最終更新日時 2019/07/23

能登半島は日本海の荒波を受け、切り立った断崖や奇岩が多く見受けられる地域。自然の作り出す絶景も多く、名勝地が多く存在します。また漁場にも恵まれていることから魚介類も豊富に水揚げされ、海の幸を存分に味わうこともできる地域です。そのほか輪島塗などの工芸品の製作体験や漫画家の記念館など文化的な観光スポットも。今回はいろいろな魅力がある能登・輪島のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。

能登・輪島でおすすめの自然観光スポット10選

1.春夏秋冬で姿を変える棚田「白米千枚田」

画像素材|PIXTA

「白米千枚田」とは白米町にある総数1,000以上の棚田の集まりです。棚田1枚あたりの面積は狭く、その水田が階段状に海岸線まで続いています。春夏秋冬で姿を変える棚田の景色は美しく、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定されている名勝地です。田んぼに水が張られている時期には、空の景色を映し出す水鏡のようになり、日の出どきや夕暮れどきの景観の素晴らしさは息を呑むほどに。能登を訪れたら必ず立ち寄りたいスポットのひとつです。

画像素材|PIXTA

白米の千枚田は四季折々でその姿を変えていきます。春は水をいっぱいに張った田んぼが太陽の光を反射して水鏡のようになり、朝焼け夕焼けの時間はひときわ美しい景色を見ることができます。夏から秋にかけては緑や金色の稲穂が風になびき、一面に広がる田園の景色。冬、雪が降る頃には一面雪に覆われた棚田を見ることができるど、一年を通してさまざまな景観が楽しめるのもポイントです。

画像素材|PIXTA

こういった棚田は日本全国各地でももちろん見られるのですが、ここの棚田がすごいのは、イルミネーションが施されること。秋から冬にかけて、棚田全体にLEDライトが施され、昼間とは全く違った景色を楽しむことができるのです。その景色はまさに幻想的。しかも、30分ごとにピンク色から黄色へと変化していくのです。実は、その灯りの正体というのが、昼間に貯めた太陽光が自動発光したもの。すべてボランティアの手によるもので、その数なんと21,000個にもなるのだとか。そういった背景も念頭に置きながら、幻想的な雰囲気を楽しんでくださいね。

所在地 〒928-0256 石川県輪島市白米町99−5
お問い合わせ先 輪島市交流政策部観光課
電話 0768-23-1146
サイト http://senmaida.wajima-kankou.jp/

2.値札がない朝市「輪島朝市」

輪島朝市

岐阜県高山市、千葉県勝浦市と並んで「日本の三大朝市」と称される輪島の朝市。その歴史は1,000年以上あるとされ、古くは神社の祭礼日に魚や野菜などを物々交換したことから始まったと伝えられています。朝市の商品には値札がついておらず、買い手と売り手で交渉しながら値段を決めていくというルールがあります。輪島朝市では売り手と値段を決めたり値切ったりしながらするのも、朝市の楽しみのひとつとなっています。

輪島朝市

朝市には所狭しとさまざまな商店が出展しています。有名なのが干物や魚介の加工品ですが、そのほかにも惣菜や果物、工芸品や日用雑貨などさまざまな種類の商品が売られています。売り手の威勢の良い掛け声が飛び交う中買い物をすれば、元気がもらえること請け合いの朝市。輪島に行ったらここでの値切りを一度は体験してみたいところです。

画像素材|PIXTA

さまざまな商品が並べられていますが、なかには、蒸し鮑など高級品も売られています。一方、食べ歩きも可能な、お手軽グルメも販売されています。例えば、輪島名物の「えがらまんじゅう」。甘み抑えめなこしあんをもち粉で包んだ物で、くちなしで色を染めていることから、黄色い色をしているのが特徴です。1個あたり150円。饅頭処つかもとで購入することができます。ほかにも栄煎堂の「朝市せんべい」や香華園の「いしる鯛焼ちくわ」など、ご当地ならではのグルメがたくさんあります。お腹を空かせて訪れてくださいね。

所在地 〒928-0001 石川県輪島市河井町1部 115番地
お問い合わせ先 輪島市朝市組合
電話 0768-22-7653 (午前中のみ)
サイト http://asaichi.info/

3.日本海の荒々しさを感じることができる「巌門」

巌門

能登半島国定公園に指定されている「能登金剛」にある、巌門(がんもん)。日本海の荒波によって形作られた造詣は、日本海の荒々しさを物語る天然のオブジェです。大きな岩にぽっかりと空いた空洞は高さ15メートル、横幅は6メートルあり、奥行きはなんと60メートルにも及びます。松本清張の「ゼロの焦点」の舞台としても知られ、同作品の映画のロケ地としても使われた場所として有名です。奇岩が多い場所なので他にも特徴的な岩が多くあり、日本海のおもむきを強く感じることができます。

巌門洞窟

なお、巌門には洞窟もあり、中を通ることができるのもポイント。真っ暗なうえに階段も滑りやすいので気をつける必要がありますが、手すりが備えられています。また、巌門周辺や能登金剛をまわる遊覧船も就航しています。荒波砕ける巌門ですが、遊覧船は15トンもある55人乗りの旅客船なので、それほど揺れもなく安心してご乗船いただけると思います。遊覧時間は20分ほど。大人1人あたり1,100円で乗ることができます。なお期間は3月中旬から11月中旬まで。冬は運航していないので、注意が必要です。荒々しい能登の海をぜひ間近で楽しんでみてくださいね。

所在地 〒925-0444 石川県羽咋郡志賀町富来生神
お問い合わせ先 志賀町観光協会
E-mail info@shikakankounavi.jp
サイト http://shikakankounavi.jp/sea_03_ganmon.html

4.使われなくなった駅が道の駅に「道の駅 輪島」

道の駅輪島 (WAJIMA roadside station)

のと鉄道七尾線の終点であった「輪島駅」が廃止されたあと、道の駅「輪島ふらっと訪夢」として再生されました。鉄道の駅としての役割を終えた今でも駅の廃止前から発着していたバスターミナルはまだ使われているので、交通の要所としても活躍しています。道の駅では地元の特産品などを扱った販売店やカフェ、飲食店などが営業しているほか、地元の観光案内所も。

道の駅輪島 (WAJIMA roadside station)

以前は多くの人々が往来したであろうプラットフォームも、そのまま残されています。今では、駅名の表示板の前には通勤客ではなく、写真をとる観光客の姿が多く見られます。なお施設内には、使われなくなった鉄道の車輪や部品などが展示されている「鉄道メモリアルルーム」もあるので、鉄道が好きな方や子どもたちにもおすすめの道の駅です。また、Wi-Fiを完備した待合室もあるので、旅の情報を得られる休憩所としてもおすすめのスポットと言えるでしょう。

所在地 〒928-0001 石川県 輪島市 河井町20-1-131
お問い合わせ先 輪島ふらっと訪夢
電話 0768-22-1503
サイト http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=1947

5.山から直接海に注ぐ滝「垂水の滝」

20130816-垂水の滝(Tarumi Falls)

山から直接海へと注ぎ込む滝、「垂水の滝」。冬の日本海の強風にあおられると、まるで滝が吹き上げられているように見えることから別名「吹き上げの滝」とも呼ばれています。厳冬期はふきすさぶ風によって滝が左右にゆさぶられ、周囲に白い水しぶきが舞い幻想的な景色に。その様子は、まるで、霧の中を白竜が登っているようにもみえるといいます。一度は見てみたいものですね。

画像素材|PIXTA

また滝周辺の海辺にはゴロゴロと大きな岩が転がっており、波の荒い冬期には、この岩に荒波がぶつかることで白い「波の花」が生まれます。舞い上がる滝と波の花は能登半島の冬の風物詩として有名です。波の花が見たいという方は、11月下旬から2月の寒い時期で、北北西からの風が毎秒13m以上の日に訪れると良いでしょう。ただししっかりとした防寒具は忘れずに。いっぽう夏場は、黒い岩肌に一筋の白いしぶきが流れ落ち、涼しげな風情を楽しむことができます。

北北西

所在地 〒928-0206 石川県輪島市町野町曽々木
お問い合わせ先 輪島市観光課
電話 0768-23-1146
サイト http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=5776

6.漁師と海女の島「舳倉島」

Hegura island #8

能登半島の沖合い約50キロの場所に位置する、周囲約4キロほどの小さな島です。日本海の荒波を受けているため高さ10メートルの断崖が続く場所もあります。島のいたるところに豊漁を祈願する神社があるように、島の主な産業は漁業です。夏には海女たちによるアワビやサザエ漁が行われる舳倉島。漁師と海女の島として知られ、夏に行われる小学校の運動会はなんと海で開催されるのだとか。

画像素材|PIXTA

それだけ海が身近なこの「舳倉島」ですが、このような石を積み上げたものに、島のあちこちで出会うことができます。これは、少しでも島を高くして海上から認識しやすくするために、石を重ねたものなんだとか。昔江戸時代におきた水難事故がきっかけとなっているとのこと。もちろん今ではしっかりとした灯台がつくられています。また珍しい渡り鳥が多く飛来する地としても有名で、バードウォッチングが盛んな島でもあり、野鳥観察が好きな人にはおすすめの観光スポットです。

所在地 〒928-0072 石川県輪島市海士町
お問い合わせ先 輪島市観光協会事務局
電話 0120-651-503
サイト http://www.wajimaonsen.com/article_detail/51.html

7.能登の伝統工芸品を見学して体験できる「輪島工房長屋」

輪島工房長屋@石川県輪島

輪島塗の工芸品が販売されているほか、輪島塗の職人や職人見習いの方々作業している様子を見ることもできます。また輪島塗のお箸を作ったり蒔絵を作ったりする体験教室なども催され、輪島塗についての知識や経験を深めることができる施設です。輪島塗の商品の購入や見学のほかにも、輪島塗の器で提供される、地元漁師による魚介料理を味わえる飲食店もあります。能登の名工芸品の技を一度見て体験してみてはいかがでしょうか?

画像素材|PIXTA

そもそも輪島塗の発祥はいくつか説があり、定かではありません。しかし文明8年、つまり1476年には塗師がいたことだけは明らかになっています。いずれにせよ、長い年月をかけて磨かれ、そして伝えられてきた職人の技で、思わずずっと眺めていたくなるほど。ダイヤモンドなどの宝石とはまた違った、奥深い照りや輝きを見せてくれます。また滑らかな手触りも漆製品ならでは。本物に触れる機会を見逃さないよう、ぜひ訪れてみてください。

所在地 〒928-0001 輪島市河井町4-66-1
お問い合わせ先 輪島工房長屋
電話 0768-23-0011
サイト http://ringisland.jp/nagaya/

8.昭和の少年漫画を牽引した漫画家永井豪の記念館「永井豪記念館」

永井豪記念館

石川県輪島市出身の漫画家永井豪の作品を展示している記念館です。2009年のオープン以来、多くの来館者が訪れる人気スポット。高さ2メートルもあるマジンガーZや等身大のデビルマンの展示のほか、貴重な原画も数多く展示され、永井作品のファンのみならず多くの漫画ファンを楽しませています。

マジンガーZ

ちなみにマジンガーZといえば、1972年に「週刊少年ジャンプ」で連載された漫画で、とくに当時の少年たちには大きな衝撃と夢を与えた超大作です。2018年には、1972年から1974年にかけて放送されたテレビアニメの10年後の世界を舞台にした劇場版、「マジンガーZ INFINITY」も登場するなど、いまだなお人気の作品でもあります。一方ロボットアニメに興味がなくても、キューティーハニーならご存じの方もいるのではないでしょうか。場所は、先にご紹介した朝市通りにあるので、輪島朝市に立ち寄った後に立ち寄ることができるのもうれしいところ。入館料は510円。朝は8時半から開館しているのもポイントです。

所在地 〒928-0001 石川県輪島市河井町1−123
お問い合わせ先 永井豪記念館
電話 0768-23-0715
サイト http://www.go-wonderland.jp/index.html

9.大きい方が妻の岩です「機具岩」

機具岩@能登金剛周辺

能登に織物を広めた神様が山賊におそわれたときに思わず投げ入れてしまった機織機が岩になったという伝説が残る機具岩(はたごいわ)。巨大な岩が二つ並ぶ夫婦岩です。岩の大きさはそれぞれ高さ16メートルと12メートルで、大きい方が妻なのだそう。夕暮れ時の景色は絶景で、沈み行く太陽と刻々と紺色が濃くなっていく空の色の織り成す景観はずっと見ていても見飽きない景色です。伊勢にある夫婦岩と似ていることから別名「能登二見」とも呼ばれています。

画像素材|PIXTA

道路から見て満足してしまう方が多いのですが、実は小さな階段がつくられており、すぐそばの海岸まで降りることが出来るのがポイント。岩場なので足下には注意が必要ですが、下から見上げる機具岩はかなり大きく、迫力のある写真が撮れることでしょう。また、夕日をバックに撮影すると、ロマンチックな写真が撮影できますよ。ちなみに7月中旬から9月にかけては、夜間ライトアップも行われます。駐車場は10台ほど停められるスペースがあるので、車でのアクセスも可能です。

所在地 〒925-0443 石川県羽咋郡志賀町富来七海
お問い合わせ先 志賀町商工観光課
電話 0767-32-1111
サイト http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=6279

10.海から昇る朝日と夕日を同じ場所で「禄剛埼灯台」

Rokkozaki Lighthouse

能登半島の先端に建ち、海から昇る朝日と海へと沈んでいく夕日が同じ場所で見られることで有名な灯台です。明治期に建立された歴史が古い灯台で、日本の灯台50選にも選ばれています。周辺は日本海を望む断崖が続き、風光明媚な場所。灯台の中には入ることはできませんが、周辺からの景色は絶景です。ただし年に数回内部を一般公開することもあるようです。

画像素材|PIXTA

場所は、「道の駅狼煙」の向かいにある登り口からむかいます。高いところにつくられている関係で坂道を登る必要がありますが、真っ白な灯台の姿を見たら、その美しさに、おそらく疲れも吹き飛んでしまうことでしょう。青い空と海、そして白亜の灯台。国内に数ある灯台の中でも、かなり美しい部類に入るのではないでしょうか。ちなみにここの灯台の光は、34キロメートル先まで照らすのだとか。凜とした姿で佇みつつ、こうして、海の上を進む方たちの道しるべとなっているのです。

所在地 〒927-1441 石川県珠洲市狼煙町
お問い合わせ先 志賀町商工観光課
電話 0767-32-1111
サイト http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=6182

能登・輪島のおすすめ雨でも楽しめるスポット5選

1. 輪島キリコ会館

「輪島キリコ」をご存じですか?能登を代表するエネルギッシュな祭りで、夏から秋にかけて行われています。そのお祭りで登場するキリコの展示や、お祭りの紹介をしているのが「輪島キリこ会館」で、2015年にリニューアルオープンしました。

一番の見所はビルの4階建てにも相当するという大キリコ。一般的なサイズのキリコを合わせると実に24つが展示され外国院にも人気なんだとか。また2019年には舞台での御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)の実演がスタート。大迫力なので必見です。

名称 輪島キリコ会館
住所 石川県輪島市マリンタウン6-1
営業時間 8:00~17:00
サイト http://wajima-kiriko.com/

2. 輪島キリモト本町店

輪島の伝統芸能を堪能した後は、伝統工芸も楽しみたいもの。そこでおすすめなのが「輪島キリモト」です。漆器や小物、建築内装などを製作している工房で、都心のデパートでも作品が販売されることもあるのでご存じの方も多いかと思います。

漆器から木地にいたるまで150 年以上モノ作りに携わってきたという本格的な工房で、あなたのお気に入りの器が見つかるかもしれません。なお、に先ほど紹介した「輪島キリコ会館」からもほど近いので合わせて訪ねると良いでしょう。

名称 輪島キリモト本町店
住所 石川県輪島市河井町1-172
営業時間 月〜金 8:30 ~12:00
土日祝 8:30 ~15:00
サイト http://www.kirimoto.net/index.html

3. 清水酒造

日本酒好きでなくても、ぜひ一度訪れて欲しいのが「清水酒造」。『能登誉』『自然純米酒千枚田』に代表されるご当地のお酒をつくっている酒造屋さんです。かつては北前船の寄港地であった能登では、能登流と呼ばれる独自の酒造りを行っており、それが代々伝承されているのです。

なお、こちらでは、仕込蔵・貯蔵蔵を焼く20分で案内して下さいます。酒造りの概要や輪島のお酒についても紹介してくれるので日本酒に詳しくない方も必見。駐車場は2台。予約必須です。期間限定の能登誉しぼりたてに出会えるかもしれませんよ。なお、先の2つの施設からも近い場所にあります。

名称 清水酒造
住所 石川県輪島市河井町1-18-1
営業時間 9:00~18:30
サイト http://notohomare.com/

4. 里山まるごとホテル

田園風景にある農家のお家のような建物の「里山まるごとホテル」。里山全体をホテルの敷地とした大変ユニークなホテルです。宿泊をしない方でも、食事処茅葺庵では、里山の風景を眺めながらお食事をいただけます。市街地からは離れているので車でまわる方におすすめです。

いただけるお食事は、山菜や畑で採れたた野菜をたっぷり使った体に優しいランチ。高級食材はないものの、良い物を丁寧に調理した心にも染み入るご飯ばかりです。なお、「能登の味覚で食べるレアチーズケーキ」も絶品。甘糀を使ったシフォンケーキは米あめソースでいただけるなど、カフェメニューも充実していますよ。

名称 里山まるごとホテル
住所 石川県輪島市三井町小泉 漆原14-2
営業時間 9:30〜17:00(ランチ 11:00〜15:00)
サイト https://www.satoyamamarugoto.com/

5. トトロ岩

輪島には、子供たちのアイドル、トトロにそっくりだと言われる岩があるのをご存じですか?正式名所は「剱地権現岩(つるぎじ ごんげんいわ)」という、なんだか難しい名前ですが、地元の方からは「ごんげんさん」などと呼ばれ親しまれている穴場スポットです。

日本海に削られた茶色い岩に緑が映えて、本当に森から現れたトトロのように見えますね。なお、トトロ岩のそばに無料の駐車スペースが設けられているので、車で訪れる方も安心です。トイレなど休憩所はないので、小さなお子様連れはご注意下さいね。

名称 トトロ岩
住所 石川県輪島市門前町大泊

能登・輪島でお子様づれにおすすめの観光スポット5選

1. 輪島市マリンタウン

2015年に完成した「輪島市マリンタウン」。海を見渡す場所にあり、朝市を訪れる方の駐車場や観光案内所、食べ物屋さんなどが入った長屋がありますが、子供たちが思わず笑顔になるこどもの広場も設けられています。

広々とした芝生エリアに、大型の遊具が。長い滑り台や、ジャングルジムなど、しかも海外にあるようなお洒落な配色で気分があがります。何といっても人気なのは「ふわふわドーム」。8時半から17時半まで以外はしぼんでいるので、時間内に訪れてみて下さいね。

名称 輪島市マリンタウン
住所 石川県輪島市マリンタウン
営業時間 8:30~17:30
サイト https://www.city.wajima.ishikawa.jp/docs/2016070500027/

2. 西出牧場

広々とした丘陵地が広がる「西出牧場」。仔牛やたくさんの乳牛がいて、のんびりと過ごすことができます。平成15年度の草地コンクールで日本一になった牧場でもあり、人気のご当地グルメ「能登ミルク」の指定牧場でもあります。

子供連れの方にお試しいただきたいのは乳搾り体験。愛らしい仔牛たちに草をあげる草槍体験もあります。いずれも500円。トラクタードライブという変わった体験もありますよ。思いで作りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

名称 西出牧場
住所 石川県鳳珠郡能登町鶴町イ字111
営業時間 10:00~16:00
サイト https://www.facebook.com/nishide.farm/

3. 猿山岬

海抜約230メートルの断崖絶壁から海を一望することができるのが「猿山岬」。真っ白な灯台のある、デートスポットとしても人気の絶景スポットです。散策路は徒歩で20分から30分の距離。緩やかな坂道が続くので良い運動になることでしょう。

途中、いくつか眺めの良いポイントがありますが、輪島の集落と海が同時に見える箇所がおすすめです。なお、3月下旬から4月初めにかけては、ユキワリソウが見られることでも知られています。ヒールの方はスニーカーに履き替えて向かって下さいね。

名称 猿山岬
住所 石川県輪島市門前町吉浦〜深見
サイト

4. 輪島温泉 湯楽里

観光の合間の休憩スポットとして外国人にも人気なのが「輪島温泉 湯楽里」。無料で利用できる足湯で、市民にも愛されています。軒家のような本格的な造りなので、ほっこりと安らげるのがポイント。30分も居座ってしまったなんて声もあるほど。

施設内にタオルはないので持参する必要がありますが、万が一忘れてしまっても、足湯正面の建物にて100円で販売されていますので安心して下さいね。ちなみにこちらはれっきとした温泉が引かれており、疲労回復などの効能が。ご家族皆で入れるのもポイントですよね。

名称 輪島温泉 湯楽里
住所 石川県輪島市河井町4-169-1
営業時間 6:00~22:00
サイト

5. のとじま水族館

イルカやアシカなどの人気もののほか、能登半島近海に住む魚たちを、計約500種、4万点を飼育・展示している「のどじま水族館」。最新のプロジェクションマッピングを使って、幻想的な世界観を演出したりと何かと話題になっています。

ジンベイザメやペンギンが特に人気のこの水族館、ペンギンのお散歩タイムやラッコのお食事タイムなどのイベントはチェックしておきたいところ。夏休みにはイルカの背中やお腹をなでたりできるプログラムも実施中。未就学児は参加いただけませんが、濡れても良い格好でご参加下さい。

名称 のとじま水族館
住所 石川県七尾市能登島曲町15-40
営業時間 9:00~17:00(12月1日~3月19日は16:30)
サイト https://www.notoaqua.jp/

能登・輪島でおすすめの温泉5選

1. 能登七見健康福祉の郷なごみ

「能登七見健康福祉の郷なごみ」は、プールや温泉、トレーニングルームやレストランなどの施設が一緒になった地元の方のための福祉施設。温泉は大人で460円、プールは510円と安いうえに、両方セットだとわずか710円という良心的な価格設定が魅力でもあります。

しかもプールは、20メートルプールや流水プールの他、キッズプール、幼児プールと種類が豊富。温泉は、内風呂、サウナのほか、露天風呂も。しかも露天風呂の前にはウッドデッキがあり、のんびりとくつろげるのがポイント。お子様と一緒に楽しめるおすすめスポットです。

名称 能登七見健康福祉の郷なごみ
住所 石川県 鳳珠郡能登町字七見ツ字100番地大
営業時間 10:00~22:00(レストランは21:00まで)
サイト http://www.noto-tourism.com/tennis/nagomi.html

2. 海游能登の庄

輪島の温泉を紹介するとき、必ず出てくるのが「能登の庄」。日本海を眺めながら過ごせる風呂や客室は極上な休暇を作り出してくれると評判の宿です。“漆と和紙と畳の調和”をコンセプトにしているため、館内は全て畳敷き。入るなりリラックスできるのもポイントです。

お風呂には自家源泉「ねぶた温泉」を引いています。とろりとしたやわらかな肌触りでお肌がつるつるになるのだとか。さらにこの宿では輪島漆の器でいただくお食事がいただけるのです。実際泊まっていただきたい宿ですが、日帰り入浴も受け入れていますよ。

名称 海游能登の庄
住所 石川県輪島市大野町72
営業時間 チェックイン 14:00
チェックアウト 11:00
※日帰り入浴は9:00〜22:00
サイト https://www.notonosho.co.jp/

3. じんのびの湯

門前温泉と呼ばれる湯を引く日帰り温泉「じんのびの湯」。地元の方にも人気の秘密は、その泉質とお値段にあります。泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉なのですが、ラドンも含んでいる優しい肌触りの湯。入浴料は大人で500円とリーズナブルな価格設定です。

また、高台にあることから眺めも抜群。広いガラス窓からは能登の日本海を一望することができ、爽快な気分を得られること請け合いです。もちろん露天風呂も完備。気泡湯もあってしっかりと疲れを癒やすことができますよ。

名称 じんのびの湯
住所 石川県輪島市門前町千代8-4-2
営業時間 11:00~21:00
サイト http://www.notozi.com/2zinnobi.htm

4. 輪島温泉八汐

輪島港がみえる露天風呂や、落ち着いた雰囲気の露天風呂を備えた「輪島温泉八汐」。海に近いことから、潮の味がするお湯を楽しめます。また、檜と漆塗りの2つの湯船を備えた貸切露天風呂は雰囲気抜群。日帰り入浴はないので宿泊先としてはいかがでしょうか。

海が目の前ということで、当然お食事には新鮮な魚介類を取り入れられています。鯛しゃぶやズワイガニをメインとした会席から選ぶことが可能で、季節によっては貴重な食材であるコウバコ蟹のコースも。さざ波をBGMに過ごされてはいかがでしょうか。

名称 輪島温泉八汐
住所 石川県輪島市鳳至町袖ヶ浜1
営業時間 チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
サイト http://www.wajima-yashio.com/

5. うるしの宿やしき

輪島観光のメインである輪島朝市から歩いて10分ほどにある「うるしの宿やしき」。名前の通り、漆にこだわった郷土料理が自慢の宿です。全部で4室のみのこぢんまりとした旅館なので、落ち着いた雰囲気が好きという方にはおすすめの宿といえます。

漆の器でいただく手打ち蕎麦や坪庭の中に置かれた漆芸檜風呂が人気です。貸し切り風呂なのでカップルや子供連れにもおすすめです。こちらも日帰り入浴は受け入れていません。お泊まりの方だけの贅沢・・・バス停からも徒歩5分なので車がない方も安心です。

名称 うるしの宿やしき
住所 石川県輪島市河井町13-73
営業時間 チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
サイト http://www.urushinoyado.jp/index.html

能登・輪島でおすすめのグルメ5選

1. 寿司処 伸福 (すしどころしんぷく)

これぞ能登の味!とも言える新鮮な海鮮丼をいただけるお店が「寿司処 伸福 」。ご覧の通り、これ以上はのせられない程のこぼれんばかりのネタで、思わず笑顔がこぼれ出るはずです。能登の港から仕入れているので地魚もたっぷり入っているのだとか。

寿司屋なので握りも絶品です。夜になるとここのお造りをあてにお酒を飲みにくる方も。ぜひ、さきほど紹介した「能登誉」などの地酒と一緒に味わってみてはいかがでしょうか。旅行気分をより満喫できることでしょう。

名称 寿司処 伸福
住所 石川県輪島市河井町5-41-23
営業時間 11:30~14:00、18:00~22:00
サイト

2. エトランゼ

地元の人でいつもいっぱいのお店が「エトランゼ」。B級グルメ好きにおすすめの喫茶店です。マスターが1人で切り盛りしているこぢんまりとしたお店なのですが、サービス満点のデカ盛りランチが話題で、最近では観光客も増加中。

デカ盛りでなく普通盛りも頼めるので、小食の女性とたくさん食べる男性とのカップルでも安心。また、カウンター席も完備しているので一人で来る地元の方も多く、一人旅の方でも入りやすい雰囲気です。お腹いっぱい食べたい方はぜひこの店へ。

名称 エトランゼ
住所 石川県輪島市河井町17-64
営業時間 10:00~22:00
サイト

3. アグラディート

本格的なスペイン料理がいただけるお店「アグラディート」。魚介類を多用するスペイン料理と能登の新鮮魚介がタッグを組んだ、最強の組み合わせといえます。と、なれば、輪島の魚介類を使ったカルパッチョは必須。また出汁を丁寧にとったパエーリャも絶品なのだとか。

また、お子様にも人気のチュロス。スペイン料理だとご存じでしたか?ここのチュロスは中にチョコが入っていて美味しいと評判。さらにホイップもついてくるので甘い物好きにはたまりません。アヒージョといった最近人気のメニューもあるのでスペイン料理初の方もぜひどうぞ。

名称 アグラディート
住所 石川県輪島市マリンタウン4−9
営業時間 17:00~22:00
サイト https://www.facebook.com/cafebar.Agradito/

4. 農家レストラン開元

里山の中にぽつんと建つ「農家レストラン開元」。ほっこりとした雰囲気の古民家から田んぼの景色を眺めていると、ゆったりとした気分に浸ることができます。氷見うどんやまぐろ丼などのご当地グルメがいただけます。

最近、地元のママ達にも人気のメニューというのが、貴重な原木しいたけを使った『里山しいたけ御馳走丼』。肉厚で旨みがたっぷりなうえ、特製の甘タレが絶品なのだとか。心と体の休息をしに、里山を訪れてみてはいかがでしょうか。なお椎茸は販売もされているのでお土産にもどうぞ。

名称 農家レストラン開元
住所 石川県輪島市大和町356
営業時間 11:00~13:30
サイト https://www.facebook.com/kaigennoto/

5. ハイディワイナリー

奥能登で純国産ワインを製造・・・そんな耳を疑うような話が本当にあるのです。それが、広大な海に面した谷丘の上で葡萄を育てている「ハイディワイナリー」さんです。海から吹き上げる潮風は個性のある葡萄を作り上げるのではないでしょうか。

直営のレストランでは、そんなこだわりの詰まったワインと、絶景ランチをいただくことができます。コース料理は3,500円からありますが、より手軽にいただけるランチプレートは1,200円から。雰囲気が抜群なのでデートや女子会にもおすすめです。

名称 ハイディワイナリー
住所 石川県輪島市門前町千代
営業時間 11:30~19:30
サイト https://heidee-winery.jp/

日本海の荒波を受けて培われた絶景を楽しむ

能登半島は日本海に面しているため、日本海の荒波をそのまま受けている土地。日本海の厳しい自然を受けてできた断崖や奇岩がおりなす景色は絶景で、一度は見ておきたい景色でもあります。また恵まれた漁場を持つため魚介類も豊富。おいしい魚介を味わいながら、自然の絶景を見て心打たれる旅はいかがでしょうか?

石川県のおすすめ旅館・ホテルをさがす

関連記事

金沢だけじゃない。プラス1泊で大満喫、石川県の観光スポット20選。

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事