最終更新日時2019/02/27

はるか昔より、「食の宝庫」として有名な淡路島。そこで育てられた幻の淡路ビーフ、最高級「グランドチャンピオン牛」の誕生秘話と、そのお肉を味わえる期間限定のグレードアップメニューをご紹介します。

生産者の想いとこだわりから生まれた淡路の牛たち。毎年おこなわれる品評会では、そのなかの1頭のみが「グランドチャンピオン牛」に選出されます。「幻」ともいわれる貴重なお肉を食べ尽くす、特別な旅を淡路島で楽しんでみませんか? グレードアップメニューは食数限定。先着順なので、チェックはお早めに!

幻のビーフ?!「淡路ビーフ」とは

チャンピオン牛イメージ02 copy出典:relux Magazine編集部

淡路ビーフとは、長い時間をかけて改良されつづけてきた優良な血統から生まれる、但馬牛を元とする牛肉のこと。その血統は、他県産の牛との交流を避けて受け継がれてきた”本物”。松阪牛や近江牛、神戸牛など、日本を代表する銘柄和牛の素牛の多くが淡路島で育った淡路和牛です。

その淡路和牛のなかでも、特に秀逸な肉質の牛が「淡路ビーフ」として世に送り出されます。口のなかでとろけるように柔らかく、肉本来の旨味と豊かな風味をもつのが肉質の特徴。そんな超一級の肉質と希少価値から、「幻の淡路ビーフ」と呼ばれているのです。

「グランドチャンピオン牛(名誉賞)」は最高級の証!

2015年チャンピオン牛(拓巳号) copy出典:relux Magazine編集部

全国各地のブランド牛の産地でおこなわれる品評会。淡路島では毎年10月におこなわれるこの品評会で、淡路ビーフの中で最も高い評価を受けた牛に「グランドチャンピオン牛(名誉賞)」の栄誉が授けられます。つまり、「グランドチャンピオン牛」は幻ともいわれる淡路ビーフの中で、さらに最高級の逸品なのです。

2015年チャンピオン牛(生産者)01 copy出典:relux Magazine編集部

では、そんな最高級の牛を育て上げたのは一体どんな方なのでしょうか?

2015年の「グランドチャンピオン牛」の栄光に輝いたのは、南あわじ市「清川牧場」の主人である清川浩平さんが育てた「拓巳号」。清川さんが育てた牛は過去にも6度、グランドチャンピオン牛に選出されているといいます。

牛を育てる匠である清川さんのこだわりは、牛たちにストレスのかからない環境でのびのびと育ててあげること。まるで我が子のように、1頭1頭を手塩にかけて育て続けているからこそ、7度目のグランドチャンピオン牛の受賞が実現したのでしょう。

今年、「グランドチャンピオン牛」を競り落としたのは…

2015年チャンピオン牛(競り) copy出典:relux Magazine編集部

2015年の品評会は、10月4日(日)淡路市塩田新島にておこなわれました。そこで名誉賞に輝いたグランドチャンピオン牛、「拓巳号」を1頭まるごと競り落としたのは、淡路・神戸・琴平で10のホテル・旅館を運営するホテルニューアワジグループ

ホテルニューアワジグループがグランドチャンピオン牛を競り落としたのは、今年で連続4回目。決して安価ではないグランドチャンピオン牛を毎年競り落としているのは、「旅館を訪れるゲストのみなさまに、淡路の最高級の美食をお届けしたい。」という想いがあるから。

そこで、ホテルニューアワジグループが10月31日(土)〜12月10日(木)の期間限定でご提供する、グランドチャンピオン牛のオプションメニューと、4つの旅館をご紹介します。さらに、宿泊予約サイト「relux(リラックス)」からのご予約なら、通常よりも500円以上お得にご利用いただけます。お得な情報を、ぜひチェックしてみてください。

1:夢泉景別荘 天原

RP22325_1006出典:relux|夢泉景別荘 天原

夢泉景別荘 天原は、古事記に伝わる天の神々の居まします処、“高天原”から名づけられた一軒。ゆったりと過ごせるお部屋はすべてが専有露天風呂付き。淡路の海に臨み、いつでもお好みのタイミングで潮風と湯浴みをお楽しみいただけます。

そんな夢泉景別荘 天原でご用意しているオプションメニューは、『フィレ肉の石焼き 秋野菜添え』。牛肉の中でも希少なフィレ肉を、お好みの焼き加減でお召し上がりいただけます。風味豊かな秋野菜とともに、とろけるような舌触りを満喫してみませんか?

夢泉景別荘天原 copy出典:relux Magazine編集部

▼詳細
・施設名称:夢泉景別荘 天原(ゆめせんけいべっそう あまはら)
・所在地:兵庫県洲本市小路谷1052-2(古茂江海岸)
・宿泊料金:大人1名様あたり30,240円〜(2名利用時、1泊2食付/税・サービス料込)
・宿泊プランへの追加料金:7,020円(税込) ※通常7,560円

2:ホテルニューアワジ ヴィラ楽園

RP22548_1002出典:relux|ホテルニューアワジ ヴィラ楽園

淡路島の東海岸に佇む、ホテルニューアワジ ヴィラ楽園。すべてスイートタイプのお部屋から紀淡海峡や大阪湾を一望できる、絶好のロケーションに佇みます。最上階には専用スカイラウンジも。どこまでも広がる海の風景を満喫することができます。

そして、海の風景ともに楽しみたいのが『特上サーロインの石焼ステーキ&握り』のオプションメニュー。霜降りサーロインを、石焼と握りの両方で頂くことができる贅沢な一品です。たくさんの味を楽しみたいという、ちょっと欲張りな皆さまにもオススメです。

ホテルニューアワジヴィラ楽園 copy出典:relux Magazine編集部

▼詳細
・施設名称:ホテルニューアワジヴィラ楽園(ほてるにゅーあわじ ゔぃららくえん)
・所在地:兵庫県洲本市小路谷20番地
・宿泊料金:大人1名様あたり33,480円〜(2名利用時、1泊2食付/税・サービス料込)
・宿泊プランへの追加料金:4,320円(税込) ※通常4,860円

3:ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景

RP23365_1007出典:relux|ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景

ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景は、淡路島の東海岸「古茂江海岸」に臨む一軒。reluxでご紹介しているのは、その特別フロア「里楽 ~riraku~」のお部屋です。和モダンでどこか懐かしい。そんなしつらえのお部屋が揃います。

オプションメニューでご用意するのは、『リブロースのすき焼き鍋』。上質のサシが入ったリブロースを、すき焼き鍋にて。霜降り肉の濃厚な旨みがつまったお肉を、旬の野菜とともにたっぷりと心ゆくまでお召し上がりいただけます。

淡路夢泉景 copy出典:relux Magazine編集部

▼詳細
・施設名称:ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景(ほてるにゅーあわじべってい あわじゆめせんけい)
・所在地:兵庫県洲本市小路谷1052-2 (古茂江海岸)
・宿泊料金:大人1名様あたり25,920円〜(2名利用時、1泊2食付/税・サービス料込)
・宿泊プランへの追加料金:3,780円(税込) ※通常4,320円

4:渚の荘 花季

RP23665_1007 (1)出典:relux|渚の荘 花季

渚の荘 花季は、海辺のオープンテラスが印象的な和み宿。ほかにもオープンテラスの露天風呂やお部屋の大きな窓からも、海と空を眺めていただけます。また、お好みで選べるおしゃれな彩浴衣は、女性に嬉しいサービス。”お洒落着”を身につけて、海辺でのお散歩もお楽しみくださいね。

そんなこの宿では、『握り&陶板焼&みぞれ鍋』の3種のお料理をご用意。ローストビーフの握り、香ばしいかおりが食欲をそそる陶板焼、とろける食感と大根おろしが共演するみぞれ鍋――。グランドチャンピオン牛のおいしさを、余すところなくご堪能いただけることでしょう。

渚の荘+花季 copy出典:relux Magazine編集部

▼詳細
・施設名称:渚の荘 花季(なぎさのしょう はなごよみ)
・所在地:兵庫県洲本市小路谷1053-16
・宿泊料金:大人1名様あたり28,080円〜(2名利用時、1泊2食付/税・サービス料込)
・宿泊プランへの追加料金:1,620~3,780円(税込) ※通常2,160〜4,320円

「グランドチャンピオン牛」と一流旅館で至福の時を。

いかがでしたか? こだわりをもって育てられた、淡路ビーフの中でも最高級の「グランドチャンピオン牛」を、淡路を代表する旅館で味わうひととき。そこには、「地元ならではの魅力」がたくさん詰まっています。reluxでのオプションメニューのご案内は12月10日(木)のご宿泊分まで。この機会をお見逃しなく! 淡路で「おいしい旅」をお楽しみください。

【特記事項】
※オプションメニューのため通常のご宿泊料金とは別途、料金が発生いたします。
※食数限定のため先着順のご提供となり、タイミングによってご用意が難しい場合がございます。あらかじめご了承ください。
※お子様向けのお料理には「グランドチャンピオン牛」を使用しておりません。

TOP画像出典:relux Magazine編集部

特集

2020/07/01鎌倉で泊まるのに便利で人気のホテル・宿泊施設10選

2020/06/29愛犬と一緒に初めてのリゾートホテルステイ ──あてま高原リゾート ベルナティオ

おすすめ記事

人気記事