最終更新日時 2019/02/26

厄除けの神様として信仰されている、世界遺産の上賀茂神社。毎年多くの方が参拝に訪れますが、上賀茂神社の周辺には、絶品和菓子のお店があることをご存知でしょうか。上賀茂神社へ足を運ぶなら、ぜひお立ち寄り頂きたい、絶品和菓子店をご紹介いたします。

1. 葵家やきもち総本舗 / 京都市北区


上賀茂神社の入口からほど近く、参拝に訪れる方が必ず訪れる“上賀茂神社御用達”の老舗和菓子店があります。こちらの名物は「やきもち」。この自慢のやきもちは、滋賀県江州産の羽二重糯米を使ったきめの細かいお餅の中に、丁寧に炊き上げた北海道産の大粒小豆を包み、上品な甘さに。店頭では、温められたやきもちを頂くことができ、伸びの良いお餅と大粒小豆の甘みが入り混じる絶品の味を堪能することができます。上賀茂神社御用達の味をお土産にいかがでしょうか。

所在地 京都府京都市北区上賀茂本山町339
営業時間 7:30~18:00
定休日 年中無休
料金 1個 125円(税込)
駐車場 あり
詳細情報 http://www.aoiya.jp/

2. 神馬堂 / 京都市北区

@mykeyhourが投稿した写真


創業1872年の老舗和菓子店は、上賀茂神社の2大和菓子店のうちのひとつ。江州米のお餅につぶした餡をくるみ、程よい色づき加減に焼かれたやきもちは、あっさりとして香ばしい仕上がりに。上賀茂神社から道をゆけば、鼻をくすぐる焼き餅の香りに誘われて、多くの方が訪れる名店です。こだわりの味を貫くやきもちは、添加物を一切使用しておらず、賞味期限は当日まで。旅の思い出をご自宅でも味わってみてはいかがでしょうか。

所在地 京都府京都市北区上賀茂御薗口町4
営業時間 7:00~16:00(売り切れ次第閉店)
定休日 火曜午後、水曜
料金 1個130円(税込)
駐車場 なし
詳細情報 http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26000370/

3. 京のおん菓子 朧八瑞雲堂 / 京都市北区

@ha_gaitaiが投稿した写真


2009年創業の未だ新しい和菓子店。その場で食べる、たっぷりクリームの詰まった「生銅鑼焼」が人気ですが、朧八瑞雲堂のお土産には、数ある和菓子の中でも「栗餅三笠」がおすすめ。三笠とは、京都ではどら焼きのこと。栗餅三笠は、京都羽二重餅と栗をあんこと大きな三笠で挟んだ食べ応えたっぷりのどら焼きです。よく伸びるお餅と、どこを食べても口の中に入ってくる沢山の栗、そしてふわふわの三笠は、優しい味わいでお手土産にぴったりです。

所在地 京都府京都市北区紫竹上竹殿町43
営業時間 9:00~19:00(完売次第終了)
定休日 火曜
料金 1個268円(税込)
駐車場 なし
詳細情報 https://kyoto.mypl.net/shop/00000335512/

4. 御菓子司 霜月 / 京都市北区

Mayumiさん(@mayumi0509)が投稿した写真


平成3年創業の和菓子店「霜月(そうげつ)」。上賀茂神社の近くを流れる川沿いの道を北側へ渡った位置にあります。こちらでは、まるでガラス細工の中に木の芽を閉じ込めたかのような、オリジナル和菓子「木ノ芽琥珀(きのめこはく)」が人気。ガラスのような部分は寒天、その上には山椒の葉を乗せ、新鮮な香りと歯ざわりの良い食感です。木ノ芽琥珀は2月~6月頃までの販売、それ以外の季節には、季節毎の琥珀を販売しています。京雅を感じさせてくれるお手土産にお勧めです。

所在地 京都府京都市北区西賀茂榿ノ木町5
営業時間 9:00~18:00(1月、祝日は17:00まで)
定休日 日曜、第1・第3月曜日
料金 12個入 950円
駐車場 なし
詳細情報 http://www.sougetsu-kyoto.jp/

お土産に買って帰ろう

いかがでしたか。上賀茂神社の葵祭にちなんで誕生した歴史ある「やきもち」や、未だ新しい和菓子店の「栗餅三笠」や「木ノ芽琥珀」。新旧が入り混じる京の和菓子は、どれも美しく、絶品と称されています。お土産には、上賀茂神社の名物和菓子をどうぞ。
サムネイル画像出典:Keiko Shih

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事