最終更新日時 2019/06/14

かつて若狭の国と呼ばれていた小浜は、自然や文化、食に恵まれた街です。北部は若狭湾に面しており、新鮮な海の幸や壮大なリアス式海岸が人気を集めています。また、市内辺りは小京都と呼ばれ、京文化の面影を感じる風情ある街並みが残っています。今回はそんな魅力溢れる小浜のおすすめ観光スポットをご紹介します。

小浜でおすすめの定番スポット5選

1. 蘇洞門(そとも)

「蘇洞門」は内外海半島(うちとみはんとう)にある名勝で、波の侵食によってできた岩の門や、断壁、奇石などが約6kmに渡って連なっています。それぞれの岩には「ライオン岩」や「網掛岩」「地獄門」などユニークな呼び名が付けられています。また、この海岸は海側から見るのが定番で、食事やショッピングが楽しめる「若狭フィッシャーマンズワーフ」から「蘇洞門めぐり遊覧船」が出ています。

遊覧船は、大きな亀が2匹重なっているように見える「夫婦亀岩」や、昔、外国から来た船を島に繋いでいた事からその名が付いた「唐船島」など、主に6つのスポットを周遊します。小浜の自然が作り出した壮大な景色を眺めながらゆっくりとクルージングを楽しみましょう。遊覧船を降りた後は、若狭フィッシャーマンズワーフで昼食がおすすめです。海鮮丼や近海丼など、若狭の新鮮な海の幸を使ったグルメが揃っていますよ。

名称 若狭フィッシャーマンズワーフ
住所 福井県小浜市川崎1-3-2
営業時間 9:00/10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00の8便運航(4月~11月)
11:00/13:00の2便運航(12月~2月)
10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00の7便運航(3月)
※上記は蘇洞門めぐり遊覧船の出発時刻です。詳細は公式HPをご確認ください。
サイト https://www.wakasa-fishermans.com/

2. マーメイドテラス

「マーメイドテラス」は、夏に多くの海水浴客で賑わう「人魚の浜海水浴場」のすぐ近くにあるテラスです。このテラスから眺める景色は素晴らしく、小浜の海を一望できます。また、夕暮れには、沈みゆく太陽が海を美しく照らす夕日の名所でもあります。デートで訪れる際には、ロマンチックな夕暮れの時間帯を狙うのがおすすめですよ。テラスには2体の人魚の像がこの地域に伝わる伝説にちなんで建てられています。

その伝説とは、昔、八百姫(やおひめ)という長者の娘が人魚の肉を食べて得た若さの力で、病気で苦しむ人を治し、貧しい人を救って800歳まで生きたという「八百姫伝説」(もしくは八百比丘尼(やおびくに)伝説)というものです。ここから徒歩約6分程のところに「空印字(くういんじ)」という八百姫(八百比丘尼)が入定したといわれる洞窟が残るお寺もあるので、気になる方は併せて訪れてみましょう。

名称 マーメイドテラス
住所 福井県小浜市小浜日吉
サイト https://www.wakasa-obama.jp/TouristAttract/TouristAttractDetail.php?id=54

3. 恵のひまわり畑(宮川ひまわり畑)

夏になると約100万本のひまわりが咲き誇る「恵のひまわり畑」(宮川地区に畑があることから「宮川のひまわり畑」とも呼ばれる)は遠方から訪れる観光客も多い人気のスポットです。ひまわりの種は6つの畑に時期をずらして蒔いていくので、長期間ひまわりの開花を楽しむことができます。直径約30cmの大きなひまわりの花は写真に収めても美しいので、思い出の写真をたくさん撮りたい女子旅にもおすすめ。

さらに、毎年8月には出店やイベントで賑わう「ひまわり祭」も開催されているので、この時期に合わせて訪れるのも良いですね。また、こちらの畑では春は菜の花、秋はコスモスが美しく咲き、夏以外も四季の花々を観賞することができます。周辺には無料駐車場も用意されているので、ドライブがてら訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 株式会社 若狭の恵
住所 福井県小浜市加茂2-4-1
サイト http://wakasa-megumi.jp/index.html

4. 妙祐寺(みょうゆうじ)

「妙祐寺」は早咲きの「妙祐寺のしだれ桜」があることで有名なお寺。開花時期にはこのしだれ桜を一目見ようと、JR小浜駅から車で約15分程の普段は静かな場所にあるこのお寺に、多くの見物客が訪れ賑わいます。その美しさや貴重さから、1997年には市の天然記念物に指定されました。さらに開花期間は夜のライトアップもおこなわれており、昼とはまた違った美しさを楽しむことができます。

しだれ桜は、山梨県にある日蓮宗総本山久遠寺から苗木を持ち帰って植樹したと言い伝えられています。また、小浜市には常高寺という、この寺と並ぶしだれ桜の名所がありましたが、環境があまり良くなく現在は枯れつつあります。しかし、こちらの寺は美しい花菖蒲が見られる事でも有名で、6月に開催される花菖蒲まつりは観光客や地元の人で賑わいます。しだれ桜の見頃と時期はずれますが、別の機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 妙祐寺
住所 福井県小浜市中井13-60
サイト https://www.fuku-e.com/010_spot/?id=551

5. 御食国若狭おばま食文化館(みけつくにわかさおばましょくぶんかかん)

かつて若狭の国であった小浜は、御食(天皇陛下の食料)を納める国の1つであったことから「御食国」と呼ばれていました。そんな歴史的にも重要な若狭の食文化を学び、体験できるのが「御食国若狭おばま食文化館」です。1階にあるミュージアムでは日本食や鯖街道について分かりやすく学べる展示されており、訪日外国人にも人気があります。見学は無料なので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

さらに、小浜の食材を使った調理体験や、箸研ぎ・紙漉きの伝統工芸体験など、子供でも楽しめる体験メニューが充実しているのも魅力です。また、施設内には5つのお風呂とサウナが楽しめる「濱の湯」もあり、旅の疲れをゆっくりと癒すことができます。併設のレストランでは比較的安い値段でご当地グルメを堪能することもできるので、家族で1日のんびり過ごすのもおすすめです。

名称 御食国若狭おばま食品文化館
住所 福井県小浜市川崎3-4
営業時間 ミュージアム 9:00~18:00(3月~11月)9:00~17:00(12月~2月)
※水曜日定休
濱の湯 10:00~24:00
※毎月第3水曜日定休
※不定休の場合もありますので、公式HPでご確認ください。
サイト http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/mermaid/index.php

小浜でおすすめの穴場スポット5選

1. 田烏の棚田(たがらすのたなだ)

小浜を訪れた際にぜひ、見て頂きたい自然風景が「田烏の棚田」です。地元の人からは「かんにゃの棚田」と呼ばれ親しまれている約100枚の棚田は、かつて百人一首にも詠まれた「御所平(ごしょだいら)」に広がっています。(百人一首に詠まれた当時は500枚以上のさらに壮大な棚田であったといわれています。)棚田の先には綺麗な海が広がり、実りの秋には黄金色の稲穂が青く美しい海や空に合いますね。

さらに、この棚田では春と秋の年2回「棚田キャンドル」というライトアップイベントもおこなわれます。棚田に並べられる約2000本のキャンドルや、イカ釣り船の漁火、集落の光で辺りがほんのりと照らされ、幻想的な雰囲気に包まれます。遠方からも観光客が訪れる人気のイベントなので、ぜひタイミングを合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 田烏の棚田
住所 福井県小浜市田烏地区棚田
サイト http://wagasode.com/index.php?%E6%AC%A1%E4%B8%96%E4%BB%A3%E3%81%AB%E6%AE%8B%E3%81%99%E8%87%AA%E7%84%B6%E3%83%BB%E6%A3%9A%E7%94%B0%EF%BD%9C%E3%81%9F%E3%81%8C%E3%82%89%E3%81%99%E6%83%85%E5%A0%B1%E7%99%BA%E4%BF%A1%E5%B1%80%EF%BC%88%E5%B0%8F%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%94%B0%E7%83%8F%EF%BC%89

2. 三丁町(さんちょうまち)

「三丁町」は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「小浜西組(おばまにしぐみ)」にあり、古い町家や格子の家など、情緒ある街並みが残っています。この辺りは昔、茶屋町として有名であったことから、今でも芸妓さんの活躍するお茶屋さんが残っており、通りに出ると風情ある三味線の音色が聞こえることもあります。

また、現在はこの趣ある家屋をリノベーションした高級ホテルやカフェなどのお店もオープンし、小浜の最新観光スポットとして注目を集めています。その中の1つ「ナガタカフェ」は料亭の一部を改装した落ち着いた雰囲気のカフェで、街並み散策の休憩スポットとしておすすめです。歴史的な街並みを眺めながらのんびりできるので、ゆったり過ごしたい一人旅で訪れるのも良いですね。

名称 三丁町
住所 福井県小浜市小浜香取
サイト https://www.wakasa-obama.jp/TouristAttract/TouristAttractDetail.php?id=57

3. 山川登美子記念館

山川登美子は明治の有名な歌人で、同じく歌人の与謝野晶子と交流が深かったことで知られています。この山川登美子が現在の小浜市である竹原村の出身であることにちなんで、生家を改装して建てられたのが「山川登美子記念館」です。静かな場所にある記念館ですが、映画「海賊と呼ばれた男」の撮影場所として選ばれた事から、映画のファンも遠方から訪れる穴場スポットです。

こちらの記念館では、当時使用していた愛用品や歌の原稿などが展示されています。加えて、自身が亡くなる2日前に詠んだ歌の石碑や、最後の時を過ごした「登美子終焉の間」など、山川登美子の人生が身近に感じられる内容の展示があるのもこの記念館の魅力。山川登美子の生涯に思いを馳せながら、ゆっくりと見学してみてはいかがでしょうか。

名称 山川登美子記念館
住所 福井県小浜市千種1-10-7
営業時間 9:00~17:00(最終入場は16:30)
※火曜日休館日
サイト https://www1.city.obama.fukui.jp/obm/rekisi/tomiko/

4. 神宮寺(お水送り)

「神宮寺」は室町時代に建てられた本堂、鎌倉時代に建立された仁王門、南北朝時代の木造男神や女神坐像など、国指定重要文化財が数多く残っています。こちらは、神道と仏教が融合した神仏習合(しんぶつしゅうごう)のお寺なので、神を祀り様々な神事がおこなわれています。また、訪れた人が神社のように柏手を打って参拝する珍しい姿を見ることができます。

このお寺では、毎年3月12日に奈良の東大寺二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、毎年3月2日に「お水送り」が行われ多くの観光客で賑わいます。お水送りは山八神事、弓打ち神事、送水文読みなどを経て、邪気払いされた水を遠敷川に流します。この水が奈良のお水取りの時に汲み上げられることからも、奈良と若狭の深い繋がりがうかがえます。

名称 神宮寺(お水送り)
住所 小浜市神宮寺30-4
営業時間 9:00~16:00(拝観時間)
サイト https://www.wakasa-obama.jp/TouristAttract/TouristAttractDetail.php?id=2

5. 小浜市まちの駅・旭座

「小浜市まちの駅・旭座」は明治時代に芝居小屋として活躍し、現在は市指定文化財である旭座を中心とした道の駅です。施設内には新鮮な小浜の海の幸を堪能できるお食事処やフードコート、小浜の名産品や地元の食材を幅広く取り揃えている売店など、バラエティー豊かな店舗が入りゆっくりと見て回ることができます。また、レンタサイクルや周遊レトロバス乗り場もあるので、小浜観光の拠点として利用するのもおすすめです。

他にも、福井県内で現存する唯一の芝居小屋、旭座では様々なショーやイベントが行われています。イベントが開催されていない日でも中を見学することができるので、港町小浜の娯楽の中心として地域の人々から愛されてきた、旭座の歴史を感じてみてはいかがでしょうか。JR小浜駅から徒歩約10分、駐車場完備とアクセスしやすい場所にあるのでぜひ、小浜観光の途中に立ち寄ってみましょう。

名称 小浜市まちの駅・旭座
住所 福井県小浜市小浜白鬚111-1
営業時間 観光案内所・屋外広場・休憩施設 9:00~20:00(冬季18:00まで)
特産品販売・フードコート 11:00~19:30(冬季17:30まで)
※駐車場・トイレは24時間利用可能
サイト https://www.obama-machinoeki.net/index.php

豊かな自然と美味しい食の街、小浜へ行こう!

壮大なリアス式海岸の蘇洞門や、田烏の棚田に代表されるように、小浜には美しい自然が数多く存在します。また、港町として栄え小京都と呼ばれてたことから、三丁町の街並みや神宮寺のお水送りなど、歴史的な建物や行事が残っており、訪れる人を魅了しています。加えて、若狭の美味しい海の幸を堪能できるのも魅力の一つですよね。次のお休みにはぜひ、豊かな自然と美味しい食の街、小浜へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

おいしい海の幸も味わう!福井県の温泉でお腹もからだも満たす旅
福井でドライブを楽しむならハズせない!おすすめ観光スポット10選

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事