最終更新日時 2020/01/10

日本古来の街並みが楽しめる「京都」

画像|PIXTA

歴史的建造物の多い京都。情趣ある街並みは日本人はもちろんのこと、訪日観光客の方にも高い人気を誇っております。京都では、スポットの範囲はとても広く移動するのが大変ですが、そこでおすすめなのがバス移動に便利なフリー乗車券。京都駅で手に入れることができますよ。同時に地図をもらうのもお忘れなく。

京都のおすすめ観光スポット18選

1. 嵐山

嵐山

画像|PIXTA

平安時代には、貴族の別荘が多く建ち栄えた「嵐山」。現在は京都を代表する観光スポットで、渡月橋周辺を指します。渡月橋はもちろん、周辺には寺院や自然に囲まれたスポットが満載。おしゃれなカフェもたくさんあるので、女子旅やデートにぴったりです。

嵐山

画像|PIXTA

「日本さくら名所100選」「日本紅葉の名所100選」に選ばれている嵐山。周辺には着物のレンタルができるお店もあるので、美しい景観の中を着物を着て散策してみてはいかがでしょう。京都らしいひと時が過ごせます。

名称 嵐山
住所 京都府京都市右京区

2. 祇園

祇園

画像|PIXTA

現在の八坂神社は、明治時代以前は祇園社と呼ばれ、広大な境内を保有していました。その鳥居前町が「祇園」です。現在では外国人観光客も多く訪れる、京都屈指の花街。料亭やお茶屋が立ち並び、舞妓が居ることでも知られています。

祇園

画像|PIXTA

観光客の多いこちらのスポット。人ごみを避けて散策したい!という方は夜がおすすめです。建物から漏れ出すオレンジ色の光、照らされる石畳はとても幻想的。デートにもぴったりです。また、舞妓さんに触ったり飲食をしながらの散策は禁止。ルールを守って見学しましょう。

名称 祇園
住所 京都府京都市東山区

3. 龍安寺

龍安寺

画像|PIXTA

1450年に細川勝元が創建した「龍安寺」。見どころのひとつが枯山水の石庭です。エリザベス2世も訪れたこちらのスポットは、外国人観光客にも人気。作者や、何をイメージして作庭したのかいまだに分からない、という謎が残っています。

龍安寺

画像|PIXTA

石庭のほかにも、境内の鏡容池に咲くスイレンも必見。例年5月から7月ごろに見ごろを迎えます。スイレンは早朝に花が開き、お昼頃には閉じてしまうので朝早くに訪れるのがおすすめ。朝露に濡れたスイレンはとっても幻想的です。

名称 龍安寺
住所 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
営業時間 3月1日~11月30日 8:00~17:00
12月1日~2月末日 8:30~16:30
サイト http://www.ryoanji.jp/smph/

4. 天龍寺

天龍寺

画像|PIXTA

後醍醐天皇を弔うために、足利尊氏が1339年に創建した「天龍寺」。世界遺産にも登録された、京都を代表する寺院です。嵐電嵐山駅から歩いてすぐと、アクセスも抜群。嵯峨嵐山駅や阪急電車嵐山駅からも徒歩約15分ほどです。

天龍寺

画像|PIXTA

見どころのひとつが、約700年前に作庭された曹源池庭園。作庭当時の面影を残す庭園で、日本初めて特別名勝に指定されたスポットです。紅葉の時期は混みあうので、朝早くに訪れるのがおすすめ。散策や写真撮影がゆっくりと楽しめます。

名称 天龍寺
住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
営業時間 3月21日~10月20日 8:30~17:30
11月21日~3月20日 8:30~17:00
サイト http://www.tenryuji.com/

5. 東寺

東寺

画像|PIXTA

平安京造営の2年後に建立された「東寺」。平安京が遷都した際、寺の建立は東寺と西寺しか許されなかったそう。現在では西寺も姿を消し、東寺は唯一残る平安京の遺構です。1994年には世界遺産に登録されました。

東寺

画像|PIXTA

見どころのひとつが、大迫力の五重塔。その高さは約55mで、木造の建築物としては日本一の大きさを誇ります。その姿は京都のシンボル。新幹線からも見えるので、京都に訪れる際チェックしてみてはいかがでしょう。

名称 東寺
住所 京都府京都市南区九条町1
営業時間 【開門】
5:00~17:00
【金堂・講堂】
8:00~17:00
【宝物館・観智院】
9:00~17:00
サイト https://toji.or.jp/

6. 南禅寺

南禅寺

画像|PIXTA

1291年に開創された「南禅寺」。天皇の発願により創建された、日本初の勅願禅寺です。まず訪れる人々を迎えるのは、大迫力の三門。大阪夏の陣で亡くなった兵士たちの慰霊のために建立されました。そこから見える景色はまるで絵画のようで、写真撮影にもぴったりです。

南禅寺

画像|PIXTA

南禅寺といえば、レンガ造りの水路閣。琵琶湖の水を京都にひく疎水のため、1890年に建てられました。当時は景観を壊すと批判もあったそうですが、現在では外国人観光客も訪れる人気スポット。レトロな雰囲気が、訪れる人々を魅了し続けています。

名称 南禅寺
住所 京都府京都市左京区南禅寺福地町86
営業時間 12月1日~2月末日 8:40~16:30
3月1日~11月30日 8:40~17:00
サイト http://www.nanzen.net/index.html

7. 円山公園

円山公園

画像|PIXTA

「円山公園」は、国の名勝にも指定されている公園。かつては八坂神社や周辺寺院の境内でしたが、明治維新後に公園として整備されました。京都屈指の桜の名所として知られ、夜のライトアップはとっても幻想的。デートにもぴったりです。

円山公園

画像|PIXTA

桜のほかにも、季節ごとに姿を変える庭園は必見です。また、周辺には八坂神社や知恩院、祇園の街並みなど、京都を代表する観光スポットも。飲食店やカフェもあるので、周辺散策と併せて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 円山公園
住所 京都府京都市東山区円山町463
サイト https://kyoto-maruyama-park.jp/

8. 金閣寺

金閣寺

画像|PIXTA

豪華絢爛な外観が特徴の「金閣寺」。鎌倉時代の公卿・西園寺公経の別荘を足利義満が譲り受け、山荘をつくったことが始まりと言われています。正式名称は「鹿苑寺」。義満の法号「鹿苑院殿」から2字をとり、その名を付けました。

金閣寺

画像|PIXTA

三島由紀夫の小説「金閣寺」で知られるように、1950年には放火事件が起こり、舎利殿や文化財が焼失しました。現在の舎利殿は昭和に復元されたものです。日光を受けて輝く舎利殿も美しいですが、雪がしんしんと降り積もる姿も幻想的。京都に来たら必ず訪れたいスポットです。

名称 金閣寺
住所 京都府京都市北区金閣寺町1
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.shokoku-ji.jp/kinkakuji/

9. 清水寺

清水寺

画像|PIXTA

「清水寺」は、世界遺産にも登録された京都を代表するスポット。観光客や修学旅行の学生で賑わいます。778年に開山、198年に坂上田村麻呂が創建しました。見どころのひとつが、朱色に染まった仁王門。西門や三重塔を一望できます。

清水寺

画像|PIXTA

「清水の舞台から飛び降りる」という言葉がありますが、かつては飛び降りて怪我をしなければ願い事が叶う、もし死んでも成仏できる、という言い伝えがありました。そんな清水の舞台は釘が1本も使用されていません。上からの眺めも格別ですが、下から見る大迫力の光景も必見です。

名称 清水寺
住所 京都府京都市東山区清水1-294
営業時間 日にちによって異なる
サイト https://www.kiyomizudera.or.jp/

10. 伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

画像|PIXTA

日本人なら一度は目にしたことのある、鳥居がずらりと並ぶ風景。「伏見稲荷大社」は、千本鳥居で知られる神社です。その創建は、平安遷都よりも古い711年。地元では「お稲荷さん」の愛称で親しまれ、商売繁盛や家内安全のご利益があるとされています。

伏見稲荷大社

画像|PIXTA

たくさんの鳥居は、参拝者がお礼にと奉納したもの。その数は1万本を超えていると言われています。日中には多くの参拝客が訪れますが、おすすめは夜。鳥居はライトアップされ、日中とは違った神秘的な雰囲気に包まれます。まるで異次元に迷い込んだかのようなひと時を過ごしてみませんか?

名称 伏見稲荷大社
住所 京都府京都市伏見区深草藪之内町68
サイト http://inari.jp/

11. 元離宮二条城

元離宮二条城

画像|PIXTA

徳川家康によって、1603年に建てられた「元離宮二条城」。家康が将軍となった際には、この場で重臣たちを招き祝いの儀を行いました。そして、慶喜が大政奉還を行ったのもこの場所。つまり、江戸時代の始まり、そして終焉を見届けた場所なのです。

元離宮二条城

画像|PIXTA

3代目徳川家光が上洛し、二条城に入城して以降、幕末まで将軍を迎え入れることのなかったこちらのお城。動乱の幕末、大政奉還が行われた二の丸御殿は城内でも特に必見です。江戸時代の栄枯盛衰を見守ってきたスポットで、かつての偉人たちに思いを馳せるひと時を過ごしてみませんか?

名称 元離宮二条城
住所 京都府京都市中京区二条城町541
営業時間 季節によって異なる
サイト http://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/

12. 東山慈照寺

東山慈照寺

画像|PIXTA

「銀閣寺」として知られる「東山慈照寺」。室町幕府8代将軍足利義政の時代につくられました。当時は応仁の乱で、混乱していた時代。焼失した浄土寺の跡地に建てられました。しかし、義政は完成した姿を見ることなくこの世を去りました。

東山慈照寺

画像|PIXTA

華やかな金閣寺と異なり、落ち着いた外観が特徴の銀閣寺。「銀閣」と呼ばれているのに銀色をしていないのは、財政事情や完成前に義政が亡くなったことが関係していると言われています。また、すぐ傍には哲学の道があるので、併せて立ち寄るのがおすすめです。

名称 東山慈照寺
住所 京都府京都市左京区銀閣寺町2
営業時間 3月1日~11月30日 8:30~17:00
12月1日~2月末日 9:00~16:30
サイト https://www.shokoku-ji.jp/ginkakuji/

13. 錦市場

錦市場

画像|PIXTA

「京の台所」で知られる「錦市場」は、食品販売を主に行う商店街です。そのはじまりは、今から約1,300年前。平安時代に、京都御所へ魚などを納めるお店が集まったことが起源とされています。今では魚のほか、野菜やお漬物など、京都のご当地食材が販売されており、お土産を買う際にもおすすめです。

錦市場

画像|PIXTA

周辺には八坂神社やミュージアムなど、観光スポットも満載。気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょう。また、商店街内での食べ歩きはNG。休憩にぴったりなグルメを販売しているお店もあるので、店内のイートインスペースで味わいましょう。

名称 錦市場
住所 京都府京都市中京区錦小路通
営業時間 店舗によって異なる
サイト http://www.kyoto-nishiki.or.jp/

14. 京都御所

京都御所

画像|PIXTA

約500年もの間、天皇の住まいとして利用されてきた「京都御所」。2019年には元号が令和となり、皇室にまつわるスポットに訪れたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。以前は予約をしなければ見学できませんでしたが、現在は自由に見て回ることができます。

京都御所

画像|PIXTA

敷地内には見どころも満載!教科書やテレビで見た建物や場所を、間近で見ることができます。特に、即位の儀などが行われてきた、最も格式の高い紫宸殿は必見。また、春には桜、秋には紅葉が見ごろを迎えるので、その季節に合わせて訪れるのもおすすめです。

名称 京都御所
住所 京都府京都市上京区京都御苑3
営業時間 9月・3月 9:00~16:30
10月~2月 9:00~16:00
4月~8月 9:00~17:00
サイト http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/kyoto.html

15. 平安神宮

平安神宮

画像|PIXTA

幕末、多くの戦の起きた京都の街。明治維新後、首都が東京へ移ったことは、京都に暮らす人々に大きな打撃を与えました。そんな中、明治時代には近代化を促進するべく博覧会が全国各地で開催されます。1895年、平安遷都1100年を記念し京都で博覧会が行われました。

平安神宮

画像|PIXTA

その折に創建されたのが「平安神宮」です。見どころのひとつが、春に咲くヤエベニシダレザクラ。境内を鮮やかなピンク色で彩ります。神苑の池に映る桜も必見。また、毎年10月22日には京都三大祭のひとつ・時代祭が行われます。参拝と併せて立ち寄るのもおすすめです。

名称 平安神宮
住所 京都府京都市左京区岡崎西天王寺
営業時間 季節によって異なる
サイト http://www.heianjingu.or.jp/

16. 哲学の道

哲学の道

画像|PIXTA

「哲学の道」は、永観堂付近の若王子橋から、銀閣寺西側の銀閣寺橋までの約1.5㎞の歩道のことを指します。1890年、琵琶湖疎水が完成した際に整備され、現在は日本の道100選に選ばれました。西田幾多郎など、実際に哲学者たちが散策したことからその名がつきました。

哲学の道

画像|PIXTA

車が通らないので、小さな子供連れの方でも安心して散策できるのも人気の理由。また、廃業した喫茶店に住み着いた猫たちが有名で、猫好きならぜひ訪れたいスポットです。周辺には寺院や個性的なカフェも多いので、休憩しながら周辺散策が楽しめます。

名称 哲学の道
住所 京都府京都市左京区鹿ケ谷法然院西町

17. 八坂神社

八坂神社

画像|PIXTA

祇園祭で知られる「八坂神社」は、先ほどご紹介した円山公園に隣接する神社です。地元では「祇園さん」の愛称で親しまれ、お正月三が日の初詣の参拝客は約100万人。京都府内でも、伏見稲荷大社に次ぐ2位となっています。

八坂神社

画像|PIXTA

最大の見どころでもある祇園祭は、毎年7月の1か月間にも渡り行われます。今日の都に疫病が流行した際、災厄の除去を祈ったことがはじまりです。中でも活気ある山鉾巡行や神輿渡御は必見。公式HPには地図や日程が掲載されているので、訪れる際は要チェックです。

名称 八坂神社
住所 京都府京都市東山区祇園町北側625
サイト http://www.yasaka-jinja.or.jp/

18. 渡月橋

渡月橋

画像|PIXTA

嵐山を代表する観光スポット「渡月橋」。桂川に架かる橋で、800年代に道昌という僧侶が架橋したのが始まりと言われています。後の亀山上皇が橋の上に登る月を見て、「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことから、その名がつきました。

渡月橋

画像|PIXTA

橋脚と橋桁は鉄筋コンクリートでつくられていますが、欄干部分は嵐山の景観に溶け込む木造になっているのがポイント。また、春や秋には夜間のライトアップも行われます。日中とは姿を変えた、ロマンチックな光景も眺めてみてはいかがでしょう。

名称 渡月橋
住所 京都府京都市右京区嵐山

週末の旅行は京都で満喫!

いかがでしたか?京都は情緒溢れる街並みで、眺めているだけでも癒されますよ。また、「伏見稲荷大社」では、日本ではもちろんのこと、訪日観光客の方に5年連続で1位に選ばれておりますので、京都旅行の際はぜひ訪れて見てくださいね。季節にもよりますが、夜になるとライトアップする建造物もありますので、併せて検討して見てはいかがでしょうか?

【関連記事はこちら】
▶老舗からおしゃれカフェまで!京都に行ったら食べたいランチ20選
▶京都・河原町で絶対に行くべき!おすすめ観光スポット40選を徹底紹介

特集

2020/01/22金魚のように揺蕩うふたりだけの濃密な時間 ──1日3組限定の露天風呂付ラグジュアリーヴィラ Yufuin Luxury Villa zakuro

2019/12/16【宿泊体験】子どもが主役になれる!レゴランド®・ジャパン・リゾートステイ

人気記事