最終更新日時2019/09/10

和歌山の有名なものと言えば、梅干しですが、お土産でおすすめしたいものは他にもたくさんあります。海鮮から老舗の味まで様々な商品を選ぶことができるのが和歌山の特徴です。今回は、和歌山にきたのであれば、購入してもらいたい定番から最新グルメのお土産をご紹介します。

和歌山人気のおすすめお土産9選

1. 釜揚げしらす

和歌山県の老舗店、「カネナカ商店 しらすのなかむら」で販売されている「釜揚げしらす」。今でも機械を使わずに全て手作業で仕事を行なっています。伝統製法にこだわりの持った釜揚げしらすは、全国にファンの多い一品です。

温暖な気候の和歌山で盛んに行われているしらす漁は、和歌山にきたのであれば、外すことのできないご当地グルメです。飲食店でも食べることができますが、しらす好きであれば、カネナカ商店 しらすのなかむらへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

名称 カネナカ商店 しらすのなかむら
住所 和歌山県和歌山市本脇551
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3001/A300101/30007085/

2. 金山寺味噌

「丸新本家 湯浅本店」で購入することができる「金山寺味噌」は、通常の味噌とは違い、食べる味噌として人気の商品です。ご飯に乗せたり、野菜に付けて食べることを前提にして作られています。刻んだ野菜も入っているのが特徴です。

通常の金山寺味噌の他にも、茎わさびが入ったものと、ニンニクを使用しているものを選ぶことができます。金山寺味噌は、味噌が主役になるお土産。お酒のつまみにも、ご飯のお共にも何にでも使うことができる定番商品です。

名称 丸新本家 湯浅本店
住所 和歌山県有田郡湯浅町湯浅1466-1
営業時間 9:00~18:00
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3002/A300203/30005650/

3. かげろう

早い時間から営業をしているので、モーニングを食べることができるのが、「福菱 Kagerou Cafe」の魅力。昭和8年に創業した老舗店が開いたカフェですので、お土産として和歌山名物「かげろう」を購入することもできます。

]

かげろうは、外はカリカリ中はクリームが入っているしっとりとした洋菓子。コーヒーにもお茶でもどちらとも相性の良いお土産です。地元からも愛されている和歌山定番お菓子を購入したい人は、訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 福菱 Kagerou Cafe
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町1279-3
営業時間 8:00~18:00
定休日 木曜
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3004/A300401/30005357/

4. 宝梅 紀のなごみ

和歌山で美味しい梅干しを購入したいのであれば、「酒直」の「宝梅 紀のなごみ」がおすすめ。日本一の梅の産地である、和歌山県みなべで採れた梅干しを昔ながらの製法で梅干しにしているので、昔から変わらない味を堪能することができます。

宝梅 紀のなごみは、一つずつ包装されているので、お土産に送るのに最適です。今まで食べた梅干しと違い、皮が薄くて果肉が厚いのが特徴。1度食べるとクセになってしまう梅干しです。和歌山の本場の梅干しが気になる人は、購入してみてはいかがでしょうか。

名称 酒直
住所 和歌山県和歌山市舟津町3-15
営業時間 8:30〜17:00
定休日 土・日・祝
サイト http://www.ume.com/

5. うすかわ饅頭

串本町の名勝「橋杭岩」をイメージした通常の饅頭と形が違います。「うすかわ饅頭儀平 本店」で購入することができる「うすかわ饅頭」は、甘くない饅頭があっても良いのではないかというコンセプトを元に、製造されている饅頭です。

この投稿をInstagramで見る

@konopacがシェアした投稿

北海道産の小豆を使用していますが、甘さが控えめで柔らかくて食べやすい饅頭。イチゴ大福やかりんと饅頭も販売しているので、うすかわ饅頭をベースに様々な商品を選ぶことができます。和菓子が好きな人におすすめのお土産です。

名称 うすかわ饅頭儀平 本店
住所 和歌山県東牟婁郡串本町串本1851
営業時間 7:00~18:30
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3005/A300503/30000151/

6. 柚もなか

昭和10年に創業した老舗の「港屋」でおすすめのお土産は、「柚もなか」です。過去にはお菓子博覧会で賞を獲得している経験もあり、昔と変わらぬ製法で作り続けています。気になる人は、購入してみてはいかがでしょうか。

素材にもこだわりがあり、国産のもち粉を使用してもなかの部分を作っています。もちろん、柚子は和歌山県産のご当地柚を使用していますので、和歌山の味を堪能することができるお土産です。いつもと違う和菓子を購入したい人は、訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 港屋
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町2312-3
サイト http://yuzumonaka.co.jp/

7. じゃばらぽん酢 じゃぽん

和歌山県北山村の柑橘を使用して作られた、「じゃばらぽん酢 じゃぽん」。魚にも、肉にも相性が良く、餃子のタレの代わりに使用する人も多く、ポン酢のように何にでも使用することができます。酸っぱいものが好きな人にもおすすめ。

「北山村営じゃばら村センター」で購入することができるじゃばらぽん酢 じゃぽんは、邪気を払うほど酸っぱいことから由来されて名付けられています。柚子と共に地元で定番商品ですので、和歌山ご当地グルメが気になる人におすすめです。

名称 北山村営じゃばら村センター
住所 和歌山県東牟婁郡北山村下尾井335
サイト http://kitayamamura.my-store.jp/

8. やきもち

創業300年の老舗で購入することができるのは、「やきもち」です。「上きしや 本店」では、昔から人気のやきもちを堪能することができる以外にも、歴史を感じることができるお店も人気。高野山に行くのであれば、立ち寄ってもらいたいお店です。

外観は歴史を感じることができますが、店内は綺麗に改装されています。イートインスペースもありますので、購入してすぐに食べることもできますが、自分用のお土産に購入したのであれば、少し焼き直してから食べるのもおすすめです。

名称 上きしや 本店
住所 和歌山県伊都郡高野町花坂753-1
営業時間 7:00~18:00
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3001/A300103/30004362/

9. てまりみかん

「早和果樹園」で購入することができる「てまりみかん」は、みかんがそのままシロップにつけてある大胆なスイーツです。シロップにつけてありますが、程よい甘さでフルーツが苦手な人でも食べやすい工夫がされています。

そのまま食べるのもおすすめですが、炭酸水の中に入れて飲み物として楽しむこともできます。その場合は、甘さが欲しい人は少しシロップを足すことで美味しいジュースの出来上がりです。和歌山といえば、美味しいフルーツが有名ですので、気になる人は購入してみてはいかがでしょうか。

名称 早和果樹園
住所 和歌山県有田市宮原町新町275-1
営業時間 平日 9:30~17:00
土・日・祝 10:00~17:00
サイト https://sowakajuen.com/SHOP/1107508/831983/list.html

和歌山の定番のお土産3選

1. チーズケーキ

「シエスタ」で販売されている「チーズケーキ」は、並んででも食べたいスイーツです。行列ができていない時もありますが、ほとんどの場合は、並ぶことを覚悟して、お店へ足を運んでください。お土産に購入することもできますが、店内で食べることもできます。

シエスタのチーズケーキの特徴は、みかん蜂蜜と卵、牛乳に3種類のチーズと厳選された食材を使用していることです。1度食べてみて、もう一度食べたい場合でも通販を行なっています。気になる人は調べてみてはいかがでしょうか。

名称 シエスタ
住所 和歌山県和歌山市田中町2-18-1 日嘉ビル 1F
営業時間 11:00~20:00
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3001/A300101/30000297/

2. 和歌山バウム

「バウムクーヘン専門店 MAHALO 湯浅店」のおすすめは「和歌山バウム」。定番ハニーバウム以外にも様々な味を堪能することができます。有田みかんを使用しているものや醤油の味のものまで、見ているだけでも楽しむことができます。

和歌山バウムは、丸ごと一つ購入することもできますが、一人用で切り分けてあるものもありますので、気になる味をいくつか購入してみることをおすすめします。バウムクーヘンはパサパサすることなく、最後までしっとりとした食感を堪能することができる一品です。

名称 バウムクーヘン専門店 MAHALO 湯浅店
住所 和歌山県有田郡湯浅町湯浅1466-1 丸新本家敷地内
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3002/A300203/30005329/

3. たまあられ

和歌山電鉄、貴志駅で駅長をしている猫のたま。駅長の名前に由来して作られたのが、「高砂アラレ」で販売している「たまあられ」です。3種類の味から選ぶことができるので、素焼きに醤油、サラダ味を安い価格で購入することができるのもポイント。

3袋をセットにしているものも販売していて、1,080円で購入することができるのも魅力です。たま電車に乗って観光地を巡ったあとは、最後の締めとしてたまあられを購入してみてはいかがでしょうか。もちろん通常のあられも販売していて、様々な種類の味を選ぶこともできます。

名称 高砂アラレ
住所 和歌山県岩出市岡田999-1
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.takasagoarare.com/arare_gentei/tama-arare.htm

和歌山の人気のお土産スイーツ4選

1. 塩羊羹

定番の羊羹ではなく、老舗店が手がける新感覚の和スイーツとして登場したのが、「紅葉屋本舗」の「塩羊羹」です。いつもの甘い羊羹と違い、塩のアクセントが絶妙ですので、羊羹は苦手でも塩羊羹なら食べることができると評判です。

竹の皮で包まれているので、見た目的にもお土産におすすめの商品です。もちろん、通常の羊羹も販売しているので、食べ比べるのに両方購入する人もいます。塩羊羹の味が気になる人は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

名称 紅葉屋本舗
住所 和歌山県東牟婁郡串本町潮岬470
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3005/A300503/30005118/

2. デラックスケーキ

和歌山でレトロな雰囲気のお土産として人気の「デラックスケーキ」。「鈴屋」で昔から定番土産として地元からも愛されているスイーツです。カステラにジャムを挟んでいて、ホワイトチョコでコーティングしているシンプルなスイーツです。

1924年に、当時あるものでケーキを作ろうとされたものがそのままお土産として確立された商品。当時の味を今でも堪能することができます。価格も一つ200円程度と安く購入することができるのも魅力です。気になる人は足を運んでみてはいかがでしょうか。

名称 鈴屋
住所 和歌山県田辺市湊1022
営業時間 月~土 8:00~19:00
日・祝 8:00~18:00
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3004/A300402/30004299/

3. あんぽ柿

「あんぽ柿」は、和歌山では定番のお菓子として地元の人もよく食べていますが、コストパフォーマンスも良い商品が、「オカザキ紀芳庵」から販売しているあんぽ柿です。化学調味料を一切使用していない自然の甘さを堪能することができる商品です。

干し柿とはまた違った感じを楽しむことができるのが、あんぽ柿ですが、1度食べると干し柿ではなく、あんぽ柿にハマる人が多いです。フルーツが好きな人にもスイーツが好きな人にもどちらにもおすすめのお土産。気になる人は、訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 オカザキ紀芳庵
住所 和歌山県橋本市高野口町大野1807-16
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.koyasan.com/

4. 牛柄ロールケーキ

「くろさわ牧場ミルクショップ」では、通販で販売している商品を購入することができます。中でもおすすめしたいのが、見た目も楽しい「牛柄ロールケーキ」です。手提げ袋に包装されている時から牛柄ですので、目で見ても楽しむことができます。

くろさわ牧場ミルクショップは、和歌山県の自然を感じることができるお店。テラス席で食べる新鮮な牛乳を使用したスイーツも絶品です。ミルク製品が好きな人は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。外で食べるスイーツはいつも以上に美味しく感じることでしょう。

名称 くろさわ牧場ミルクショップ
住所 和歌山県海南市上谷603
営業時間 10:00~16:00
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/wakayama/A3002/A300201/30008223/

海鮮から調味料まで何でも揃います

和歌山県のお土産の特徴は、何でも揃うことです。釜揚げされたしらすも梅干しも有名。定番のお土産から老舗のお土産まで多くの種類があります。和歌山県へ行く機会があれば、今回ご紹介した、お土産を参考にしてみてはいかがでしょうか。人気のお店は売り切れてしまう場合もありますので、早めに行くことをおすすめします。

【関連記事はこちら】

▷和歌山電鐵貴志川線をめぐろう!おすすめの観光スポット20選!

特集

2020/02/17泊まってよかった!Reluxが紹介する部屋自慢の宿5選

2020/02/14プール付きヴィラと美食を楽しむ “プライベートで贅沢”なファミリーステイ──ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

人気記事