最終更新日時 2019/02/22

大阪・ミナミエリアに佇むホテル ザ グランデ心斎橋。ミナミの中心地にありながら、一歩足を踏み入れると「隠れ家」のような閑静さと、デザイナーやアーティストの手によって生まれた個性が光ります。今回は、観光とホテルでの滞在の両方を充実させたい方にぴったりの、ホテルザグランデ心斎橋の魅力をご紹介します。

ミナミの中心地なのに閑静。理想の滞在を体験

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

ホテル ザ グランデ心斎橋は、市営地下鉄 長堀橋駅から徒歩約3分、市営地下鉄 心斎橋駅から徒歩約5分と、ミナミ・心斎橋エリアの中心地に位置します。周囲には飲食店、Barやナイトクラブなどがひしめく大阪の繁華街の中心エリアで、大阪の夜を楽しむには絶好のロケーションです。

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

ホテルに入ると、心斎橋の中心地とは思えない落ち着いた雰囲気のフロントが迎えてくれます。お客様からの口コミも「心斎橋とは思えない静けさ」というものが多く、大阪の夜をしっかり楽しんだ後はゆっくり休みたい、という方には非常におすすめです。

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

さて、ホテル ザ グランデ心斎橋のコンセプトは、「自然と調和する、心落ち着く場所」。それぞれテーマと個性を持つ、異なるデザインの45ルームです。有名なデザイナーやアーティストと手を組み誕生したお部屋には、リピートしても飽きない滞在の楽しさがあります。

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

1つ1つのお部屋のコンセプトを知ることができる本もあるので、ぜひ手にとってみてくださいね。

印象的なお部屋で、いつもとは違った滞在を

45ルームのうち、特に特徴的な3つのお部屋をご紹介します。まずご紹介するのは、プラントハンター 西畠清順氏が手がけた、世界初の“壁面緑化ルーム”です。

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

全国で様々なプロジェクトを手がけた、そら植物園 代表 プラントハンター 西畠清順氏監修のお部屋は、インドネシア・バリ島のアコウの木に囲まれた滞在をコンセプトに、本物の森林浴を1日中体験をすることができます。
次にご紹介するのは、書道家 武田双雲氏によるコンセプトルームです。

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

次にご紹介するのは、書道家 武田双雲氏によるコンセプトルーム。武田双雲氏は、大河ドラマや世界遺産など、様々なシーンで題字を展開していますが、ホテルの一室とのコラボレーションは初めて。黒基調のシックなデザインのお部屋に、圧倒的な存在感のある書道作品が展示されています。彼の作品の力強さを、プライベートな空間で感じてみてはいかがでしょうか。

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

最後にご紹介するのが、極上のスイートルーム。スイートルームは3部屋あり、それぞれ趣向の違うお部屋となっています。まずご紹介するのは、木のぬくもりを感じられる65㎡のお部屋です。
ミナミ・心斎橋の中心でこれだけ広い部屋で滞在ができるのは、最高の贅沢となるはずです。また、設備も最上級です。ブルガリ製のアメニティが使えるのはスイートルームとアーティストルームのみ。さらにベット幅は160~182cmのものが2台あるので、家族や友人など最大4名でご利用できます。

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

また、バスルームにはそれぞれ浴室テレビを完備。マイクロバブルバスをライトアップし、非日常と贅沢さを味わう方も多くいらっしゃいます。

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

2つ目のスイートルームは白基調で、高級感のあるデザインとなっています。白ベースの空間に海の白いサンゴを連想させる壁面を作り、その中に大型水槽を設置。爽やかな砂浜で過ごすような時間を堪能できます。

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

3つ目は、先程ご紹介した西畠清順氏プロデュースのスイートルームです。西畠氏の斬新な発想から誕生したコンセプトルームは、坪庭にそびえ立つ巨木や書道作品など、遊び心満載の一室となっています。お部屋の中心にある、タスマニア島の『ディクソニア』の巨木や、書道家・青柳美扇氏による作品も印象的です。

お部屋を詳しくみる

朝昼晩、1日中楽しめるレストラン

出典:Relux|ホテル ザ グランデ心斎橋

1階のレストランは、朝食会場や宿泊者限定 セルフサービスのカフェとしてご利用いただけます。また、19時から23時はバーに様変わり。周囲にはお酒を楽しめるところは沢山ありますが、よりリラックスした状態でしっとりお酒を楽しみたい方には、館内でお酒を楽しむのも1つの過ごし方ではないでしょうか。
※バー付きのプラン以外で予約した場合は、別途チャージがお一人様500円発生します。

撮影:SPIRA編集部
また、一部のお部屋に宿泊の方は、ドリンク1杯サービスという、とても嬉しい特典がついています。珍しい大阪産のワインも楽しめますので、バーにぜひ足を運んでみてくださいね。

撮影:SPIRA編集部
朝食はフレッシュな地産地消の野菜を中心とした食材を使用した、和洋食のプレートを。。ガラス張りで開放感の溢れるレストランで朝日を感じられ、1日の良いスタートが切れることでしょう。

大阪の中心地で、“贅沢”を味わう旅

コンセプトルームやスイートルームも、平日2名宿泊の場合、素泊まり約2万円~と手の届きやすい価格帯となっています。いつもとは違う特別な体験をされたい方は、ぜひホテルザグランデ心斎橋に足を運んでみてください。

ホテル ザ グランデ心斎橋

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事