弁当は種類も多く組み合わせの選択肢が豊富。隠し味に霧吹きではこだてワインを吹きかけているのが特徴です。

名称 ハセガワストア 五稜郭店
住所 北海道函館市五稜郭町4-14
営業時間 24時間
サイト

http://www.hasesuto.co.jp

函館でおすすめのお土産グルメ5選

1. 五島軒本店

レトルト製品の定番のお土産は「五島軒カレー」ですが、その伝統の味を味わえるのが「五島軒本店」。明治12年に創業したこちらでは、帝国ホテルで腕を磨いた二代目若山徳次郎が函館の各食材を使った料理を楽しめます。

カレーはもちろんのことですが、実際の店舗ではぜひ趣向が凝らされた伝統の洋食を味わっておきたいところ。それなりにお値段は張りますが、一度は体験してみたいレストラン自慢のフルコースはより特別感を感じることができるでしょう。

名称 五島軒本店
住所 北海道函館市末広町4-5
営業時間 4月〜10月 11:30~20:30
11月〜3月 11:30~20:00
定休日 1月・2月のみ毎週月曜日
サイト

https://gotoken1879.jp

2. 函館洋菓子スナッフルス 金森洋物館店

函館市のベイエリアにあり、赤レンガ倉庫のすぐそばにある「函館洋菓子スナッフルス 金森洋物館店」。地元でも人気が高い洋菓子店ですが、様々なスイーツがあるだけでなく、スタンドスタイルのカウンターもあるのでその場でもお土産でも楽しめます。

このお店に寄ったら試してみたい看板商品が4個入り720円の「チーズオムレット」。フォークを入れるとまるで半熟オムレツのようにとろりと切れるスフレタイプのチーズケーキですが、口コミが広がって今では北海道外でも広く知られる人気スイーツです。

名称 函館洋菓子スナッフルス 金森洋物館店
住所 北海道函館市末広町13-9
営業時間 9:30~19:00
サイト

http://www.snaffles.jp

3. アンジェリック ヴォヤージュ

大町駅から徒歩4分の場所にある「アンジェリック ヴォヤージュ」。行列ができることもある大人気スイーツ店ですが、それぞれのスイーツの完成度の高さが評判。もちろん観光客も多く訪れますが、チョコレートの通信販売も人気があります。

アンジェリック ヴォヤージュの中でダントツの人気を誇るのは「いちごのミルクレープ」(750円)!賞味期限がわずか30分という変わった商品ですが、モチモチのクレープ生地とサクサクのミルフィーユはここだけしか味わえない絶品スイーツです。

名称 アンジェリック ヴォヤージュ
住所 北海道函館市弥生町3-11
営業時間 10:00〜19:00
定休日 火曜
サイト

http://www.angeliquevoyage.com/storej.html

4. 六花亭 五稜郭店

五稜郭公園に隣接している「六花亭 五稜郭店」。綺麗な景色を堪能した後に訪れることをおすすめします。王道のお菓子・ケーキの他におこわ定食も人気なので、ランチを食べてゆっくりお茶していくこともできるくつろぎスポットです。

六花亭と言えば「マルセイユバターサンド」です!10個入り1,300円で通販でも大人気ですが、ホワイトチョコ・レーズン・北海道産牛乳100%のバターをサクサクのビスケットで挟んだロングセラー商品ですね。伝統のこの味を現地でも味わってみたいところです。

名称 六花亭 五稜郭店
住所 北海道函館市五稜郭町27-6
営業時間 喫茶店 9:30〜17:30(L.O.17:00)
販売 9:30〜18:30
サイト

http://www.rokkatei.co.jp

5. プティメルヴィーユ 金森赤レンガ倉庫BAYはこだて店

十字街駅から歩いて5分ほどの場所にある「プティメルヴィーユ 金森赤レンガ倉庫BAYはこだて店」。高級感も感じられる本格スイーツはお土産に大人気ですが、カフェスペースもあるので、持ち帰りできないアイスやスイーツ丼はここで食べていきたいところです。

プティメルヴィーユの定番スイーツの一つはやはり「メルチーズ」。ふんわり食感の優しい甘さをしたこのスイーツは世界的にも人気があります。そしてもう一つのおすすめは容器も可愛い「メルちゃんのプリン」。トロトロの濃厚プリンはそのままでも美味しいですが、特製カラメルソースをかけることで2度楽しむことができます。

名称 プティメルヴィーユ 金森赤レンガ倉庫BAYはこだて店
住所 北海道函館市豊川町11-5
営業時間 9:30~19:00
定休日 12月31日、1月1日
サイト

https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1024895/

函館には絶品グルメを楽しめるところがたくさん!

函館ならではの絶品グルメを楽しめる有名店・人気店を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?鮮度抜群でお値段もリーズナブルな海鮮の他にも珍しいジンギスカンや絶品函館ラーメンと様々なグルメスポットがあります。甘い物好きならスイーツ巡りもしてみたいところですが、美味しいだけでなくここでしか食べられないものも多いというところも函館の特徴ですね。駅や観光地から近いところもたくさんあるので、函館を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください!

【関連記事はこちら】

▷名物グルメから穴場スポットまで!函館でおすすめの観光スポット20選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事