最終更新日時 2019/02/27

今回は、新たな魅力を見せる平安神宮周辺エリアの観光をご紹介します。春には美しい桜、秋には賑やかな時代祭と年間を通して盛り上がりをみせる、京都屈指の人気スポットです。この平安神宮を中心とする「京都岡崎エリア」は再開発ビジョンによって、新しい観光文化都市として生まれ変わりました。ぜひ近くを訪れた際は、足を運んでみてはいかがですか?

1. 平安神宮

出典:ippinkan corp
平安奠都1100年記念に建てられた平安神宮は、京都の歴史から考えると比較的新しい神社です。朱塗りの社殿には、年間多くの観光客が訪れ賑わいます。桓武天皇の平安遷都を記念して作られた平安神宮。広い敷地に様々なスポットがあり、見所満載です!大鳥居や大神殿などはとても大きく、見る人々を圧倒します。祇園から歩いていけるため、京都に来た際にはぜひお立ち寄りください。

所在地 京都府京都市左京区岡崎西天王町
詳細情報 http://www.heianjingu.or.jp/
料金 大人/600円 子供/300円
営業時間 3月1日〜3月14日・10月1日〜10月31日 8:30~17:00
3月15日〜9月30日/8:30〜17:30
11月1日〜2月末日/8:00〜16:30

2. 時代祭

出典:Hitokage
平安神宮で10月22日に行なわれる時代祭は、京都三大祭のひとつにも数えられる大規模なもの。歴史上の要人に扮した参加者が、京都市内を練り歩きます。明治維新や江戸時代、室町時代や鎌倉時代、平安時代へと時代を遡って続く行列。特に平安時代の清少納言や紫式部、小野小町といった人物の華やかな出で立ちには、街道から拍手が湧き上がります。京都らしい雅な祭礼には府外からも多くの人が訪れ大いに賑わいます。

日時 2016年10月15日(土)〜10月23日(日)
詳細情報 https://www.kyokanko.or.jp/jidai/

3. ロームシアター京都(旧京都会館)

出典:miho tegami
1960年に岡崎エリアに建てられた京都会館は、京都で最も大規模なコンサートホール。改修後2016年に再オープンしたロームシアター京都(旧京都会館)にはオシャレな庭園やカフェなども併設されました。「外観は元のままで内装は最新に」という斬新な施工で生まれ変わったコンサートホールは現在、歌舞伎からロックバンドのコンサートまで、さまざまな催しで賑わいます。京都に訪れた際には、ぜひチャックしてみてください。

所在地 京都市左京区岡崎最勝寺町13
詳細情報 http://rohmtheatrekyoto.jp/

4. あやの小路岡崎本店

出典:macchips maruko
平安神宮の東に位置する珍しい「がま口ショップ」、あやの小路は岡崎屈指の人気店です。丸くてころんとした和モダンな雑貨はとびきりキュートでおみやげにもぴったりです。がま口の種類はちりめんや西陣織のもの、唐草模様や個性的なドクロ模様のものまでさまざまあります。メイドインジャパンの手作りがま口には職人の技が光ります。自分にはもちろん、ご家族、ご友人にも一緒に買って帰りたいですね。

所在地 京都市左京区岡崎南御所町40-15
営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休(年末年始を除く)
詳細情報 http://ayanokoji.jp/

新たな魅力を発見!

平安神宮周辺は、平安時代には白河天皇の院政の地六勝寺などが立ち並んで栄えたという歴史文化都市。再開発によって生まれ変わり、和のステキな雰囲気を存分に楽しめる現代の岡崎エリアに、足を運んでみてください。
サムネイル画像出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Heian_jingu_gate.jpg

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事