最終更新日時 2019/04/16

おしゃれな港町、神戸。一度は訪れてみたい憧れの街ですが、いざ観光となるとどこに行けば良いか分からなかったりしますよね。大阪や京都に行った事はあるけれど、兵庫までは行った事が無いという人も多いのではないでしょうか。知ればきっと行きたくなる、おすすめの観光スポットをご紹介します。

神戸でおすすめの定番スポット10選

1. 北野異人館街

「北野異人館街」は、故国を離れた外国人たちが、故郷を思いながら邸宅を構えた場所です。今も残る、異国の歴史と文化を感じる事ができます。どこを見ても異国情緒漂う街並みは、海外にきたような気持ちにさせてくれます。

「北野異人館街」には、有名な「神戸トリックアート・不思議な領事館」もあります。大人から子供まで楽しめるトリックアートがもりだくさん!錯視の世界、迷宮の部屋など6つのコーナーがあり、おもしろ写真を撮る事もできます。

名称 北野異人館街
住所 神戸市中央区北野町
サイト https://www.kobeijinkan.com/access

2. 南京町

横浜、長崎などに中華街があるように、港町神戸にもやはり大きな中華街があります!中華街は見ているだけでもワクワクしますし、美味しいものもいっぱいで満足度が高いですよね。「南京町」では、ランチやディナーはもちろん、食べ歩きグルメも充実しています。

「南京町」では、年間を通して様々な催し物が行われています。「ランターンフェア」など、目にも鮮やかでインスタ映え間違いなしのイベントも開催されています。観光の際は、ぜひイベント情報もチェックしてみてくださいね。

名称 南京町
住所 兵庫県神戸市中央区栄町通
サイト https://www.nankinmachi.or.jp/

3. ポートタワー

港町である神戸のランドマーク、「ポートタワー」。旅行に行ったらその地のメインタワーには行っておきたいですよね。「ポートタワー」はその独特の形状の美しさから、「鉄塔の美女」と呼ばれています。夜は7,040個ものLED照明が点灯し、神戸の街を鮮やかに照らします。

「ポートタワー」の周りはメリケンパークやハーバーランドなどの商業施設が立ち並んでおり、その周辺で楽しみたいという場合も暇になってしまう事はないでしょう。むしろ、この周辺だけでも1日で回りきるのが大変かもしれません。

名称 ポートタワー
住所 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2
営業時間 9:00~21:00(12月~2月は9:00~19:00)
サイト http://www.kobe-port-tower.com/

4. 神戸市立須磨海浜水族園

スマスイと呼ばれて親しまれている「神戸市立須磨海浜水族園」は、全国の水族館人気ランキングにもよく登場する人気の水族園です。飼育数は約600種類と、たくさんの生き物を見る事ができます。それでいて敷地もゆったりしているので、リフレッシュしながら海の生き物を眺められるんですよ。

大阪からも電車で気軽に来れて、料金も公立の為とってもリーズナブル。展示も充実していて、水族館の定番イルカから、マニアックな生き物まで見られます。アマゾン館では珍しい植物と共にアマゾン独特に生き物が生活していたりと、没入感を楽しめます。

名称 神戸市立須磨海浜水族園
住所 兵庫県神戸市須磨区若宮町1-3−5
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://sumasui.jp/

5. 神戸どうぶつ王国

「神戸どうぶつ王国」は「花と動物と人とのふれあい共生パーク」をテーマに、様々な自然とふれあえる施設です。美しい花畑があったり、まるで森の中にいるような空間で、珍しい動物たちがのびのびと暮らしているのを間近で見る事ができます。

「神戸どうぶつ王国」は、インサイドパーク(屋内)とアウトサイドパーク(屋外)の2種類の施設があり、晴天雨天両方で動物とのふれあいを楽しむ事ができます。家族連れの旅行で雨が降ってしまった時でも、気にせず訪れる事ができるのは嬉しいですね。

名称 神戸どうぶつ王国
住所 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9
営業時間 10:00〜17:00(土日祝変更あり)
サイト https://www.kobe-oukoku.com/

6. 神戸旧居留地

かつて「東洋の居留地として最も美しい街」とまで称されたこの「神戸旧居留地』は、現在もほぼそのままの姿で残っています。明治〜昭和初期に建てられた歴史的な建物は、一部を改装して飲食店などになっていたりもしていて、気軽にその空気を楽しめます。

旧大阪商船神戸支店として建設された神戸商船三井ビルディングは、旧居留地の中でもシンボル的存在です。その優雅さとどっしりとした佇まいが、歴史の長さを感じさせてくれます。今では塞がれてしまっていますが、旧主玄関を中心に写真を撮ると、その迫力が伝わってきます。

名称 神戸旧居留地
住所 兵庫県神戸市中央区播磨町30
サイト https://www.kobe-kyoryuchi.com/

7. 六甲山

「六甲山」は神戸市の市街地の西から北に位置している大小様々な山の総称です。山といっても公園的なイメージで、牧場や人工スキー場、植物園、宿泊施設などがあり、ケーブルカーやロープウェーを利用すれば気軽に訪れる事ができます。

「六甲山」にある様々な施設のなかでも、六甲ガーデンテラスは特にオススメです。日本でも有数の眺望スポットがあったり、きらびやかな景色を眺めながら楽しめるレストランでは、旬の素材を使ったメニューや記念日のプランも用意されていて、特別な日の演出にも最適です。

名称 六甲山
住所 兵庫県神戸市北区有馬町
サイト https://www.rokkosan.com/

8. 有馬温泉

上記で紹介した六甲山を楽しんだ後は、ケーブルカーで簡単にいけちゃう「有馬温泉」で羽をのばしてはいかがでしょうか。「有馬温泉」は日本三古湯として有名で、神戸に訪れたらぜひ足を運びたいスポットです。温泉はもちろん景観も良く、年間を通して美しい四季を楽しめます。

View this post on Instagram

@lucifer_picsがシェアした投稿

「有馬温泉」には、泊まらなくても気軽に楽しめる立ち寄り湯もいくつかあります。特に市営の「金の湯」「銀の湯」には絶対行っておきたいところ。低価格で、質の良い温泉を楽しむ事ができます。タオル・スポーツタオルなどは施設でも販売があるので、手ぶらで立ち寄れますよ。

名称 有馬温泉
住所 兵庫県神戸市北区有馬町
サイト http://www.arima-onsen.com/

9. ビーナスブリッジ

1日の締めにもってきたい、夜景が素敵なスポットです。入場無料で駐車場も無料なので、家族連れには嬉しいですね。徒歩だと各駅から20〜30分程度です。体力に余裕があれば、お散歩ついでに訪れてみるのも良いでしょう。

「ビーナスブリッジ」には、愛の女神ビーナスにちなんだ「愛の鍵モニュメント」があり、愛のメッセージを書いた鍵を取り付けられるんです。夜はこのモニュメントもライトアップされます。ロマンチックな夜景と合わせて、デートスポットにも最適ですね。

名称 ビーナスブリッジ
住所 兵庫県神戸市中央区諏訪山公園展望台
サイト https://www.feel-kobe.jp/kobe-yakei/area/mountain/01/

10. 摩耶山

体力と時間に少し余裕があるなら、「摩耶山」の夜景スポットもおすすめです。車で行く場合も、駐車場から10分ほど歩く必要があり、公共の交通機関を利用する場合はケーブルカーとロープウェーを乗り継ぎます。それでも大人気なのは、神戸の夜景スポットの中でも随一の迫力を誇るからなんです。

「手で星が掬えるほど標高が高い」事から、掬星台と名付けられた麻耶山の展望台。とても有名なスポットで、昭和天皇も訪れたそうです。有名なため人も多く、しっかり夜景を眺めたいなら早めの時間からの待機がオススメです。

名称 摩耶山
住所 神戸市灘区摩耶山町2-2
サイト https://www.mayasan.jp/

神戸駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 神戸ハーバーランド umie

「神戸ハーバーランド umie」は、港にあるショッピングモールです。駅近で交通アクセスもよく、車が無くても行きやすいのも嬉しいポイント。ベビーカーが押しやすかったりフードコートがあったりと子連れの家族に優しく、夜は夜景が綺麗なのでカップルにもおすすめです。

外観・内観共にカラフルながらも現代的で洗練されていて、どこか海外のショッピングモールを思わせます。天井が高いので開放感もあります。海の近くなので、お買い物やランチをしながら旅行気分が盛り上がる事間違いなしですね!

名称 神戸ハーバーランド umie
住所 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-7-2
営業時間 10:00~21:00(店舗により異なります)
サイト http://umie.jp/

2. 神戸ベイクルーズ

神戸駅から歩いて15分ほど、優雅にクルーズを楽しんでみるのはいかがでしょうか。「神戸ベイクルーズ」では、気軽にクルーズを体験する事ができます。大人でも税込1200円で乗船できちゃうんです(2019年4月現在)

また、ちょっとお値段は張りますがクルーズを貸し切る事もできます。オードブルやケーキなどを注文する事もでき、大人数での旅行時やパーティーでの利用がおすすめです。こちらは事前に確認・予約が必要になります。

名称 神戸ベイクルーズ
住所 兵庫県神戸市中央区波止場町7番1号
営業時間 9:00〜18:00
サイト http://www.kobe-port-tower.com/

3. BE KOBE

「BE KOBE」は「神戸の魅力は人である」という思いを込めたメッセージを、そのままモニュメントにしています。このモニュメントは神戸開港150年の記念として設置されました。景観にぴったりでフォトジェニックな事から、写真を撮りに訪れる人も多いスポットです。

神戸の港町はどこも夜景が綺麗で、このモニュメントもしっかりライトアップされています。Instagramでも、青空に負けないほど夜に撮った写真を多く見かけますよ。ポートタワーで夜景を楽しんだ後に寄ってみるのもおすすめです。

名称 BE KOBE
住所 兵庫県兵庫県神戸市中央区波止場町5-6
サイト http://bekobe.jp/

4. 愛の郵便ポスト

商業施設の神戸モザイクの側にある、「愛の郵便ポスト」。恋人の聖地として、NPO法人地域活性化支援センターにも認定されているんだそうですよ。このポストは神戸ハーバーランド街開き15周年を記念して設置されました。

きちんとポストとしても機能していて、このポストに投函された手紙は回収されて郵送されます。ピンクやハートで飾られた可愛らしいポストには、愛の長続きなどを祈願するためカップルが多く訪れています。また、ポップな見た目から記念写真の撮影スポットとしても人気です。

名称 愛の郵便ポスト
住所 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-6

5. アンパンマンストリート

「アンパンマンストリート」は神戸駅からアンパンマンミュージアムや、神戸ハーバーランド umieまで行く途中の道のりで楽しむ事ができます。アンパンマンやその仲間の可愛い石像が迎えてくれるので、小さいお子様連れのご家族におすすめです。

道幅が広いので大人数でも歩きやすく、お子様がはしゃいでしまっても安心です。アンパンマンたちの他にも、クジラなど、様々な石像があります。楽しんでいる間にアンパンマンミュージアムに着くので、小さなお子様がいる場合はそちらにもぜひ寄ってみてくださいね!

名称 神戸ガス燈通り(アンパンマンストリート)
住所 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5 神戸ガス燈通り(アンパンマンストリート)

神戸でおすすめの穴場スポット5選

1. 裏ビーナスブリッジ

「裏ビーナスブリッジ」は人気のビーナスブリッジの裏にある展望スポットです。ビーナスブリッジのメインの展望台よりも更に広い夜景を望む事ができ迫力満点です。ただし、暗闇の急坂で足元が悪いので、小さいお子様がいる場合やヒールで来た場合には向かないかもしれません。

ビーナスブリッジのメインの展望台と比べて遮るものがかなり少なく、見晴らしは最高です。また、来る人も少なめなので、綺麗な夜景をゆっくりと楽しめる穴場スポットといえるでしょう。足元には十分気をつけて挑戦してみてくださいね。

名称 ビーナスブリッジ
住所 兵庫県神戸市中央区諏訪山公園展望台
サイト https://www.feel-kobe.jp/kobe-yakei/area/mountain/01/

2. 神戸市役所展望ロビー

神戸市役所の24階には、地上から約100mの高さの展望ロビーがあります。神戸の眺望が楽しめる展望ロビーはなんと入場無料。地元の人には親しまれていますが、観光客は少ないようなので、静かに夜景を楽しむならオススメの穴場スポットです。

「神戸市役所展望ロビー」からは南側をメインに眺める事ができます。ハーバーランドの夜景はもちろん、電飾で彩られた堂徳山を見る事も可能です。こちらの点灯時間は日没の30分後〜23時までなので、タイミングが合えばぜひ見てみてくださいね。

名称 神戸市役所1号館24階 展望ロビー
住所 兵庫県神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所
営業時間 8:15〜22:00(土日祝は10:00〜22:00)
サイト http://www.city.kobe.lg.jp/information/about/building/24kai_lobby.html

3. 神戸布引ハーブ園

「神戸布引ハーブ園」は日本最大級のハーブ園。観光中、まったりとした時間を挟みたいならここがオススメです。四季を通じて様々なハーブを楽しむ事ができるように整えられているので、いつ行っても満足する事ができます。(ロープウェーの点検のため、2月〜3月のみ休園しています)

体験イベントも豊富で、ハーブについて学べるガイドツアーや、季節のハーブを使った暮らしのアイテムづくりに参加したり、アロマスタジオでは好きな香りを使ったアロマグッズを持ち帰る事ができます。レストランではもちろんハーブをふんだんに使ったメニューを楽しむ事ができ、1日ハーブ尽くしで過ごせます。

名称 神戸布引ハーブ園
住所 兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3
営業時間 10:00〜17:00(夏季のみ10:00〜20:30)
サイト http://www.kobeherb.com/

4. 相楽園

港町のイメージが強い神戸、その中で突如現れる日本庭園が「相楽園」です。相楽園は明治末期につくられた庭園で、国の登録記念物になっています。兵庫県庁の近くにあり、1941年からは神戸市の所有となりました。

なかでもつつじ遊山が有名で、毎年4月下旬から5月初旬が見頃です。秋頃になると菊花展も開催されており、期間中はコンサートや浣心亭茶席など、様々なイベントが行われます。また、日によってはライトアップも楽しめるそうです。

名称 相楽園
住所 兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://www.sorakuen.com/

5. ポートアイランド西公園

ポートアイランド西海岸のウォーターフロントにある、緑地公園「ポートアイランド西公園」。一般公募で決まった愛称は「ポーアイしおさい公園」で、地元の人に親しまれています。昼間の小休憩から港の夜景まで楽しめるスポットです。

ポートタワーや観覧車、港に浮かぶ船など、神戸を象徴する絶景を近くで見渡す事ができます。この公園は複数の大学のキャンパスと一体化しており、広々としたつくりになっています。学生でなくても自由に入れる学食などもあり、ゆったりと楽しめます。

名称 ポートアイランド西公園
住所 兵庫県神戸市中央区港島1-2

おしゃれな港町、神戸でバカンス気分を味わおう!

歴史的でいておしゃれな港町、神戸。異国情緒漂う街並みはどこも洗練されていて、バカンス気分で楽しむ事ができます。いつもと違う環境でリフレッシュできそうですね。余裕を持ったつくりの施設が多いので、少し長めの休みが取れた時には、まったり神戸観光を楽しんでみてはいかがでしょうか?

【関連記事はこちら】
▷兵庫に行ったら絶対に立ち寄りたい!おすすめ人気観光スポット30選
▷ 絶景や美食を味わえる!兵庫のおすすめ温泉スポット ベスト20

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事