最終更新日時 2019/02/26

梅田は古くより大阪を象徴する商業エリアとして発展してきました。近年ではグランフロントなどの新しい商業施設も開業し、その魅力は増していくばかりです。この記事では梅田でも特におすすめの高級ホテル5選をご紹介します。

アルモニーアンブラッセ大阪

アルモニーアンブラッセ大阪 出典:Relux|アルモニーアンブラッセ大阪

阪急梅田駅から徒歩3分、梅田の夜景を一望できるロケーションに佇むこちらのホテルは上品な非日常感を味わえる大人のためのホテルです。ホテル名のアルモニーとアンブラッセはそれぞれ「調和」と「キスの似合う場所」を意味しており、有名建築士・安藤忠雄氏のデザインした建物の外観と合わせて、都心のロマンチックな夜を演出しています。過去にはミシュランで5年連続の3パビリオンの評価を獲得しており、その快適性は抜群。「贅沢な記憶」をコンセプトにした全38室の客室からはすべての部屋にバルコニーが付いており、梅田のきらびやかな夜景を一望することができます。このホテルで過ごす時間は一生忘れられない贅沢な旅の記憶として残るでしょう。

アルモニーアンブラッセ大阪 出典:Relux|アルモニーアンブラッセ大阪

全38室の客室は「贅沢な記憶」をコンセプトにしており、プライベート性を重視した作りになっています。すべての部屋にはバルコニーが設けられており、梅田の夜景を堪能することができます。さらにワンフロアに4部屋ずつ、コンセプトの異なる特別なデザインの客室も用意されており、シックからモダンまで個性豊かな客室を堪能できます。食事には一流のシェフの作る本格派フランス料理をどうぞ。壁一面に飾られたワインセラーと上品なインテリアに囲まれたレストランで身も心も満たしてくれるひとときを味わえます。晴れた日にはオープンエアーのテラスデッキを利用することもできます。カフェではオリジナルの季節ごとのオリジナルティーをいただくことができます。ガーデンテラスからの絶景を眺めながらゆったりとしたティータイムを楽しみましょう。

アルモニーアンブラッセ大阪の詳細をみる

ホテル エルセラーン大阪

エルセラーン大阪 出典:Relux|ホテルエルセラーン大阪

高級ブランドショップや商業施設が軒を連ねる西梅田。そのすぐ近隣に位置する堂島に佇むのが「エルセラーン大阪」です。誠実という名前を冠したホテルのロビーにはクラシック音楽が流れ、白と曲線を基調とした上品で洗練された空間が出迎えてくれます。すぐ横にはミニサイズのフラワープールもあり、華やいだ雰囲気を演出しています。館内にはコンサートや演劇など様々な催し物が開催される大規模ホールやスイーツショップが設けられています。ホテルの地下は梅田の地下街とも直結しており、雨の日にも気兼ねなく出かけることができます。「ミシュランガイド京都・大阪」に過去何年も掲載されたホテルで、上品でロマンチックな最高の贅沢を堪能しましょう。

エルセラーン大阪 出典:Relux|ホテルエルセラーン大阪

白を基調とする客室はすべての部屋が20㎡以上の広さがあり、気品に溢れた明るい空間になっています。アメニティにもホテルオリジナルのものを採用しており、化粧品にはエルセラーン化粧品の防腐剤を一切使用していないものが用意されています。シャワーには水圧が高く、マッサージモードが搭載されたものが採用しており、至福のリラクゼーションを体感できます。食事には6階の日本料理の店で会席料理を堪能しましょう。こちらの料理屋はホテルの華やいだ雰囲気とは趣を異にする落ち着いた雰囲気の店で、四季折々の厳選食材をお手頃価格で楽しめます。館内にはビジネスコーナーも完備しており、コピー機器やFAXなどのOA機器やPCを利用できます。15階のスカイアトリウムでは梅田の夜景を一望しながら、セミナーや朝食会を開くこともできます。

ホテル エルセラーン大阪の詳細をみる

ザ・リッツ・カールトン大阪

ザ・リッツ・カールトン大阪 出典:Relux|ザ・リッツ・カールトン大阪

世界中で高い評価を受けるリッツカールトン。その日本第一号が「リッツカールトン 大阪」です。「もうひとつの我が家」をコンセプトにしたホテルの中は貴族の邸宅のような空間が広がります。館内のインテリアは伝統的なジョージアンスタイルで統一されており、18世紀の貴族を彷彿とさせる美術品が数多く飾られています。その総数はパブリックスペースだけでも450点にのぼり、まさに一つの美術館のような優雅でエレガントな空間を演出しています。「ホテルの中のホテル」とも名高いクラブラウンジでは昼間にはクラシックの生演奏とアフタヌーンティーを、夜にはカクテルやウイスキーの楽しめる大人の空間を楽しめます。月ごとにワインセミナーやディナーショーなど様々な催し物も実施しており、何度訪れても飽きることのない新鮮な体験を味わえます。中世のヨーロッパにタイムスリップしたような華やかな時間をお楽しみください。

ザ・リッツ・カールトン大阪 出典:Relux|ザ・リッツ・カールトン大阪

すべての客室は24階以上の高さにあり、どの部屋も40㎡以上の広さがあります。部屋にはいつでも出来たてのコーヒーを楽しめるネスプレッソマシーンや専用のナイトウェアもあり、不便なく快適に過ごせるようになっています。夜には就寝前のベッドメイクをしてくれるターンダウンサービスも実施しており、黒の革靴に限っては無料の靴磨きも受けられます。浴室にはイタリア製の大理石を使用しており、浴室のアメニティにもイギリス王室御用達のラグジュアリーブランド「ASPREY」の特別なものが用意されています。さらに、クラブラウンジフロアには専用のクラブラウンジも用意されており、より自宅のような時間を過ごすことができます。レストランには中華料理や日本料理、などバラエティー豊かな4種類の店が入居しており、世界中の絶品料理を味わうことができます。

ザ・リッツ・カールトン大阪の詳細をみる

ヒルトン大阪

ヒルトン大阪出典:Relux|ヒルトン大阪

JR大阪駅から徒歩2分の場所に佇むのが「ヒルトン大阪」です。特徴ある外観はランドマークとしても地域の人々に親しまれ、JRや阪急など7つの駅にも程近いロケーションに立地しています。近隣には世界的に有名な建築物である「梅田スカイビル」や「グランフロント大阪」などの施設もあり、梅田の都心部へも抜群のアクセスを誇ります。館内には24時間営業のジムや屋内温水プール、サウナなども完備しており、常に快適に過ごすことができます。マッサージルームやリラクゼーションサロンもあるので日頃の疲れをじっくりと落とせます。

ヒルトン大阪出典:Relux|ヒルトン大阪

客室には内装の異なる様々なタイプのものが用意されており、どの部屋からも六甲山や生駒山を眺められる抜群の景観を誇ります。ヒルトンルームには障子や襖などの日本の伝統的な和の意匠を取り入れた客室になっており、色彩も着物に使われるような優しい色調で統一されています。小さなお子さま連れの方にも利用しやすいように風呂場には踏み台や風呂椅子を用意してくれるのも嬉しい配慮です。エグゼクティブルームに宿泊する方には専用のラウンジと観光やチェックアウトのサポートをしてくれる専任のゲストリレーションズオフィサーが常駐します。

ヒルトン大阪の詳細をみる

インターコンチネンタルホテル大阪

インターコンチネンタルホテル大阪出典:Relux|インターコンチネンタルホテル大阪

グランフロント大坂と同じ敷地内に位置するのが「インターコンチネンタルホテル 大阪」です。新大阪駅へは車で約10分、関西空港直通のリムジンバスの乗り場へも徒歩5分でアクセスすることができます。館内には高級旅館さながらの日本式浴場や屋内プール、宿泊客なら無料で利用できる24時間営業のフィットネスジムなどの施設が充実しています。旅のお供には約70年に渡り、大阪の魅力を知り尽くしたコンシェルジュチームがあなたの旅を快適で刺激に満ちたものへとサポートします。新しいラグジュアリーと寛ぎに満ちたホテルで至福のひとときをお過ごしください。

インターコンチネンタルホテル大阪出典:Relux|インターコンチネンタルホテル大阪

グランフロント大阪の北館21階以上の高さにある客室はほとんどの客室が50m²以上の広さのある客室になっており、和の色彩のファブリックやビルキー・リナス・デザインのインテリアが大人の上質な空間を演出しています。大阪の夜景を一望できるように大きく切り取られた窓からは一枚の絵画のような景色が広がります。部屋のアメニティにはエスプレッソマシーンやアイロン、ソーイングキットなどが用意されている他、バスアメニティとしてアメリカの高級フレグラングブランド「Agraria」が用意されています。一階にあるパティスリー「STRESSED」ではホテルオリジナルのブレンドティーやホテル特製のプラリネチョコレートが提供されており、ここだけの絶品スイーツを堪能することができます。

インターコンチネンタルホテル大阪の詳細をみる

大都会でロマンティックな思い出を作りましょう

いかがだったでしょうか?梅田は近年、大阪の中でも積極的に再開発が進められているエリアで新しい商業施設や新しい名所が続々オープンしています。その影響から梅田は昔ながらの専門店と新興のショップの両方が楽しめるエリアになっています。どうぞこの機会に梅田に足を運んでみてください。

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事