最終更新日時2020/01/17

今回は富山の観光スポットを、富山・立山・氷見・高岡・砺波・宇奈月・黒部などのエリアからおすすめの観光地20選紹介します。富山には、自然豊かな観光地が数多くあり、綺麗な景色や自然を肌で感じられるようなスポットが人気です。また、2015年に北陸新幹線も開業し、アクセスも便利になった事で、富山県の魅力が全国に知られるきっかけになっています。

富山旅行に行くなら必ず訪れたい!観光スポット20選

1. 富岩運河環水公園

富山駅北口から徒歩9分程度の場所にある「富岩運河環水公園(ふがんうんがかんすいこうえん)」は、岩運河を囲む水辺の公園です。緑の芝生広場をはじめ、公園のシンボル「天門橋」や子どもに人気の「噴水広場」など、誰もが心地よい時間を過ごすことができます。

さらに園内には、世界一美しいと言われる「スターバックス・コーヒー」や、フレンチの鉄人・坂井宏行シェフ監修のフレンチレストラン「ラ・シャンス」など、魅力的な施設があることも人気の理由。また、運河をのんびりとクルーズする「富岩水上ライン」に乗船するのもおすすめです。

名称 富岩運河環水公園
住所 富山市湊入船町
サイト http://www.kansui-park.jp/

2. 富山市ガラス美術館

「富山市ガラス美術館」は、富山市の市街地に位置する複合施設「TOYAMAキラリ」内にあります。この施設の設計は、世界的な建築家の「隈研吾氏」が手掛け、御影石・ガラス・アルミなどの素材を組み合わせ、立山連峰を彷彿とさせる美しい外観です。また、内部も開放的で温もりのある空間が魅力的です。

館内の4階では、常設展やさまざまなコレクション、企画展などが行われています。また、6階「グラス・アート・ガーデン」では、現代ガラス美術の作品が展示され、訪れる人を魅了します。カフェやミュージアムショップなどの施設も充実していて、美術館好きの一人旅としてのんびり見学したり、カップルデートにもおすすめですね。

名称 富山市ガラス美術館
住所 富山市西町5-1
営業時間 9:30~18:00
金・土曜日は20:00まで
サイト http://toyama-glass-art-museum.jp/

3. 黒部ダム

周辺が3000m級の山々に囲まれている「黒部ダム」。黒部川最上流に建設されたアーチ式ドーム越流型ダムで、高さが186mと日本一を誇ります。建設には延べ1,000万人が携わり、完成から50年を超えた歴史ある人気の観光スポットです。

6月下旬~10月中旬に限られているダムからの放水は迫力満点。晴れた日には放水に虹がかかることもあり、その美しい眺めは圧巻です。ビュースポットとして、ダム展望台や放水観覧ステージ、新展望広場・レインボーテラスなどがありますので、お気に入りの場所を見つけてみてください。また、見学ツアーや星空観賞会などのイベントもあり、子供から大人まで楽しむことができます。

名称 黒部ダム
住所 中新川郡立山町芦峅寺
営業時間 6:45〜17:35(トロリーバス運航時間による)
サイト https://www.kurobe-dam.com/

4. 称名滝

流れ落ちる落差350mが日本一の「称名滝(しょうみょうだき)」は、中新川郡立山町にある立山連峰を源流とする滝です。国指定の「名勝」および「天然記念物」。さらに「日本の滝百選」や「日本の音風景100選」にも選定されている他、「日本三大名瀑」に選ばれたこともある人気の名所ですよ。

見どころは、水煙を上げながら一気に流れ落ちる姿で、水量は多い時で毎秒100トンを超えると言われ、圧巻の迫力。さらに、雪が残る春や緑豊かな夏、紅葉の美しい秋など、季節によってさまざまな景色を楽しむことができると評判のスポットです。

名称 称名滝
住所 中新川郡立山町芦峅
サイト https://www.info-toyama.com/spot/31003/

5. 高岡大仏

奈良の大仏、鎌倉大仏に並ぶ日本三大仏に数えられる「高岡大仏」。総高約16m、重量65トンの巨大な青銅製の阿弥陀如来坐像で、高岡のシンボルとして市民に愛されています。また、出来栄えが素晴らしいことから、日本一の美男とも呼ばれる人気の大仏です。

高岡大仏が鎮座する台座の下は回廊となっていて、阿弥陀三尊と諸仏が安置され、さらに「13作の仏画」や「二代目高岡大仏のご尊顔」を見学することができます。また、年中行事として毎月第1日曜の「大仏ごりやくの日」や毎年9月の「高岡大仏まつり」などが開催されるので、併せて訪れるのもおすすめですね。

名称 高岡大仏
住所 高岡市大手町11-2
営業時間 6:00~18:00
大仏台座下回廊
サイト http://www.takaokadaibutsu.xyz/

6. 高岡おとぎの森公園

「高岡おとぎの森公園」は、「自然と遊び、自然に学び、友とふれあう」をテーマにした自然豊かな公園です。園内には、高岡出身の漫画家藤子・F・不二雄氏の代表作「ドラえもん」のキャラクター像があり、作中の空き地が再現されているのも人気のひとつです。

また、園内を流れる千保川を中心とした親水空間や、広々とした芝生の広場、さらに大型遊具や展望台など、充実の施設が魅力的です。子供連れの親子はもちろん、散歩やウォーキングをしたい年配の方やアクティブなカップルデートにもおすすめです。

名称 高岡おとぎの森公園
住所 高岡市佐野1342
営業時間 9:00~17:00 おとぎの森館・こどもの家
9:00~22:00 森のふれあい館
サイト http://terfel.net/

7. 相倉合掌造り集落

「合掌造り」と呼ばれる茅葺の家屋が広がる「相倉合掌造り集落(あいのくらがっしょうづくりしゅうらく)」は、南砺市相倉地区にあります。20戸あまりの合掌造り家屋は、江戸時代末期から明治時代にかけて建てられ、最も古いものは17世紀に建てられたとされています。1995年には「ユネスコの世界遺産」に登録された貴重な建造物です。

見どころは、合掌造りの家屋だけでなく、寺院や神社、土蔵、板倉などの伝統的な建物もあります。また、茅を取る「茅場」、集落を雪崩から守る「雪持林」などが史跡として大切に保存されています。さらに、展望エリアからは合掌造りの全容を望めむことができ、その美しい姿が訪れる人を魅了します。

名称 相倉合掌造り集落
住所 南砺市相倉
サイト http://gokayama-info.jp/

8. 道の駅ウェーブパークなめりかわ

ほたるいかと海洋深層水の街、滑川にある「道の駅ウェーブパークなめりかわ」は、休憩や旅の疲れを癒すのに最適な道の駅です。お土産はもちろん、「ほたるいかバーガー」などのご当地グルメが食べられるカフェやレストランも併設されています。

さらに、世界で唯一のほたるいかに触れて学べる「ほたるいかミュージアム」や、海洋深層水を利用したリラクゼーション施設「タラソピア」など、楽しく遊べる施設が充実しています。車でのドライブ途中に、ぜひ寄っておきたいスポットです。

名称 道の駅ウェーブパークなめりかわ
住所 滑川市中川原410
営業時間 9:00~17:00
サイト https://hotaruikamuseum.com/

9. 東福寺野自然公園

標高300mの台地に位置する「東福寺野自然公園」は、晴れた日には富山湾が一望できる見晴らしの良い公園です。園内には、シンボル的な時計台、広々とした芝生広場、子供が喜ぶ大型複合遊具やふわふわドーム、パークゴルフ場など、さまざまな施設が充実しています。

また、眺めの良い場所でわいわいとバーベキューができる施設も人気です。さらに、「SLハウス」はSLの客車5両で編成されている宿泊施設で、杉張りで温もりのある室内に宿泊することができる魅力的なスポットです。

名称 東福寺野自然公園
住所 滑川市東福寺野不水掛41
営業時間 9:00~17:00
サイト https://bunspo-namerikawa.jp/nature

10. 立山

画像|PIXTA

「立山」は、雄山・大汝山・富士ノ折立の3つの峰の総称です。701年に佐伯有頼という人物によって開山されました。かつては日本三霊山のひとつに数えられ、「神々の宿る山」として山岳信仰の場所だったことでも知られています。

画像|PIXTA

立山で最も人気なのが、4月から6月限定で見られる雪の大谷。高さ最大20mにも及ぶ雪の回廊が姿を現します。期間限定でイベントも開催され、子供連れにもおすすめ。バスが運行されるので、車がない方でも、幻想的な風景が楽しめます。

名称 立山
住所 富山県中新川郡
営業時間 24時間

11. 白馬岳

画像|PIXTA

北アルプスの中でも、槍ヶ岳と並び登山者に人気の「白馬岳」。富山県と長野県にまたがる、標高2,932mの山です。江戸時代中期には西山と呼ばれていましたが、春になると雪が解け、岩肌が代掻き馬のように見えることから、「代馬」→「白馬」と呼ばれるようになりました。

画像|PIXTA

白馬岳の東側では、積雪で覆われた白馬大雪渓を見ることができます。また、日本有数の高山植物の宝庫でもあり、夏に咲く可憐な花は必見です。このほか、周辺には温泉があり登山者の拠点になっています。疲れた体を癒すのにぴったりです。

名称 白馬岳
住所 富山県黒部市・下新川郡朝日町・長野県安曇郡白馬村・
営業時間 24時間
サイト https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=465

12. 剱岳

剱岳

画像|PIXTA

立山連峰にある標高2,999mの「剱岳」。日本で数少ない氷河の残る山で、そのシルエットは見るものを圧倒します。かつては不動明王として崇拝され、修験者たちが訪れました。明治時代に測量隊が本峰に登頂した際には、奈良時代から平安時代にかけての鉄剣や錫杖が見つかっています。

剱岳

画像|PIXTA

登山者に人気の山ですが、かつて空海は1,000足の草鞋を費やしても登れなかった、という伝説が残るほど、登頂が困難なことでも知られています。日本国内では危険度の高い山とも言われており、登山の際は万全な準備が必須です。

名称 剱岳
住所 富山県中新川郡上市町・立山町
営業時間 24時間
サイト https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=496

13. 弥陀ヶ原

弥陀ヶ原

画像|PIXTA

約10万年前に、立山の火山活動で噴き出た火山灰や石でできた「弥陀ヶ原」は、標高1,600mから2,000mにある高原です。立山駅からは、ケーブルカー、バスを乗り継ぎ約40分。比較的アクセスしやすいため、外国人観光客にも人気のスポットです。

弥陀ヶ原

画像|PIXTA

最大のポイントは、初心者でもトレッキングが楽しめること。餓鬼の田と呼ばれる池塘や、高原植物が見られる高原内を、ゆったりと散策してみてください。また、すぐそばにホテルがあり散策の拠点にもぴったり。デートや一人旅におすすめのスポットです。

名称 弥陀ヶ原
住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺
営業時間 24時間
サイト http://www.arukou-tateyama.com/course/course02.html

14. ミクリガ池

ミクリガ池

画像|PIXTA

立山の室堂を代表するスポット「ミクリガ池」。6月までは雪に覆われていますが、7月から10月にかけてはその美しい姿を現します。日光が射し、周辺の木々が水面に映りこむ姿はまさに絶景!その姿を見に訪れる観光客は後を絶ちません。

ミクリガ池

画像|PIXTA

かつては、立山権現にささげる料理に使われる水として、修験者たちに崇拝されていました。ゆったりとその姿を楽しみたい方は、すぐそばのホテル立山に宿泊して、早朝に訪れるのがおすすめ。朝日に照らされた風景は格別です。

名称 ミクリガ池
住所 富山県中新川郡立山町室堂
営業時間 24時間
サイト https://www.info-toyama.com/spot/31017/

15. 薬師岳

薬師岳

画像|PIXTA

立山・剱岳と並び、立山連峰の主要峰である「薬師岳」。標高は2,926mで、富山県南東部に位置しています。立山が阿弥陀浄土であるのに対し、薬師岳はその名の通り薬師如来の浄土として信仰を集めました。明治時代以前は、女性の立ち入れない場所だったそう。

薬師岳

画像|PIXTA

山岳信仰の名残で、現在でも山頂には薬師如来を祀る祠や銅剣が見られます。そして、最大の見どころは金作谷カール。残雪時の風景は必見です。また、花の百名山でもあり夏には高山植物が見ごろを迎えます。運が良ければライチョウが見られるかも。

名称 薬師岳
住所 富山県富山市
営業時間 24時間
サイト https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=510

16. 砺波チューリップ公園

砺波チューリップ公園

画像|PIXTA

富山県の県花、砺波市の市花でもあるチューリップをテーマにした「砺波チューリップ公園」。毎年4月下旬から5月上旬までは、「となみチューリップフェア」を開催しています。見どころのひとつがチューリップタワー。21mの高さから公園内が一望できます。

砺波チューリップ公園

画像|PIXTA

ほかにも見どころ満載!立山の雪の回廊・雪の大谷をイメージした花の大谷や、チューリップの地上絵など、これまで見たことのないような風景が楽しめます。フェア開催中は、公園内で食事やショッピングも楽しめるので、恋人や家族と一緒に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 砺波チューリップ公園
住所 富山県砺波市花園町1-32
営業時間 【通常】
24時間
【チューリップフェア開催期間中】
8:30~17:30
サイト http://fair.tulipfair.or.jp/

17. 立山ロープウェイ

立山ロープウェイ

画像|PIXTA

立山連峰にある立山黒部アルペンルートは、立山駅から扇沢駅までの区間、マイカーの乗り入れが規制されています。そのため、バスやケーブルカーなど公共交通機関で移動することになり、そのひとつが「立山ロープウェイ」です。

立山ロープウェイ

画像|PIXTA

最大の特徴が、ロープを支える支柱がないこと。周辺は雪崩が起きやすい環境で、流されてしまう危険のある支柱はあえてつくっていません。そのため、景観を邪魔せず、秋の紅葉の時期には大パノラマの絶景が楽しめます。

名称 立山ロープウェイ
住所 大観峰駅~黒部平駅
営業時間 季節によって異なる

18. 別山

別山

画像|PIXTA

「別山」は、立山連峰にある標高2,880mの山です。平安時代末期に成立した今昔物語では帝釈山という名で登場し、現在は雄山・浄土山と併せて立山三山と呼ばれています。見どころのひとつが、山頂にある硯ヶ池。日本で一番高い場所にある池として知られています。

別山

画像|PIXTA

もうひとつの見どころは、別山山頂から見える剱岳の姿。鋭く尖った剱岳のシルエットが美しく、多くの登山者を魅了してきました。運が良ければ登山途中にライチョウが見られるかも。上級者向けの山なので、登山の際はしっかりと準備をしましょう。

名称 別山
住所 富山県中新川郡立山町
営業時間 24時間

19. 高岡古城公園

高岡古城公園

画像|PIXTA

前田利長が築いた城の跡地「高岡古城公園」。前田利長は1605年に隠居し富山城に入城しましたが、大火により富山城は焼失してしまいます。その後、キリシタン大名で築城の名手として知られる高山右近の設計により、高岡城が築かれました。

高岡古城公園

画像|PIXTA

見どころのひとつが広大な水濠。敷地の3分の1が水濠に囲まれており、自然豊かな景観が特徴です。春には桜、秋には紅葉、そして冬には雪が積もり幻想的な風景に。公園内には博物館や動物園が併設されているので、併せて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 高岡古城公園
住所 富山県高岡市古城1-1
営業時間 24時間
サイト http://www.kojyo.sakura.ne.jp/

20. 富山県美術館

富山県美術館

画像|PIXTA

立山連峰の美しい景観に包まれた「富山県美術館」。アートとデザインをつなぐ、世界初の美術館として2017年にオープンしました。常設展では、ピカソやシャガールなど、シュールレアリズム作家の作品を展示しています。

富山県美術館

画像|PIXTA

常設展や企画展のほか、子供から大人まで楽しめるワークショップも開催。屋上には遊具もあるので、ぜひ家族みんなで訪れてみてはいかがでしょう。富山駅からは車で約10分、徒歩でも約17分です。道中には環水公園もあるので、街中を散策する際にもおすすめ。

名称 富山県美術館
住所 富山県富山市木場町3-20
営業時間 9:30~18:00
サイト https://tad-toyama.jp/

遊びもグルメも満喫!富山を訪れよう

富山の人気観光地をご紹介しましたが、行きたいところは見つかりましたか?富山の各エリアには、自然あふれる公園や神社仏閣、子供から大人までが楽しめる道の駅など、魅力的な施設がたくさんあります。また、魚介類をはじめ美味しい地元グルメも味わうことができますので、ぜひチェックして富山の旅を充実させてくださいね。

【関連記事はこちら】
きゅんと心に響く絶景を。富山にある、世界に誇る美しい光景
富山県を満喫!一度は訪れたいおすすめ観光スポット10選

特集

2020/06/01港町・函館で日本一の朝食を。温泉も夜景も味わう最高の癒し体験 ──センチュリーマリーナ函館

2020/05/18余韻を楽しむ大人にふさわしい、手の届く贅沢──京都悠洛ホテル Mギャラリー

おすすめ記事

人気記事