最終更新日時 2019/03/15

世界遺産で有名な「姫路城」をはじめとする観光スポットを擁する、人気エリア・姫路。平成の大改修を終えた美しい姫路城を見ようと、今日も国内外から多くの観光客が訪れ賑わいを見せます。姫路城ももちろんですが、姫路にはまだまだ素晴らしいスポットがたくさん!今回はそんな姫路のおすすめ観光スポットを30ヵ所ご紹介します。

姫路駅周辺でおすすめの観光スポット5選

1.姫路市立美術館

姫路市立美術館

姫路駅から北に徒歩20分。美しい赤レンガ造りの建物が「姫路市立美術館」です。明治時代に建てられた旧陸軍兵器庫を改装し現在に至ります。姫路城のすぐそばということもあり、当時のままの美しい状態で残っている貴重な建物でもあります。美術館からは姫路城の天守閣をのぞむことができるので撮影スポットとしてもおすすめです。

画像素材|PIXTA

「姫路市立美術館」には、日本画やベルギー美術をはじめとする様々な作品が展示されています。常設展示の国富奎三コレクションでは、モネやピサロとした近代フランスの画家たちの美術作品が見られます。20世紀初期のフランス・ベルギー美術の作品も展示されており、近代美術の歴史を学ぶ場としてもうってつけです。入場料も安く、一般なら200円、大学生・高校生ならわずか150円で入れます。そういった意味では、コスパのいい観光スポットです。

名称 姫路市立美術館
住所 兵庫県姫路市本町68−25
電話番号 079-222-2288
営業時間 10:00~17:00
公式サイト http://www.city.himeji.lg.jp/art/

2.姫路駅

姫路駅

再開発でとてもきれいに整備された「姫路駅」。新幹線や山陽本線など数多くの路線を走る列車が停車するターミナル駅です。その歴史は1888年の開業に始まり、初めて駅弁が広まった駅だと言われています。地下街やショッピングモール、周辺には姫路の夜景が楽しめるお店などとても賑わっています。お土産屋さんも多いですよ。ちなみに新幹線のホームは時速300キロ以上で走る新幹線を眺められる人気の場所として知られています。

画像素材|PIXTA

「姫路駅」の近くには、キャッスルビューという絶景スポットが存在します。ここは、名前の通り姫路城を正面から見られるのが特徴です。それだけではなく、天井や床にも国産の木材が利用されています。木材に囲まれたキャッスルビューは姫路旅行に訪れた人をおもてなしする暖かい空間のよう。姫路城観光の手始めとしておすすめな場所です。周辺には姫路城の城郭の風景をイメージして設計されたサンカクガーデンや芝生広場なども存在するので、ぜひ寄り道に行ってみましょう。

名称 姫路駅
住所 兵庫県姫路市駅前町
電話番号 0570-002-486
公式サイト https://www.westjr.co.jp/

3.姫路市立動物園

姫路市立動物園

姫路城のすぐ近くにある「姫路市立動物園」は、ミニ遊園地もあり1日中楽しめる動物園です。1951年のサンフランシスコ条約調印の年に開園し、60年以上の歴史を持っているためかどこか懐かしさが溢れています。園内からは姫路城を眺めることができる珍しい動物園ですよ。ちなみに桜スポットとしても知られています。姫路駅から徒歩15分の距離ですが、前之庄行きの神姫バスに乗れば10分以内でアクセスできます。

画像素材|PIXTA

「姫路市立動物園」では、様々な動物が見られます。その代表たるは、アジアゾウの「姫子」ちゃん。彼女は2代目で1994年から動物園の人気者として親しまれています。彼女は現在40歳を超えていますが、音楽でリズムをとる仕草が特に可愛いです。園内では、全国的にも珍しいケサラン・パサランが。幸運を呼ぶ謎の物体で、江戸時代から知られています。アカカンガルーやキリンのコウスケやグランドシマウマに会えるのもここ。ぜひ園内の動物たちと触れ合って心を癒してください。

名称 姫路市立動物園
住所 兵庫県姫路市本町68
電話番号 079-284-3636
営業時間 9:00~17:00
公式サイト http://www.city.himeji.lg.jp/dobutuen/

4.姫路市街地

姫路城の周りにはある「姫路市市街地」は古い歴史が残る町。古代には国府の跡が見つかるなど、西国の中で長きに渡り重要な役目を担っていたことが分かります。城下町として本格的に栄えるのが江戸時代。城下町を繁栄させた池田氏は江戸幕府初代将軍家康の信頼厚き人物として知られています。特に旧西国街道は、今でも当時の城下町の名残が残る地域で、姫路市街の最も古い街です。先ほどの通り、姫路城の城下町が原型となっているため商店街がありとても便利です。お土産や食事、ちょっとした休憩におすすめです。

画像素材|PIXTA

古い街並みが残る「姫路市街地」。その中心を占めているメインストリートが大手前通りです。この道は姫路駅と姫路城を一直線で結んでおり、姫路城とともに姫路市の顔となっています。大手前通りは戦後の時代に姫路復興のシンボルとして建設されたもの。戦後復旧計画の一環として、1955年に完成しました。道路の幅が広がったこともあって、姫路交通の要所としても活躍しています。最近では大手前通りの再整備が進められており、姫路のシンボルとして常に進化を続ける観光スポットです。

名称 姫路市街地
住所 姫路市

5.太陽公園

姫路の田園風景とは場違いな、真っ白なドイツ風の古城がこの太陽公園のシンボル白鳥城。シンデレラ城のモチーフとなったドイツのノイシュヴァンシュタイン城のレプリカとして建てられています。中はトリックアートの世界が常設展示されており、デートに訪れた際や家族で訪れた際、子どもから大人まで大興奮間違いなしの写真スポットが多数あります。

白鳥城から少し離れたエリアには、世界の名だたる世界遺産を再現したものも!凱旋門・石造彫刻・万里の長城・天安門・ピラミッド・ツタンカーメンの黄金のマスクなど、日帰りでも世界旅行気分が味わえます。施設内の売店や優しいスタッフも、この公園のなんだか不思議な雰囲気で非日常的な空間を生み出しています。

名称 太陽公園
住所 兵庫県姫路市打越1342−6
営業時間 9:00〜17:00

姫路でおすすめの定番スポット6選

1.書寫山圓教寺

圓教寺

標高371mの書写山にある「書寫山圓教寺」は、あの世界的大人気映画「ラストサムライ」やNHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」でも登場するとても有名なお寺です。境内は長きに渡る歴史の積み重なりとパワースポットらしい神聖な空気を感じさせます。他にも摩尼殿や大講堂などの歴史的建造物が存在します。特に食堂は天台宗の修行僧たちが食事をする場として利用されたところ。
樹齢700年を超す杉をかたどったバームクーヘンがお土産に人気ですよ。

画像素材|PIXTA

圓教寺は966年創建の寺院で、およそ1000年の歴史を持っています。天台宗の寺で延暦寺に匹敵するほど高い格式を持っています。故に古くから時の権力者に参拝され、崇められてきました。また、義経の忠臣として知られている弁慶にも深く関係している寺院でもあります。ちなみに明治時代までは長らく女人禁制が続いていました。1000年以上も親しまれただけあって、歴史ファンのみならず初めて姫路を訪れる観光客は圓教寺を観光して後悔はありませんよ。

名称 書寫山圓教寺
住所 兵庫県姫路市書写2968
電話番号 079-266-3327
公式サイト http://www.shosha.or.jp/

2.姫路セントラルパーク

象

サファリランドと遊園地が融合している「姫路セントラルパーク」では、夏はプール、冬はアイススケートも楽しめ、1年中遊べるテーマパークです。サファリは、車での見学はもちろん、エリアによっては、緑に囲まれたコースの中を歩きながら動物たちと間近に遭遇する「ウォーキングサファリ」もあり大興奮。子どもだけではなく大人も楽しめますよ。

Himeji Central Park / 姫路セントラルパーク

「姫路セントラルパーク」の遊園地のアトラクションは、様々な魅力を持っています。目玉のジャイアントホイールは日本の観覧車としてはかなり大きな部類で、高さ85メートルもあります。セントラルパークを一望できる絶景スポットとしつも有名ですよ。ジェットコースターも曲者揃いで、35メートルの高さからほぼ垂直に駆けるフリーフォールや360度回転するハリケーンが代表されます。紹介した3つ以外にもゴーカートやカーニバルコーナーなど数えきれない面白いアトラクションがありますよ。

名称 姫路セントラルパーク
住所 兵庫県姫路市豊富町神谷1436−1
電話番号 079-264-1611
営業時間 10:00~17:00
公式サイト http://www.central-park.co.jp/

3.書写山ロープウェイ

DSC_9505

乗車時間約4分。書写山に登るために利用する「書写山ロープウェイ」。ロープウェイでは、日本語はもちろん英語のアナウンスも流れます。本物のガイドさんももちろん、ゴンドラ内に乗ります。ゴンドラ内から、紅葉、緑と四季ごとに移り変わる山々、姫路市街や明石海峡大橋などが一望できます。わずか4分でこれだけの感動が味わえると評判なのだとか。山頂にある圓教寺に行かれる方にお勧めです。サファリパークなどとセット販売されているのでこちらのチケットも上手に使ってお得に姫路旅をたのしんでくださいね!

画像素材|PIXTA

「書写山ロープウェイ」は1958年とかなり古い時期に開通したスポット。今利用されているゴンドラは4代目となっています。4代目はゴンドラからの絶景を窓から眺めるだけでなく、床の下までも景色が見えるのが特徴です。これは大の絶景好きにはたまらないサービス。ちなみにロープウェイの料金は大人・往復でも1000円とリーズナブルです。書写山観光だけではなく景色を楽しみたいなら、まずこのロープウェイに乗ってみてはいかがでしょうか?

名称 書写山ロープウェイ
住所 兵庫県姫路市書写1199番地の2
電話番号 079-266-2006
公式サイト http://www.mt-shosha.info/

4.あずきミュージアム

"Gozasourou"

御座候は姫路発祥ということをご存知ですか?その御座候が運営するのが「あずきミュージアム」です。ここで、歴史、原料、花などあずきに関する展示が行われています。あずき専門の博物館は日本にはそうそうありません。姫路の企業として活躍した御座候こだわりの象徴とも言えるでしょう。また、あずき専門の料理を取り扱っているレストランもあります。中では、いつもの“しろ”“あか”以外に、御座候のあずきを使ったあずきソフトクリームなども楽しめますよ。

画像素材|PIXTA

日本人の食べ物として親しまれているあずきの歴史は縄文時代に遡ります。それも6000年前のことです。古代からあずきは生命の象徴として重宝され、1000年前以上から栽培が既に始まっています。あずきは日本だけでなく、中国など東アジアの地域でも盛んになっています。赤い豆のイメージがあるあずきですが、意外なことに花は黄色です。他にも、現在日本で生産されているあずきは北海道産のものが大半を占めている事などをあずきミュージアムでは、あずきについてより詳しく学べますよ。

名称 あずきミュージアム
住所 兵庫県姫路市阿保甲611番地1
電話番号 079-282-2380
公式サイト http://www.gozasoro.co.jp/amuseum/baseguide.html

5.日本玩具博物館

Fire engine

日本の玩具、海外120カ国の玩具や人形など総数7万点が展示されている「日本玩具博物館」。敷地内に1~6号館まである建物は、日本の風土にあった自然な資料保存ができるように工夫された施設になっています。企画展や特別展も頻繁に行われており、毎年違うテーマに変わります。博物館はすべて6つの建物があり、展示場はもちろん休憩室まで設置されています。なかなか見ることができないおもしろい玩具をぜひ愉しんでくださいね!

「日本玩具博物館」の館長さんは、井上重義さん。当時山陽の鉄道会社のサラリーマンであった重義さんは1974年に博物館をオープンしました。開館目的は博物館展示を通して、日本古来の郷土玩具の魅力を伝えていくこと。数々の業績から、地域振興のカリスマとして知られている有名人です。博物館は今では、日本で最も有名な玩具博物館として注目されています。アクセスとしては、JR香呂駅から徒歩15分くらいで到着できます。大学生なら400円、一般でも600円程度なので気軽に訪れてください。

名称 日本玩具博物館
住所 兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3
電話番号 079-232-4388
営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜日 定休日
公式サイト http://www.japan-toy-museum.org/

6.明石海峡大橋

明石大橋 Akashi Bridge

「明石海峡大橋」は、1998年に開通した淡路島と兵庫県の明石を結ぶ巨大な橋です。橋に建つ主塔の高さはなんと300メートル。超高層ビルでいうとあべのハルカスとほぼ同様の高さで、日本の建造物としても桁違いの迫力を誇っています。橋建設の計画は戦後直後から始まりました。その40年後の1986年かは建設開始、12年後の1998年に悲願の開通を果たしました。姫路市内から少し足を伸ばして淡路島に行くならこの「明石海峡大橋」を車で渡ることができます。橋自体のライトアップもとても美しく撮影スポットとしてもおすすめですよ。

画像素材|PIXTA

明石海峡大橋では毎年4月から11月にかけて行われるツアーがおすすめです。内容はというと、橋に利用されている技術・歴史解説を聞き、その後主塔のてっぺんに登るもの。ツアーのメインはやはり、主塔から見える瀬戸内海、神戸や明石、淡路島の絶景でしょう。しかも、ガラスや天井もないので、ある意味日本最大級の絶景を味わえます。まるで山に登ったような気分で、なかなか体験することのできないツアーです。ちなみにツアー費用は大人3000円でネット予約必須です。ただ、予約しても満員になる可能性があるのでご注意ください。

名称 明石海峡大橋
住所 兵庫県神戸市垂水区東舞子町
電話番号 078-784-3396(橋の科学館)
公式サイト http://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/index.html

姫路城周辺でおすすめの観光スポット6選

1.姫路城

Himeji Castle

青空に映えるまっしろなシラサギのような姿から白鷺城の愛称で親しまれる「姫路城」。平成5年12月には、奈良県の法隆寺とともに、日本で初のユネスコ(国際連合教育科学文化機関)世界文化遺産となりました。JR姫路駅を降りると、大通りのちょうど真正面に姿を現します。防御に工夫した構造の城郭であることも有名ですね。2015年(平成27年)3月まで行われた「平成の大改修」のあとは、多くの観光客で連日にぎわいました。延べ1万5千人の職人さんの手により見事なまでに改修され、輝きを放つ白鷺城をお楽しみください。

画像素材|PIXTA

「姫路城」は室町時代初期赤松氏に防衛拠点として建造されたのが始まりだと言われています。あの黒田官兵衛や天下人である豊臣秀吉に深く関わりのある城です。今のような白鷺の美しく大規模な城へと生まれ変わったのが江戸時代に入ってから。それ以前はまだ小規模な城でした。明治に入り廃城令によって城郭の一部が取り壊されましたが、地元の保全活動により完全に取り壊されずに済みます。大平洋戦争の空襲でも完全に消失せず、奇跡的に残りました。このような奇跡があったからこそ、姫路城は今に至っているのです。

名称 姫路城
住所 兵庫県姫路市本町68
営業時間 9:00~16:00
電話番号 079-285-1146
公式サイト http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/

2.姫路城 鉄砲

Guns introduced by the portuguese

姫路城は、現存天守の中で最も大きいとされているので天守閣も広く、城内には、鉄砲や掛け軸などの展示物が多く在り、飽きることがありません。順路によっては鎧兜などもあり、子どもも大人も楽しめますよ。特に見どころがあるのが姫路城の2階にある「武具掛け」です。これは火縄銃など当時使われた武器を保管するために設置されたもので、戦が起きた時にすぐに取り出せるようになっています。2階の武具掛けは3階のと比べてかなり大きいことが特徴。城散策の際に訪れましょう。

画像素材|PIXTA

現在の武具掛けは最近のリニューアル工事によって武器が取り外された状態に。リニューアル前は銃器が掛けられ、当時の姫路城2階をそのまま再現したものでした。武器を掛けた状態の武具掛けは「姫路城大発見アプリ」というARアプリで見ることができます。アプリを起動させた状態で、武具掛けのARマーカーを読み込みましょう。肝心の銃器が取り外されたとはいえ戦国・江戸時代の城内部をよりリアルに体感できる見どころではあることに変わりはありません。

名称 姫路城 鉄砲
住所 兵庫県姫路市本町68
営業時間 9:00~16時00
電話番号 079-285-1146
公式サイト http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/

3.姫路城城壁の狭間

姫路城, 姬路城, 日本第一名城, 日本三大名城, 姬路, 兵庫縣, 日本, 国宝姫路城, ひめじじょう, 白鷺城, はくろじょう しらさぎじょう, ひめじし, 兵庫県, ひょうごけん, にっぽん, にほん, Himeji Castle, White Egret Castle, White Heron Castle, Himeji, Hyogo, Japan, Nippon, Nihon

姫路城と言えばなんといっても丸、三角、正方形の鉄砲用に使う「狭間」。敵からは攻めにくく、内側からは狙いやすい工夫がされていることで知られています。中には、外側からは壁にしか見えない隠し狭間も。敵に攻め込まれても居場所を悟られずに討ち取ることができますから、戦には頼もしい存在です。姫路城の狭間は日本の城の中でも数が多く、その数は4000だと言われています。この狭間から姫路城がいかに守りに徹底した城であることが伺えます。姫路城に行ったら、是非見ておきたい外せないスポットです。

画像素材|PIXTA

狭間の形は幾何学模様で、一種の芸術のよう。防衛用とはいえ、なぜ丸、三角、四角の形をしているか気になりますね。その理由は未だになぞに包まれたままで、色々な説が浮上しています。その一つとして挙げられるのが万物の全てを表している説です。よくお寺に五重の塔の形をした供養塔が建てられていますが、塔に使われている石は、狭間と同じ丸、三角、四角の形をしたもの。仏教によれば、これらの形は水、大地などの万物を意味していると言われているのです。狭間の形にこのような宗教的背景を連想すると、よりロマンが掻き立てられますね。

名称 姫路城城壁の狭間
住所 兵庫県姫路市本町68
電話番号 9:00~16:00
営業時間 079-285-1146
公式サイト http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/

4.好古園

好古園

姫路城から徒歩5分。「好古園」は、9つの趣の異なる庭園で構成された美しい日本庭園です。西御屋敷跡・武家屋敷の遺構調査を元に江戸時代の風景を隅々まで再現しています。庭園を一望できるレストラン活水軒も。グルメを味わいながら日本庭園を望むのはしみじみとしていて奥ゆかしいです。御屋敷や滝など、外国人の方だけではなく日本人であってもその優美さに息をのむことでしょう。姫路城と共通入場券もあるので、上手に使ってぜひ姫路観光を楽しんでくださいね!

画像素材|PIXTA

好古園と言えば、時代劇のロケ地として有名な場所。ロケが行われたのは、人気テレビドラマ「暴れん坊将軍」や「るろうに剣心」などです。いずれも日本を代表する時代劇のドラマとして誰もが知っています。それほど、好古園は江戸時代にタイムスリップした実感をより一層味わえる素晴らしいところです。全部で9つの庭園からなる好古園の魅力は並々ではありません。新幹線が止まるターミナル駅姫路駅からも徒歩15分でアクセスできるのも注目するべき点です。

名称 好古園 白壁
住所 兵庫県姫路市本町68
電話番号 079-289-4120
公式サイト http://himeji-machishin.jp/ryokka/kokoen/

5.天下車屋

姫路城, 姬路城, 日本第一名城, 日本三大名城, 姬路, 兵庫縣, 日本, 国宝姫路城, ひめじじょう, 白鷺城, はくろじょう しらさぎじょう, ひめじし, 兵庫県, ひょうごけん, にっぽん, にほん, Himeji Castle, White Egret Castle, White Heron Castle, Himeji, Hyogo, Japan, Nippon, Nihon

姫路観光におすすめな人力車の「天下車屋」。人力車といえば明治時代から昭和の初めまで使われた、今で言うタクシーの役割を果たしていた交通手段です。今ではあまり見かけなくなったレトロな乗り物ですが、一度乗ればまるで明治時代のお金持ちや政治家になったような気分が感じられます。歩いての散策もとても楽しいですが、わかりやすくたのしい解説を聞きながらの乗車時間は旅の思い出になること間違いなし!人力車で移動しながら姫路の歴史を学べるのは、一石二鳥とも言えます。おすすめです。

画像素材|PIXTA

人力車を動かしている姫路の車夫さんは、濃い人ぞろい。中には、英語通訳ができる車夫さんもいて外国人も楽しめるようになっています。基本的には、大手前通りや姫路城、イーグレ姫路など街の観光スポットを駆け巡ります。料金は1人60分につき13000円とかなり高めですが、その分電車やバス、タクシーでは味わえない贅沢があなたを待っています。結婚式や写真撮影など様々なサービスが用意されていますよ。皆さんも天下車屋に乗って、姫路観光をさらに楽しむのはいかがでしょうか。

名称 天下車屋
住所 兵庫県 姫路市670-0901
電話番号 079-269-9957
営業時間 10:30~18:30
公式サイト http://www.tengasyaya.com/

6.姫路市立水族館

「姫路市立水族館」は手柄山中央公園の陸上競技場の隣に位置する、地域密着型の水族館で淡水魚の水槽が多く展示されています。 大きなクジラやイルカ、サメといったポピュラーなお魚はおらず派手さはないものの、その分子どもから大人まで魚を身近なものとして触れながら学ぶことができ、満足感を味わえます。入場料も500円ほどと安価で入りやすい場所です。

大きな亀やアリゲーターガーといった珍しい生き物、トコトコと歩くプリティーなペンギン等も見られ、一人で行っても、もちろん家族で行っても癒される場所です。タッチプールでは、悠々と泳ぐ魚や亀に触ってみる体験型アトラクションが楽しめ、小さな子どもに大人気!ベンチや雨よけなどもあり、ゆったりとくつろぎながら見学ができます。

名称 姫路市立水族館
住所 兵庫県姫路市西延末440
営業時間 9:00〜18:00
公式サイト http://www.city.himeji.hyogo.jp/aqua/

姫路でおすすめの穴場スポット6選

1.手柄山中央公園

DSC_9429

「手柄山中央公園」は、36ヘクタールの広さを持つ大きな公園。姫路市の公園では2番目に大きいです。手柄山温室植物園や太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔など、周辺には見どころも多く、展望台からは姫路城を含めた姫路市街地を望める絶景のポイント。野球場や体育館、プールなどスポーツをしたい市民向けの施設も数多く設置されています。昔姫路の交通網だったモノレールを見たいのであれば、手柄山交流ステーションに行きましょう。春には桜が咲き、園内のバラ園では香しく美しいバラをめでることもできます。

画像素材|PIXTA

姫路市の戦災の記憶を残しているのが、太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔です。この塔は太平洋戦争の空襲で犠牲になった市民を弔うために建設されました。慰霊塔のシンボルである剣の意味は「戦争を2度としない」という平和への思いを込めたもの。近くにある姫路市平和資料館は、空襲の状況をありのままに体験する装置や当時の生活など、当時の状況を今に伝える展示が多く公開されています。ここを訪れた人は、戦争の悲惨さと平和の尊さを決して忘れてはなりません。

名称 手柄山中央公園
住所 兵庫県姫路市西延末手柄山
営業時間 24時間
公式サイト http://www.city.himeji.lg.jp/guide/map/tegara/park.html

2.姫路文学館

DSC_9760

世界的有名な建築家安藤忠雄設計の建物でもある「姫路文学館」。彼による独特の建築デザインは文学館の一つの魅力です。この文学館では姫路で活躍した作家に関する資料が集められています。全体としては、北館、南館、望景亭などに分かれており、ことばの森展示室や体験広場コーナーなど様々な楽しみが。館長は藤原正彦さんで、「若き数学者のアメリカ」を執筆した人としても知られています。ガラス張りの外観に姫路城がとても美しく映しだされ一見の価値あり。足をお運びの際はぜひチェックしてみてくださいね!

画像素材|PIXTA

姫路文学館にある望景亭は、元々実業家であった濱本家が大正時代に建築した建築物です。国の登録有形文化財としてもとても貴重で、日本邸宅ならではの趣の深さを醸し出しています。完成当初は面積が非常に大きな邸宅でしたが、昭和時代に大半が解体されました。つまり、今残っている建物は邸宅の一部です。また、建物の中からは日本庭園を眺めることもできます。姫路文学館の見どころとしては非常に人気があるので、イベント時に立ち寄りましょう。

名称 姫路文学館
住所 兵庫県姫路市山野井町84番地
電話番号 079-293-8228
公式サイト http://www.himejibungakukan.jp/

3.ひめじ手柄山遊園

Himeji Tegarayama Amusement Park / ひめじ手柄山遊園

とっても懐かしい雰囲気の「ひめじ手柄山遊園」。アクアチューブやキッズサイクル、ファミリーサイクルなど小さい子どもでも遊べる遊具でいっぱいです。特にしろまるひめは、園内の人気マスコットキャラクター。白く美しい姫路城をモデルにし、愛嬌溢れる姿が魅力なご当地アイドルです。園内にある乗り物はすべて100円から300円以内で乗れますよ。夏にはプールが楽しめます。ノスタルジックな空気の中、のんびりとゆっくりした時間を愉しんでくださいね。おすすめです。

Himeji Tegarayama Amusement Park / ひめじ手柄山遊園

夏のみ営業されるプールは、エキサイティングなアトラクションが見どころ。代表的なのが、速い速度で駆け抜ける直線スライダーや人工波を楽しめる造波プールなどです。プール練習なら、25メートル、50メートルのプールを使った方がおすすめですよ。プールが営業している日としてない日で価格も異なるため確認の上、訪れてみてください。

名称 ひめじ手柄山遊園
住所 兵庫県姫路市西延末
電話番号 079-296-0503
営業時間 10:00~16:30
公式サイト http://himeji-machishin.jp/tegara/

4. 灯篭の台石

姫路城築城の際に石不足のために「転用石」として使われた「灯篭の台石」。言い換えれば、灯篭の基礎を材料として用いたものです。灯篭の台石が存在するのが「はの門」の右側、石垣の下部分です。一見同じ石材で建てられたように見える石垣ですが、灯篭の基礎部分が使われている事実を知ったら確実にびっくりしますね。実は姫路城には、転用石を使った箇所がたくさん残されています。探してみても楽しいですね。

画像素材|PIXTA

姫路城には転用石にまつわる言い伝えが残されています。石不足に悩んだ豊臣秀吉ですが、老婆から石臼を使ってくれと寄付されたそうです。この出来事をきっかけに姫路城への石の寄付が始まり、城は完成に近づいたと言われています。その時に使われたといわれるのが、姥石です。姫路城で使われた転用石は灯篭の台石だけではありません。なんと、供養塔や石棺の石も使われているのです。これだけの証拠を見るだけで戦国時代から江戸時代初期にかけて、姫路城のような大きな城を建築することがいかに大変だったか伺えます。

名称 灯篭の台石
住所 兵庫県姫路市本町68
営業時間 9:00~16:00
電話番号 079-285-1146
公式サイト http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/

5.灘菊酒造

姫路駅からのんびり歩いて20分ほどのところにある「灘菊酒蔵」。NHK大河ドラマ「軍師・官兵衛」にも登場した、黒田家筆頭家老・栗山善助の屋敷跡を改装した酒蔵だそうです。姫路城からも近く、レトロな蔵の中のレストランという風情ある場所で食事を楽しむことができます。醸造されたこだわりの日本酒とともに、お食事もいただくことができます。

一部立ち入り禁止の蔵を除き、昔の酒蔵を自由に見学することができます。パネルや展示物といった、お酒や酒蔵に関する歴史や知識といったためになる情報が展示されています。製造されているお酒の試飲もできますが、味噌や塩麹、酒粕、化粧水、甘酒、お菓子類といったお酒以外のものも販売されており、見学無しでもお土産を目立てに足を運んでも楽しいかもしれません。

名称 灘菊酒造
住所 兵庫県姫路市手柄1-121
営業時間 10:00~18:00
公式サイト http://www.nadagiku.co.jp/map

6.三木美術館

姫路城の南に位置するこの「三木美術館」。三樹美術株式会社の社長である三木茂克氏が50年余りの歳月をかけて収集した美術品の数々が展示されています。日本画、洋画、陶磁器を中心とした美術品の展示数は約1000点にものぼり、足を運ぶだけで様々な美術に触れる事ができる事でしょう。

かつてこの美術館の美術品を蒐集していた三樹茂克氏は、美術品の中でもとりわけ近現代の陶磁器・絵画の収集に力を入れており、展示品約1000点のうち日本の巨匠と呼ばれる日本絵画作家の作品を約200点、人間国宝をはじめとする陶芸家の陶磁器は約800点飾られています。常設展だけではなく多彩な企画展も開催されているため、様々な視点から芸術を楽しめる場所となっています。

名称 三木美術館
住所 兵庫県姫路市本町241
営業時間 10:00~18:00
公式サイト http://www.miki-m.jp/

姫路でおすすめの定番グルメスポット7選

1.肉焼きワヰン酒場 テルミニ

種類豊富なワインとランチ・ディナーそれぞれに数多くの美味しいメニューが揃っている、「肉焼きワヰン酒場テルミニ」。姫路駅からとても近く、夜はローカル線の最終電車を待つ人たちの賑やかで和やかな雰囲気が漂っています。一人でも気軽に入って食事を楽しめる、素敵なお店です。

この「肉焼きワヰン酒場テルミニ」のオススメは、何と言っても種類豊富なイタリアンワインと、肉厚なローストビーフや生ハムのパテ。特に、ローストビーフや生ハムのパテは大胆な味付けが評判です。生姜の効いたソースで味付けされたローストビーフは、そのまま食べても丼でいただいても美味しい!お酒も美味しく、ご飯がとても進みます。

名称 肉焼きワヰン酒場テルミニ
住所 兵庫県姫路市豆腐町222 ピオレ姫路 ごちそう館
営業時間 11:30〜23:00

2.魚と鳥のお店 うおっとり

お魚と鳥で「うおっとり」。地元の人々からは姫路定番の居酒屋として親しまれており、時には長蛇の列ができることも……。美味しくて安い、と評判のメニューは種類豊富で、穴子づくし御膳やお刺身といったメニューが美味しくいただけます。また、店員さんの接客もフレンドリーでとても良いと評判です。

このお店の特徴は、他の居酒屋には少ない「冷酒の飲み比べ」が楽しめることです。種類豊富な冷酒を、美味しいメニューをいただきながら味わえます。ゆっくり一人で楽しむもよし、誰かと素敵な時間を過ごすもよし。姫路駅から近くアクセスも良いので、ぜひ週末などに訪れてみてください。

名称 魚と鳥のお店 うおっとり
住所 兵庫県姫路市駅前町325
営業時間 11:00〜14:30、17:00〜23:00

3.ラ・ポール

View this post on Instagram

普段頼まないものを頼んでみた。 #lunch #doria #冒険の日

tkshさん(@horihori_jpn)がシェアした投稿 –

ラ・ポールは姫路の多くの人々に親しまれる喫茶店です。店内のふんわりと明るいライトやダークブラウンのテーブル・チェアといった昔ながらのシックな内装が、どこか懐かしさを感じます。
観光や散策で疲れた体を癒したい……そんなあなたにぴったりの場所です。子どもからご年配の方まで幅広い年代に愛されるこの喫茶店に、ぜひ足を運んでみてください。

トンカツ、カキフライ、コロッケ、スパゲッティ……お皿いっぱいにはみ出そうなほどに盛られたサラダ付きAランチは、とにかく驚くほどの大ボリューム!朝8時から開店という事もあり、モーニングのAランチを求めて朝早くから多くの人が訪れます。このボリュームに加えて飲み物付きでなんと800円!リーズナブルなお値段設定もこの喫茶店の人気の秘密です。飲み物は、さっぱりとした味わいが特徴のミックスジュースがオススメです。

名称 ラ・ポール
住所 兵庫県姫路市東駅前町55 1F
営業時間 8:00〜16:30

4.ダンケ

美味い!安い!早い!ボリューミー!破格の4拍子が揃った姫路の定食といえば、この「ダンケ」。注文スタイルは完全セルフサービスで、注文して番号が呼ばれたら受け取り口まで取りに行き、食べ終わったら返却口まで持っていきます。セルフサービスにも関わらず、小さな頃から通い続け、社会人となっても通い続ける根強いファンがいるほどに人気の老舗となっています。

お昼はボリューミーな定食ランチ、夜はゆっくりお酒の飲める場所として楽しめるのがダンケ。中でもオススメはボリューミーな玉子丼とチキンカレー。玉子丼は、とろとろの玉子とシャキッとした玉ねぎの相性が良く、甘めの出汁もちょうど良い濃さでどっぷりと入っています。カレーは鶏肉がたっぷりと入った中辛のもので、野菜が良く煮込まれておりホッとする安心感のある家庭的な味です。

名称 ダンケ
住所 兵庫県姫路市駅前町316
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:40)
日曜営業

5.天ぷら海鮮刺身 神福

山陽百貨店横、キュエル姫路の5階にある天ぷら屋がここ、「神福」。鳥取・島根産地直送の新鮮な魚がこのお店の売りで、天ぷらのみならず山陰海鮮のお刺身や、大山ネギや大山鶏の料理メニューなどの提供もあり、マルチな居酒屋のような雰囲気が楽しめます。
ランチは海鮮丼や天丼といったメニューがあります。なんと美味しい天ぷらのランチは1000円以下でいただくことができ、とてもリーズナブルです。

山陰海鮮を売りにしているお店のため、山陰沖で水揚げされたという真イカをメインにした天ぷら定食は大人気のメニュー!桶の中にたくさんの天ぷらが盛られた天ぷら定食は、ナスや真イカの天ぷらがタワーのように豪勢に盛られています。一夜干しのマメのどぐろ、トロハタの山陰海鮮と野菜など他にも数種の天ぷらメニューがあり、どの天ぷらを食べようか迷ってしまいます。夜メニューにはのどぐろやトロハタの炙り焼きなど追加メニューもあるそうです。熱々の天ぷらだけでなく、せっかくの山陰のお魚を刺身や炙り焼きで食べるのも良いかもしれません。

名称 天ぷら海鮮刺身 神福
住所 兵庫県姫路市西駅前町1−4 キュエル姫路5F
営業時間 11:00〜15:00、17:00〜23:00
公式サイト https://kamifuku.owst.jp/?lad_media=lis_google&lec_tm=c-10061977.m-1.a-240677550.d-c.kwd-372552934478.kw-598004273.aw-.ak-4433646853.as-&gclid=Cj0KCQiAtvPjBRDPARIsAJfZz0oes-0HAGbG8q6TxY5aNbJ0Xj1a2Coz-7TFMtrtqGofLAYcySQih2UaAgm2EALw_wcB

6.赤心

創業から82年続く、カウンター席のみのとんかつ屋「赤心」。地域の人からは多くの信頼を集めており、カウンター席に向かって優しく話しかける店員さんと、それに応える常連のお客さん。そんなシーンがよく見られます。メニューはとんかつ以外にもエビフライや豚丼などもあり、何を食べようか迷ってしまうほど。中でも濃厚味噌の豚汁はここでしか味わえない美味しさ。ぎゅっと詰まった旨味がたまりません。

他にもオムライスなどといったメニューなど、意外にもとんかつ以外のメニューも豊富です。どの料理でも、豚肉は贅沢にロースが使用されています。味噌汁と、濃厚な味わいに程よく脂が乗った豚肉は絶妙なマッチング。揚げたてのアツアツとんかつと共に、ぺろりと食べてしまいそうですね。

名称 赤心
住所 兵庫県姫路市駅前町301
営業時間 11:00〜18:00

7.タコピアの明石焼き

Akashi Yaki (Akashi, Hyogo, Japan)

たこ焼きのような「明石焼き」。形状は、中に入れる具はたこだけという少し変わったグルメです。お出汁につけてアツアツをいただきます。明石に近い姫路だからこそおいしい明石焼きのお店がたくさんありますよ。ちょっとしたお茶時間や小腹がすいた時におすすめです。明石焼きはたこ焼きの原型とも言われており、江戸時代に誕生した説まで浮上しています。たこ焼きとはまた違った魅力を持つ明石焼きです。

画像素材|PIXTA

姫路で明石焼きを召しあがれるグルメ店は、タコピア。姫路駅前ビルの地下1階に存在しており、明石焼きなど色々なグルメを取り扱っています。タコピア最大の特徴はたこ焼きならではのソースと明石焼きならではの出汁を一緒にかけられること。ソースと出汁のコラボは、かなり珍しく、そういう意味では新鮮な気分を味わえます。その価格はなんと400円で、明石焼きを食べるにはお得です。50年もの歴史を持つ老舗店でもあるので、姫路でぜひ一度味わってみては?

名称 明石焼き
住所 岡山県倉敷市下津井田之浦
公式サイト http://www.jb-honshi.co.jp/seto-ohashi/info/index.html

世界遺産やハリウッド映画にも登場する姫路の観光スポットをたのしもう。

いかがでしたか?姫路のおすすめ観光スポット!世界遺産の姫路城には、時間を忘れてしまうほど見どころがたくさんあります。世界的に有名な映画やドラマにも登場する「円教寺」は必見!あなたも観光スポット満載の姫路に出かけてみませんか?

【関連記事はこちら】
▷兵庫に行ったら絶対に立ち寄りたい!おすすめ人気観光スポット20選
▷定番から知られざるB級グルメまで!姫路のおすすめランチ20選

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事