最終更新日時 2018/12/22 18:24

神戸市三宮駅から徒歩15分、歴史あるトアロードを進んだ先に佇む「神戸北野ホテル」。日本では珍しい「都市型」オーベルジュは、フレンチレストランの名店 「ラ・コート・ドール(現 ルレ・ベルナール・ロワゾー)」に勤めたことのある総支配人・総料理長 山口 浩氏が運営しています。フレンチの巨匠から受け継いだ、世界一と称される朝食をはじめ、ここでしか楽しむことのできない魅力が盛り沢山です。そんな神戸北野ホテルの魅力を余すことなくご紹介します。

日本では珍しい「都市型オーベルジュ」

出典:Relux|神戸北野ホテル

異人館が立ち並び、由緒ある町並みが残る神戸市・山本通に神戸北野ホテルは佇みます。トアロードを進んだ先に現れる赤レンガの建物は、ここが日本であることを疑ってしまうほどです。

出典:Relux|神戸北野ホテル

ホテルに足を踏み入れると、異空間が広がります。絨毯と対照的に、凛とした花。味わい深い家具をはじめ、英国調の意匠をこらした優雅な空間となっています。中庭から太陽の光が差し込むこの光景は、これから味わう極上の体験の期待値をぐっと上げてくれます。

出典:Relux|神戸北野ホテル

みなさんは「ルレ・エ・シャトー」をご存知でしょうか。ルレ・エ・シャトーとは、1954年にフランスで設立された、一流ホテル・旅館やレストランの協会組織です。世界で約560軒の宿やレストランで構成されており、現在日本から加盟しているのは11軒のホテル・旅館と9軒のレストランのみ。神戸北野ホテルはルレ・エ・シャトーに加盟しており、世界中から訪れる人が後を絶ちません。ルレ・エ・シャトーの加盟ホテルであることが、神戸北野ホテルをより一層名声高いものにしているのです。

部屋ごとに異なる30室で、食事への期待を高める

撮影:SPIRA編集部
神戸北野ホテルの特徴は、6タイプに分かれた個性あふれる30部屋。廊下のペルシャ絨毯も映画のワンシーンのように素敵です。階段上から見下ろすとまさに「インスタ映え」し、一枚つづきの絨毯を歩くとこころが踊ります。

出典:Relux|神戸北野ホテル

お部屋タイプはスタンダードダブル、スタンダードツイン、デラックスダブル、デラックスツイン、デラックスバスツイン、プルデンシャルツインの6タイプです。どのお部屋も大きなベッドや英国調の家具に囲まれていて、海外気分を味わえます。

出典:Relux|神戸北野ホテル

中にはお風呂に入りながらテレビを見られるバスルームもあります。お風呂に入っている時や洗面台の前にいる時も、非日常的な時間を過ごせるでしょう。

お部屋を詳しくみる

フランスの名店で修行した山口氏が作る「水のフレンチ」

出典:Relux|神戸北野ホテル

フレンチレストランの名店 「ラ・コート・ドール(現 ルレ・ベルナール・ロワゾー)」に勤めていた総支配人・総料理長 山口 浩氏が監修する、通称「水のフレンチ」が有名です。「水のフレンチ」とは、ラ・コート・ドール総料理長ベルナール・ロワゾー氏がフランス料理界に新風を巻き起こしたもの。クリームやバターなどの使用を極力控え、代わりに野菜のピューレや水を用いた軽やかさが特長です。その味わいは、フランス料理界に大きな革命を起こしたと言われています。お料理は、フレンチレストラン 「アッシュ」でいただくことができます。今回は、中でも代表的な2品をご紹介します。

出典:Relux|神戸北野ホテル

まずご紹介するのは、京都・亀岡産「七谷鴨」の胸肉はローストに、もも肉はコンフィにして、さつまいもやかりんのキャラメリゼを添えたものです。また、付け合わせには鴨肉と白ネギのリゾットをご用意。ごぼうの出汁をかけることで、鴨肉の持つうま味がより引き立ちます。

出典:Relux|神戸北野ホテル

こちらは兵庫県産のマッシュルームやエリンギなど、滋味深いきのこに、濃厚な地鶏卵の卵黄を合わせた一品。きのこと卵黄を絡めていくと、さらに中からゴルゴンゾーラバター、柿のコンポートが現れ、美味しさが幾重にも重なっていきます。

出典:Relux|神戸北野ホテル

また、中庭ではナイトデザートブッフェが開催されています。シーズン毎にテーマが変わり、2018年7月17日から8月31日まではマンゴー&ピーチがテーマ、2018年9月1日からはティーフェスティバルがテーマです。パティシエ手作りの出来立てスイーツがテーブルを鮮やかに彩ります。

世界一の朝食、ヨーロピアン・ブレックファースト

ぐっすり眠った後は、お待ちかねの「世界一の朝食」です。「世界一の朝食」とは元々、フランスのスモールラグジュアリーホテルの協会が、細かな厳しい基本項目をクリアしたベルナール・ロワゾー氏の朝食を「世界一の朝食」と讃えたものを指します。山口総支配人が神戸北野ホテルをオープンするにあたり、ロワゾー氏が公式に贈ってくれました。

出典:Relux|神戸北野ホテル

まずは、パンを3種類のバターや手作りジャムと共にどうぞ。カラフルな飲み物は、「飲むサラダ」としてフレッシュな野菜やフルーツを使用したジュースです。その他、タピオカオーレや生ハム、専用のエッグカッターを使って割る半熟たまごなど、ここでしか食べられないラインナップとなっています。

出典:Relux|神戸北野ホテル

特に目を引くのが「飲むサラダ」ですが、フランスでは朝食にサラダなどの生野菜を食べる習慣がなく、代わりにフルーツをたっぷり食べます。ここでは、フレッシュなジュースとして味わえます。

本物の美食をあじわう旅を、ここで。

日本、そして世界を代表するオーベルジュである神戸北野ホテル。素敵な人と、格別の美食をあじわいたい時に、ぜひ訪れてみてください。

神戸北野ホテル

特集

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【後編】

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【前編】

人気記事