最終更新日時 2019/11/07

大阪の2大繁華街のひとつ、ミナミ。その繁華街ミナミを象徴するスポットともいえるのが難波です。グリコの巨大看板や動く巨大ガニのオブジェ、くいだおれ太郎人形などなど、フォトジェニックな要素もてんこ盛りの街、難波。そんな難波のおすすめ観光スポットをこれからご紹介します!

外せない難波の定番スポット14選

1.なんばウォーク

Osaka 2016出典:Relux|施設名

「なんばウォーク」はJR難波駅から市営地下鉄日本橋駅までを、並行した2本の地下通路で結ぶショッピングストリートです。大きく3つのエリアに分かれており、特にJR難波駅に近い1番街には、シカゴ美術館所蔵の作品群が複製されたギャラリーがあり、誰でも自由に鑑賞することができます。各所に設けられた出口からすぐ地上に出られるので、気ままにウィンドウショッピングを楽しみながら、目的の場所に向かえます。なおJR以外にも近鉄、阪神、南海、市営地下鉄とどの路線と直結しているので、アクセス抜群で行きやすいのもポイントですね。

名称 なんばウォーク
所在地 大阪市中央区千日前
アクセス 市営地下鉄御堂筋線、市営地下鉄千日前線なんば駅16・17・22・23番口から1・2番街直結
市営地下鉄四つ橋線なんば駅27番口から1番街直結
阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅西口・東口から1番街直結
JR大和路線難波駅北口から1番街徒歩12分
南海各線、南海特急難波駅北口から1・2番街徒歩5分
市営地下鉄千日前線、市営地下鉄堺筋線日本橋駅3・4番口から3番街直結
近鉄奈良線日本橋駅西口から3番街直結
サイト http://walk.osaka-chikagai.jp/

2.なんばグランド花月

DSC06095出典:Relux|施設名

吉本新喜劇を見るならここ、笑いの殿堂「なんばグランド花月」。よしもとクリエイティブ・エージェンシーの運営による、喜劇とお笑い専門の劇場です。公演は毎日行われており、日中はもちろん夜の公演もありますが、トイレやお土産売り場など混み合いますので、出かける際には多少の心構えが必要となります。劇場の構造上の理由からか舞台との距離が近く、テレビでよく見かける芸人さんが間近に見れるのは嬉しいですね!

名称 なんばグランド花月
所在地 大阪市中央区難波千日前11-6
アクセス 市営地下鉄各線なんば駅、阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅、JR大和路線難波駅B21番口徒歩3分 南海各線、南海特急難波駅北口徒歩3分
サイト http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/

3.よしもと漫才劇場

Wahha Kamigata and NMB48 Theater出典:Relux|施設名

なんばグランド花月の向かい側にあり、若手芸人を中心としたライブやパフォーマンスを行っているのがよしもと漫才劇場です。入場料もリーズナブルながら、中堅やベテラン芸人も登場するミニ新喜劇が行われるなど、公演の内容も充実しています。なによりよしもとの中でも旬の芸人さんたちを、全国区になる以前に知ることができるという楽しみもあります。ちなみに同ビル7階には上方演芸に特化した無料の資料館、通称ワッハ上方が、地下1階にはNMB48のホームグラウンド、NMB48劇場があります。

名称 よしもと漫才劇場
所在地 大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル5階
アクセス 市営地下鉄各線なんば駅、阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅、JR大和路線難波駅B21番口徒歩3分 南海各線、南海特急難波駅北口徒歩4分
サイト http://www.yoshimoto.co.jp/manzaigekijyo/pc/

4.大阪松竹座

道頓堀出典:Relux|施設名

「大阪松竹座」は、美しいネオ・ルネッサンス様式の正面玄関が印象的な洋式劇場です。元は映画館として開場しましたが様々な紆余曲折があって、現在は歌舞伎やミュージカル、コンサートなども行う劇場設備を備えた施設として機能しています。グリコの巨大看板のすぐ裏手に位置しており、道頓堀という繁華街の中心地にありながら、竣工した大正時代当時の面影を残す貴重な建築物として、観光客の注目を集める施設です。

名称 大阪松竹座
所在地 大阪市中央区道頓堀1-9-19
アクセス 市営地下鉄各線なんば駅、阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅、JR大和路線難波駅なんばHIPS連絡口徒歩2分 南海各線、南海特急難波駅北口徒歩9分
サイト http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/

5.なにわ名物いちびり庵

DSC_0270出典:Relux|施設名

「なにわ名物いちびり庵」は大阪土産の専門店。ビリケンさん、くいだおれ太郎などのキャラクターグッズから、「本当にこれ食べれるの?」と思わずにはいられない、たこ焼ききゃんでぃなどの面白いお土産、グッズなど大阪らしいお土産が盛りだくさん。難波一帯だけでもなんば戎橋筋商店街にある本店のほか、道頓堀店、難波店と3店舗を展開しています。

名称 なにわ名物いちびり庵 道頓堀店
所在地 大阪市中央区道頓堀1-7-19
アクセス 市営地下鉄各線なんば駅、阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅、JR大和路線難波駅B16番口徒歩3分 南海各線、南海特急難波駅北口徒歩10分
サイト http://www.ichibirian.jp/

6. 道頓堀

道頓堀出典:Relux|施設名

難波きっての繁華街「道頓堀」。道頓堀が現在のような賑わいを見せるようになったのは、江戸時代に辺り一帯に歌舞伎や浄瑠璃などの芝居小屋を中心とした町が形成されていったことから始まります。川に沿った通りの南側に芝居小屋、北側にそれら見物客をもてなす芝居茶屋が立ち並ぶという構成だったため、現在の町並みにもその傾向が色濃く残っています。道頓堀は川を船で巡ることもできます!落語家さんの案内やジャズバンドの生演奏を聴きながらの、一風変わった道頓堀巡りもいいかもしれませんね。

名称 道頓堀
所在地 大阪市中央区道頓堀
アクセス 市営地下鉄各線なんば駅、阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅、JR大和路線難波駅14番口徒歩2分 南海各線、南海特急難波駅北口徒歩9分
サイト http://www.dotonbori.or.jp/ja/

7. かに道楽 道頓堀本店

PA124888出典:Relux|施設名

道頓堀の目玉といえば、ひときわ目を引くのが「かに道楽 道頓堀本店」の巨大看板です。グリコの看板のみならず、道頓堀通りにはかに道楽の巨大ガニをはじめ、タコやフグといった魚介系から、餃子、寿司などの調理ものの巨大立体看板が目白押し。派手でインパクトのある巨大看板はいまや商人の街、大阪を象徴する道頓堀の代名詞ともなりました。名物の巨大看板をカメラに収めようと、街は常に写真を撮る観光客で溢れかえっています。

名称 かに道楽 道頓堀本店
所在地 大阪市中央区道頓堀1-6-18
アクセス 市営地下鉄各線なんば駅、阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅、JR大和路線難波駅14番口徒歩2分 南海各線、南海特急難波駅北口徒歩9分
サイト https://douraku.co.jp/kansai/honten/

8. 中座くいだおれビル

mr. kui-daore出典:Relux|施設名

巨大看板以外の道頓堀のもうひとつの顔となっているのが、中座くいだおれビルの看板人形の太郎です。太郎はかつて人気飲食店「大阪名物くいだおれ」のマスコットキャラクターとして店先に立っていましたが、店の閉店とともに一時姿を消していました。その後同じ通りにあった中座くいだおれビルの店頭に新たに登場し、いまも昔も変わらぬ姿で道行く人に愛嬌を振りまいています。

名称 中座くいだおれビル
所在地 大阪市中央区道頓堀1-8-22
アクセス 市営地下鉄各線なんば駅、阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅、JR大和路線難波駅B16番口徒歩3分 南海各線、南海特急難波駅北口徒歩10分
サイト http://nakaza-cuidaore.com/access/

9.なんば戎橋筋商店街

P1080492.JPG出典:Relux|施設名

「なんば戎橋筋商店街」は、南海難波駅に隣接する大阪高島屋から、グリコの巨大看板のある戎橋までの通りを結ぶアーケード商店街です。駅から道頓堀方面へ向かう際には、こちらの通りを抜けるのがおすすめです。「ミナミの花道」ともいわれる通りの雰囲気を味わいながら、歩いて行きましょう。ほかにもこの近辺には、千日前道具屋筋商店街といった厨房・調理器具専門の商店街や「大阪の台所」として知られる黒門市場があり、眺めているだけで楽しいお店がたくさん見つかりますよ。

名称 なんば戎橋筋商店街
所在地 大阪市中央区
アクセス 市営地下鉄各線なんば駅、阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅、JR大和路線難波駅B12・B13番口すぐ 南海各線、南海特急難波駅北口すぐ
サイト http://www.ebisubashi.or.jp/

10.水掛不動尊 法善寺

法善寺出典:Relux|施設名

この辺りの「千日前」の由来が法善寺にあることをご存知でしょうか。かつて千日念仏と呼ばれる供養が行われていた法善寺は、千日寺の通称で親しまれていました。そのお寺の門前にあった地域がのちに「千日前」になったのです。また、法善寺といえば小さな飲食店や居酒屋が肩を寄せ合うように立ち並ぶ「法善寺横丁」が有名。浪速情緒を味わうなら、ぜひとも赤提灯の灯る夜の法善寺横丁へ。

名称 水掛不動尊 法善寺
所在地 大阪市中央区難波1-2-16
アクセス 市営地下鉄各線なんば駅、阪神なんば線、近鉄奈良線、近鉄特急大阪難波駅、JR大和路線難波駅B16番口徒歩2分 南海各線、南海特急難波駅北口徒歩9分
サイト http://houzenji.jp/

11.住吉大社

全国に2,300社ある住吉神社の総本社であり、地元民や観光客から信仰を集めています。あの横綱「白鵬」も訪れることで知られている神社がここ「住吉大社」。自然に囲まれていて、日々の喧騒を忘れさせてくれる風景が広がっています。運気が上昇するパワースポットなので、ここに来て願いが叶った人も多いのだとか。また、駐車場もあるため車で訪れることも可能です。

神様の位として最も高い「正一位」になっており、古くから貴族や歴史的人物が多く信仰しています。地元の人からは「すみよしさん」「すみよっさん」など愛称を込めて呼ばれているそうです。立派な鳥居や風格ある建物からは神々しさを感じられるでしょう。難波を観光した際は、運気アップのために寄ってみてはいかがでしょうか。歴史ある住吉神社をゆっくりとご参拝ください。

名称 住吉大社
住所 大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
サイト http://www.sumiyoshitaisha.net/ “

12.中之島公園

「中之島公園」は大阪みどりの百選に選ばれている観光スポットです。約310種類およそ3700株からなるバラ園があるほか、レトロを感じさせる赤レンガの建物があり、居心地の良さを演出しています。自然と都会の融合がコンセプトになっていて、高層ビルに囲まれているにも関わらず、園内は自然豊かです。また、大きな川が流れていて、大阪が水の都だと実感できるのではないでしょうか。

広大な芝生ではピクニックをしている人や、遊んでいる子供、日光浴を楽しむ人もいます。気分をリフレッシュさせるにはピッタリのスポットですし、日々の疲れを癒やしたい人にはおすすめです。音楽ライブやイベントを定期的に開催しているため、運が良ければ鑑賞することもできるかもしれません。休日に癒やしのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称 中之島公園
住所 大阪府大阪市北区中之島1-1
営業時間 24時間

13.通天閣

「通天閣」は国の登録有形文化財として登録されている大阪のシンボル。独特のデザインが魅力的であり、外から眺めて楽しむこともできます。地上から103mの高さを誇り、そこから眺める景色は絶景なのだとか。1908年にアメリカの女性芸術家であるフローレンス・プリッツが「夢の中で見た神様」をモデルにして作りました。日本だけではなく世界的にも有名なので、外国人観光客で賑わっています。

「光の展望台」「黄金の展望台」に分かれていて、それぞれ違った景色を楽しめます。最上部もぜひ訪れていただきたいです。また、通天閣と言えば展望台をイメージする人がほとんどですが、地下にも楽しいスポットがあることを忘れないようにしましょう。地下2階の「通天閣わくわくランド」はお菓子が売っているショップで、さまざまなお菓子が味わえます。

名称 通天閣
住所 大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
営業時間 9:00~21:00
サイト https://www.tsutenkaku.co.jp/ “

14.あべのハルカス

「あべのハルカス」から眺める景色はとても美しく、デートや女子旅にぴったりのスポットです。2017年時点では日本一の高さを誇るビルであり、難波の町や他県まで眺めることができます。夜になると夜景が目の前に広がり、忘れられない1ページになるのではないでしょうか。内観も凝ったデザインであり、贅沢なひとときを過ごすことができます。

地下2階から地上14階までの16フロアがレストランやショップ。16階から60階が展望台になっています。ビル内には44店2800席のお店が集結しているため、どのお店に行くか事前にリサーチしておきたいところです。地上「300m」からの絶景を見て、心ゆくまで癒やされてみてはいかがでしょうか。

名称 あべのハルカス
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
営業時間 9:00~22:00
サイト https://www.abenoharukas-300.jp/observatory/information.html

食と笑いの街を遊びたおす!

難波のおすすめ観光スポットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?もはや難波は大阪を代表する観光地といっても過言ではなくなりました。食べ過ぎと笑い過ぎにはくれぐれも注意して、難波の観光スポットを遊びたおしましょう!

【関連記事はこちら】
▷食でパワーチャージ!食いしん坊をうならせる大阪・梅田のグルメ20選!
▷梅田駅から歩いていける!お洒落で美味しいおすすめランチスポット20選

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事