最終更新日時 2019/04/24

三重県の名所といえば伊勢神宮は外せませんが、伊勢神宮以外にも訪れたいパワースポットや観光スポットがたくさんあることをご存知でしょうか。自然を満喫するスポットから、動物とのふれあい、テーマパークまで多岐にわたる三重県の魅力溢れる観光スポットをご紹介していきます。

伊勢・志摩エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 伊勢神宮

三重の名所といえば「伊勢神宮」。日本最高のパワースポットとしても知られていますね。「お伊勢さん」の愛称でも親しまれている「伊勢神宮」は、日本人の総氏神と言われる天照大御神が祀られている「内宮」、産業、食事を司さどる豊受大御神「外宮」をはじめ125社からなる神社です。

「伊勢神宮」には「伝統的な正しい参拝方法」があるのはご存知でしょうか?「外宮先祭」といって祭事の多くが外宮から先に執り行われるのに合わせて、参拝も外宮を先に参拝してから内宮を参拝するのが正式な参拝方法とされています。正しい参拝方法で日本随一のパワースポットからたくさんのパワーをいただきましょう。

名称 伊勢神宮
住所 内宮 三重県伊勢市宇治館町1
外宮 三重県伊勢市豊川町279″
営業時間 10月・11月・12月 5:00~17:00
1月・2月・3月・4月・9月 5:00~18:00
5月・6月・7月・8月 5:00~19:00
サイト https://www.isejingu.or.jp/index.html

2. 志摩スペイン村

「志摩スペイン村」は情熱の国・スペインをテーマにした複合リゾートです。異国情緒あふれるスペインの町並みが再現され、絶叫系から癒し系までバラエティ豊富なアトラクションが揃う「パルケエスパーニャ」を中心に、ホテル志摩スペイン村や伊勢志摩温泉「ひまわりの湯」が併設されています。

アトラクションや温泉を楽しむのもいいですが、こちらの見所は「カルメンホール」で上演される本場スペインのフラメンコショー。情熱的で迫力ある本物のフラメンコをぜひ体感してくてください。また、「フォト ファンタスティカ」ではフラメンコダンサーの衣装を着て写真をとることがもできるので、女子旅におすすめです。

名称 志摩スペイン村
住所 三重県志摩市磯部町坂崎字下山952−4
営業時間 9:30~17:00 曜日・季節により変動あり
サイト https://www.parque-net.com/

3. 伊勢内宮前 おかげ横町

「伊勢内宮前 おかげ横町」は伊勢内宮の門前町の中ほどにある、江戸・明治時代の伊勢路の代表的な建築物が移築・再現された町です。約4000坪の敷地には伊勢志摩ならではの老舗グルメや土産処などが立ち並び、食べ歩きやお食事、お買い物などを楽しむことが出来ます。

こちらの楽しみ方の一つは、食べ歩き。食べ歩きが出来る食べ物があちこちで売られているので、気に入った物を片手に風情ある町並みを楽しんでくださいね。数あるお店の中でもおすすめは和牛専門店「豚捨」のコロッケです。精肉店ならではの上質なお肉と甘みあるジャガイモのコロッケは絶品で、行列の絶えない人気店です。

名称 伊勢内宮前 おかげ横丁
住所 三重県伊勢市宇治中之切町52
営業時間 9:30~17:30(店舗によって異なる)
サイト https://www.okageyokocho.co.jp/

4. 伊勢シーパラダイス

「伊勢シーパラダイス」は海の生き物とのふれあいを大切にしている水族館です。2018年開催の「全国ヒレアシ甲子園」と「第二回カワウソゥ選挙」では、2タイトル共に全国1位に選ばれた今注目を集めている、人気の水族館なのです。

入場する前にもトドのショーを見れるなど、見所溢れる水族館ですが、イチオシは「海獣広場」です。こちらではとってもかわいい「ツメナシカワウソ」と握手できたり、セイウチにお尻を叩いてもらう「闘魂注入」など、他の水族館にはない距離でのふれあいを楽しむことが出来ます。子ども連れにイチオシのスポットです。

名称 伊勢シーパラダイス
住所 三重県伊勢市二見町江580
営業時間 9:00~17:00(季節により変更あり)
サイト https://ise-seaparadise.com/

5. 志摩マリンランド

「志摩マリンランド」は賢島にあるアットホームな水族館です。大きすぎない規模の水族館なので、小さな子ども連れでもゆっくりと過ごすことが出来ておすすめです。また、こちらはかわいいペンギンを間近で見ることが出来たり、海女さんによる餌付けを見ることが出来ると人気のスポットです。

そして、「志摩マリンランド」といえば巨大なマンボウの看板がトレードマークにもなっていますが、「泳ぐマンボウを見ることが出来る水族館」としても有名です。全長3mを超えるマンボウが悠々と泳ぐ姿はとても癒されます。なかなか見ることが出来ないマンボウが泳ぐ姿をぜひ見に行ってくださいね。

名称 志摩マリンランド
住所 三重県志摩市阿児町神明賢島723-1
営業時間 9:00~17:00(季節によって変動あり)
サイト https://www.kintetsu.co.jp/leisure/shimamarine/

四日市・桑名エリアでおすすめの観光スポット5選

1. なばなの里

「なばなの里」は国内最大級の花ひろば。春は梅、桜、桃、チューリップ、夏は蛍、秋はコスモス、ベゴニアと四季折々の花や自然を楽しむことが出来るスポットです。その美しさは東海地区で唯一「外国人に人気の観光スポット2017」にも30位以内にランクインしたほどです。

そんな「なばなの里」イチオシは国内最大級のスケール、世界最高峰のクオリティで繰り広げられるイルミネーションです。定番の光のトンネルや水上イルミネーション、ツインツリーは何度見ても楽しむことが出来る美しさです。また、毎年テーマに合わせて作られるイルミネーションには圧倒、感動すること間違いなしです。

名称 なばなの里
住所 三重県桑名市長島町駒江漆畑270
営業時間 施設による
サイト http://www.nagashimaresort.jp/nabana/

2. ナガシマスパーランド

「ナガシマスパーランド」は東京ディズニーランドに次いで国内第2位の敷地面積を持つテーマパークです。「スチールドラゴン」「ホワイトサイクロン」などをはじめとする数多くの世界最大級のジェットコースターがあり、絶叫系の乗り物が好きな人たちからの絶大な人気を誇っています。

こちらのテーマパークのイチオシは2019年3月にオープンしたばかりの「ハイブリッドコースター・白鯨」です。全長1,530m、傾斜80度以上の角度での上り下りに一回転などスリル満点さに加え、鉄筋だけでなく一部木材で作られているために木材ならではのしなやかな振動がハラハラ、ドキドキ感を高めます。

名称 ナガシマスパーランド
住所 三重県桑名市長島町浦安333
営業時間 9:30~17:00(曜日・季節によって異なる)
サイト http://www.nagashima-onsen.co.jp/spaland/index.html/

3. 多度山

「多度山」は登山道が整備され、初心者の方や子ども連れにも気軽にハイキングを楽しむことが出来る登山スポットです。標高が低いながらも、頂上にある「多度山上公園」からは伊勢湾や濃尾平野を一望出来る絶景を楽しむことができるほか、1年を通じて登山が出来ると人気を集めています。

こちらのハイキングコースは愛宕神社から多度大社までの近道、約5分のコースから多度山の大自然を満喫しながら山頂に向かう約100分のコースまでとたくさんのハイキングコースが用意されています。その日のコンディションなどに合わせて自然を楽しむことができるため、自然を満喫したい、と言う方におすすめです。

名称 多度山
住所 三重県桑名市多度町柚井
サイト http://kanko.city.kuwana.mie.jp/leisure/tado/

4. うみてらす14

四日市コンビナートという工場地帯がある四日市市は、幻想的な工場夜景を楽しむことが出来る全国有数の工場夜景都市です。そんな四日市コンビナートの夜景を見渡せるのがこの四日市港ポートビル展望台「うみてらす14」です。

自然の夜景も美しいですが、こちらの夜景は工場地帯ということもあってSFの世界に入り込んだような一風変わった夜景を楽しむことができるということで注目を浴びている、デートにもおすすめの夜景スポットです。夜間営業は土日祝日のみなのでタイミングを合わせて、ぜひこの幻想的な景色を見に行ってみてください。

名称 うみてらす14
住所 三重県四日市市霞2-1-1四日市港ポートビル
営業時間 平日 10:00~17:00
土日祝 10:00~21:00
サイト http://www.yokkaichi-port.or.jp/ut14/

5. ばんこの里会館

「ばんこの里会館」は三重県の伝統工芸である四日市萬古焼の歴史や解説をするギャラリーや即売所がある施設です。即売所ではお手頃価格の日常使いの食器から作家物まで種類豊富に取り揃えられているため、見ているだけでも楽しむことが出来ます。

こちらでおすすめなのが「陶芸体験」「絵付け体験」です。「絵付け体験」なら約90分間体験をし、完成品は後日送ってもらうことができます。人気の土鍋にも絵付けをすることができます。旅の思い出に自分だけのオリジナルの食器を作ってみてはいかがでしょうか。

名称 ばんこの里会館
住所 三重県四日市市陶栄町4-8
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.bankonosato.jp/

伊賀・松坂エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 伊賀流忍者博物館

伊賀といえば伊賀忍者を連想される方も多いのではないでしょうか。「伊賀流忍者博物館」は雇い主に忠義を尽くし、農民として暮らしながらも全国を飛び回り諜報活動をしていた伊賀流忍者の魅力をたっぷりと体験することが出来るスポットです。

一見何の変哲もない茅葺屋根の農家ですが、こちらは本当の忍者屋敷を移築してきた建物です。屋敷の中には数々の仕掛けが施されており、忍者に実演を交えながら案内をしてもらうことができます。その他、手裏剣体験やどんでん返し体験、迫力満点の忍者ショーなど忍者好き、子ども連れにはたまらないスポットです。

名称 伊賀流忍者博物館
住所 三重県伊賀市上野丸之内117
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.iganinja.jp/museum.html

2. 伊賀の里モクモク手づくりファーム

「伊賀の里モクモク手づくりファーム」、通称「モクモクファーム」は自然との共生をテーマにした、豊かな自然に育まれた農産物の直売や飲食、手づくり体験ができるほか、温泉にもつかることができる癒しのスポットです。

こちらは伊賀地方の養豚家が出資して始めた施設ということもあって、施設内にはミニ豚が飼われていてふれあうことが出来ます。また、ミニ豚レースなど季節によって様々なイベントも開催されているのでスケジュールも要チェックです。普段間近で見ることがない豚とのふれあいに小さな子どもさんは大喜び間違いなしですね。

名称 伊賀の里モクモク手づくりファーム
住所 三重県伊賀市西湯舟3609
営業時間 10:00~16:30(施設によって異なる)
サイト http://www.moku-moku.com/

3. 松阪もめん手織りセンター

「松阪もめん手織りセンター」は、島渡りと呼ばれる粋な縞模様と藍染が特徴の松阪もめんを広く普及させようという目的で作られた施設です。こちらでは松阪もめんの反物や小物や作務衣などの商品を購入することも出来ます。

こちらでは「織姫」になって「一日織姫体験」をすることができます。1時間で小物敷きを織るコースと、4,5時間で1m程の反物を織る本格的なコースがあります。昔話に出てくるような機織り機を使って、反物を織るなんてタイムスリップしたみたいですね。ぜひ体験してみてください。

名称 松阪もめん手織りセンター
住所 三重県松阪市本町2176 松阪市産業振興センター1階
営業時間 9:00~17:00
サイト http://matsusakamomen.com/

4. 回転焼肉 一升びん

View this post on Instagram

@tommymas626がシェアした投稿

松阪といえば「松阪牛」。言わずと知れた高級ブランド牛ですが、松阪牛を一頭買いすることでお値打ち価格での提供を実現したのが、三重県・愛知県に店舗展開する「一升びん」です。秘伝の味噌ダレがお肉の旨みを更に引き出してくれる松坂牛の人気店です。

そんな「一升びん」の中でも異彩を放つのがこちら「宮町店」です。こちらでは回転寿司ならぬ「回転焼肉」を体験することができます。テーブルに焼肉網があるので、流れてくる生肉を取り、焼いていくシステムです。特におすすめは「松阪牛切り落とし」。様々な部位の切り落としを350円でいただけるとお得な1皿です。

名称 回転焼肉 一升びん 宮町店
住所 三重県松阪市宮町144-5
営業時間 平日 11:00~15:00(L.O:14:30) 16:30~22:30(L.O:22:00)
土日祝 11:00~22:30(L.O:22:00)
サイト http://www.issyoubin.com/

5. 洋食屋牛銀

「牛銀」は明治35年の松阪牛の老舗店です。こだわり抜いた松阪牛を食べることが出来る名店として有名で、おすすめ料理は、創業当初から変わらぬ味を守り続けている「すき焼き」ですが、ランチでも1万円近くする高級店です。

もっとお手頃に松坂牛を楽しみたい、と言う方におすすめなのが「牛銀本店」の隣にある「洋食屋牛銀」です。ハンバーグやビーフカレーなど、おなじみの洋食を松阪牛で、しかもお手頃価格でランチを楽しむことが出来ます。名店の味をぜひ味わってみてください。

名称 洋食屋牛銀
住所 三重県松阪市魚町1618(牛銀本店隣)
営業時間 11:00~20:00
サイト http://www.gyugin-honten.co.jp/yosyoku/

熊野・尾鷲エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 鬼ヶ城 

「鬼ヶ城」は国の名勝・天然記念物にも指定されている熊野古道・伊勢路の途中にある凝灰岩の大岸壁です。こちらでは約1kmに渡って、自然が生み出した奇石を見ることができます。また、東口にある「鬼ヶ城センター」では食事、休憩、お土産の購入をすることができます。

こちらの見所はなんといっても約1kmに渡る鬼ヶ城遊歩道を歩きながら見ることができる壮大な奇石たちです。歩道は西口、東口どちらからでも入ることが出来ますが、おすすめは西口から入り、東口を出て頂上の城跡を目指すコースです。遊歩道を歩ききり、自然が作り出した迫力ある造形を楽しんでください。

名称 鬼ヶ城
住所 三重県熊野市木本町
サイト https://onigajyo.jp/

2. 熊野古道伊勢路

「熊野古道伊勢路」は「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産にも登録されています熊野古道の三重県にある部分のことを指します。「熊野古道伊勢路」は全長約170km。体力に合わせてどこまで歩くかを決めていくといいですね。

「熊野古道伊勢路」は熊野古道の中でも人気のコースとなっています。というのも、森林の緑・熊野灘の海と様々な特徴をもつ景色を楽しみながら歩くことが出来るコースだからです。伊勢路の中でも特におすすめは「馬越峠」。こちらでは美しい石畳を通ることが出来るので、どこか一部を歩きたいというならこちらがおすすめです。

名称 熊野古道伊勢路
サイト http://www.kodo.pref.mie.lg.jp/

3. 天狗倉山

「天狗倉山」は「熊野古道伊勢路」の名所「馬越峠」から一足のばしたところにある山です。熊野古道伊勢路に含まれない場所で特に歩くないルートではありますが「馬越峠」に行った後にはぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。

というのも、「天狗倉山」の頂上は熊野湾を一望できる絶景スポットなのです。山頂からの眺めも素晴らしいですが、山頂には驚きの巨岩が鎮座しており、この巨岩に上り、上からの眺望を楽しむことが出来ます。熊野湾、そして雄大な山々の大パノラマを是非お楽しみください。

名称 天狗倉山
住所 三重県北牟婁郡紀北町相賀

4. 夢古道の湯

「夢古道の湯」は尾鷲のお母ちゃんの郷土料理と日帰りのお風呂が楽める温浴施設です。高台にあるので露天風呂からは熊野湾を眺めることもでき、ゆったりとした気分で過ごすことが出来ます。また、平日夕方と週末は女性限定で無料の泥パックサービスがあり、嬉しいですね。

こちらは温泉ではなく、全国的にも珍しい海洋深層水を使ったお風呂です。深海のミネラルをたくさん含んだお湯は、お肌にしっとりとなじみ、保湿効果・美肌効果を期待することができるということです。また、ミストサウナは化粧水を浴びているかのような贅沢な空間で、美意識の高い女子の皆さんにおすすめのスポットです。

名称 夢古道の湯
住所 三重県尾鷲市向井12-4
営業時間 10:00~21:30
サイト http://yumekodo.jp/

5. 花の窟神社

「花の窟神社」は日本書紀にも記されている日本最古の神社と言われている神社です。また、神々の母であるイザナミノミコトが火の神・カグヅチを産み亡くなった後、葬られたお墓がここだと伝わっている歴史あるスポットです。

日本最古のパワースポットとも言われている「花の窟神社」ですが、こちらではご神体である巨岩にあいている穴に、神社のすぐそばの七里御浜で拾ってきた白い石に願いを込めておさめると願いが叶うといわれています。神々の母のパワーにぜひあやかってみてください。

名称 花の窟神社
住所 三重県熊野市有馬町上地130
サイト https://hananoiwaya.com/hananoiwaya/iwaya_index.html

いかがでしたでしょうか。魅力溢れる三重の旅を楽しんでくださいね。

印象が薄いと思われがちな三重県。そんな三重県では「伊勢神宮」のような由緒正しい神社に参拝や、また「回転焼肉 一升 びん」のような一風変わった面白いスポットまで見所がたくさんあります!
景色を満喫する旅から食べ物めぐりの旅まで楽しみ方は人ぞれぞれ。ぜひ自分にあった旅をしてみてください。

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事