最終更新日時 2019/08/15

緑豊かな越前の山々と、清らかな若狭の水の流れ。自然に恵まれた福井県は日本海に面していながらも、対馬暖流の影響を受け、冬でも比較的暖かく過ごしやすい風光明媚な地域です。雄大な自然が作り上げた絶景も多く、また、歴史的に非常に価値のある神社仏閣の数々が文化の豊潤さを物語ります。アクティビティも多く、見どころ満載の福井県。今回はドライブを楽しめる福井県の観光・旅行スポットを厳選してご紹介します。

福井に来たら必ず訪れたいスポット10選

1.東尋坊

DSC_6414_20161022_15857_

この景色を見たことがある人は多いのではないでしょうか。サスペンスドラマのクライマックスによく使われる断崖絶壁の中でも特に象徴的な景観の東尋坊。柱状の切り立った険しい岩肌が1㎞以上も続く珍しい地形で、国の天然記念物に指定されています。遊歩道が整備されており、断崖から見渡す海は圧巻。また観光遊覧船で海からその荘厳な景色を眺めることもできます。

施設名 東尋坊
所在地 福井県坂井市三国町安島
電話番号 0776-82-5515(坂井市三国観光協会)
アクセス 【車】北陸自動車道金津インターチェンジから約25分
【公共機関】
えちぜん鉄道三国駅から京福バス「東尋坊バス停」下車
JR芦原温泉駅から京福バス利用「東尋坊バス停」下車
営業時間 終日(ただし日没後の来訪はご遠慮ください)
料金 無料
駐車場 有り
公式サイトURL http://www.mikuni.org/tojinbo/index.php

2.東尋坊商店街

商店

自然の絶景を堪能した後の楽しみはなんといってもお食事とお土産。季節を問わず幅広い年齢の観光客でにぎわう東尋坊商店街。福井の新鮮な海の幸や旬の野菜をたっぷり使った食事処や、東尋坊のご当地お土産が並ぶ土産物屋が軒を連ねます。地元愛いっぱいの名物スタッフとのやり取りも楽しみのひとつ。食とお土産と人情と、旅の醍醐味が東尋坊商店街にはあふれています。

施設名 東尋坊商店街
所在地 福井県坂井市三国町安島
電話番号 0776-82-5515 (坂井市三国観光協会)
アクセス 【車】北陸自動車道金津インターチェンジから約25分
【公共機関】
えちぜん鉄道三国駅から京福バス「東尋坊バス停」下車
JR芦原温泉駅から京福バス利用「東尋坊バス停」下車
営業時間 8:00頃~17:30頃 ※季節や店舗によって異なります
定休日 季節や店舗によって異なります
駐車場 有り
公式サイトURL http://www.mikuni.org/010_spot/tojinbo/gourmet.php

3.雄島

IMGP6864

東尋坊の少し先にある雄島は越前海岸で最も大きな島。土地の人からは「神の島」とあがめられる通り、神々しい朱塗りの大橋を渡って島に入ります。周囲およそ2㎞ある島には遊歩道が敷かれ、景色を楽しみながら散策できます。樹齢100年を超える大木や、海水の浸食により出来た崖など、東尋坊とはまた異なる自然の美を楽しむことができます。80段近い石段を上った先には歴史ある大湊神社が鎮座。伝説と神秘に満ちた雰囲気をまとった島です。

施設名 雄島
所在地 坂井市三国町安島
電話番号 0776-82-5515(坂井市三国観光協会)
アクセス 北陸自動車道金津インターチェンジから車で約25分
営業時間 終日(ただし日没後の来訪はご遠慮ください)
定休日 なし
参考価格 無料
駐車場 東尋坊駐車場を利用
公式サイトURL http://www.fuku-e.com/010_spot/index.php?id=468

4.みくに龍翔館

IMGP6821

明治12年。オランダ人技師のエッセルの手によって建築された龍翔小学校。当時の日本で唯一、外国人の設計によって建造された小学校でした。洋風の木造5階建てに八角形のたたずまいが当時を偲ばせます。この設計を基に、三国の街を見渡す高台に郷土資料館として復元されました。地元三国にゆかりのある歴史や文化、文人たちの資料が数多く展示されています。赴きあるレトロな建物を楽しみながら三国の歴史にふれるひと時はいかがでしょう。

施設名 みくに龍翔館
所在地 坂井市三国町緑ヶ丘4丁目2-1
電話番号 0776-82-5666
アクセス 【車】金津インターチェンジから約25分
【公共機関】
JR「芦原温泉駅」から京福バス三国駅行き「三国観光ホテル」下車
えちぜん鉄道「三国駅」から徒歩10分
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)
参考価格 高校生以上300円
中学生以下150円
小学生未満および障害のある方・無料
※特別展は別料金です
駐車場 有り
公式サイトURL http://www.ryusyokan.jp/

5.ワタリグラススタジオ

IMGP6807

越前海岸の道沿いの高台に佇む「ワタリグラススタジオ」。季節によって表情を変える海と、晴れた日には水面に沈みゆく夕日を眺めることができるビュースポットでもあります。神秘的な工房はどことなく魔法使いの仕事場を連想させます。工房では吹きガラスの技法でガラス製品を制作。幻想的で美しいガラス工芸品に思わずうっとり。見学や吹きガラスの体験が楽しめます。ギャラリーも併設していますので気に入った品を求め、旅の思い出にすることも。

施設名 ワタリグラススタジオ
所在地 福井県福井市鮎川町17-14
電話番号 0776-88-2025
アクセス 【車】北陸自動車道福井北インターチェンジ下車
【公共機関】
JR福井駅から京福バス小丹生行き「鮎川新町」下車
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜日(火曜日はショップのみ営業)
参考価格 吹きガラス体験 一個3,000円~
トンボ玉制作体験 ネックレス、ストラップ1,800円~
スタンプ制作体験 1,800円(税抜)
フォトフレーム制作体験 1,500円(税抜)
ミニプレート制作体験 1,000円(税抜)
駐車場 あり
公式サイトURL http://watariglass.p1.bindsite.jp/

6.三方五湖レインボーライン

EPSN3479

若狭町と美浜町をわたる梅丈岳を登る、全長11㎞あまりの観光道路。遥かに広がる爽やかな景観はドライブにぴったり。レインボーラインの頂上にある駐車場からは梅丈岳山頂公園に上ることができ、三方五湖や日本海を見渡せます。そして山頂公園は別名「恋人の聖地」。ここで誓いをたてたカップルは幸せになるという伝説が。芸術的なオブジェやばら園、茶室などアクティビティも充実しています。

施設名 三方五湖レインボーライン
所在地 福井県三方上中郡若狭町海山
電話番号 0770-45-2678
アクセス 舞鶴若狭自動車道・若狭三方インターチェンジから車で20分
営業時間 季節によって変更あり
定休日 なし
参考価格 普通車通行価格 1,040円
駐車場 あり
公式サイトURL http://www.mikatagoko.com/

7.日本海さかな街

かに三昧

敦賀港から直送された新鮮な魚介がならぶ水産加工店と、海産物専門店、そして飲食店を合わせ約70店舗が集結した、日本海側で最大級の海鮮市場「日本海さかな街」。目で楽しんで美味しくいただいて楽しくお買い物する、海鮮のテーマパークです。とれたての海の幸がぎっしりつまった海鮮丼や焼き鯖、越前ガニなど、日本海の味覚を存分に堪能できます。

施設名 日本海さかな街
所在地 福井県敦賀市若葉町1-1531
電話番号 0770-24-3800
アクセス 北陸自動車道・敦賀インターチェンジから車で10分
営業時間 10:00~18:00(※8:30ごろから飲食店を除き順次開店)
駐車場 有り
公式サイトURL http://www.sakanamachi.info/

8.福井県立恐竜博物館

130630

福井と言えば有名なのが恐竜。世界三大恐竜博物館ともいわれる「福井県立恐竜博物館」。世界中から多くの人が訪れます。広大なドーム型の展示室には恐竜の全身骨格や標本、化石、また巨大なジオラマがずらり。200インチの対面スクリーンが迫力満点なダイノシアターは子供から大人まで楽しめます。

施設名 福井県立恐竜博物館
所在地 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
電話番号 0779-88-0001
アクセス 北陸自動車道福井北インターチェンジまたは丸岡インターチェンジから車で35分
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 第2、第4水曜日および年末年始(12/29~1/2)その他臨時休館日有
参考価格 一般 720円
高大学生 410円
小中学生 260円
駐車場 有り
公式サイトURL https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

9.大本山永平寺

永平寺

古杉の大木が林立する中、回廊で結ばれた七堂伽藍が整然と並ぶ、曹洞宗の大本山、永平寺。古来から雲水たちが厳しい戒律の中で修業を送ってきた場は凛とした荘厳な空気が漂っています。自ずと背筋を正したくなるような境内には大小70棟あまりの建物が。美しい佇まいは2015年のミシュラングリーンガイドジャポンで二つ星を獲得しています。

施設名 大本山永平寺
所在地 永平寺町志比5-15
電話番号 0776-63-3102
アクセス 【車】北陸自動車道福井北インターチェンジから15分
【公共機関】
えちぜん鉄道「永平寺口駅」から京福バス「永平寺門前行」または「永平寺行」に乗り換えて終点下車
営業時間 拝観 8:30~17:00(入場は16:00まで)
参考価格 大人・高校生 500円
小・中学生 200円
駐車場 あり
公式サイトURL http://kankou.town.eiheiji.lg.jp/guide/index.php?pathinfo=eiheiji

10.越前大野城

大野市の中心にある亀山にそびえる越前大野城。ふもとの城下町が雲海に包まれると亀山だけが浮かび上がって見え、越前大野城は「天空の城」となります。幻想的な雲海に城下町が隠れていく様を見ていると、古の大野に迷い込んだかのような不思議な気分に。

施設名 越前大野城
所在地 福井県大野市城町3-109
電話番号 施設見学に関するお問い合わせ 0779-65-5520(大野市歴史博物館 )
撮影スポットや雲海に関するお問い合わせ 0779-64-4816(大野市結の故郷推進室)
アクセス 北陸自動車道・福井インターチェンジから国道158号を約60分。
営業時間 4月~9月 9:00~17:00
10月~11月 9:00~16:00
定休日 12月1日~3月31日
参考価格 大人 200円
駐車場 有り
公式サイトURL http://www.onocastle.net/

福井の絶景スポット2選

1. 刈込池

教願寺山のふもとにある「刈込池」は、その昔、白山に住んでいた大蛇をこの池に閉じ込めたという伝説が残っている池です。この池には水の流れ込む川はあるものの、流れだす場所はありません。しかし水位は一定で、伝説も相まって謎の多いスポットです。

10月の紅葉の時期には、その絶景を見ようと多くの観光客が訪れます。特に週末には大混雑するため、駐車場が満車になることも。山道からも、赤黄色に色づいた山々が見えますが、細い道路もあるため運転には注意しましょう。

名称 刈込池
住所 福井県大野市上小池
サイト https://www.city.ono.fukui.jp/kanko/kanko-joho/guide/karikomiike.html

2. 龍双ヶ滝

日本の滝100選にも選ばれた「龍双ヶ滝」には、ふたつの伝説が残されています。ひとつは、龍双という双がここに住み、神仏像をつくったという話。もうひとつは、滝つぼに住む龍が滝登りをしたという伝説です。その言い伝えの通り、滝の流れる姿はまるで龍のよう。

その落差は60mで、大きな音を立てて流れてゆきます。夏の新緑の季節には、涼しい空気が周辺に立ち込め、避暑地としても人気。秋には紅葉の見ごろを迎え、うっとりしてしまうような光景が広がります。100mほど離れた場所に駐車場があるので、福井へのドライブの際にいかがでしょう。

名称 龍双ヶ滝
住所 福井県今立郡池田町東青
サイト http://www.town.ikeda.fukui.jp/kurashi/bunka/1452/p001335.html

子供から大人までミュージアム3選

1. 福井県立恐竜博物館

福井駅で降り立ったことのある方は、迫力ある恐竜を目にしたことがあるはず。「福井県立恐竜博物館」のある勝山市は、日本有数の恐竜化石の産地として知られています。2000年に開館したこの施設では、約41.000点もの恐竜に関する資料を展示しています。

館内1階の展示室には、44体もの全身骨格を展示。そのうち10体は本物の骨格です。巨大なジオラマや生活の様子を知ることができるので、恐竜好きの子供は喜ぶこと間違いなし!このほかにも、地球や生命についての資料も豊富で、大人も新しい発見のある時間が過ごせるでしょう。

名称 福井県立恐竜博物館
住所 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

2. 敦賀鉄道資料館

「敦賀鉄道資料館」のある敦賀港は、かつてから交通の要所として、大きな役割を果たしてきました。1869年には、日本初の鉄道のひとつとして、敦賀と京都を結ぶ路線をつくることが決定。1882年に、日本海側初めての線路が敷かれました。

明治時代後期には、東京と敦賀をつなぐ路線が開通します。敦賀港からロシアを経由し、そこからフランスへ向かう路線も確立。大陸側をつなぐ玄関口となりました。館内では、その歴史や鉄道にまつわる資料を展示しています。旧駅舎を利用した建物は、夜にライトアップが行われ、幻想的な雰囲気に。歴史感じる風景もお見逃しなく!

名称 敦賀鉄道資料館
住所 福井県敦賀市港町1-25
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/cityhall-facility/shiyakusho_shisetsu/gaibushisetsu/tetsudoushiryoukan.html

3. 福井県立歴史博物館

「福井県立歴史博物館」では、県内で出土した石器や、城下町として栄えた街並みなどの歴史にまつわる資料を展示しています。中世の歴史や刀の展示などは、2019年から新しく展示されたもの。すでに訪れたことのある方も、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

子供は新鮮な気持ちで、大人は懐かしい気持ちで楽しめるのが、2階にある昭和のくらしゾーン。照明や音響によって、季節や時間帯が移り変わるのがポイントです。路地や駄菓子屋、家などが再現され、まるで昭和にタイムスリップしたかのよう。楽しみながら、家族みんなで歴史を学べる施設です。

名称 福井県立歴史博物館
住所 福井県福井市大宮2-19-15
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/

福井の歴史を堪能できるスポット5選

1. 旧森田銀行本店

「旧森田銀行本店」のある三国町は海沿いに位置し、かつては港町として栄えた地域です。その発展を支えてきたのが、廻船業を生業とする豪商たち。その中の森田家は1894年に銀行を設立し、信頼を得て県内トップの銀行へと成長しました。

この建物は1920年に建てられたもの。近年まで銀行として使われていましたが、復元工事を経て、1999年から一般公開されています。外観は洋風で、県内最古のコンクリート建築。天井の漆喰や、おしゃれな重役室は特に見どころです。

名称 旧森田銀行本店
住所 福井県坂井市三国町南本町3-3-26
営業時間 9:00~17:00
サイト http://mikunikaisyo.org/morita/

2. 一乗谷朝倉氏遺跡資料館

かつては多くの商人などが行き来し、活気ある城下町。朝倉氏が治めたその土地は、小京都とも呼ばれていました。しかし、時は戦乱の世。織田信長に焼き尽くされてしまったその場所は、長い間人々から忘れ去られていました。現在では当時の建物が再現され、館や庭園の跡地が残っています。

城下町の跡はとても広く見どころも多いですが、まずは一乗谷駅すぐの「一乗谷朝倉氏遺跡資料館」を訪れるのがおすすめ。朝倉氏の歴史や、遺跡から発掘した出土品を展示しています。繁栄と滅亡に思いを馳せながら、歴史ある街を散策してみませんか?

名称 一乗谷朝倉氏遺跡資料館
住所 福井県福井市安波賀町4-10
営業時間 9:00~17:00
サイト http://asakura-museum.pref.fukui.lg.jp/

3. 丸岡城

「丸岡城」は、織田信長の命により、柴田勝家の甥である勝豊によって築かれたお城です。天守閣は外からは2層に見えますが、内部は3階建て。現存する日本最古の天守閣としても知られています。お城が築かれた当時は戦国時代。敵に対する備えが随所に隠されています。

見どころのひとつが狭間と呼ばれる部分。壁にある窓や穴のことで、ここから弓や鉄砲を撃つことができます。また、丸岡城は別名「霞ヶ城」とも呼ばれ、春には桜が咲き誇り、その名の通り霞がかったような姿に。夜間にはライトアップも行われ、幻想的な雰囲気はデートにもおすすめです。

名称 丸岡城
住所 福井県坂井市丸岡町霞町1-59
営業時間 8:30~17:00

4. 越前大野城

1575年、織田信長は、金森長近と原政茂に大野郡一帯の一向一揆を収束させるように命じます。その恩賞として、金森長近は土地を手に入れ、「越前大野城」を築きました。周辺には碁盤目状の城下町が整備され、その姿から「北陸の小京都」と呼ばれるまでに成長します。

そんな歴史をもつ越前大野城は、別名「天空の城」として、カメラマンに人気のスポット。10月から4月の明け方には雲海が広がり、空に浮かぶ幻想的な姿が見られます。ただし、前日雨が降った日など条件も多く、なかなか見ることのできない光景。1㎞ほど離れた犬山城址からの撮影がおすすめです。

名称 越前大野城
住所 福井県大野市城町3-109
営業時間 4月~9月 9:00~17:00
10月~11月 6:00~16:00
サイト https://www.onocastle.net/

5. 劔神社

1800年の歴史を有する「劔神社」は、越前町の織田という地域にある神社です。その地名の通り、ここは織田信長の故郷。織田家の先祖はこの神社の神官として奉仕してきた、由緒ある家柄でした。そのため、織田信長は戦国時代にも氏神として崇め、武運を祈ったとされています。

運気を高めたり、大願成就にご利益があるとされ、毎年元旦には多くの参拝客が訪れるこの神社。織田家にゆかりあるスポットのため、織田家の家紋が入った御朱印帳は、歴史ファンに大人気です。神社のすぐ裏手には越前町織田文化歴史観があるので、併せて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 劔神社
住所 福井県丹生郡越前町織田金栄田
サイト https://www.tsurugi-jinja.jp/

カップルで訪れたいデートスポット5選

1. 三国サンセットビーチ

その名の通り、夕陽が美しい「三国サンセットビーチ」。さらさらとした砂浜が特徴で、海水浴期間中には多くの観光客が訪れる人気の海水浴場です。ビーチ沿いにはお店が多く、気軽に飲み物を買えるお店から、おしゃれなカフェまで充実。一日中過ごしやすいスポットです。

海は遠浅で、波も穏やか。子供連れでも安心して海水浴が楽しめるので、デートはもちろん、家族連れにもぴったりです。夏には花火大会も開催。約7,000発の打ち上げ花火が、夏の空を彩ります。帰宅時間が気になる方は、周辺の温泉や民宿への宿泊がおすすめです。

名称 三国サンセットビーチ
住所 福井県坂井市三国町宿米ケ脇
サイト http://www.sunset-beach.net/

2. 越前松島水族館

日本海に生息する海の生き物たちを中心に、約350種類もの生き物たちと触れ合える「越前松島水族館」。人気のイルカショーは1日4~5回開催され、ダイナミックな演出が特徴です。1日2人限定で行われるイルカとのふれあいは、イルカに触れてもっと詳しく知りたい!という方におすすめ。

このほかにも、様々な生き物とのふれあい体験が充実。夏の週末にはナイター営業も行われ、館内はロマンチックな雰囲気へと姿を変えます。午後5時からは入館料が2割引きになるので、日中は周辺観光を楽しんでから立ち寄るのもOK。定番スポットの東尋坊からも近いので、併せて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 越前松島水族館
住所 福井県坂井市三国町崎74-2-3
営業時間 通常 9:00~17:00
GW・夏季 9:00~21:00
夏季の平日 9:00~18:00
冬季 9:00~16:30
サイト http://www.echizen-aquarium.com/

3. かずら橋

「かずら橋」といえば、有名なのは徳島県。しかし、福井県には本州唯一のかずら橋があります。全長は44m、人が渡るたびにゆらゆらと動く様子は、見ているだけでもハラハラ。実際に渡ってみると、足元の木の隙間が大きく、その大きさもバラバラ。スニーカーや歩きやすい靴を履いて出かけましょう。

カップルにも人気のこのスポット。つり橋効果が期待できる、という理由だけでなく、橋の上で愛を誓うと永遠に幸せになれると話題になっています。夏には新緑が美しく、下に流れる川に下ることもできるため、気分転換にもおすすめです。

名称 かずら橋
住所 福井県池田町土合皿尾14-7-1
営業時間 9:00~17:00

4. 六呂師高原

「六呂師高原」は、経ヶ岳の裾野、標高500mに広がる高原です。放牧が行われる季節は、見ているだけでも心癒される、のどかな風景が広がります。牧場の生乳を使ったソフトクリームや、新鮮な卵を使ったスイーツが味わえるお店もあり、食べて見て楽しめるスポットです。

スキーと言えば冬ですが、ここでは夏スキーも開催。キャンプ場もあり、夜には満天の星空が広がります。アクティビティ好きの方にもおすすめです。公式サイトには、放牧マップやイベントの告知、星空の様子などが掲載されています。出かける前に確認しておくと、耳寄り情報がゲットできるかも。

名称 六呂師高原
住所 福井県大野市南六呂師
営業時間 施設によって異なる
サイト https://www.rokuroshi.org/

5. 夕日のアトリエ

恋人の聖地とも呼ばれる「夕日のアトリエ」は、敦賀湾を一望できる杉津パーキングエリアの下り方面にあるスポットです。ここには以前、旧北陸本線の杉津駅がありました。大正天皇がこの場所に立ち寄られた際、あまりの夕日の美しさに列車の出発を遅らせた、という話が残っているほどの光景が広がっています。

カップルにおすすめなのが、愛のハートロック。名前やメッセージを書いて鍵をかけましょう。一定期間経つと、取り外して恋愛成就の祈祷をしてもらえるので安心。パーキングエリア内には売店もあるため、ドライブの休憩にもぴったりです。

名称 夕日のアトリエ
住所 福井県敦賀市杉津73-5
サイト https://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=81

厳選!福井で食べたいグルメ5選

1. ヨーロッパ軒総本店

1913年に都内にオープンした「ヨーロッパ軒」は、当時珍しいソースカツ丼を提供するお店でした。しかし、1923年の関東大震災にて被災、建物が倒壊する大きな被害を受けます。そこで郷里である福井に戻り、総本店をオープン。そこで営業を再開しました。

薄くスライスしたロースやモモ肉にきめ細かいパン粉をまぶし、秘伝のタレをつけたソースカツ丼はお店の一番人気。ウスターソースに香辛料を加えたソースと、カリカリに揚げられたカツは、ご飯との相性抜群です。今では福井を代表するご当地グルメとなっています。

名称 ヨーロッパ軒総本店
住所 福井県福井市順化1-7-4
営業時間 11:00~20:00
サイト http://yo-roppaken.gourmet.coocan.jp/

2. 谷口屋

油揚げが人気の「谷口屋」。なぜ油揚げが人気になったのでしょう。福井県は白山信仰をはじめ、浄土真宗が盛んな地域です。講という集まりを開き、そこで絆を確かめ合ったとされています。そこでの食事は精進料理。油揚げは欠かせない食材となっていきました。

谷口屋で提供される油揚げは、ごま油のみで揚げられたもの。サクッとしていて脂っぽくなく、さっぱりとした味わいが特徴です。女性はもちろん、子供向けのメニューも充実しているので、家族連れで伝統の油揚げを味わってみませんか?

名称 谷口屋
住所 福井県坂井市丸岡町上竹田37-26-1
営業時間 3月~11月 10:30~15:00
12月~2月 11:00~15:00
サイト https://taniguchiya.co.jp/

3. カフェド伊万里

「カフェド伊万里」は、福井のご当地グルメであるボルガライスが人気のお店です。ボルガライスとは、オムライスにとんかつが乗り、特製のソースがかかったもの。30年以上前から越前市で食べられているグルメですが、その発祥や由来は未だ謎に包まれたままだそう。

カフェド伊万里のボルガライスは、ケチャップで味付けされたライスに、とんかつ、デミグラスソースがかかったもの。デミグラスソースがライスと具材をまとめ、女性でもあっさりと食べられる一品です。大盛りはとってもボリューミー。デートにもおすすめです。

名称 カフェド伊万里
住所 福井県越前市新保2-2-2
営業時間 8:00~18:00
サイト https://tabelog.com/fukui/A1802/A180202/18000631/

4. けんぞう蕎麦

越前おろし蕎麦のお店「けんぞう蕎麦」は、北陸自動車道福井北インターから車で5分ほどの場所に位置します。越前そばは、戦国時代に蕎麦の栽培が推奨された頃から食べられている、歴史あるグルメ。大根おろしをいれて食べるのがポイントです。

このお店の蕎麦は、福井県産をはじめ、北海道産の蕎麦の実を使った十割蕎麦。蕎麦本来の味がふわっと広がり、ピリッと辛い大根おろしも相まって箸が進みます。栄養満点で食べやすいので、夏バテ気味の方は立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 けんぞう蕎麦
住所 福井県吉田郡永平寺松岡春日3-26
営業時間 火~木 11:00~14:00
金 11:00~14:00
  16:00~18:00
土日祝 11:00~17:00
サイト http://kenzou-soba.sakura.ne.jp/

5. 川喜

福井と言ったら越前ガニを思い浮かべる方が多いですよね。「川喜」は、越前ガニを中心に、北陸の海の幸が人気のお店です。カニ料理は漁解禁時期の11月から3月限定。本来のうま味が味わえるように、味付けは最低限にした茹でガニのみを提供しています。

こだわりの茹でガニは、来店2時間前にしめ、来店してから茹でるのがポイント。身だけではなく、茹でスープでつくる雑炊も絶品です。また、値段は競り値で変わるため、公式サイトに掲載されている限りではありません。贅沢なひと時を過ごしたい方におすすめのお店です。

福井はレジャーの宝庫

いかがでしたか。海に山に歴史に古代に、福井県はあらゆるジャンルの観光、レジャーを楽しめるスポットが揃っています。雰囲気のある景色を堪能するもよし、思い切りアクティブに楽しむもよし。存分に旅を満喫してくださいね。

福井県名物「焼き鯖寿司」一度は食べてみたい!美味しいお店17選
福井に訪れたときにぜひ食べて欲しい!おすすめしたい海鮮丼20選

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事