最終更新日時2019/10/02

京都は古い歴史を持ち世界的に有名な観光地で、季節を問わず大勢の観光客が国内外から押し寄せる観光スポット。京都と言えば様々な京グルメがありますが和菓子も押さえておきたいところです。ここでは京都へ行くなら忘れずに買って帰りたい老舗和菓子を紹介します。お土産にも最適なのでぜひ参考にしてください。

京都に行ったら購入したい!老舗和菓子10選

1. 大黒屋鎌餅本舗

「大黒屋鎌餅本舗」は上京区寺町にある和菓子店で、お店は今出川駅から徒歩10分程の先にあります。1897年創業、120年以上の歴史を持つ京都でも老舗と言われる名店。昔懐かしい趣きのある日本家屋のお店で、訪れるだけで古い歴史を感じることができます。

お店に一歩足を踏み入れると、こぢんまりとした店内に所狭しと和菓子の入った木箱が置かれています。1つ1つ店主が丁寧に作った和菓子はどれも美味しいと評判で、地元の人からも愛される銘品。店主の丁寧な接客も素晴らしく、京都へ来たらぜひ立ち寄っていただきたいお店です。

お店の看板商品は、お店の名前にもなっている「鎌餅」です。薄い求肥皮に甘さ控えめの上品な餡が包まれたお餅は、柔らかくモチモチ食感。うっすら中の餡が透ける程の薄さでありながら、程よい弾力と優しい餡の味わいが絶妙なバランスです。京都土産にぜひ一度購入してみてください。

名称 大黒屋鎌餅本舗
住所 京都府京都市上京区 今出川上ル4丁目 西入ル阿弥陀寺前町25
営業時間 8:30~20:00
定休日 第2・第4水曜
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26001512/

2. 京都鶴屋 鶴寿庵

「京都鶴屋 鶴寿庵」は阪急線大宮駅から徒歩10分、中京区の新選組屯所旧跡にある老舗和菓子店。お店では京都の伝統和菓子からその時々の季節モチーフにした生菓子を販売しています。百貨店にもお店を構える名店ですが、京都へ行くなら店舗へ足を運んでその歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

新選組発祥の地に店を構える老舗和菓子店で新選組のファンも多く訪れる有名店。和菓子店の敷地内にある屯所となっていた八木屋を見学するには見学料金が必要です。和菓子だけを目的に訪れるもよし、新選組への思いを馳せるもよし、色々な楽しみ方ができます。

お店の名物はやはり新選組屯所にちなんでつけられた「屯所餅」です。もっちりと歯ごたえのある白いお餅に、刻んだ京野菜の「壬生菜」が入っているところがポイント。丹波大納言小豆を包んだお餅は程よい甘さで美味しいと評判です。お店で食べるなら抹茶とのお得なセットがおすすめ。

名称 京都鶴屋 鶴寿庵
住所 京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町24
営業時間 8:00〜18:00
サイト http://www.kyototsuruya.co.jp

3. 中村軒

「中村軒」は阪急桂川駅から徒歩約10分、桂離宮の南側にある老舗和菓子店です。約130年の歴史を持ち、明治初期に創業して以来懐かしくあっさりした味を守り続けています。季節限定のお菓子も人気で手土産に利用しやすいと地元の人からも愛される名店です。

店内には販売コーナーとイートインスペースがあり、旅の疲れを癒す休憩処として利用されています。駐車場も完備されていますので、ドライブの途中の休憩にもおすすめ。京都のお茶屋さんという佇まいで、懐かしさと風情溢れる空間が旅の雰囲気を盛り上げてくれます。

お店の看板メニュー「麦代餅」は白くてぽっちゃりとしたお餅の上にきなこがかかった和菓子です。つきたてのお餅で上品な甘さの粒あんを包み、風味豊かなきなこが絶妙なバランス。お店で食べるのであれば、のんびりとくつろげる座敷席がおすすめです。桂川散策へ行かれる際はぜひ立ち寄ってみてください。

名称 中村軒
住所 京都府京都市西京区桂浅原町61
営業時間 7:30~18:00
茶店 9:30~18:00 (L.O.17:45)
サイト https://www.nakamuraken.co.jp

4. 京菓子司 亀屋良永

「京菓子司 亀屋良永」は下京区にある人気商品「烏羽玉」を販売する和菓子店。お店の創業は1803年、210年以上の歴史を持つ京都でも有名な老舗菓子店。阪急線大宮駅から歩いて5分程とアクセスにも便利なので、京都観光のついでに気軽に立ち寄り休憩する場所としても最適です。

お店の和菓子に使われる水は店先から湧き出ている「醒ヶ井の水」を利用。和菓子の味を決める大切な要素で、小豆やもち米の香りを際立たせ洗練された味わいに仕上げています。このお水は誰でも持ち帰りできますので、和菓子を購入されるのであれば美味しい醒ヶ井の水も汲んで味わってみてはいかがでしょうか。

お店の人気商品「烏羽玉」は美しい丸形をした漆黒の色をした店の代表銘菓。お店が創業してから現在に至るまで作り続けている人気商品です。波照間産の黒糖を練り込んだこし餡の上に寒天とけしの実をかけて仕上げた上品な和菓子。黒糖の甘みが口に広がり癖になる味です。

名称 京菓子司 亀屋良永
住所 京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休(1月1日、2日をのぞく)
サイト https://kameya-yoshinaga.com

5. 京菓子司 滿月

「京菓子司 滿月」は左京区麹小道通にある江戸時代末期創業の老舗和菓子店です。1856年の安政3年創業、160年以上の古い歴史があり、今もなお京都の人から愛され続けています。出町柳駅から徒歩7分程の場所にあり出来たての和菓子を求めて多くのファンが訪れる人気店です。

本店であるお店は立派な佇まいで歴史と文化を感じさせる外観。店内では出来たての阿闍梨餅を販売しており、イートインスペースでお茶と一緒に味わう観光客の方も大勢おられます。店内には風格ある調度品がいくつも置かれ、創業当時の昔にタイムトリップしたかのような非日常を感じることができます。

京都銘菓として有名な半生菓子「阿闍梨餅」は比叡山で修行する僧が名前の由来。餅粉と氷砂糖、卵を使った生地に、丹波大納言小豆の粒あんを包んで丁寧に焼き上げています。出来たての美味しさを楽しみたい方は本店まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

名称 京菓子司 滿月
住所 京都府京都市左京区麹小路通り令出川上ル
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休日
サイト http://www.ajyarimochi.com

6. 京菓匠 鶴屋吉信

「京菓匠 鶴屋吉信」は京都で定番人気の銘菓を販売する有名な和菓子屋。本店は上京区今出川通にあり、地下鉄の今出川駅から西へ向かい徒歩15分ほどかかります。バスを利用するなら市営バスで堀川今出川下車すぐ。駐車場が利用できますので、車でのアクセスが便利でおすすめです。

創業210年以上という京都を代表する老舗和菓子店の1つで、格調ある店構えをしています。観光客も多く訪れる観光スポットにもなっており、お土産に購入していく京都民の方などいつも混雑する人気のお店。少し高級なものをお土産にしたい時に便利な和菓子店です。

お店の看板商品の1つ「京観世」は1920年、大正9年に誕生して以来のロングセラー銘菓。小豆をロールケーキのように巻いた見た目をしており、口に入れた途端にホロリとほぐれ、素材の美味しさが広がります。本店へ行くなら和菓子の実演が見られるカウンター席がおすすめ。

名称 京菓匠 鶴屋吉信
住所 京都府京都市上京区今出川通堀川西入る
営業時間 店舗 9:00~18:00
菓遊茶屋/お休み処 9:30~18:00(L.O.17:30)
定休日 1階 店舗 元日/水曜日の一部に休業日あり(下記参照)
2階 菓遊茶屋/お休み処 毎週水曜定休(祝日の場合は営業)
休業日のお知らせ
【2019年】 4月17日(水)/5月29日(水)/6月5日(水)/6月12日(水)/10月2日(水)/10月16日(水)
【2020年】 1月1日(水)/1月22日(水)/2月5日(水)/2月19日(水)/3月11日(水)
サイト https://www.tsuruyayoshinobu.jp/shop/g/gGRP110/

7. 甘栗の老舗 林万昌堂

「甘栗の老舗 林万昌堂」は京都四条通り沿いにある甘栗専門店です。創業なんと140年、老舗の多い京都でも地元の人に古くから愛される人気店。中国河北省秦皇島市青龍満族自治県産の栗のみを使用しています。こだわりの甘栗のできたてをぜひ味わってみてください。

風情溢れる本店1Fには、甘栗を使ったスイーツがたくさん販売されています。敷地内にはお地蔵様も祀られていてお参りをする観光客の方もちらほら。2Fには茶房がありますので小さいスペースながら、甘栗を使った出来たての美味しいスイーツをゆっくりと楽しめます。

こだわりの甘栗は本店にて職人が丁寧に焼き上げています。甘栗は焼き立てが一番美味しいため、お店で売られている甘栗はその日焼き上げたものを販売。店主自ら中国に足を運んで厳選した素材を、職人技で美味しく仕上げる京都の銘菓をぜひ本店で味わってみてはいかがでしょうか。

名称 甘栗の老舗 林万昌堂
住所 京都府京都市下京区四条通寺町東入ル御旅宮本町3
営業時間 10:00~20:00(12月31日のみ21:00閉店)
定休日 元旦のみ
サイト https://www.hayashi-mansyodo.jp

8. 麩嘉 錦店

「麩嘉 錦店」は中京区錦小路通り沿いに面した京生麩の専門店ですが、販売している饅頭が人気です。店先には20種類以上の生麩を販売しており、生麩料理に必要な厳選味噌なども販売。店頭で購入して食べ歩きしたり、お土産に購入したり、錦市場散策のついでに立ち寄ることができます。

広い店内には生麩とその関連商品が並べられ、その中に蒸し器が置かれて生麩饅頭の出来たてを購入できます。小さいながらイートインスペースも設けられているので錦市場巡りに疲れた時に休憩処として利用するのもおすすめです。季節限定メニューもありますので色々な味を試してみてください。

お店の看板商品「生麩饅頭」とは普通の饅頭とは違い、生麩を使って餡を包んでいる蒸し饅頭です。皮の食感はツルツルして噛むごとにモチモチ食感も楽しめます。こし餡との相性も抜群でここでしか味わえない不思議食感が癖になる味。栗入りの麩饅頭もおすすめです。

名称 麩嘉 錦店
住所 京都府京都市中京区錦小路堺町角菊屋町534-1
営業時間 火〜日 10:00~17:30
月曜日 1月~8月の最終日曜日
サイト http://www.fuka-kyoto.com

9. 仙太郎

「仙太郎」は阪急線川原町駅4番出口から南へ徒歩5分の場所にある和菓子店です。外観は老舗の和菓子店らしく風情があり季節のお菓子の名前が書かれた紙が貼られています。趣きのある和菓子店は雰囲気も良く、京都へ行くなら店舗へ足を運んで購入することをおすすめします。

落ち着いた雰囲気の店内に入ると正面にあるショーケース中に、定番商品から季節の和菓子までたくさんの和菓子が販売されています。素材と製法にこだわった最中やおはぎ、本わらび餅など美しく丁寧に作られた商品を求めて地元の人や観光客でつねに賑わう人気店です。

お店の名物商品の1つ「ぼた餅」は様々な種類があり、定番人気は八分づきの青じそ入りの生地を丹波大納言小豆の粒あんで包んだもの。きなこや七穀、ごまなど、季節限定のぼた餅も販売されていますので、その時々の旬の素材を楽しめます。ぜひ京都土産の1つに加えてみてください。

名称 仙太郎
住所 京都府京都市下京区寺町通仏光寺上る中之町576
営業時間 8:00~18:00(※1/5~2/28は17:30閉店となります。)
定休日 1月1日
サイト https://www.sentaro.co.jp/shop/honten.html

10. 緑寿庵清水

「緑寿庵清水」は左京区吉田泉殿町にある、日本でも唯一と言われる金平糖の老舗です。創業170年以上の歴史を持つ京都でも名の通った名店。京阪線出町柳駅2番出口から徒歩10分程の場所にありますので、京都観光で散策ついでに訪れてみてください。

店内に入ると様々な金平糖やお菓子がお雛様のように美しくディスプレイされています。宝石箱に詰められたような金平糖は1つ1つ丁寧に梱包されていますので京都土産に最適。京都の老舗ということで遠方からもわざわざ金平糖を購入しに訪れるおすすめスポットです。

お店自慢の金平糖はバラエティー豊かで色とりどりの商品が販売されています。ミカン味やブドウ味、バニラ味やバナナ、桃などがあります。季節限定商品としてブルーベリーやトマトなど変わり種も登場。口当たりまろやかでシャリシャリと豊かな食感を楽しめる専門店の味をぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

名称 緑寿庵清水
住所 京都府京都市左京区吉田泉殿町38-2
営業時間 木〜火 10:00~17:00
定休日 水曜・第4火曜
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26005325/

京都で美味しい老舗和菓子巡りツアーに行こう

京都には創業100年以上もの歴史を持つ老舗和菓子店がいくつもあり、古より京都人に愛される名店がたくさんあります。京都グルメを語るにおいて和菓子は欠かせない存在。京都観光へ行くなら百貨店ではなく、風情ある本店や店舗でしか味わえないできたての和菓子を味わってみてください。ここで紹介した老舗和菓子は職人により1つ1つ丁寧に作られた銘菓ばかりです。京都土産としても人気がありますので、ぜひ観光プランに忘れずに盛り込んでみてはいかがでしょうか。

【関連記事はこちら】

▷京都の長い歴史の魅力を感じたい!京都のおすすめ温泉宿&銭湯19選
▷京都・鴨川西の河原町で絶品ラーメンを食べ歩こう~おすすめ19選
▷京都河原町の居酒屋で、おいしいお酒とおいしい料理が楽しめるお店17選

特集

2020/02/17泊まってよかった!Reluxが紹介する部屋自慢の宿5選

2020/02/14プール付きヴィラと美食を楽しむ “プライベートで贅沢”なファミリーステイ──ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

人気記事