最終更新日時 2019/12/05

三重県の北部に位置する四日市。美味しいグルメが食べれるところや、子供連れにぴったりの遊べる観光施設があったりと魅力が盛りだくさん。そんな四日市でぜひ足を運んで欲しいスポットを、余すことなくまとめてみました。旅行の際にはぜひ参考にしてみてください!

四日市でおすすめの定番スポット10選

1. 愛成ベリー

女子旅におすすめなのがここ、「愛成ベリー」。ここではその名前の通り、6月の上旬から8月末にかけてブルーベリー狩りを楽しむことができます。また、驚くことに時間制限はなし。好きなだけ甘酸っぱいブルーベリーを楽しめます!12月上旬から5月下旬はいちご狩りも楽しむことができますよ。

園内にあるミニカフェでは、いちごやブルーベリーを使ったオリジナルソフトクリームや、特製いちごドリンクなどここでしか味わえないスイーツもたくさんあります。ブルーベリーといちごをふんだんに使ったスイーツプレートはインスタ映え間違いなし!ハウス内は広く、移動しやすいのでベビーカーでも安全に回れます。子供を連れてぜひ行ってみてください!

名称 愛成ベリー
住所 三重県四日市市貝家町作花台2218
営業時間 ブルーベリー狩り9:30〜16:00 いちご狩り10:00〜16:00 日曜日10:00〜15:00
サイト

2. 四日市コンビナート夜景クルーズ

夜景といったらやはり恋人同士のデートに持ってこいのシチュエーションです。ここ、「四日市コンビナート夜景クルーズ」は、クルージングをしながら四日市の工場の夜景が見られる素敵なスポットです。工業地帯の夜景は周りに遮るものがなく、工場の密集した光が楽しめること、また水面に映る光の反射の幻想的な雰囲気が人気を集め、ファンもつくほどの魅力があります。

定番の60分クルーズとじっくり楽しめる90分クルーズ。そして子供も乗船できるスペシャル60分クルーズがありますので、気になった人はぜひサイトから予約してください。ここでしか楽しめない夜景を堪能しましょう。

名称 四日市コンビナート夜景クルーズ
住所 三重県四日市市京町2-13萬古工業会館3階
営業時間 10:00〜17:00
サイト

3. 四日市港ポートビル

https://t.pimg.jp/047/203/003/1/47203003.jpg

四日市港の夜景をクルージング以外で見たいという人におすすめするのが、この「四日市港ポートビル」。このポートビルの14階、展望展示室「うみてらす14」では地上90メートルの高さから四日市港を見ることができます。この高い位置から見る四日市工場地帯の夜景は、近未来的な工場の建物と光が合わさってまるでSFの世界に飛び込んだかのような気分が味わえます。

https://t.pimg.jp/046/402/923/1/46402923.jpg

この他この「うみてらす14」では港とはどういう役割をするのかということや、最新のナビゲーションシアターで映像と模型を見ながら四日市港の歴史などを勉強できるので、子供と一緒に勉強してみるのもいいですね。

名称 四日市港ポートビル
住所 三重県四日市市霞2-1-1
営業時間 平日10:00〜17:00 土日祝10:00〜21:00(入場は閉館30分前)
サイト

4. 四日市スポーツランド

自分の子供を思いっきり遊ばせたい!そんな人におすすめなのがこちら、「四日市スポーツランド」です。この施設の目玉は、約1.2キロのアスレチックコース。大きな丸太やロッククライミングをモチーフにした遊具を越え、200段の階段や木々が生い茂る山を登っていくのは子供のみならず大人もワクワクすること間違いなし。

アスレチックコースの他は、休日は行列もできるほどの人気がある全長150メートルのスーパースライダーやローラースケート場。サイクリングもできたりと楽しみ方はたくさんあります。自然いっぱいの中、今日だけ子供に戻って楽しんでみませんか?

名称 四日市スポーツランド
住所 三重県四日市市桜町9868
営業時間 3月〜10月9:30〜17:00 11月〜2月9:30〜16:30
サイト

5. 四日市市ふれあい牧場

可愛い動物達とたくさん遊びたい人は、「四日市市ふれあい牧場」はいかがでしょうか。ここには牛やポニー、ヤギに羊、ミニブタにエミューなどがいます。個性豊かな動物達と一緒に写真を撮れば、インスタ映えも間違いなしです。

見るだけじゃなくて、もっと動物達と仲良くなりたい、触れ合いたいという人はぜひ動物のご飯を購入してみましょう。羊やヤギのエサを、自分の手から直接渡すことができます。動物を間近で見られる餌やり体験は子供にとても人気があります。

名称 四日市市ふれあい牧場
住所 三重県四日市市水沢町1538
営業時間 10:00〜16:00
サイト

5. 十四川の桜並木

3月から4月の桜シーズンにぜひおすすめしたい観光スポットが、この「十四川の桜並木」です。十四川の両岸に、800を超える数のソメイヨシノを見ることができます。この日本ならではの光景は外国人観光客からも人気が高く、十四川はそれほど幅が大きな川ではないので、両岸の桜が重なりまるでピンクのトンネルのように見えます。

桜の名所である「十四川の桜並木」はその両岸のスタイルも珍しく、宴会側と散策側がはっきり分かれているのも特徴です。桜まつりが行われている期間は夜桜も楽しむことができるので、提灯の明かりに照らされた桜をぜひご覧ください。幻想的な光景はデートにもおすすめですよ。

名称 十四川の桜並木
住所 三重県四日市市富田
営業時間 なし
サイト

5. まつもとの来来憲

四日市の、ご当地グルメを食べてみたい!そんな人にぴったりなのがここ、「まつもとの来来憲」です。ここでは、四日市の名物である大とんてきを食べることができます。何度もテレビで取り上げられるほどの人気のこのお店は、カウンター席もあるので一人旅でも入りやすいです。

1度食べればやみつきになること間違いなしの大とんてきは、250グラムもある豚の肩ロースをニンニクとオリジナルのソースで焼きあげてあり、その分厚くジューシーな肉に虜になります。その新鮮な豚肉とニンニクの力で、疲労回復や免疫力アップに効果的だと言われている大とんてきをぜひ1度ご賞味ください。

名称 まつもとの来来憲
住所 三重県四日市市松本2-7-24
営業時間 昼11:00〜14:00 夜17:00〜20:00
サイト

5. 大遠会館まぐろレストラン

四日市の海鮮グルメが食べたいという人にぜひ訪れて欲しいのがここ、「大遠会館まぐろレストラン」です。このお店の特徴は、何と言っても安い値段でまぐろご飯がいただけることろ!魚のボリュームはたっぷりなのに、マグロ丼定食が800円からというリーズナブルな値段で食べられます。

どのグルメサイトでの評価も高く、メニューも豊富です。また、そのお値段と味の良さから県外からのリピーターも多く訪れます。おすすめはマグロ豪快丼。ドンブリを覆うほどのスライスマグロ・マグロのたたきをなんと1000円で食べることができます!昼時には行列になる場合もありますので、もしランチにと考える人は少し早めに行ってくださいね。

名称 大遠会館まぐろレストラン
住所 三重県四日市市富双2-1-4大遠会館
営業時間 10:00〜20:00(L.O.19:30)
サイト

5. 宮妻峡・水沢もみじ谷

紅葉シーズンにぜひおすすめしたいスポットが、この「宮妻峡・水沢もみじ谷」。もみじ谷と名前がつけられるほどに紅葉が美しく、11月にはもみじ祭りも開催されます。紅葉する木々は300以上!祭りの期間中はライトアップもされますので、地面まで紅葉で埋め尽くされた、幻想的で美しいその光景は女子旅やデートにぴったりです。

このもみじ谷の紅葉の美しさは、あの有名な百人一首にも詠まれております。谷一面が紅葉する様はまさに圧巻。ここでしか見られない光景をぜひ目に焼き付けてください。自然の空気や川のせせらぎを聞きながら、一人旅でゆっくりと散策するのも情緒があっていいですよ。

名称 宮妻峡・水沢もみじ谷
住所 三重県四日市市水沢町山の坊
営業時間 なし
サイト

5. 垂坂公園・羽津山緑地

東名阪自動車道を四日市東インターチェンジで降り、約10分で到着と車でもアクセスすやすい位置にあるこの「垂坂公園・羽津山緑地」。芝生広場では芝すべりができます。自然豊かな公園で、園内の展望台からは遠くに伊勢湾を見ることができますよ。

そして恋人達のデートにおすすめなのが、この公園から見る夜景です。高台の展望台からは、四日市の工業地帯の明かりや夕方から夜に移り変わる空の景色をご覧いただくことができます。春には桜・秋には紅葉も楽しむこともできるスポットです。

名称 垂坂公園・羽津山緑地
住所 三重県四日市市羽津甲
営業時間 なし
サイト

四日市駅周辺でおすすめのスポット5選

1. ばんこの里会館

何かを作りたい、体験をしてみたいという人はぜひ「ばんこの里会館」を訪れてみてください。館内では、1日だけの陶芸体験をすることができます。手びねりで粘土を操りながら行うこの陶芸体験は、自分の手で一から作品を生み出す楽しさがあり子供にも人気があります。体験したい人は予約が必要なので、チェックしておきましょう。

この他この「ばんこの里会館」では、三重県の伝統工芸品である四日市萬古焼が販売されています。窯元から通り寄せているという商品の数々は種類も豊富で、お値段の安いものもあります。四日市のお土産としていかがでしょうか?

名称 ばんこの里会館
住所 三重県四日市市陶栄町4-8
営業時間 9:00〜17:00
サイト

2. 四日市市立博物館

一人旅をお考えの人にぜひおすすめしたいのがここ、「四日市市立博物館」です。この博物館でぜひ見ていただきたいのが、プラネタリウム。1億4000千万以上もの数を映し出すそのプラネタリウムは、なんと「最も多くの星を投映するプラネタリウム」としてギネスブックに認定されたのです。

まるで本物の星空を見上げているようなプラネタリウムで、癒しの時間を過ごしてください。この他この博物館では、まるで弥生時代や江戸時代の四日市にタイムスリップしたような気持ちが味わえる「時空街道」や、丹羽文雄記念室などがあります。

名称 四日市市立博物館
住所 三重県四日市市安島1-3-16
営業時間 9:30〜17:00(展覧会入場は16:30まで)(土曜日1・5階のみ19:30まで)
サイト

3. 潮吹き防波堤

「潮吹き防波堤」はなんと明治時代に造られたと言われているもので、他の防波堤にはない仕組みを持っています。港外側の小堤と港内側の大堤の2つがあり、その間に溝が造られています。波をこの2重構造で受け止め穴から吹き出される様子が、この防波堤の名前の由来となっています。

これを考えたのはオランダ人のヨハネス・デ・レーケだと言われていますが、この仕組みは世界でも珍しく、1996年に重要文化財に指定されています。近くの稲葉扇記念公園では、この防波堤のレプリカを実際に見ることができます。世界的にも珍しいこの防波堤は、ここでしか見られない貴重なものです。昔の四日市港の名残りを感じてみてはいかがでしょうか。

名称 潮吹き防波堤
住所 三重県四日市市高砂町7-13
営業時間 なし
サイト

4. 諏訪神社

四日市駅の近くには、「諏訪神社」という2人の神様を祀っている神社があります。ひとり目は、建御名方命(タケミナカタノミコト)、ふたり目は八重事代主命(ヤエコトシロヌシノミコト)です。それぞれ行動力・武の神様と、言霊・文の神様として信仰されています。日本風の景色を求める外国人観光客も多く訪れる「諏訪神社」ですが、地元住民の人もよく参拝に訪れています。

この諏訪神社での見所は、なんと江戸時代から続くという「四日市まつり」。毎年夏に開催されているこのお祭りは獅子舞や盆踊りが楽しめます。中でも1番の見所は、珍しいからくり山車。特に人気の大入道山車は、なんと首の長さが2.7メートルもあり全長にすると9メートル!舌をぺろっと出すそのユニークな顔に、大人でもついクスッと笑えてしまいます。

名称 諏訪神社
住所 三重県四日市市諏訪栄町22-38
営業時間 なし
サイト

5. 鵜の森公園

お花見シーズンの春にぜひ、桜を見に訪れて欲しいスポットがここ「鵜の森公園」。公園内には、茶室・「泗翠庵」や和風庭園があったりと、その趣ある日本的な風景は写真映えもします。滑り台などの遊び場もありますので、子供を遊ばせることもできます。

園内には約300本もの桜が咲き乱れ、開花の時期には夜桜が楽しめるようにとぼんぼりが点灯されます。やわらかい光に包まれた桜は、どこか温かい雰囲気になりますよ。茶室の外観と共に眺める桜も、まるで江戸時代にいる気分が味わえておすすめです。

名称 鵜の森公園
住所 三重県四日市市鵜の森1-251
営業時間 なし
サイト

四日市でおすすめの穴場スポット5選

1. 伊坂ダムサイクルパーク

四日市で思いっきり自然に触れたい!外で遊びたい!という人におすすめな穴場スポットがこの「伊坂ダムサイクルパーク」です。ダムを見ながらサイクリングができるのですが、自転車の種類はなんと20種類以上!ここでしか体験できない自転車がたくさんあります。

子供がいる人にピッタリなのが3人乗りの自転車です。子供達とペースを合わせながら進むことができますので、迷子の心配もありません。春はダムの周りに桜やツツジが咲き乱れ、5月になると手作りの鯉のぼりがたくさん泳いでいる中を自転車で走ると壮観です!ぜひその体で風を感じてみてください。

名称 伊坂ダムサイクルパーク
住所 三重県四日市市伊坂町157-2
営業時間 3月〜10月 9:00〜17:00 11月〜2月 9:00〜16:30
サイト

2. 久留倍官衙遺跡公園

少し変わった名前の公園、「久留倍官衙遺跡公園」。久留倍とは昔の地名で、官衙は役所という意味です。園内にはくるべ古代歴史館があり、展示品を見ながら久留倍官衙遺跡のことを知ることができる学習資料室があります。

https://t.pimg.jp/005/231/177/1/5231177.jpg

昔の生活を体験をしてみたい人は、無料で古代衣装を着ることができる体験や、木簡体験や勾玉作り体験などが開催されていますので参加してみてください。体験を通して楽しくわかりやすく昔の暮らしや物に触れることができるので、子供と一緒に学ぶのにピッタリな場所です。

名称 久留倍官衙遺跡公園
住所 三重県四日市市大矢知町2323-1
営業時間 (くるべ古代歴史館)9:00〜17:00
サイト

3. 南部丘陵公園

四日市最大の公園と言われているのが、この「南部丘陵公園」。その広大な敷地は、1日かけても周りきれないほどです。思いっきり遊べる芝生の広場やロングスライダー、南ゾーンでは小動物に触れ合うことができます。

四季によってたくさんの花を見ることができるところもポイントで、春は桜、梅、園内にはバラ園や菖蒲園もあり、毎年美しい花を咲かせています。毎年10月頃の秋には、なんと栗拾いも可能です!広い公園で、子供に思いっきり自然に触れさせたい人におすすめのスポットです。

名称 南部丘陵公園
住所 三重県四日市市西日野町
営業時間 なし
サイト

4. 伝統工芸日永うちわ「稲藤」

約300年前から作られているというこの「日永うちわ」は、昔旅人の土産物として人気があり、永餅・日永足袋と合わせて日永の三大名物だと言われておりました。しかしその後、旅人が減り、近年クーラーなどの普及にうちわ屋も減っていき、今はここ「稲藤」を残すのみとなっています。

しかしこの日永うちわも今は様々な工夫がなされ、その種類も増えました。例えば香り玉を入れて匂いを楽しむ「香り玉入りうちわ」は、自分の好きなアロマをたらしたり、虫除けの匂いをつけることもできます。また、不快な匂いをとってくれる「消臭うちわ」などもあります。伝統的な作り方ながらも新しいものを取り入れているので、ぜひご自分の手にとって体験してください!

名称 伝統工芸日永うちわ「稲藤」
住所 三重県四日市市永4-4-48
営業時間 10:00〜19:00
サイト

5. 四日市温泉 おふろcafé 湯守座

恋人とのデートやおしゃれな女子旅でおすすめしたいのがここ、「四日市温泉 おふろcafé 湯守座」です。中にあるお風呂は何回でも入浴することができ、施設内ではコーヒーを飲んだり漫画を読んだりと、恋人や友達と自由に過ごすことができます。

施設の中には劇場も併設されており、江戸時代から親しまれてきたという大衆演劇を観劇することもできます。好きなお風呂に1日中入るもよし、漫画コーナーで読書するもよし、体に磨きをかけたい人はエステサロンやほぐし処もありますので、自分の好きなことで旅の疲れを癒してはいかがでしょうか。

名称 四日市温泉 おふろcafé 湯守座
住所 三重県四日市市生桑町311
営業時間 10:00〜翌9:00
サイト

綺麗な夜景や自然をたくさん感じられる三重県・四日市

いかがでしたでしょうか?三重県・四日市は、カップルにおすすめの有名な工業地帯の夜景を始め、美味しいフルーツやグルメが食べれる場所や、四季折々の風景が楽しめるスポットなどがたくさんある観光地です。また、昔ながらの日本の姿が残っている場所でもあります。思いっきり自然の中で遊びたい人は、ぜひ四日市に行ってみてください。

特集

2020/01/22金魚のように揺蕩うふたりだけの濃密な時間 ──1日3組限定の露天風呂付ラグジュアリーヴィラ Yufuin Luxury Villa zakuro

2019/12/16【宿泊体験】子どもが主役になれる!レゴランド®・ジャパン・リゾートステイ

人気記事