最終更新日時 2019/02/27

今回は、いま話題の伊勢志摩・賢島に佇む戦後初のリゾートホテル「志摩観光ホテル」をご紹介します。1951年に開業した「志摩観光ホテル」は、1969年に増築の「ザ クラシック」、2008年開業の「ザ ベイスイート」、そして開業時の建物を改修しレストラン2店舗を新設した「ザ クラブ」の3館からなります。迎賓館として数々の賓客をお迎えしてきた”おもてなし”は今もなお受け継がれています。伊勢志摩へ足を運ぶなら、「志摩観光ホテル」にしかない”贅沢”をお楽しみください。

「志摩観光ホテル」のはじまり

志摩観光ホテル ザ クラシック開業当時の志摩観光ホテル
志摩観光ホテルの歴史が始まったのは、戦後まもない1951年のこと。日本を代表する建築家・村野藤吾氏が設計を手がけ、戦後初の純洋式リゾートホテルとして開業しました。その志摩観光ホテルが「迎賓館」と呼ばれるのは、数多くの賓客を迎えていたから。その後、1969年には新館(現在の志摩観光ホテル ザ クラシック)も完成し、近代的な調度品を備えた国内最大規模のリゾートホテルとなりました。

生まれ変わった「志摩観光ホテル ザ クラシック」へ

志摩観光ホテル ザ クラシック出典:relux|志摩観光ホテル ザ クラシック
2016年6月、「志摩観光ホテル ザ クラシック」は1年間にもおよぶリニューアルを経て、国際的リゾートホテルとしての1歩を踏み出します。国内外のお客様をお迎えするロビーでは、窓いっぱいに広がる英虞湾の絶景とクラシックな暖炉が出迎えます。そして、歴史や伝統に育まれた”おもてなし”が皆様をお迎えします。
志摩観光ホテル クラシック出典:relux|志摩観光ホテル ザ クラシック
ここは、1974年に公開された映画『華麗なる一族』の舞台にもなった、レストラン「ラ・メール ザ クラシック」。万俵家一族がお正月にホテルで過ごすシーンやレストランでの会食シーンなどが撮影されました。まるで映画の主人公になったような気分を味わいながら、伝統のお料理とともに素敵な時間をお楽しみください。
志摩観光ホテル クラシック出典:relux|志摩観光ホテル ザ クラシック
客室では、志摩の美しい自然を眺めるビューバスとリビングルームを配した一室や、開業当時のテイストが残るクラシカルな一室をご用意しました。天然木を用い、さらに上質で居心地のいい空間へと生まれ変わりました。豊かな自然に抱かれた景色をご満喫ください。ホテルステイの中で、お部屋で過ごす時間はとても重要なもの。生まれ変わったお部屋では、心ゆくまで羽を伸ばせる空間の贅をご体験いただけます。

所在地 三重県志摩市阿児町神明731
詳細情報 https://rlx.jp/21160
参考価格 33,500円〜/1名様あたり(税・サービス料込み、1泊2食付き2名利用時)

大人のリゾートホテル「ザ ベイスイート」 >>

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事