最終更新日時2019/07/01

地元では親しみを込めて「おみちょ」と呼ばれ、300年ものあいだ加賀百万石・金沢市民の台所を支えてきた「近江町市場」。今も地元の人はもちろん、多くの観光客で一年中賑わいをみせます。そんな近江町市場で、地元民も絶賛するさまざまなジャンルのおすすめスポットを探してみました。

近江町市場の定番ランチ5選

1. 井ノ弥

金沢・近江町市場といえば、海鮮丼や海鮮食べ歩きで全国にその名をとどろかす観光名所。そのきっかけを作った海鮮丼発祥の店といわれるのが、こちらの「井ノ弥」です。いつも行列しているお店ですから、開店前から並ぶのがおすすめ。10%の早割(丼もののみ、ランチ・一品ものなどは除く)があります。

インスタ映えで有名になったのが「ちらし近江町特盛」。こぼれんばかりに盛り付けられた旬のお魚がたまりません。地物の魚がたっぷりで、グルメに評判の「金沢じわもんバラちらし」もおすすめです。地元の加賀野菜を組み合わせた天丼などもありますよ。

名称 井ノ弥
住所 石川県金沢市上近江町33-1
営業時間 月~土 10:00~19:30(L.O.19:00)
日祝 10:00~16:00(L.O.15:30)
URL
http://ohmicho-inoya.com/

2. 近江町市場寿し本店

海鮮丼もいいけど握りが食べたい!そんなときには、こちらの「近江町市場寿し」へ。基本は回転寿司ですが、よほどの混雑時を除いてレーンは回らず、ひと皿ずつ供されます。北陸ならではの「のどぐろ」がグルメサイトでも絶賛される一品ですので、ぜひ味わってみてください。

ランチとはいえ、時間に余裕があるときは握りやお刺身をつまみに日本酒など頂くのもいいですね。加賀鳶や黒帯など、美味しい金沢の地酒も揃えています。もちろん海鮮丼も用意されているので、軽く飲んでから豪華海鮮丼を攻めるのも、旅先での贅沢ランチといえます。

名称 近江町市場寿し本店
住所 石川県金沢市下近江町28-1 近江町市場
営業時間 8:00~20:00
URL
https://www.ichibazushi.co.jp/

3. もりもり寿司近江町店

「もりもり寿司近江町店」もリーズナブルに北陸の海の幸を楽しめる回転寿司。一般的な回転寿司との違いは、カウンターの中に大勢の職人さんがいて握ってくれるところ。市場ならではの早朝営業ですので、ランチタイムも少し時間をずらさないと、かなりの待ち時間を余儀なくされます。

市場内の食べ歩きのお店で「美味しい寿司屋さん教えて」と聞くと、こちらをすすめてくれることが多いです。これはもう間違いないですよね。人気のネタ3品が一度に頂ける三種盛りが人気のお店で、自慢の近江町三点盛りはその日の市場の仕入れ次第。カウンターで一人幸せそうに食べている人が多いのもうなずけますよ。

名称 もりもり寿司近江町店
住所 石川県金沢市青草町88
営業時間 7:00~17:00
URL
http://morimorisushi-ohmicho.amsstudio.jp/

4. いきいき亭

「いきいき亭」はカウンター10席ほどの小さなお店で、もし一人旅で訪れたならぜひ立ち寄りたい場所です。一番人気は14種のネタが詰まった「いきいき丼」。ネタとスシ飯は2段に分けられていますから、自分で好きなように盛り付けてみてもいいかも。ちょっとだけ食べたいという場合には、お手軽な「ミニ金沢丼」もあります。

小さなお店なので、カウンターで大将や同席の人とのいろいろな会話も楽しめるお店です。ちなみに、こちらでは順番が来たら携帯に連絡してくれるというサービスも行っています。そのあいだに市場内をあちこち散策できますから、これは嬉しいですね。

名称 いきいき亭
住所 石川県金沢市青草町88 近江町いちば館 1F
営業時間 7:00~17:00 (ネタが無くなり次第終了)

5. じもの亭

地元金沢の美味しいもの、つまりは「じもの」を店名とした「じもの亭」。実は有名な「近江町コロッケ」と同系列のお店です。お馴染み海鮮丼や刺身定食に加え、加賀野菜と大エビ2本を組み合わせた加賀天丼もおすすめですよ。

実をいうと、こちらの狙い目は海鮮丼より焼き物類。前に違う店で海鮮丼は食べたから、今回は「じもの亭」でのどぐろの塩焼きを…という常連さんも多数。こうした焼き物はお昼前に早々と売り切れてしまうほどの人気です。お刺身に揚げ物、煮物などがセットになった「近江町弁当」もおすすめです。

名称 じもの亭
住所 石川県金沢市上近江町27-1 近江町市場内
営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00
URL
http://www.daiya-net.co.jp/jimonotei/

近江町市場のおしゃれなランチ5選

1. 山さん寿司本店

創業60年の老舗「山さん寿司本店」は、とにかくインパクト大の海鮮丼で人気のお店。インスタ映えを狙って皆さん写真撮りまくりというお店です。鮮度抜群の味もさることながら、その豪華さでデート旅行や女子会旅でのお食事に最適。

近江町市場のグルメ情報で、トップビジュアルを飾ることも多いこちらの海鮮丼。地物や近海ものを中心に18種のネタを使った、豪華絢爛かつ縁起の良さそうな丼です。夜の営業はしておらず、「ネタとシャリが無くなり次第閉店」というところに鮮度命の潔さを感じます。

名称 山さん寿司本店
住所 石川県金沢市近江町68
営業時間 07:30~ ネタとシャリがなくなり次第終了
URL
http://www.yamasan-susi.com/

2. 勝乃屋

朝一番、開店前から並んで海鮮丼を食べたし、歩き回って疲れたけどさすがに海鮮系はもういいかな…などというとき、近江町市場内では洋食のお店を探すのはなかなか難しいです。そんな時はすぐ近くのめいてつ・エムザへ。地下1階の「北陸ごちそう広場 食堂街」に、洋食屋「勝乃屋」があります。

金沢のご当地B級グルメ、「ハントンライス」や「金沢カレー」が食べられるお店です。ハントンライスはオムライスの上に魚やエビのカツが盛られ、ケチャップやタルタルソースがかけられたもの。元々お肉の専門店だった勝乃屋では、そのバリエーションとして「ハンバーグハントン」や「ステーキハントン」も味わえます。

名称 勝乃屋
住所 石川県金沢市武蔵町15-1 めいてつ・エムザ B1F
営業時間 11:00~21:00 (L.O.20:30)
URL
http://www.katsunoya.co.jp/

3. ひら井 いちば館店

本店の方が大行列でも、こちら「ひら井 いちば館店」は店内も広く、比較的スムーズに入店することができます。お目当ての海鮮丼をゆっくり味わうには最適ですね。本店はランチタイムのみですが、こちらは夜もやっています。

豪華な特選海鮮丼や店長イチ押しの近江町海鮮丼など、丼メニューは豊富です。金箔のちりばめられたビジュアルは、いかにも金沢っぽい感じでデート旅行にもぴったり。割烹料理として、郷土料理の治部煮や、加賀野菜蓮根煮などもいただくことができます。

名称 ひら井 いちば館店
住所 石川県金沢市青草町88 近江町いちば館2階
営業時間 11:00~21:00
URL
http://www.kaisen-hirai.com/

4. 鮨歴々近江町店

グルメのあいだで金沢一とも評される名店「みつ川」の姉妹店が、こちら「鮨歴々近江町店」です。「海鮮丼はありません」と言い切ってしまうのがある意味店主のこだわりですが、名店の味を手軽に味わえるお店です。

大切な人との大事な時間、じっくりと金沢の味を楽しみたいなら、こういうお店をセレクトするべきです。お値段はそこそこ張りますが、それは至福の時の対価といっていいでしょう。板さんお任せのコースもありますが、お好みのネタを一貫ずつお願いする方が、気分も盛り上がるかも。

名称 鮨歴々近江町店
住所 石川県金沢市十間町27-1
営業時間 11:30~14:00 17:30~21:00

5. カフェアルコ メルカート

近江町では貴重な存在であるオシャレなイタリアンカフェが、「カフェアルコ メルカート」。ランチタイムはパスタやピッツァなどの他、近江町オムライスや平日限定のメルカートごはんランチなど。デートなどで、気取らずオシャレな時間を過ごすならこちらのお店で決まりです。

金沢のB級グルメ「ハントンライス」も、イタリアンカフェではとっても素敵なメニューに変身!もちろん、お食事以外にもカフェメニューやデザート系がもりだくさん。テラス席もあるので、お天気の日には外カフェもいいですね。

名称 カフェアルコ メルカート
住所 石川県金沢市青草町88 近江町いちば館 1F
営業時間 11:00~23:00
URL
http://www.campagne.jp/mercato/

近江町市場のリーズナブルなランチ5選

1. 百万石うどん近江町本店

作家五木寛之も「関西風でも関東風でもない金沢らしい中途半端な味」と、悪口のようで実は絶賛していた金沢うどん。この「百万石うどん近江町本店」は、近江町市場で50年近くも続いているお店です。観光客向けというわけではなく、買い物に来た地元の方が一人でさっとお昼を済ませるという感じのお店です。

こちらのお店、うどんやソバがメインではありますが、ロースカツカレーや牛丼とお蕎麦のセットなど、ご飯物+麺類のセットも豊富にあります。海鮮にはちょっと食傷気味となったとき、こういうお店があるのは嬉しいですね。

名称 百万石うどん近江町本店
住所 石川県金沢市下近江町23
営業時間 8:00~16:30

2. 近江町コロッケ

近江町市場での食べ歩きグルメで必ず紹介される定番中の定番が、この「近江町コロッケ」。時間もないから混雑しているお店には入りたくないという人や、近江町市場の雰囲気だけでも味わいたいという人も、手軽にお腹を膨らますことができます。

普通のお店で売られているような昔ながらのコロッケもありますが、やっぱり市場ならではの品として「甘えびコロッケ」や「タココロッケ」、「カニコロッケ」などはいかがでしょう。具材がゴロゴロ入って満足すること間違いなしです。

名称 近江町コロッケ
住所 石川県金沢市下近江町24
営業時間 8:00~17:00
URL
http://www.daiya-net.co.jp/croque/

3. いっぷくや

郷土食、金沢おでんのお店が「いっぷくや」です。立ち飲み屋さんっぽい感じですので、こちらも気のおけない仲間同士や一人旅におすすめのお店でしょうか。いやいや、海鮮以外の金沢の食を味わうのにこれ以上適した店はないかもしれませんので、女子会旅などでもぜひ寄ってみてください。

金沢おでんの代表ネタといえば、くるま麩や赤巻、そしてバイ貝です。その他、こちらのお店では近江町市場の各商店が厳選した具材を使っています。ちょっと驚くのが、カニの甲羅にいろいろな詰め物をした「カニ面」や「ノドグロ面」など。これはぜひ食べるべき逸品ですよ。

名称 いっぷくや
住所 石川県金沢市上近江町50
営業時間 8:30~20:00
URL
http://www.kachigumi.co.jp/ippukuya/

4. おそうざい屋

近江市場館の地下にある「おそうざい屋」は、近江町ならではの新鮮魚介を使ったお寿司や、各種お弁当などが売られるお店。観光客向けというより地元の方がよく行くお店という感じ。でも、グルメ探訪としてはそういう地元民御用達のお店を訪ねることも重要です。

お惣菜のてんぷらや焼きもの、そしてお寿司を買っても千円以内。お茶は紙コップですが10円でいくらでも。海鮮丼などの看板を見続けてちょっと麻痺しかかった金銭感覚を、正常値に戻してくれる場所です。広めのイートインもあるので、食べ歩きではなくゆっくり座って食事ができますよ。

名称 おそうざい屋
住所 石川県金沢市青草町88
営業時間 10:00~20:00

5. 大口水産

総店舗数約180の近江町市場の中で、一番の売り場面積を誇るのが、こちらの「大口水産」。歴史的にもこの近江町市場の中核となる存在です。鮮魚コーナーや練り物などの売り場の一角には「焼き焼きコーナー」というエリアがあって、貝類の串焼きなどが香ばしい匂いを振りまいています。

こちらはイートインコーナーもあるので、ビール片手に楽しむことも可能です。一人ぶらぶらと市場巡りをするなら、こういうお店が一番いいかも。郷土食の治部煮にも使われる加賀麩も取り扱っているので、お土産にも便利。荷物の中に入れても軽いですからね。

名称 大口水産
住所 石川県金沢市上近江町38
営業時間 9:00~17:00
URL
http://www.ohguchi.co.jp/

近江町市場のランチタイムは行列覚悟

金沢近江町市場のランチスポット15選をお送りしました。金沢百万石の時代から町の食を支えてきた市場ですが、今や観光スポットとして変貌を遂げてきています。場内いたるところにあふれかえる海鮮丼やお寿司のメニューは、見ているだけで圧倒されそう。新鮮素材をふんだんに使ったお海鮮料理や手軽な食べ歩きなど、たくさん歩いていっぱい楽しみましょう。

【関連記事はこちら】

▷風情を感じながら街歩き。石川県金沢市のおすすめパワースポット巡り
▷金沢散策にぴったり!おすすめの旅館・ホテル6選!

特集

2020/07/01鎌倉で泊まるのに便利で人気のホテル・宿泊施設10選

2020/06/29愛犬と一緒に初めてのリゾートホテルステイ ──あてま高原リゾート ベルナティオ

おすすめ記事

人気記事