最終更新日時 2019/02/26

兵庫県にある城崎温泉は1400年の歴史を持つ日本でも屈指の温泉街です。世界からも多くの観光客が訪れ、街中には至る所に特色のある旅館があります。こちらの記事ではそんな城崎でも屈指の高級旅館の魅力をたっぷりご紹介します。

城崎温泉 かがり火の宿 大西屋水翔苑

城崎温泉 かがり火の宿 大西屋水翔苑出典:Relux| 城崎温泉 かがり火の宿 大西屋水翔苑

情緒溢れる城崎の街で一際目を引くのが「かがり火の宿 大西屋水翔苑」です。名前の通り宿の入り口にはかがり火が灯されており、神秘的な雰囲気を演出しています。上品なお香がたかれた玄関にはコウノトリの墨絵が飾られており、客人を出迎えてれくれます。敷地内はすべてが畳床になっており、足元を暖かに照らす灯りと相まって幻想的な空間を作り上げています。夕方になると中庭の石造りの舞台をかがり火が照らし、能面の仕手の姿が浮かび上がる演出もあります。館内ではスリッパを履く必要がないので畳敷きの床の柔らかな感触を足の裏で直に感じながら開放的な気分を満喫していただけます。和風の客室には広い縁側と踏込が設けられており、どの部屋も10畳以上の広さがあります。

城崎温泉 かがり火の宿 大西屋水翔苑出典:Relux| 城崎温泉 かがり火の宿 大西屋水翔苑

10畳以上の広さのある客室には広い縁側と踏込が設けられており、白木の匂いが微かに香る上品な内装になっています。また、客室に設けられているバスとは別に大浴場も設けられています。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物高温泉でうちみや神経痛、慢性消化器病、痔病などに効能があります。白木の匂いに包まれた大浴場で眼前の坪庭を眺めながらのんびりと足を伸ばして旅の疲れを癒やしましょう。食事には四季折々の食材を用いた会席料理や松葉がにを使ったかにすきなどを味わうことができます。季節によってメニューが頻繁に変わっていくので何度通っても飽きることがありません。館内にあるギャラリーコーナーでは宿のシンボルであるコウノトリや城崎温泉周辺の観光地の写真が展示されています。夕方から夜にかけての外出には旅館専用のリムジンが送迎を行っています。車の数に限りはありますが、お足元の悪い方やご年配の方の外出の際に利用をおすすめします。

城崎温泉 かがり火の宿 大西屋水翔苑の詳細をみる

城崎温泉 但馬牛の宿 小宿 縁

城崎温泉 但馬牛の宿 小宿 縁出典:Relux|城崎温泉 但馬牛の宿 小宿 縁

こちらは城崎温泉から徒歩3分の場所にある大人のための旅館です。漆喰を基調とした落ち着いた雰囲気の館内は旅館でありながらホテルのような華やぎを感じさせます。小宿だからこそできるおもてなしは絶妙な距離感の気遣いで、一旦、部屋に案内された後はスタッフに邪魔されることはありません。そして、最大の魅力は何と言っても絶品の但馬牛が食べられること。但馬牛の中でも最高ランクである神戸ビーフ、その中でもさらに飼育方法や餌にこだわり抜いた特別な但馬牛を上田畜産の契約牧場から仕入れています。最高の但馬牛を炭火で炙り、わさびや塩などお好みの味付けで味わえます。小学生以上だけが泊まることのできる大人のための空間で、最高の一夜をお楽しみください。

城崎温泉 但馬牛の宿 小宿 縁出典:Relux|城崎温泉 但馬牛の宿 小宿 縁

客室は和室、洋室、和洋室の3種類があります。どの部屋も白色の漆喰を基調とした落ち着きのある内装になっており、必要なものだけが置かれた部屋は洗練された印象を与えます。宿一押しの和洋室には和式の居間とベッドが置かれており、モダンな雰囲気になっています。洋室のベッドはシモンズ製のものを採用しており、快適に眠れるようになっています。和室の布団は特注のマットレスを採用しており、部屋に案内されたときにはすでに用意してくれているので、大切な人との時間を邪魔されることもありません。館内に設けてある温泉は無料の貸切風呂で、中から鍵をかけてゆったりと過ごすことができます。食事には最高級の但馬牛をどうぞ。ステーキやしゃぶしゃぶ、炭火焼きなどお好みの食べ方を地元価格で堪能できます。

城崎温泉 但馬牛の宿 小宿 縁の詳細をみる

西村屋本館

西村屋本館出典:Relux|西村屋本館

江戸安政期から歴史を重ねてきたのがこちらの「西村屋本館」です。その歴史は陣屋跡の建物を譲り受けて開業した西村佐平衛の頃より150年の歴史を重ね、建物の一部は国の有形文化財に認定されています。ロビーは伝統的な日本家屋の中にも大正ロマンを感じさせる作りになっており、旅館に足を踏み入れたときから独特の雰囲気に包まれます。ラウンジには美術書や歴史書などが置かれており、但馬の歴史を記した貴重な資料を見ることができます。また、展示室には伊藤博文や渡辺泰山などの多くの著名人や文化人から寄贈された品々が展示されています。客室は日本庭園を囲むように作られており、それぞれの部屋から違う趣の景色が楽しめます。旅館の持つ悠久の時間に思いを馳せ、上品な大人のひとときを過ごしましょう。

西村屋本館出典:Relux|西村屋本館

数寄屋造りの客室は木造の落ち着いた和の風情に溢れています。すべての部屋が日本庭園を囲むように配置されており、庭の開放的な空気が部屋をより一層、広々とした空間を演出しています。館内に数種類ある温泉にはそれぞれに趣向が凝らされています。露天風呂や貸切風呂はもちろん、中国の舗地の趣向を取り入れた福の湯などもあります。泉質はブローム塩化類を含有した弱食塩泉で、リューマチや皮膚病、貧血症などに効能があります。離れの平田館は数奇屋作りの第一人者である平田雅哉氏がデザインしており、国の有形文化財にも指定されている建物です。内部は美術館のようになっており、至る所に調度品が展示されています。また、建物自体にも日本独自の伝統技術が用いられており、宮大工の手による四方柾の柱などを見ることができます。

西村屋本館の詳細をみる

閑吟のはなれ 風月魚匠

閑吟のはなれ 風月魚匠出典:Relux|閑吟のはなれ 風月魚匠KURO

城崎で新鮮な海の幸を味わうならこちらの「閑吟のはなれ 風月魚匠」がおすすめです。宿主は創業60年の老舗鮮魚店の仲買人でもあり、毎日市場から厳選した海の幸を仕入れ、絶品の料理へと仕上げます。さざえや白いか、ぶりなど四季折々の食材を夕食には懐石料理で、朝食では干物や焼き魚として召し上がれます。特に城崎名物の松葉ガニは身の詰まった津居山港産と柴山港産のものを厳選しており、かにしゃぶ、かにすき、焼きガニなどお好みの食べ方で召し上がることができます。宿には貸切風呂も用意されていますが、ぜひ、近くの外湯も体験してみてください。城崎温泉の発症の由来と鳴ったコウノトリが傷を癒やしたという湯や洞窟風呂などそれぞれに特徴のある温泉が楽しめます。また、お足元の悪い方にはJR城崎駅から無料の送迎バスが各列車ごとに出ており、客室にもバリアフリー化が施されたものが用意されています。

閑吟のはなれ 風月魚匠出典:Relux|閑吟のはなれ 風月魚匠KURO

客室は本館に4室、離れに6室の作りになっています。ゆったりとした広さの和洋室の客室は微かに木の匂いが香る優しい雰囲気をしており、宿泊客を優しく迎え入れてくれます。離れの一室はバリアフリーの施された客室になっているので、利用されたい場合は事前にその旨をお伝えください。宿の周辺には建物も少なく、観光客の騒音なども気になりません。スタッフの接客も付かず離れずの絶妙な距離感を保っているので、大切な方との時間を煩わされることもありません。部屋のアメニティにはクレンジングフォームや化粧水、乳液なども用意されており、加湿器も貸し出してくれるので乾燥が気になる女性にも利用しやすいようになっています。

閑吟のはなれ 風月魚匠の詳細をみる

旅館 泉翠

旅館 泉翠出典:Relux|旅館 泉翠

こちらの宿は城崎温泉でも屈指の観光名所である柳並木通りに程近い場所にあり、温泉街のほぼ中心部に位置します。駅からも徒歩数分圏内という抜群のアクセスで、周辺には多くの外湯があります。館内は畳張りになっており、玄関に入ると優しいお香の香りが広がります。フロントにてデロンギ製のコーヒーマシンを用意してくれているので、まずはここで旅の疲れを癒やしましょう。宿泊客には近隣の外湯7ヶ所を何度でも利用できる外湯巡りパスをサービスしてくれるので、ぜひ城崎温泉の外湯を満喫しましょう。季節によっては女性に色浴衣の無料貸し出しも実施しているので、髪を結い、草履を履いて街を散策するのも素敵な旅の過ごし方かもしれません。

旅館 泉翠出典:Relux|旅館 泉翠

客室は優しい暖色系の照明が照らす和室と和洋室の二種類です。平成26年にリニューアルされた和洋室は表通りに面した8畳の部屋で、ベッドにはシモンズ製のものを採用しています。食事は客室で食べることができるのはもちろん、どの客室のトイレもウォシュレットになっているのも嬉しい気遣いです。館内には3つの貸切風呂があり、予約をせずに入浴することができます。特に石の湯は5人以上の人数でも入浴できる広さがあるので団体での利用も可能です。

旅館 泉翠の詳細をみる

城崎温泉で身も心も癒やす最高の時間を堪能しよう

いかがだったでしょうか?城崎温泉にはじっくりと温めてくれる温泉の他にも、但馬牛に代表される絶品グルメもあります。忙しない都会を離れ、ぜひ一度、身も心も癒やしてくれる城崎温泉に足を運んでみてください。

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事