最終更新日時2019/10/03

富山県は、海に山といった自然に囲まれた県で、世界遺産など多くの観光スポットがあります。今回はそんな富山県の一度は訪れてみたい観光スポットをご紹介します。心を和ませてくれる景色や壮大な寺院などに触れて、Reluxおすすめの富山県の観光スポットを存分にお楽しみください。

富山に来たら必ず訪れたいスポット5選

1.富山城

Toyama Castle (Toyama, Japan)

富山城は、戦国時代から現代までの歴史を感じる事ができる、さまざまな物が展示されているお城。有名なところでは、滝廉太郎の『荒城の月』の着想のもとになったお城としても知られています。
一番の見どころは、なんと言っても「千歳御門」でしょう。格式が高い城門建築で、『三間薬医門(さんげんやくいもん)』といわれる門が観光のポイントです。
現在の富山城は城趾公園として整備されているので、1年間を通して、おまつりやイルミネーションなどさまざまなイベントを行っているのでおすすめの観光スポットになっています。
そして富山城を観光した後には、佐藤記念美術館と富山市郷土博物館を一緒に観光してみましょう。この二つの観光スポットは、東洋の古美術と歴史の両方を見てまわれるのでおすすめです。

住所 富山県富山市本丸1-62
サイト http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/index.html
参考価格 一般210円、小中学生100円
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 年末年始(12/28~1/4)、展示替えなどの臨時休館日
アクセス JR富山駅から徒歩約10分

2.松川遊覧船

cherryblossom 060417

松川遊覧船は、いまでは観光の定番とも言えるスポットになっていて、四季折々の表情を見せてくれる事から、たくさんの人たちに利用されています。特に春の桜は「日本さくら名所100選」にも選ばれ、約520本もの桜並木は、春の風情を感じられ、心穏やかにお過ごしいただけます。
遊覧船は見所がたくさんありますが、その中でも「桜橋(さくらばし)」は、昔のままで有形文化財にもなっていて、橋の上にはいまでも路面電車が通っています。ぜひお花見の時期に訪れてみましょう。

住所 富山県富山市本丸1「松川茶屋」
サイト http://matsukawa-cruise.jp/
参考価格 大人1,500円 小人750円
営業時間 ◆桜開花中 9:30~17:00まで随時運航(土日は9:00~17:30)
◆桜終了後~11月下旬まで10:00~17:00(通常はダイヤ運航)
定休日 月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、
荒天時などその他臨時休業あり、冬季休業(12月~3月)
アクセス JR富山駅から徒歩約10分

高岡・氷見エリアに来たら必ず訪れたいスポット5選

1.国定公園 雨晴海岸

雨晴海岸 (AMAHARASHI coast)

雨晴駅から徒歩5分の所にある、見渡すかぎり一面海の雨晴海岸。天気のいい日には、なんと標高3000メートル級の広大な立山連峰を見る事ができます。見所ポイントは、何と言っても雨晴の由来ともなっている、源義経がにわか雨を待ったとされている義経岩でしょう。他にも立山連峰と女岩は季節ごとや見る時間帯などで表情を変えるので、目で見ても写真に撮っても絵になる絶景ポイントです。「白砂青松百選」や「日本の渚百選」に選ばれている雨晴海岸に、ぜひ訪れてみてください。

住所 富山県高岡市太田
サイト http://www3.nsknet.or.jp/~amaharasi/
参考価格 無料
営業時間 24時間
定休日 なし
アクセス JR氷見線雨晴駅から徒歩5分

2.国宝 高岡山瑞龍寺

Japan Toyama Prefecture Takaoka

富山県唯一の国宝でもある瑞龍寺は、なんと3万6千坪の広さを有しているから驚きです。しかも「総門」に「禅堂」、「大庫裏」に「大茶堂」、「回廊三棟」は国から重要文化財に指定されていて、江戸時代の深い歴史を感じとる事ができるでしょう。そんな富山県唯一の国宝瑞龍寺の素晴らしさを堪能しませんか。

住所 富山県高岡市関本町35
サイト http://www.zuiryuji.jp/
参考価格 大人500円、中高生200円、小学生100円
営業時間 9:00~16:30
定休日 なし
アクセス あいの風とやま鉄道「高岡駅」から徒歩10分

3.高岡大仏

高岡大仏|Takaoka Daibutsu

日本三大に数えられている富山県の「高岡大仏」は、度重なる災難にあいながらもみんなの願いから再建を繰り返し、いまでは日本一の美男として愛されています。地元の人たちからは「だいぶっつぁん」と呼ばれるほど親しまれる存在です。そんな日本一の美男のだいぶっつぁんをぜひ見てみてはいかがでしょうか。

住所 富山県高岡市大手町11-29
サイト http://www.takaokadaibutsu.xyz/
参考価格 志納
営業時間 6:00~18:00(大仏台座下回廊)
定休日 なし
アクセス あいの風とやま鉄道高岡駅から徒歩10分

黒部・宇奈月・立山エリア来たら必ず訪れたいスポット5選

1.黒部ダム

黒部ダム

186mもある日本一高い黒部ダムは、映画やドラマ、CMなどでも度々使われていて、なんといっても、6月〜10月にかけて行われる、毎秒10㎥以上の迫力ある放水が見られる『観光放水』が有名です。ポイントは、パノラマビューで放水を見ることができる「ダム展望台」と、放水場所から一番近くて、真横の位置から見ることができ「新展望広場」。運がよく天候の良い日に訪れると、『観光放水』の際にきれいな虹を観る事ができます。富山を訪れた際には、是非ダムで感動するきれいな虹を観に行ってみましょう。

住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺
サイト http://www.kurobe-dam.com/
参考価格 無料
営業時間 24時間
定休日 冬季閉鎖
アクセス 黒部ケーブルカー黒部湖駅から徒歩すぐ

2.魚津水族館

魚津水族館

魚津水族館は、1913年(大正2年)という、日本ではもっとも歴史のある水族館。魚津水族館は、『日本海を科学する』をテーマに、およそ500種類もの生き物が展示されています。他の水族館では見た事が無い「イシダイの輪くぐり」や、世界初のアクリル製の水中トンネルなど、小さめの水族館ではあるものの、2013年にリニューアルして、より一層愛される水族館になっています。魚津水族館を訪れた際には、二つの不思議に出会える「魚津埋没林博物館」も一緒に観光するのがおすすめですよ。

住所 富山県魚津市三ヶ1390
サイト http://www.city.uozu.toyama.jp/suizoku/
参考価格 大人(高校生以上)750円、小・中学生410円、3歳以上100円
営業時間 9:00~17:00
定休日 年末年始・その他臨時休館あり
アクセス 魚津駅から車で7分

3.みくりが池

みくりが池

みくりが池は標高2405mにある流出口のない不思議な池で、小山法師がこの池で泳いで、3巡した所で急に沈んでしまったので、 三繰ケ池(みくりがいけ)と書くようになったと言われています。北アルプスのなかでも、特に美しい火山湖で、青く澄み渡った湖面には、山々が映し出されてとても幻想的です。池の周りには、四季折々にさまざまな色合いの植物や動物を見ることができます。また、みくりが池を訪れる人たちは、天然記念物の雷鳥をみて歓声をあげています。湖面にきれいに映る立山連峰もとてもきれいなので、ぜひ一度足を運んでみましょう。

住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂外11国有林
サイト http://www.alpen-route.com/point/relax/relax06.html
参考価格 無料
営業時間 なし
定休日 冬季閉鎖
アクセス 立山黒部アルペンルート室堂ターミナルから徒歩約10分

砺波・五箇山エリアに来たら必ず訪れたいスポット5選

1.砺波チューリップ公園

日本富山_砺波チューリップ公園.16

砺波チューリップ公園は、なんといってもチューリップフェアが有名です。毎年4月の中旬からゴールデンウィークの間で開催し、観光の目玉スポットになっています。チューリップの品種と本数は圧倒される数で、700種類”300万本”のチューリップが咲き誇ります。見どころは「チューリップの地上絵」。地上絵の全体を見渡す為に、チューリップタワーに登ってみるのがおすすめです。色鮮やかなチューリップを背景に思い出の写真を撮るのもいいのではないでしょうか。

住所 富山県砺波市花園町1-32
サイト http://www.tulipfair.or.jp/
参考価格 チューリップフェア期間は有料、それ以外は無料
営業時間 チューリップフェア期間を除き散策自由
定休日 チューリップフェア前後に準備および撤去作業のため臨時休園あり
アクセス 城端線「砺波駅」から徒歩15分

2.菅沼合掌造り集落

Suganuma Gassho village

五箇山にある世界遺産の『菅沼合掌造り集落』は、今なお9戸の家が現存し、古き良き日本の歴史と原風景を守っています。自然に囲まれた菅沼合掌造り集落で、先人の文化や暮らしの体験をしたり、合掌造りのお茶屋さんでひとやすみすることで、忙しない日常を忘れ、心が穏やかになる事間違い無しの観光スポットといえるでしょう。秋から冬にかけては紅葉や雪景色の中でのライトアップされるので、こちらもおすすめです。

住所 富山県南砺市菅沼
サイト http://www.city.nanto.toyama.jp/webapps/www/section/detail.jsp?id=284
参考価格 無料

もっと楽しみたい富山の穴場スポット5選

1. 雄山神社

「雄山神社」は、霊山である立山の頂上にある神社です。アクセスには、本格的な登山装備が必要となるため、穴場的なスポットとなっています。近年ではパワースポットとしても有名で、家業や恋愛に関して効果があるようです。

雄山神社は、山の上にあるということもあり、景色が最大の見どころとなります。荒々しい岩が隆起した山肌に、ポツリと社殿が建つ姿は、非現実的なまるでファンタジーのような世界を体験することができ大変おすすめです。霊山にパワーを感じに訪れてみませんか。

名称 雄山神社
住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺
サイト http://www.oyamajinja.org/

2. 富山県 立山博物館

「富山県 立山博物館」は、立山町にある霊山「立山」の信仰や、その歴史に関する資料を展示している博物館です。館内は、「教界・聖界・遊界」と3つのゾーンに分かれており、それぞれテーマに沿った展示で学ぶことができます。

中でも見どころとなっているのは、教界ゾーンにある展示館です。「立山曼荼羅絵図」や「姥尊像」などの文化財を見ることができます。立山を信仰していた人たちの様子や、考え方などを1枚の絵で見ることができ、歴史の深さを感じられます。是非訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 富山県 立山博物館
住所 9:30~17:00 入館は16:30まで
営業時間 富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1
サイト http://www.pref.toyama.jp/branches/3043/home.html

3. 氷見市潮風ギャラリー

「氷見市潮風ギャラリー」は、富山県氷見市にある美術館です。ご当地は、漫画界の巨匠である藤子不二雄(A)先生の出身地です。それを記念して、先生が手掛けた数々の作品について、特に貴重な原画や、モニュメントの展示が行われています。

このギャラリー最大のおすすめポイントは、キャラクターのモニュメントでしょう。小さいころ憧れた、「プロゴルファー猿」やヒーローだった「ハットリくん」などたくさんのキャラクターと撮影を楽しめます。圧倒的な不二子ワールドを楽しみましょう。

名称 氷見市潮風ギャラリー
住所 富山県氷見市中央町3-4
営業時間 10:00~17:00
サイト http://himi-manga.jp/shiokaze_gallery/

4. 雪の大谷

「雪の大谷」は、立山室堂平、標高2450メートルの位置にある大きな雪の壁です。ご当地は、日本有数の豪雪地帯でもあります。そのときに道路を除雪すると、約20メートルの壁が出来上がる、これが雪の大谷です。

「雪の大谷」の見どころは、やはり雪の壁なのですが、晴れた日に見るのが一番おすすめ。真っ白かつダイナミックな雪の壁が、突き抜けるような青い空に立つ姿は、日常では絶対に見ることができない光景です。季節限定のその景色を味わってください。

名称 雪の大谷
住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林
サイト https://www.alpen-route.com/enjoy_navi/snow_otani/

5. 海王丸パーク

「海王丸パーク」は、富山県射水市にある公園です。海の貴婦人と呼ばれる純白の帆船「海王丸」が公園のシンボル。公園内は、芝に囲まれており、子ども連れなどのファミリーやグループで楽しめる公園です。

海王丸パークでは、日没から午後10時までライトアップがされます。その姿が大変幻想的だと評判。7色に照らされたカクテルライトが、各方向から船を照らす。そして、こぼれた光が海に反射し、さらに明るくなる。このようなファンタスティックな風景を眺めに是非訪れてみてください!

名称 海王丸パーク
住所 富山県射水市海王町8
営業時間 9:30~17:00
サイト http://www.kaiwomaru.jp/

行ってよかった!富山の人気の温泉5選

1. ホテルおがわ

小川温泉が開かれたのは、今から約400年前とされています。北アルプスの山々に囲まれた非常に緑豊かな場所に位置する温泉です。その小川温泉を訪れたら、是非立ち寄ってほしいのが、「ホテルおがわ」。宿泊、日帰り入浴、どちらにも対応をしています。

ホテルおがわも、周りを緑に囲まれたロケーションで、入浴をすることができます。また、中でもおすすめなのが、天然記念物として有名な洞窟風呂。まるで鍾乳洞の中にいるかのような気分で、入浴することができるのでぜひ体験してみてください。

名称 ホテルおがわ
住所 富山県下新川郡朝日町湯ノ瀬1
営業時間 9:00~14:30
サイト https://www.ogawaonsen.co.jp/

2. 雨晴温泉 磯はなび

富山の名峰、立山連峰。その山々をまっすぐ綺麗に見ることができるのが、雨晴海岸となっています。その雨晴にある温泉がこの「雨晴温泉 磯はなび」です。露天風呂やお部屋からの景色が美しいことで有名な場所です。

その景色の中でもおすすめなのが、海の景色。露天風呂からは富山湾と、奥の立山連峰が一望でき、特に冬場ともなると雪と山とそして荒々しい日本海と言う、抜群のロケーションの中温泉に入浴が可能です。是非訪れてみてください!

名称 雨晴温泉 磯はなび
住所 富山県高岡市太田88-1
営業時間 10:00~15:00 夜 16:00~21:00
サイト https://www.isohanabi.jp/

3. 金太郎温泉

「金太郎温泉」は富山県東部の魚津市にある温泉です。魚津の名湯として知られている温泉で、源泉100%かけ流しのお湯が自慢。日帰り温泉専用の入浴場も用意されているので、気軽に訪れることが可能です。

こちらの温泉は、泉質が独特なことが特徴。食塩と硫黄が混合しており、入浴すると体調がみるみるうちに良くなっていくようです。露天風呂も、立山連峰を模して作っているので、迫力や優美さと言ったロケーションも最高です。体と心を癒しにいきましょう!

名称 金太郎温泉
住所 富山県魚津市 天神野新6000
営業時間 8:30~23:30
サイト https://www.kintarouonsen.co.jp/

4. 宇奈月国際ホテル

「宇奈月温泉」は、富山県それ以上に日本を代表する温泉の一つです。黒部アルペンルートのふもとに位置しており、そのベース基地ともなる場所です。そんな場所にあるのが、こちらの宇奈月国際ホテル。露天風呂の景色や、お食事が自慢のお宿です。

先述したように、宇奈月国際ホテルは露天風呂が自慢のお宿です。その理由としては景色が良いと言うことが挙げられるでしょう。なんと露天風呂からは、トロッコが走る風景を見ることができます。鉄道が好きな方にとっては必見ではないでしょうか。おすすめの温泉です!

名称 宇奈月国際ホテル
住所 富山県黒部市宇奈月温泉7-26
営業時間 11:30~16:00
サイト https://unazukikokusai.alpen-route.co.jp/

5. 湯の宿 千寿荘

「湯の宿 千寿荘」は、アルペンルートの途中、立山駅の至近にある温泉宿です。宿泊のほか、日帰り入浴も可能。駅前とはいえそこは、山の上。まるで山奥の秘湯に浸かっているかのような気分になれる温泉です。

こちらのお宿の特徴は、登山の後にすぐに入浴ができると言う点です。立山は、標高の高い山。夏でも寒く感じることもあります。そんな中、温かい温泉に入ると言う至福の贅沢を味わうことができます。是非アルペンルートを歩いた際には入浴してみてはいかがでしょうか。

名称 湯の宿 千寿荘
住所 富山県中新川郡立山町 千寿ケ原28
営業時間 日によって変更
サイト http://www.senjusou.jp/

1. 白えび亭

「白えび亭」は、富山駅の駅ビルに入る、白えびを中心に丼ものを提供するお店です。「富山湾の宝石」とも呼ばれ、まさにご当地の英雄的食材である白えび。これを丼やおせんべいなど、さまざまな調理法で食べつくすことができるお店です。

おすすめはやはり、「白えび刺身丼」。手で剥いたプリプリの白えびは、甘みも味も上質。富山の宝石を味わうにはまさにぴったりと言えるでしょう。白えびの数も、90匹以上と、食べ応えも抜群!思う存分富山の味を楽しみましょう!

名称 白えび亭
住所 富山県富山市明輪町1-220 きときと市場 とやマルシェ 1F
営業時間 営業時間
10:00~21:30(L.O.21:00)
サイト http://www.shiroebiya.co.jp/guidance/toyama.html

2. 海の神山の神 本店

「海の神山の神 本店」は、富山駅南口から徒歩10分の位置にある居酒屋です。こちらでは、富山湾のもう一つの至宝、ホタルイカを頂くことができます。木の温もりたっぷりな、店内で、味の濃いホタルイカを味わうことが可能です。

おすすめのメニューは、「ホタルイカの石焼き」です。外はコリコリ、中はドロッとしたホタルイカ。噛み締めるたびにその濃厚な味が、口の中に広がりとっても美味しい。まさに至福の時間と言うべきでしょう。富山の地酒を片手にきゅっとやるのはどうでしょう。

名称 海の神山の神 本店
住所 富山県富山市総曲輪1-1-21 筧田ビル 1F
営業時間 月~金 11:30~14:00  ディナー 17:30~23:00
サイト https://www.umiyama.ne.jp/

3. ひみ浜

富山名物の海鮮は、まだまだあります。それは、脂の乗り切った「寒ブリ」です。特に氷見市付近で取れるものは、日本一とも称されるほどの美味ししさを誇ります。そのブリをいただけるのが、その氷見市にある「ひみ浜」さんです。

ブリは生で食べても美味しいのですが、その旨味を引き出す食べ方があります。それがブリしゃぶです。このお店は、ブリしゃぶが特に美味しい。厚く切ったブリをお湯にくぐらせ、そして食べる。適度な脂が乗ったブリが口でとろける。最上級の贅沢です。是非ご賞味あれ。

名称 ひみ浜
住所 富山県氷見市比美町21-15
営業時間 11:00~14:00
サイト http://www.himihama.com/

4. だい人(だいと)

氷見市は富山市内から少し離れた場所にあるので、どうしても出向けないと言う方もいるでしょう。そんな方には、富山市内にあるこちらの「だい人(だいと)」さんをおすすめします。富山駅から歩いて5分。氷見と変わらぬ味を楽しむことができます。

こちらでは、寒ブリのお刺身がおすすめです。しゃぶしゃぶと同じように、脂の乗ったブリ。より脂の濃さを感じることが可能です。口に入れた瞬間に、トロリととろけるブリ。口全体に広がる甘み。最高の食事ができることを保証します。

名称 だい人(だいと)
住所 富山県富山市新富町2-5-1 はまのやビル 1F
営業時間 17:30~24:00 (L.O.23:00)
サイト http://www.daito-m.net/

5. 青山総本舗

富山の海鮮名物として忘れてはいけないのが、鱒のすしです。味付けした鱒と、酢飯を重ねて作った押しずしです。富山の鱒のすしは、店舗によってそのお味が大きく異なります。そのような中でおすすめなのが、この「青山総本舗」です。

青山総本舗の鱒のすしは、酸味が強いことが特徴。酢飯の酢要素も結構強めです。そのため、さっぱりとした味を食べたい方におすすめの鱒のすしです。もちろん、鱒自体の甘味や旨味もとても強いので、バランスも良いです。是非味わってみてください。

名称 青山総本舗
住所 富山県富山市新富町1-4-6
営業時間 08:00~16:00
サイト http://www.masuzusi.com/

6. 鱒寿し紀雅本舗

「鱒寿し紀雅本舗」は、富山市の中心部の南西部、路面電車でアクセスをすると便利な位置にあります。こちらも鱒のすしが非常に有名なお店です。こちらは、素材の味にこだわった店で、北海道から取り寄せた昆布などを使用しています。

鱒寿し紀雅本舗の鱒のすしの特徴は、薄味の味付けなことです。そのため、鱒のすしとしては珍しく、醤油をつけて食べます。もし、お寿司は絶対醤油をつけないと、と言う方がいましたら、こちらのお店で召し上がることをおすすめします。

名称 鱒寿し紀雅本舗
住所 富山県富山市上本町8-6
営業時間 7:00~15:00

7. うどん茶屋 海津屋

ここまで海の幸に関する名物を紹介してきましたが、ここからは麺類を紹介。寒ブリの産地氷見では、うどんも有名です。そんな「氷見うどん」は、讃岐うどん、稲庭うどんと並んで、日本3大うどんに数えられます。そのうどんを食べれるのが、「うどん茶屋 海津屋」さんです。

氷見うどんの特徴は、麵が細いと言う点です。それでいて喉越しなどが非常に良く、コシが強いので食べやすいのに食べ応えがあることが、おすすめな点です。なお、氷見うどんはこちらのお店でしか出していないので、その限定感を楽しむのもおすすめです。

名称 うどん茶屋 海津屋
住所 富山県氷見市上泉20 氷見うどん海津屋敷地内
営業時間 11:00~15:00
サイト https://www.kaizuya.co.jp/

8. 西町大喜 富山駅前店

富山には、自慢のご当地ラーメンが存在します。それが、この真っ黒なラーメン富山ブラックです。その昔戦火によって被害を受けた市街を復興するさいに、汗を流しながら働く労働者のために、濃い味で作ったのが起源と言われています。

そんな富山ブラックを楽しめるお店が「西町大喜 富山駅前店」。富山ブラックの元祖とも言われているお店で、濃い味の醤油、良く効いたブラックペッパー。その他さまざまな富山ブラック特有の要素を楽しむことができます!

名称 西町大喜 富山駅前店
住所 富山県富山市新富町1-3-8
営業時間 11:00〜22:00(L.O.21:45)
サイト http://www.nisicho-taiki.com/

9. 喜八

富山ブラックが美味しいお店をもう一つ紹介します。それがこちらの「喜八」さんです。先ほどの「西町大喜」で修業をしていた方がご主人を務めるお店。オリジナルな富山ブラックを踏襲した味に仕上がっています。

こちらのお店のおすすめ要素は、その味のマイルドさ。通常の富山ブラックに比べて、比較的マイルドな味に仕上がっているので、普段から少し濃い味のラーメンはちょっと…。と思っている方には大変おすすめ。伝統の味を気軽に味わえるおすすめのお店です!

名称 喜八
住所 富山県富山市奥田寿町6-3 奥田ビル 1F
営業時間 11:00~14:30 ※麺・スープ無くなり次第終了
サイト
なし

10. 海鮮問屋 柿の匠

最後は再び、海産物に戻りましょう。実は富山県、昆布の生産量が日本一の県です。そのため昆布を使った名物料理も多くあります。その一つが「高岡昆布飯」。その名通り昆布を大量に使ったお料理です。

そんな高岡昆布飯を頂けるお店として有名なのが、こちらの「海鮮問屋 柿の匠」さん。ちょっぴり豪華な「高岡昆布飯御膳」では、昆布締めや、昆布ご飯の他にも、海鮮や地野菜なども楽しめます。富山の味をまとめて楽しめるおすすめのスポットです。

名称 海鮮問屋 柿の匠
住所 富山県高岡市大野156
営業時間 全日 11:00~15:00(14:00L.O.) 17:00~21:30(21:00L.O.)

富山で楽しめるイベント5選

1. 五箇山相倉合掌造集落ライトアップ

日本の原風景と言われる合掌造りの集落は、春夏秋冬楽しめる外観。なかでも世界遺産に認定されている「五箇山相倉合掌造集落ライトアップ」のイベントは、年に5回ほど行われます。幻想的な集落の景色が楽しめますので、デートなどにもおすすめですよ。

ライトアップの前の時間には、集落の観光や、名物の蕎麦や豆腐のランチ、和紙すき体験などが楽しめます。合掌造りの民宿も何軒もありますから、宿泊も可能です。世界遺産の集落に滞在して、住人の方の昔語りなどを聴くのも良い土産話になることでしょう。外国人の方を案内すれば、喜ばれること間違いなしですね。

名称 五箇山相倉合掌造集落ライトアップ
住所 富山県南砺市相倉
営業時間 開催期間 2月・4月・8月・9月・11月 各月二日間または三日間の開催
開催時刻 夕暮れ~21:00
サイト http://gokayama-info.jp/archives/4582

2. おわら風の盆

「おわら風の盆」は、編み笠をかぶった男女が優雅な調べで町流しや輪踊りを行う、豊作祈願の踊り。しっとりとした踊りは幻想的で美しく、毎年多くの観光客が訪れます。町ごとに踊りと歌、曲は少しずつ違い、8月後半開催の前夜祭では、毎日各町が一日ずつ担当して踊り街全体が盛り上がります。

前夜祭では観客も一緒に踊ることができ、観光客向けのイベントとして、ステージでの踊りの披露や踊り方の講習会などもあります。一人でも家族でも踊りに参加することができますから、あまり混雑しない前夜祭は、ゆったりと楽しめて子供連れの方には特におすすめですよ。

名称 おわら風の盆
住所 富山県富山市八尾地区
営業時間 開催期間 9月1日~9月3日 開催時間 15:00~17:00・18:00~23:00
※9月3日は 19:00~23:00のみ
前夜祭 8月20日~8月30日 開催時間 20:00~22:00
サイト https://www.yatsuo.net/kazenobon/

3. となみチューリップフェア

チューリップの球根出荷量が日本一の富山県で、60回以上開催されている「となみチューリップフェア」。300万本以上、700品種のチューリップが会場を埋め尽くし、日本一の花の祭典です。毎年テーマを決めて大花壇に描く地上絵は、チューリップタワーの上から眺めることができます。

チューリップの中には、「これがチョーリップなの?」と思うような形状のものもあり、特に年配の方は、知っているものとは色も形も別なものになっていて驚くそうです。毎年、この時期に合わせて来日するという外国人の方もいるほど海外でも人気があるイベント、ぜひ一度ご覧くださいね。

名称 となみチューリップフェア
住所 富山県砺波市花園町1-32 となみチューリップ公園
営業時間 開催期間 4月下旬~GW最終日
開催時間 8:30~17:30
サイト http://fair.tulipfair.or.jp/

4. 新湊カニかに海鮮白えびまつり

グルメな方にぜひ一度は行って欲しいカニとエビの祭り「新湊カニかに海鮮白えびまつり」。朝8時からベニズワイガニの茹でたものや生のもの、サグラ海老のかき揚げ、富山湾名産の白エビのすり身揚げと唐揚げ、ホッコク赤海老などが販売されます。漁港での開催のため、カニやエビ以外に鮮魚の販売もありこちらも必見。

子供が楽しめるイベントやショー、よさこいグランプリなどにぎやかなイベントも開催されますが、まずはなんと言ってもお得なお買い物をしてください。お昼頃には売れ切れてしまいますので、早めに訪れるのがおすすめ。宅配便の受付コーナーがありますので、たっぷり買い物をしても大丈夫ですよ。

名称 新湊カニかに海鮮白えびまつり
住所 富山県射水市八幡町1-1100 新湊漁港(東地区)
営業時間 開催期間 10月第2日曜日
開催時間 8:00~15:00
サイト https://www.imizu-kanko.jp/event/806/

5. 高岡御車山祭(たかおかみくるやままつり)

豊臣秀吉が使用した御所車を1589年に前田利家に下賜し、1609年に前田家から町民に与えられたのが起源といわれる「高岡御車祭」。ユネスコ無形文化遺産に登録された、高岡関野神社の春季例祭です。からくり人形の仕掛けもある7基の御車山は、漆や金、染織などの匠が手入れを続け、現代に伝えています。

京都祇園祭の山鉾、高山祭の屋台と並ぶ、美しい姿の山車が華やかに街を巡行します。一文字笠をかぶった紋付かみしも姿の行列がお供につき、お囃子や拍子木の音とともに進み、辻回しも行われます。また、ずらりと並んだお祭りにつきものの出店や屋台も楽しめます。優美な山車とともに、お祭りグルメもぜひどうぞ。

名称 高岡御車山祭
住所 富山県高岡市山町筋 高岡市山町筋・片原町周辺
営業時間 ライトアップ展示 4月30日 18:30~21:00 市内巡行 5月1日 11:00~18:00
サイト http://www.mikurumayama.jp/

もらって嬉しい!富山のお土産5選

1. 富山らーめん黒・白

「富山らーめん黒・白」は、富山県のご当地ラーメン富山ブラックと、富山湾の名産品である白エビのダシを使った塩ラーメンがセットです。富山ブラックは、ご飯に合うおかずというコンセプトで作られたため、かなり濃い味付けだとか。白エビラーメンは、あっさりとした上品な味。ふわっとエビの香りがしますよ。

富山ブラックには、生卵を落として食べてみてください。玉子を別皿にして、すき焼きのように卵を絡めながら食べるとまろやかになりますよ。富山ブラックも白エビラーメンも、富山県以外では食べられるところが極端に少ないラーメンですから、ラーメンマニアの方にぴったりのお土産。

名称 富山らーめん黒・白
住所 富山県射水市戸破1555-1 株式会社天高く(麺家いろは)
※富山空港・富山駅などでも購入できます。
麺家いろは CiC店富山県富山市新富町1-2-3 CiC B1F
営業時間 11:00〜2:00
サイト https://www.menya-iroha.com/

2. T五(ティーゴ)

老舗和菓子店の薄氷本舗五郎丸屋が作ったモダンな名前の「T五」は、2013年に観光庁主催の世界にも通用する究極のお土産に選ばれた、5色の口どけの良い干菓子。ほんのりとした塩味や抹茶味、ユズの香りやゴマの香ばしさを感じるもの、和三盆の深い甘みが感じられるものの5つの味が楽しめます。

パッケージのデザインも、パッケージを開けて、T五に辿りつくまでもこった造りで、開ける楽しみもありますので、お土産にとてもおすすめ。中でも薄氷本舗五郎丸屋は、土蔵造りになった店舗で、茶室や中庭があり大きな灯篭も立っています。格式の高いお店ですので見学に訪れてみるのはいかがでしょうか。

名称 T五
住所 富山県小矢部市中央町5-5 薄氷本舗 五郎丸屋
営業時間 8:00~19:00  定休日 日・月曜日
※富山空港・富山駅などでも購入できます。
サイト https://goromaruya.com/

3. 高岡ラムネ

経済産業省が選定する「世界にまだ知られていない日本が誇るべき地方産品」に認定された「高岡ラムネ」は、ラムネを木型に入れて作った美しいお菓子。ウサギやスズメ、イチゴにブドウ、イチョウ、キクなどとても多くの形があり、食べるのがもったいない可愛さ。食べずにずっと飾っておきたくなってしまいます。

貝づくし、花づくし、宝づくし、などのテーマに分かれています。価格も安いためいくつも購入することができ、コレクションしたくなるレベル。コーヒーなどに入れる花の形が特徴の角砂糖が可愛くて使えない、というタイブの方へのお土産にぴったりです。賞味期限が60日なので、じっくり楽しんでから食べることもできますよ。

名称 高岡ラムネ
住所 富山県高岡市木舟町12 大野屋高岡木舟町本店
営業時間 8:15~19:00 定休日 水曜日
※富山空港・富山駅などでも購入できます。
サイト https://ohnoya.theshop.jp/categories/505424

4. 鮨蒲(すしかま)

もっちりとしたすり身の食感が、蒲鉾とは違う味わいの「鮨蒲」。押し寿司のような見かけですが、シャリの部分がすり身になっていて、その上には魚介のネタが乗っています。弾力と旨味をしっかり感じる鮨蒲は、富山の特産品も使って作られています。ひとつひとつ職人さんが仕上げています。

鮨蒲は、甘エビ・カニ味噌・バイ貝・サヨリ・紅サケ・天然ブリ・アナゴの8種類。自由な組合せで選ぶことができます。2019年10月30日から12月25日までは、期間限定で食べきりサイズの「鮨蒲はんぶんこ」も販売され、さらに買いやすいです。ここだけの味をどうぞお試しくださいね。

名称 鮨蒲
住所 富山県魚津市駅前新町9-12 河内屋魚津本店
営業時間 9:00~19:00(GW・お盆期間は8:30~19:00)  定休日 元旦
※富山空港・富山駅などでも購入できます。
サイト https://www.kamaboko.co.jp/

5. 銘菓 月世界(つきせかい)

食べた人がどう表現したらいいのか分からないけど、美味しいですという「銘菓月世界」。軽くて口に入れるとすぐに溶けてなくなってしまうお菓子です。卵と寒天に和三盆と白砂糖が材料の、落雁のような淡雪のような食感は、たしかにどう表現するか迷いますよ。日本茶にはもちろん、紅茶にもコーヒーにも合う味ですよ。

うさぎの絵のパッケージは独特な書体とあいまって、ノスタルジックなデザイン。年配の方へのお土産にすると特に喜ばれそうです。素敵なパッケージは真空包装ではないため、時間がたつと湿気てしまいます。溶けずに噛みきれなくなるそうですから、「開封したら早めに食べてください」と一言添えると良いですね。

名称 銘菓 月世界
住所 富山県富山市上本町8-6 月世界本舗
営業時間 9:00~18:00  定休日 日曜日
※富山空港・富山駅などでも購入できます。
サイト http://www.tukisekai.co.jp/

富山を観光するなら泊まりたいホテル5選

1. ホテル立山

立山連峰の標高2,450mに立つ「ホテル立山」は、日本で一番高い場所にあるホテル。キャッチコピーの「星のいちばん近いリゾート」のとおり、降るような星に圧倒されます。特に、夏の天の川はぽかんと口を開けて見とれるほどの美しさです。ぜひここでしか見ることができない景色や空気を堪能してくださいね。

星空を楽しむために、ホテルでは富山県天文学会主催の星空観賞会や、ホテルのスタッフの解説つき星空観察会などを開催。春から初夏にかけては20mに近いすばらしい雪の壁に沿って歩く雪の大谷ウォークも楽しめます。登山することなく高い場所に近づけますが、高所であることは忘れずに行動してくださいね。

名称 ホテル立山
住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
営業時間 チェックイン 15:00〜チェックアウト 10:00
※ホテル立山は、車の乗り入れが禁止されている区間にあります。
ケーブルカーとトロリーバスをご利用ください。
サイト https://h-tateyama.alpen-route.co.jp/

2. リバーリトリート雅楽倶

美しい風景と温泉にグルメも楽しみたい方におすすめなのが「リバーリトリート雅楽倶」。内藤廣氏(建築家)が設計した、穴場にあるこぢんまりとしたアートホテルです。客室内には大きなバスタブがあり、窓から川や対岸の風景を眺めながらお過ごしくださいね。

また、温泉が湧出している浴場や川の近くの露天風呂も、ぜひどうぞ。館内のあちこちにある工芸品や美術品、美術書などの書籍も要チェック。夕食は、最新のグルメサイトの評価で一生に一度は味わいたい店に選ばれたフレンチ店か、和食店が選べます。ただ泊まるだけではないホテルライフを、たっぷりとお楽しみください。

名称 リバーリトリート雅楽倶
住所 富山県富山市春日56-2
営業時間 チェックイン 14:00〜チェックアウト 11:00
サイト https://www.garaku.co.jp/

3. ホテル森の風立山

館内でも四季折々に独自のイベントを開催する「ホテル森の風立山」。立山黒部アルペンルートや合掌造りの里五箇山へのアクセスに便利で、周辺にはレジャースポットが多くあります。露天風呂や大浴場、寝湯や箱風呂と工夫をこらした温泉を楽しんだ後は、富山湾や立山の幸を使った創作和食や創作イタリアンをどうぞ。

客室は和室や洋室のほか、11棟の離れがあり、ぜいたくな時間が過ごせます。ホテルの近くには2つの博物館や、蕎麦打ち体験ができる施設、ホテル内にはキッズスペースやカラオケルームも完備。遠出をせずのんびり過ごしたい方も楽しく滞在できますよ。

名称 ホテル森の風立山
住所 富山県富山市原3-6
営業時間 チェックイン 15:00〜チェックアウト 10:00
サイト https://www.morinokaze-tateyama.com/

4. 里山のオーベルジュ 薪の音(まきのおと)

五箇山の合掌造集落へ車で約20分のほどに位置する「里山のオーベルジュ 薪の音」。一日中観光し、ライトアップまで鑑賞して疲れてしまったとしても、すぐに休むことができてとても便利ですよ。客室はとてもゴージャスで、2名用が1室、4名まで宿泊できる部屋が2室です。

地物の野菜や魚介類を使った創作フレンチは、宿泊の方は個室でお箸を使って食べることができ、浴衣のままでも大丈夫です。大人向けの落ち着いた宿で静かな里山の中にありますので、観光だけでなく、記念日や心身ともに癒されたい方の滞在にもおすすめ。

名称 里山のオーベルジュ 薪の音
住所 富山県南砺市野口140
営業時間 チェックイン 15:00〜チェックアウト 11:00
サイト https://www.makinooto.co.jp/

5. ロイヤルホテル富山砺波

越中となみ野温泉を露天風呂にひいた「ロイヤルホテル富山砺波」は、砺波平野を見下ろせる場所に立っています。富山の名所への観光や金沢へも車で約1時間の立地のため、車で観光名所をたくさん廻りたい方の旅行の宿に、特におすすめのホテル。

アメニティにも細かい気配りがあるため、女性同士の旅行にもぴったり。しっとりした和食店や一品料理の店、いろり焼きの店などがあり、富山の海山の幸が堪能できます。中でも気軽な飲み放題付きのバイキングもあり、気取らずに楽しめるので旅先での女子会などにおすすめ。

名称 ロイヤルホテル富山砺波
住所 富山県砺波市安川字天皇330
営業時間 チェックイン 15:00〜チェックアウト 11:00
サイト https://www.daiwaresort.jp/tonami/index.html

大いに満喫できる一度は必ず訪れたい富山県おすすめの観光スポット

いかがでしたでしょうか?富山県は、自然の山々の風景や、歴史的な財産が数多く残っているのが魅力の街です。自然にできる富山ならではの景色や眺望、文化財にも指定されている歴史的建物などを肌で感じることで、心が穏やかになることでしょう。大いに満喫できる旅行を計画する時には、ぜひ富山県へ行くことを考えてみてください。

富山県のおすすめ旅館をさがす

特集

2020/03/26私らしいオシャレ女子旅のススメ。箱根の森の奥深く、思わずため息が出るフォトジェニックな絶景宿 ──箱根・芦ノ湖 はなをり

2020/03/23世界が注目するリゾートアイランド宮古島で、リュクスな大人のバカンスを──ホテル シギラミラージュ

おすすめ記事

人気記事