最終更新日時 2019/05/10

明石は明石城の築城とともに栄え、現在もなお歴史と自然と美味しい食事を楽しむことができるエリアです。そんな明石で最新のおすすめ観光スポットを20選ご紹介します。海沿いでゆったりしたり、神社の中で桜をぼんやりと眺めたり、素敵な時間を過ごしに行きませんか。

明石でおすすめの定番スポット10選

1. 明石公園

明治時代、明石城跡に整備された公園が「明石公園」です。園内にはたくさんの植物が植えられており、特に春になると「さくら名所100選」に選ばれている満開の桜を楽しめます。またスポーツができるよう、運動施設も整備されています。

公園内では御神輿が出るお祭りや、ワークショップ、楽器の演奏、ライブ、ご当地グルメのイベントなど、幅広いジャンルのイベントが開催されています。ランチを食べにピクニックをしたり、デートスポットにも最適な場所です。

名称 明石公園
住所 兵庫県明石市明石公園1-27 明石公園
サイト https://hyogo-akashipark.jp

2. 明石城

「明石城」は1619年、徳川2代目将軍の秀忠の時代に築城されました。初代の藩主は織田信長の娘と徳川家康の息子夫婦から生まれた姫の子供である、小笠原忠政です。1817年の廃藩置県まで、小笠原氏が10代で明石藩を守ってきました。

明石城跡に明石公園があるため、こちらも桜の名所です。天守閣は造られなかったのでありませんが、巽櫓・坤櫓は日本に12基しか現存していない三重櫓のうちのふたつがあり、桜とのコラボレーションを楽しむことができます。

名称 明石城
住所 兵庫県明石市明石公園1
サイト https://www.akashijo.jp/

3. 明石・魚の棚商店街

「明石・魚の棚商店街」は、明石城築城の約400年前に誕生し、またこの地を治めていた宮本武蔵によるまちづくりによって造られた商店街だと言われています。瀬戸内海、明石海峡で採れる新鮮な魚を購入することができます。

食べ歩きもでき、特に明石の名物でもある真っ赤な明石タコは絶品です。魚の他にも野菜や果物、生活雑貨なども販売されているので、生活の中心として地元民に愛され、明石の美味しい食べ物を求める観光客に愛されています。

名称 明石・魚の棚商店街
住所 兵庫県明石市本町1-1-16
営業時間 9:00〜26:00(お店毎に異なります)
サイト http://www.uonotana.or.jp/index.html

4. 明石市立天文科学館

東経135度子午線が通る明石。その明石で日本の標準時間の標識があるのが「明石市立天文科学館」です。明石市民の声から造られたこの天文科学館は、困難に見舞われながらも町のシンボルとして時を刻み続けています。

開館以来ずっと上映をし続けているプラネタリウムは、日本で最も古いものです。災害で奇跡的に損傷を逃れたことで、世界から見ても貴重なプラネタリウムとして今もなお稼働しています。9000ほどの星を投影することができ、子供から大人まで一緒に体験できるスポットです。

名称 明石市立天文科学館
住所 兵庫県明石市人丸町2-6
営業時間 9:30〜17:00
サイト http://www.am12.jp/

5. 柿本神社

「柿本神社」は万葉集や古今集などに歌が載っている、柿本人麿を祀った神社です。初代の明石城城主である小笠原忠政が柿本人麿を敬っていたことから、学問や安産、火災除、夫婦和合の神としてこの神社で祀っています。

境内には八房梅と盲杖桜をはじめ、梅や桜が咲いています。明石公園は多くの人々で賑わっていますが、こちらは比較的人が少なく静かに桜を楽しめる穴場スポットです。境内で神輿が練り歩くお祭りも開催されており、その際は多くの人々が訪れます。

名称 柿本神社
住所 兵庫県明石市人丸町1-26
サイト http://www.kakinomoto-jinja.or.jp/

6. 薬師院

730年に明石に訪れた行基によって開山されたと言われている、「薬師院」。起源は「清冷山閼伽寺」と言われています。境内には高砂の松や尾上の松と並んで名松と称されてきた臥龍松の古株や、閼伽井という名の井戸があります。

また別名「ぼたん寺」と呼ばれており、明治時代から少しずつ植えられてきた多くのぼたんが咲き誇ります。ぼたんの種類はおよそ50種類、数にして2000株と植物園にも引けを取らない多さです。4月後半から5月のシーズンには、色とりどりのぼたんが訪れた人々を癒します。

名称 薬師院
住所 兵庫県明石市魚住町西岡1636
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://www.yokoso-akashi.jp/facility/2542

7. 住吉神社

「住吉神社」は仲哀天皇の皇后である、神功皇后や、皇后に助言をしたをお祀りしている神社です。464年に創建され、小笠原忠政によって再興されています。海上安全、交通安全、商売繁盛などの神としてお参りされています。

境内には「祓除の藤」と言うご神木があります。ちょうどゴールデンウィークが藤の見ごろで、ご神木ということもあり藤の下を通ると祓い清められた気持ちになるでしょう。また6月には紫陽花も咲き誇るので、春から書簡かけて目で見て楽しめます。

名称 住吉神社
住所 兵庫県明石市魚住町中尾1031
サイト https://www.sumiyoshijinjya.com/

8. 石ケ谷公園

「石ケ谷公園」は広々とした公園内に体育館や、バーベキュー場、乗馬施設、アスレチックなどが完備されているので、子供連れにはぴったりの場所です。また体育館には卓球場やトレーニング場などもあるため、スポーツをしたい方にもオススメです。

梅と桜の名所としても知られており、2月には約1000本の梅の樹が、4月には約500本もの桜の樹が一斉に花を咲かせます。駅から少し距離がありますが無料駐車場があるので、ドライブのついでに寄ってみてください。

名称 石ケ谷公園
住所 兵庫県明石市大久保町松陰1126-47
営業時間 9:00〜21:00
サイト http://www.e-akashi.jp/

9. 舞子海上プロムナード

「舞子海上プロムナード」は海上高さ約50メートルのところにある、海にせり出すように造られた遊歩道です。明石海峡大橋からの様子を解説した資料やDVD上映などを行っており、また休憩スペースでは海を臨みながらゆったりとした時間をお過しいただけます。

施設内で最もスリル満点なスポットが、丸木橋。床が透明で、約50メートル下の明石海峡を見ることができます。思わず立ちすくんでしまうような高さですが、ここから見下ろす海は青く綺麗ですので是非訪れた際は渡ってみてください。

名称 舞子海上プロムナード
住所 兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051番地
営業時間 9:00~18:00
GW /夏休み 9:00~19:00
サイト http://hyogo-maikopark.jp/

10. 林崎松江海岸

「林崎松江海岸」は林崎松江海岸駅から徒歩約10分ほどで着く海水浴場です。海が綺麗なことが特徴で、また遠浅なので子供を一緒に安心して遊ぶことができます。またバーベキューをすることも可能なので、休日には多くの家族連れで賑わいます。

また夕日のスポットでもあり、海に沈んでいく夕日を見ることができます。赤やオレンジ、紫に色に染まっていく空とヤシの木のシルエットを写真に収めれば、素敵な写真になること間違い無しです。毎日変わっていく空と夕日を眺めに、カップルで行ってみてはいかがでしょうか。

名称 林崎松江海岸
住所 兵庫県明石市林崎町地先

明石駅周辺でおすすめのスポット5選

1. ふなまち

明石の名物といえば、明石焼き。その明石焼きを出す店で最も有名と言っても過言ではない「ふなまち」。開店前からお客さんが並び、開店後には絶えることなくお客さんが訪れ行列ができるほどの人気店です。こじんまりとしていながらも、店主と女将さんの柔らかい人柄も人気の一因です。

明石焼きは卵焼きの中にタコが入っており、お出汁につけて食べます。たこ焼きとは異なり、優しい味が口の中に広がります。ふなまちの明石焼きは大きく20個600円と安いので、一人で食べればお腹いっぱいになるでしょう。

名称 ふなまち
住所 兵庫県明石市材木町5-12
営業時間 9:30~18:00
サイト https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280401/28001170/

2. 大蔵海岸公園

「大蔵海岸公園」はバーベキュー施設、芝生の広場、サッカーなどができる多目的広場、そして海水浴場があり、幅広い用途で使用することができます。また園内には、海洋冒険家の堀江氏が太平洋横断して大蔵海岸に到着した際のヨットが展示されています。

園内は夕日のスポットで、明石海峡大橋の奥に落ちていく夕日を眺められます。また大きなハートの中にアモーレ明石と書いてある写真撮影スポットがあったり、イルミネーションが開催されたりなど、季節や時間に関わらず楽しめます。

名称 大蔵海岸公園
住所 兵庫県明石市大蔵海岸通2
サイト https://www.okura-beach.jp/

3. 浜の散歩道

「浜の散歩道」は約7キロに渡って続く、海岸線を走ることができるサイクリングロードです。道は舗装されているのとともに、アップダウンがほとんどないので、潮風にあたりながら気持ちの良いサイクリングを満喫できます。

サイクリングロードの道中は海水浴場や海岸、明石象の化石の発掘地、公園などを通っていきます。また海の方には淡路島や明石海峡大橋を望むことができます。愛車とともに海や橋をバックに撮影すれば、素敵な1枚になることでしょう。

名称 浜の散歩道
住所 兵庫県明石市西新町
サイト http://www.yokoso-akashi.jp/facility/2532

4. あかし市民広場

明石駅から徒歩1分、駅目の前のビルにある「あかし市民広場」。ここではフリーマーケットや工作などの体験会などのほか、演奏などパフォーマンス、作品の展示など個人・法人問わずに開催することができるスペースです。

明石にせっかく来たのに雨。そんな時でもイベントを行っている日であれば、室内で楽しめます。イベントを行っていなくても館内に設置されている220インチの大型テレビジョンを使って遊ぶことができますので、子供づれで行く場所に迷ったら寄ってみてはいかがでしょうか。

名称 あかし市民広場
住所 兵庫県明石市大明石町1-6-1 明石駅前南地区再開発ビル2階
営業時間 9:00〜20:00
サイト https://akashi-hiroba.jp/

5. 明石市立文化博物館

「明石市立文化博物館」は常設展示と期間限定の展示会を開催しています。常設展示は明石近辺に生息されていたとされるアカシゾウや、シカマシフゾウ、そして未だなお存在の有無を正確に結論づけられていない明石原人の骨などが展示されています。

期間限定の特別展では、季節ごとの展示や企画展、郷土作家展、歴史展などを開催しています。明石に縁があるものの展示も多くされているので、常設展とともに鑑賞してみてください。施設内には貸出可能なギャラリーや会議室もあるので、様々な使い方をすることができます。

名称 明石市立文化博物館
住所 兵庫県明石市上ノ丸2-13-1
営業時間 9:30〜18:30
サイト https://www.akashibunpaku.com/ https://www.akashibunpaku.com/

明石でおすすめの穴場スポット5選

1. No123

「No123」は明石駅から徒歩10分ほどのところにある、マフィン専門店。甘い香りに誘われて店内に入ると、お店で作られたたくさんの種類のマフィンが並んでいます。2つ食べればお腹いっぱいになりそうな大きさで、甘すぎず素材の味を楽しめる味わいです。

テイクアウトもイートインもできますが、レトロな外観と立て白い木の立て看板とともに撮影すればおしゃれな写真をとることができます。魚の棚商店街も近いので、魚や明石焼きを食べた後にお口直しとして食べるのもいいですね。

名称 No123
住所 兵庫県明石市本町1-4-15
営業時間 10:00〜17:00
サイト https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280401/28033989/

2. クローバーベーグル

「クローバーベーグル」は、明石で唯一のベーグル専門店です。オーガニック、そして可能なかぎりの無農薬・無添加にこだわっており、素朴であるもののヘルシーで、かつ噛むほどに味わいが深くなるよう作られています。

毎週日曜日はベーグルサンドの日として、ベーグルサンドを食べることができます。メニューも月替わりで、例えばサーモンとクリームチーズの入ったものや、アボカドとクリームチーズ。またデザートとしてあんことバターのサンドなどがあります。

名称 クローバーベーグル
住所 兵庫県明石市相生町2-8-1
営業時間 10:00〜16:00
サイト http://cloverbagel.com/

3. ヒポポパパ

林崎松江海岸駅から徒歩10分ほどにあるカフェ「ヒポポパパ」。ここは女子トイレが水族館のようであり、人気です。実際に入ってみると3方を青や黄色の魚に囲まれて、竜宮城に迷い込んだかのような気分にさせてくれます。

また海沿いにあることから、カウンターの席に座ればオーシャンビューの中でご飯を楽しめます。食事はピザやサンドイッチ、デザート。ドリンクもジュースやアルコールなど種類豊富なので、女子旅で訪れて写真を撮影し合うのにおすすめのお店です。

名称 ヒポポパパ
住所 兵庫県明石市松江57-1
営業時間 10:00〜22:00
サイト https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280401/28005290/

4. 野菜食堂 めぐみカフェ

「野菜食堂 めぐみカフェ」は、白い外壁とレンコンのオブジェが印象的なお店。ワンプレートの中に5種類のおかず。そしてお味噌汁とご飯という和テイストで、健康志向の方にぴったりなヘルシーなプレート料理です。

食事だけではなくデザートもあり、特にスイーツ3種盛り合わせセットは好きなデザートを3種類選ぶとワンプレートに載せて出されます。一緒についてくるスプーンがまるでスコップのような形をしており、細かなところまで可愛い食堂です。

名称 野菜食堂 めぐみカフェ
住所 兵庫県明石市本町2-10-3 米澤ビル1階北
営業時間 11:30~18:00(ランチL.O.14:00)
サイト https://ameblo.jp/yasainocafe/

5. Drop on In

「Drop on In」は林崎松江海岸駅から徒歩で3分のところにある、おしゃれなカフェ。1階はケーキ屋さんで、2階は下で買ってものを食べることができるイートインスペースです。ケーキの種類は少なめですが、丁寧に作られたケーキは絶品です。

季節ごとにメニューが変わり、旬の果物を使ったケーキを食べることができます。またコーヒーだけのテイクアウトも可能なので、お店のスタッフさんの優しさと美味しいケーキを味わいに、林崎松江海岸にお出かけの際に寄ってみてください。

名称 Drop on In
住所 兵庫県明石市南貴崎町1-7
営業時間 11:00~18:00
サイト https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280401/28050971/

明石で歴史と自然と美味しいを満喫する1日を

いかがでしたか。明石は明石城や柿本神社など歴史を守りつつ、日本の時間の標準として大事な場所であり、海産物や明石焼きなどのご当地グルメが美味しい魅力満載のエリアです。外国人観光客も年々増えており、神戸や大阪とともに人気なスポットになりつつあります。1日の観光だけでは全てのスポットを回ることが難しいですが、自転車を借りてサイクリングをしながら観光地を回ってみるのも楽しいですね。ぜひデートや女子旅、一人旅で訪れてみてください。

【関連記事はこちら】
▷定番から穴場まで!淡路島で行きたいおすすめの観光スポット20選
▷姫路で必ず訪れたい!おすすめの観光スポット30選

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事