最終更新日時2019/12/06

日本のみならず世界中の観光客に人気の京都河原町。皆さんがよくご存知の趣情緒ある歴史的な建造物から、古都京都のイメージからは想像のつかない最新の観光スポットまで幅広いジャンルが揃っています。ここでは定番のスポットから穴場のスポットまで徹底的に紹介していきます

外せない河原町の定番スポット15選

1. 先斗町

画像素材|PIXTA

昔ながらの京都の町という雰囲気が残るのが「先斗町」です。古くは花街として栄えたこともあり、舞子さんや芸妓さんをよく見かけるといったイメージのある先斗町ですが、現在はグルメスポットとしても有名です。昔ながらの雰囲気を楽しみながらグルメも楽しみたい方におすすめです。

画像素材|PIXTA

先斗町から一歩裏路地に入るとそこはグルメスポットの宝庫です。京料理やお寿司を食べることのできる定番の料亭はもちろんですが、鉄板焼きや洋食のお店、Barに至るまで一通りのお店が揃っているだけでなく、すべての店が味も雰囲気も抜群です。ぜひ一度足を運んでみてください。

名称 先斗町
住所 京都市中京区先斗町
サイト https://www.ponto-chou.com/

2. 花見小路通

画像素材|PIXTA

「花見小路通」は京都市を南北に延びる通りの一つ。外国人をはじめ多くの観光客でにぎわう祇園のメインストリートです。高級料亭が立ち並び、これぞ京都というイメージですので京都の雰囲気を味わいたい方は外すことのできない場所です。

画像素材|PIXTA

花見小路通りの南側は伝統的な由緒のあるお茶屋街や料亭が立ち並び京都の雰囲気を醸し出しています。しかし一方で北側はバーやスナック街といった現代風な通りです。京都という雰囲気を楽しみたい方は花見小路通りの南側を観光されることをお勧めします。

名称 花見小路通
住所 京都市東山区
サイト https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=3000086

3. 八坂神社

画像素材|PIXTA

「八坂神社」は厄除けや縁結びの神様で、祇園さんという名で呼ばれており全国の祇園社の総本山です。毎年7月に八坂神社の祭礼である祇園祭が執り行われますが、祇園祭は日本三大祭として数えられるほど有名なお祭りですので、その時期に合わせて足を運ぶのもおすすめです。

画像素材|PIXTA

祇園祭は7月1日~31日までの1か月の間で神事や行事が行われます。その中でも17日(前祭)と24日(後祭)での山鉾巡行と、山鉾を飾って祇園囃子を奏でる宵山(14日~16日、21日~23日)にはたくさんの観光客でにぎわいます。一度八坂神社で祭りの熱気を味わってみてはいかがですか?

名称 八坂神社
住所 京都市東山区祇園町北側625番地
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.yasaka-jinja.or.jp/

4. 錦市場

画像素材|PIXTA

京の台所として有名なのが「錦市場」です。400メートル程の通りに魚や京野菜などの生鮮食品から漬物やおばんざい(京言葉で惣菜のこと)といった加工食品までさまざまな店が軒を連ねています。ご当地食材の京野菜を使った漬物などはお土産にぴったりです。

画像素材|PIXTA

錦市場は食べ歩きにもおすすめです。魚介、惣菜、スイーツなど色々なジャンルの店が、その場で食べられるような商品を安い値段で提供しています。ゆっくりと時間をかけて錦市場を進みながら、気になる商品を味わってみるのはいかがですか?

名称 錦市場
住所 京都府京都市中京区
サイト http://www.kyoto-nishiki.or.jp/

5. 建仁寺

画像素材|PIXTA

「建仁寺」は京都最古の禅寺で、枯山水の庭や風神雷神図など国宝級の絵画の展示が見どころです。また建仁寺は禅寺体験として、坐禅体験や写経体験ができますので集中力を高めたい方や心を落ち着かせたい方などにおすすめです。

画像素材|PIXTA

建仁寺での坐禅体験は、坐禅の座り方の指導を受けたあとで実際に20分間の坐禅や法話を聞くことができます。個人客は誰でも予約なしで参加可能であり、無料で体験することができます。忙しない日常から離れて静寂の中で心を落ち着かせてみるのも良いのでは。

名称 建仁寺
住所 京都市東山区大和大路通四条下ル小松町
営業時間 3月1日~10月31日 10:00~16:30(17:00閉門)
11月1日~2月28日 10:00~16:00(16:30閉門)
サイト https://www.kenninji.jp/

6. 四条大橋

画像素材|PIXTA

「四条大橋」は河原町から祇園に向かう道中の鴨川にかかる橋です。京都の繁華街を結ぶ橋で、終日人でごったがえしていますが、四条大橋から望む鴨川の景色は素晴らしく、観光客を魅了しています。混雑を差し引いてもおすすめのスポットです。

画像素材|PIXTA

四条大橋のたもとから鴨川に降りる橋があり、川沿いはデートコースの定番。カップルが等間隔で座っている描写もメディアに良く取り上げられています。鴨川沿いをゆっくり歩くのも良いですし、鴨川のきれいな景色を眺めながら腰かけて話しをするのもおすすめです。

名称 四条大橋
住所 京都府京都市東山区川端町
サイト https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=3000049

7. 本能寺

画像素材|PIXTA

歴史好きの方におすすめなのが「本能寺」です。歴史の教科書にも出てきますが、織田信長が明智光秀の軍勢によって襲われたとても有名な本能寺の変の舞台となった場所です。本能寺は日蓮を宗祖とする法華宗本門流の大本山です。

画像素材|PIXTA

教科書では有名な本能寺の変ですが、概要はなんとなく知っているが詳しくは知らないといった人が大半だと思います。その舞台は京都の町中にぽつんと存在しており、一人でゆっくり参拝するのもおすすめです。一度本能寺を訪れてみて歴史に触れてみてはいかがですか?

名称 本能寺
住所 京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.kyoto-honnouji.jp/

8. 円山公園

画像素材|PIXTA

「円山公園」は1886年(明治19)に開設された京都市で最も古い公園です。自然の丘陵を利用して作られた回遊式の日本庭園や四季の花をはじめ、八坂神社の境内などとも隣接しており、自然を満喫するのにおすすめのスポットです。

画像素材|PIXTA

円山公園は京都随一の桜の名所としても知られています。特に祇園の夜桜と呼ばれるシダレザクラが公園の中央にあり、その姿は圧巻の一言です。夜にライトアップされたその姿は見るものすべてを魅了します。是非一度円山公園に足を運んでみてください。

名称 円山公園
住所 京都市東山区円山町他
サイト https://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/page/0000083282.html

9. 錦天満宮

画像素材|PIXTA

学問の神である菅原道真公を祀っている「錦天満宮」は合格祈願や学力向上のために大勢の方に参拝されています。入口は観光客の絶えない活気のある新京極通り沿いにあるのですが、店と店の間にあるため見落とされがちなので提灯を目印にしてください。

画像素材|PIXTA

錦天満宮の鳥居ですが、パッと見はわかりませんが実は鳥居の端が建物の中まで突き抜けているんです。色々なテレビでも取り上げられているのでご存知の方も多いかもしれませんが、一度自分の目で確かめるのもきっとおもしろいですよ。

名称 錦天満宮
住所 京都市中京区新京極通り四条上ル中之町537
営業時間 8:00~20:30
サイト http://nishikitenmangu.or.jp/

10. 高瀬川

画像素材|PIXTA

「高瀬川」は鴨川と並行して流れている運河で、かつては物流用として使用されていました。現在では、高瀬川は川沿いに桜が咲き誇っており桜の名所としても有名。今や京都らしい風情や趣のある情景になくてはならない存在です。

画像素材|PIXTA

桜の季節になると、高瀬川周辺はライトアップされ幻想的な雰囲気になります。約200本もの桜が約1キロメートルもの距離に立ち並んでおり、ライトアップされた桜並木を散策してみれば感動すること間違いなしです。もちろんデートにもおすすめのスポットですが、家族連れや友達同士でも間違いなく満足できる場所です。

名称 高瀬川
住所 京都府京都市中京区木屋町通沿い
サイト https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=4&ManageCode=7000044

11. 漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)

大人から子供まで楽しめる穴場スポットとして紹介するのが「漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)」です。また多言語対応音声ガイドもレンタルしているので漢字好きな外国人にもおすすめのスポットです。ここでは漢字の魅力を再発見できる仕組みがたくさんあります。

漢字ミュージアムでは漢字を見るだけではなく、展示方法に工夫を凝らしています。また「京都で 見て 触れて 遊んで 漢字の魅力 大発見」というコンセプトを掲げており、驚きや発見を生み出すような体験型のミュージアムで、体験しながら漢字の魅力を感じられる施設です。

名称 漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)
住所 京都府京都市東山区祇園町南側551
営業時間 9:30~17:00(最終入館16:30)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日に振り替え)
サイト https://www.kanjimuseum.kyoto/

12. YUGEN

気軽に日本茶を嗜んだり伝統文化に触れてみたい方におすすめなのが「YUGEN」というカフェです。店内は町屋を改装した作りにで、落ち着いた雰囲気で日本茶を味わうことのできる最新おすすめスポットです。

茶道というと少し身構えてしまう感じがするため、もっとカジュアルに楽しんでもらいたいという気持ちでYUGENをオープンしたそうです。抹茶ラテなど実際に目の前でお茶を点ててもらえるため本格的な日本茶を味わうことができます。

名称 YUGEN
住所 京都市下京区仏光寺通寺町西入ル大黒町266-2
営業時間 11:00~19:00
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26030976/dtlmenu/drink/

13. 京都のフクロウの森

買い物や食事の合間にふらっと立ち寄ってもらいたいスポットが「京都のフクロウの森」。世界中の珍しいフクロウと触れ合えるため、鳥好きにはたまらない空間です。子供連れのご家族などにおすすめのスポットです。

猫や犬に触れ合う機会は結構多いかもしれませんが、フクロウと触れ合う機会はあまりないかもしれません。ここ京都のフクロウの森では河原町からすぐという立地でありながら癒しの空間が広がっています。子供だけでなく大人にとっても貴重な体験ができるお店です。

名称 京都のフクロウの森
住所 京都府京都市中京区新京極通り四条上ル中之町554 美松西館2F
営業時間 11:30~19:30
サイト http://owls-cats-forest.com/free/owls-kyoto

14. 料亭 左阿彌

「料亭 左阿彌」は円山公園内にある京懐石を味わうことができる料亭です。400年近い歴史のある老舗料亭であり法事の際に使用するような料亭でもあるため、駐車場も完備していることから車でもアクセスしやすいのがおすすめです。

旬の素材に対して京料理の伝統と技をふんだんに駆使することで、素材の味を最大限に引き出し最高の料理に仕上げます。敷地内には庭園もあり、京の街並みも一望できる立地であり、京都の上品な雰囲気を楽しめるお店です。

名称 料亭 左阿彌
住所 京都府京都市東山区円山公園
営業時間 11:30~14:30
16:00~20:00
サイト https://www.saami.jp/

15. 六角堂

画像素材|PIXTA

「六角堂」は聖徳太子が創建した、いけばな発祥の地です。その名の通り、六角形の屋根が特徴です。境内には京都の中心とされているへそ石や縁結びの六角柳などの穴場スポットもあり気品を感じることのできる観光スポットです。

画像素材|PIXTA

六角堂は聖徳太子に関係のあるお寺ということで参拝される方も多いそうです。境内の中には太子堂があり、そこで六角堂を創建した聖徳太子が祀られています。歴史好きな方にとっては一度訪れてみる価値はあるかもしれません。

名称 六角堂
住所 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町
営業時間 6:00~17:00
サイト https://www.ikenobo.jp/rokkakudo/

河原町駅周辺に来たら必ず訪れたいスポット5選

1. MACCHA HOUSE 抹茶館

河原町駅周辺でスイーツ好きの方に是非おすすめしたいのが「MACCHA HOUSE 抹茶館」です。すごい行列ができているのですが、絶品の宇治抹茶ティラミスは並んででも是非とも食べていただきたいおすすめの一品です。

抹茶館でおすすめの宇治抹茶ティラミスですが、京都の宇治にある老舗製茶所の抹茶を使用しているところが一番のこだわりです。マスカルポーネチーズの入ったクリームと上にかかった抹茶の渋みが絶妙な組み合わせであり、おすすめの絶品スイーツです。

名称 MACCHA HOUSE 抹茶館
住所 京都市中京区河原町通四条上ル米屋町382-2
営業時間 月~木・日・祝 10:00~21:00(L.O.20:30)
金・土・祝前日 10:00~22:00(L.O.21:30)
サイト https://www.create-restaurants.co.jp/shop/index.php?controller=FrontCrShop&action=shop_show&id=1106

2. 福寿園 京都本店

お茶好きの方に是非おすすめしたいのが「福寿園 京都本店」です。ここは地下1階~地上6階まであってお茶の販売はもちろんですが、甘味処から本格フランス料理といった食事に加え茶器類の販売まで幅広く揃っています。

福寿園で特におすすめなのが地下1階にある京の茶蔵というフロアです。ここでは自分オリジナルの茶葉をブレンドして作ることができます。産地や品種も様々な茶葉を本格工房でブレンドして、味や香りを自分好みに配合することができるのはお茶好きにはたまらないお店です。

名称 福寿園 京都本店
住所 京都市下京区四条通富小路角
営業時間 11:00~19:00
サイト http://www.fukujuen-kyotohonten.com/

3. 寺町美人

女子旅やデートに是非おすすめしたいのが「寺町美人」です。ここは河原町駅からもほど近い着物レンタルの店です。着物に身を包んで京都の街を散策すれば気分も高まりますよ。八坂神社や清水寺にも徒歩圏内なので、着物で参拝するのもおすすめです。

寺町美人では着物から足袋まですべてセットですので、手ぶらでお店に行くだけで大丈夫です。ベテランのスタッフさんが着付けもすべてやってくれるので、待っているだけで着物姿に早変わりできます。せっかく京都にきたのであればこのような体験をしてみてください。

名称 寺町美人
住所 京都市下京区四条通り寺町下ル貞安前之町622 京都大神宮境内会館ビル5階
営業時間 9:30~20:30(受付18:00まで)
サイト http://teramachi-bijin.com/

4. 京極スタンド

昭和レトロな雰囲気が好きな方におすすめなのが昭和2年創業の「京極スタンド」です。店に入ると昭和初期にタイムスリップしたかのような雰囲気を醸し出しているお店です。年配の方はどこかなつかしさを感じるかもしれません。

京極スタンドは大衆酒場というジャンルになるため、お酒のあての種類は非常に豊富です。一方、定食なども充実しているために時間帯によってはがっつりと食事をするのにも向いています。どちらの目的であっても気ままにお店に足を運んで昭和のノスタルジックな雰囲気を楽しんでみてください。

名称 京極スタンド
住所 京都市中京区新京極通四条上ル中之町546
営業時間 12:00~21:15(L.O.20:45)
定休日 火曜日
サイト http://sutando.aa0.netvolante.jp/

5. 京家きよみず 木屋町

おばんざいや京料理を味わいたい方におすすめなのが「京家きよみず 木屋町」です。京町屋の佇まいをした店舗は情緒に溢れています。その日の仕入れ状況に応じてお品書きが変わるため、日替わりでおばんざいがカウンターに並びます。

京家きよみずでは京たまごの玉子かけごはん、豆乳鍋、京おでんなどの名物をはじめご当地の家庭料理が並びます。それぞれに新鮮な京野菜など旬のこだわり食材をふんだんに使用した料理は絶品です。京都に来たならば是非立ち寄って頂きたいお店です。

名称 京家きよみず 木屋町
住所 京都市中京区河原町通四条上ル米屋町378
営業時間 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日月曜
サイト http://www.kyoya-kiyomizu.com/kiyamachi_access.html

厳選!河原町で食べたいランチ5選

1. mumokuteki cafe

「mumokuteki cafe」は、自家製野菜やオーガニックの素材を使用したオーガニックカフェ。大きな窓から緑が眺められる、ナチュラルな雰囲気のお店です。”いきるをつくる”をコンセプトに掲げており、自然の味をそのままに美味しく調理したメニューが人気。

おすすめは、旬の味わいが楽しめる「ランチプレート」。ご飯は玄米と雑穀米から選ぶことができるのも、嬉しいポイントです。化学調味料は一切使わず、無農薬・減農薬野菜を中心に使用しているので、小さな子供が一緒でも安心して食べることができますよ。

名称 mumokuteki cafe
住所 京都府京都市中京区式部町261 ヒューマンフォーラム本社ビル2F
営業時間 11:30〜20:00
サイト https://mumokuteki.com/

2. timepiece cafe

「timepiece cafe 」は、四条河原町のど真ん中の雑居ビルにある隠れ家的カフェ。店内は、木と北欧ヴィンテージの家具に包まれた温かい空間が広がっています。パスタやご飯ものなどの定番カフェメニューや、アイディア満載の創作メニューを楽しめます。

あまから肉味噌丼やオムライス、カレーなど、和洋問わず様々なランチをいただくことができます。スイーツメニューも豊富に用意されていて、特に「バナナと生チョコのクレープ」が人気。女子会などでのんびりとおしゃべりしたい時にも、おすすめのお店です。

名称 timepiece cafe
住所 京都府京都市下京区御旅町19 池善ビル3F、4F
営業時間 11:30〜23:00
サイト http://www.timepiececafe.jp/

3. omo cafe

「omo cafe」は京町家を再生した、創作ごはんと和スイーツのカフェ。古典的で趣のある落ち着いた店内には、テーブル席だけでなく座敷席もあり、リラックスしながら手間暇かけて作られた美味しいご飯をいただくことができます。

ランチのおすすめは、6種類のおかずがちょっとずつ盛られた「omo cafeごはんプレート」。野菜や魚、お肉をバランスよく使ったおかずで、白米がとまらないほどの美味しさです。夏季限定メニューのかき氷は、薄い氷が口の中で溶け上品な甘さを堪能することができます。

名称 omo cafe
住所 京都府京都市中京区梅屋町499
営業時間 11:00~21:00
サイト http://www.secondhouse.co.jp/omoya/omocafe.html

4. 都野菜 賀茂

「本当の京都の恵みに気づいてほしい」という想いから、農家が丹精込めて育てた有機・無農薬・減農薬の”都野菜”を中心としたメニューを提供している「都野菜 賀茂」。バイキング形式で、こだわりの新鮮野菜を使ったサラダやおばんざいが食べ放題です。

モーニングでは、100名限定でワンコインで新鮮な野菜を食べることができ、観光客のみならず地元住民にも人気のお店。ランチでは、多種多様な野菜をいただける畑バーのほか、15種類以上のおばんざいやお肉のメニューなどもあり、男性でも満腹になる内容です。

名称 都野菜 賀茂
住所 京都府京都市下京区東洞院通綾小路下る扇酒屋町276
営業時間 7:00~10:00/11:00~16:00/17:30~22:00
サイト https://nasukamo.net/

5. 熱帯食堂 四条河原町店

「熱帯食堂」は、タイ料理とバリ料理を同時に食べられるお店。どちらの料理も、現地出身の料理人が現地から取り寄せた調味料を使ってつくっているので、本場の味を堪能することができます。シンハー・ビールや珍しいココナッツ焼酎など、現地のドリンクも味わえます。

辛いだけでなく、旨味や酸味、甘味など素材自体の持ち味が溶け合った深い味わいのタイ料理と、南国らしい色彩と後からじわじわ来る辛味が特徴のバリ料理を食べ比べることができるのが、最大の魅力。店内もアジアンテイストなので、まるで南国にいるような気分を感じられます。

名称 熱帯食堂 四条河原町店
住所 京都府京都市下京区橋本町109 サピエンス四条木屋町ビル 7F
営業時間 平日 11:30~15:00(L.O.14:00)、18:00~23:00(L.O.22:00)
土日祝 11:30~15:00(L.O.14:00)、17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日 火曜
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26026703/

河原町で絶対食べて欲しいラーメン屋5選

1. 麺屋 猪一

2019年5月に、河原町駅近くに移転した「麺屋 猪一」。「麺」の文字が書かれた白い提灯と、美しい格子状の扉が目印です。ミシュランビブグルマンにも選出された有名店で、常に多くのお客さんで賑わっています。

名物は、透き通ったスープが魅力の「支那そば 白」。昆布と魚介を混ぜた白だし醤油のスープは、それぞれの素材の味をしっかりと残しながらも、あっさりとした仕上がりです。別添えのゆずを入れると、さらにさっぱりとしますよ。

名称 麺屋 猪一
住所 京都府京都市下京区恵美須之町542 1F
営業時間 11:00〜14:00、17:30〜22:00
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26032368/

2. 名前のないラーメン屋

ユニークな店名が印象に残る「名前のないラーメン屋」。外観に看板もないため、初めて訪れる際は不安になってしまいますが、店内はとてもおしゃれな雰囲気のお店です。高倉二条という有名ラーメン店の系列で、ラーメン・つけ麺・カレーラーメンの3種類から選ぶシステムになっています。

おすすめは、化学調味料を一切使用していないとんこつ魚介スープが売りのつけ麺。食物繊維やビタミンも豊富な全粒粉の麺は、健康や美肌のことも考えられていて、特に女性に大人気です。引き出し付きのカウンターも珍しく、写真映えもしますよ。

名称 名前のないラーメン屋
住所 京都府京都市中京区恵比須町534-31 CEO木屋町ビルB1
営業時間 11:30〜15:00、18:00〜22:00
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26026032/

3. 麺屋虎杖

河原町駅から徒歩5分ほどのところにお店を構える「麺屋虎杖」。BGMにジャズが流れるおしゃれなラーメン屋です。こちらのお店の看板メニューは、マイルドな味が人気の「カレー担々麺」。隠し味に柚子が入っており、美味しさにさらなる拍車をかけています。

細いちぢれ麺は、つるつるとしたのど越しと食感でカレースープによくからみます。セットで注文できるターメリックライスも人気で、パンチの効いたスープとの相性も抜群です。夏場には冷麺も出しているので、こちらもぜひお試しください。

名称 麺屋虎杖
住所 京都府京都市下京区立売東町17-3
営業時間 11:30〜14:30、17:00〜22:00
サイト http://menyaitadori.jp/shop_003.html

4. らーめん千の風

「らーめん千の風」は、体にやさしい自然派らーめんをコンセプトにしたお店。真心込めて作られたらーめんは健康にも気を使っていて、あっさりとしているのにどこかクセになる、不思議な味わいが特徴です。一人でも気兼ねなく入れるお店なので、女性にも人気です。

一番人気は、豚骨らーめんの「京の塩」。臭みがなくマイルドで飲みやすいスープに、濃い黄色の麺がよく合います。トッピングにはもやし、ネギ、炙ったチャーシューがのっていて、シンプルながらも食べ応え抜群の一杯です。

名称 らーめん千の風
住所 京都府京都市中京区中之町580
営業時間 12:00〜22:00
サイト https://ramensennokazekyoto.com/

5. 麺匠 たか松 本店

「麺匠 たか松」は和の趣が漂う佇まいのつけ麺屋。長野県産の小麦を石臼で挽いた自家製麺は、ざらつきのある舌触りで小麦の風味をしっかりと堪能できます。一緒に添えられているすだちをかけると爽やかな酸味がアクセントになり、味の変化を楽しめます。

つけ汁は鶏魚介系のスープでクセがなく、さらっとした口当たり。中に角切りにしたチャーシューと刻みネギが入っていて、コクのある甘みが感じられます。外国人観光客も多く、幅広い年代や国籍の人々に愛されるお店です。

名称 麺匠 たか松 本店
住所 京都府京都市中京区一蓮社町312
営業時間 10:30〜23:00
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26019002/

河原町に訪れたら行きたい!カフェ5選

1. 喫茶 ソワレ

河原町駅から徒歩1分ほどのところにある「喫茶 ソワレ」。1948年創業の老舗喫茶店で、店内は独特な世界観のあるレトロな空間。建物の2階の窓からは、外を流れる高瀬川を眺めることができます。

このお店の名物は、宝石のように美しい「ゼリーポンチ」。ほのかな甘みのあるソーダの中に、イエローやグリーン、パープルなどのカラフルなキューブ型のゼリーが浮かんでいます。写真映えするゼリーポンチは、多くの女性の心を鷲掴みにしています。

名称 喫茶 ソワレ
住所 京都府京都市下京区 西木屋町通四条上る真町95
営業時間 13:00〜19:30
サイト http://www.soiree-kyoto.com/

2. 六曜社

1950年から京都で喫茶店を営む「六曜社」。昭和レトロな店内は1階と地下に分かれており、それぞれで異なるメニューを楽しめます。地下は、夜にはウイスキーを中心としたBarなので、朝から夜までどんな時でも気軽に立ち寄ることができます。

こちらでは、ブレンドコーヒーとドーナツの組み合わせが定番。すっと飲みやすいブレンドコーヒーと、素朴な味わいの手作りドーナツがよく合います。中はしっとりしているのに、ザクザクとした食感のドーナツは甘さ控えめで、男性にもおすすめです。

名称 六曜社
住所 京都府京都市中京区河原町三条下ル大黒町40
営業時間 8:30〜23:00
サイト http://rokuyosha-coffee.com/

3. 和カフェ 季の音

宇治抹茶をはじめ、厳選した和の食材を使ったパフェやケーキ、アイスクリームなどをいただける「和カフェ 季の音」。店内は白を基調とした和モダンな空間になっており、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

看板メニューは、濃厚な抹茶を使った「濃茶モンブラン」。宇治丸久小山園の抹茶をたっぷり使用しており、上質な抹茶ならではの深い味わいとほろ苦さがクセになります。クリームの中には、ふっくらと炊いた丹波黒豆も入っていますよ。

名称 和カフェ 季の音
住所 京都府京都市中京区河原町通四条上ル米屋町384 くらもとビル4F
営業時間 11:30~19:00(L.O.18:30)
サイト http://kyoto-kinone.jp/menu.html

4. TEO KAFON

日本の喫茶文化と、海外のカフェ文化の融合をコンセプトにした「TEO KAFON」。木を基調にしたナチュラルテイストのお店で、契約している農家から仕入れて挽いた、オリジナル抹茶を使ったスイーツをいただくことができます。

一番人気は、タルトチーズケーキ・ロールケーキ・チョコレートボール・ビスコッティ・エクレアの5種類の抹茶スイーツが並んだ「抹茶スウィーツプレート」。違った食感や風味のスイーツを一口ずつ楽しめる、お得な一皿です。

名称 TEO KAFON
住所 京都府京都市中京区 六角東入ル桜之町447 新京極
営業時間 11:00〜17:30
サイト http://teokafon.com/

5. elk 京都河原町店

「elk」は、大阪で大人気のパンケーキ&スープカフェの2号店。こだわりの生地を特製グリドルで焼いた、ヘルシーなパンケーキが人気のお店です。抹茶や黒豆を使用したパンケーキなど、京都ならではの限定メニューも用意されています。

パンケーキはもちろんですが、このお店でもう一つ有名なのが3Dのラテアート。ふわふわのミルクフォームでできた、愛らしい動物の姿は一見の価値ありですよ。手間がかかるため、平日の昼間のみの提供ですが、ぜひ一度注文してみてくださいね。

名称 elk 京都河原町店
住所 京都府京都市中京区裏寺町595-5
営業時間 10:00~21:00(L.O.20:30)
サイト https://cafe-elk.com/2013/11/14/elk-kyoto/

河原町で行きたい人気の居酒屋5選

1. 京都 五行

一風堂が手掛ける、スタイリッシュな内装の和風居酒屋「京都 五行」。店内には、日本庭園を模した中庭やモダンな時計が飾られていて、とてもおしゃれな空間になっています。“飲んで、つまんで、麺で〆る”のコンセプトをもとに、おつまみやラーメンを提供しています。

名物は、真っ黒なスープの焦がし醤油麺。醤油を焦がしたスープは、見た目はこってりしていそうですが、意外とあっさりしていて醤油の香ばしい香りを楽しむことができます。柔らかくてジューシーなチャーシューも盛られていて、玉子もよく味がしみています。

名称 京都 五行
住所 京都府京都市中京区柳馬場通蛸薬師下ル十文字町452
営業時間 平日  11:30~15:00(L.O.14:30)/17:00~23:00(L.O.22:00)
土日祝 11:30~16:00(L.O.15:30)/17:00~23:00(L.O.22:00)
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26002029/

2. 煮野菜 おにかい

“旬の京野菜を美味しく食べよう”をコンセプトにした「煮野菜 おにかい」。京都乙訓の里・向日にある「五十棲農園」から採れる安心安全の旬の京野菜たちを、カウンターの真ん中にある大鍋で煮た料理を提供しています。

古風で落ち着く作りの店内には、カウンター席や掘りごたつ席も用意されています。出汁のきいた煮野菜は種類が豊富で、季節ごとに違ったラインナップをお楽しみいただけます。アボカドや人参、大根を使った野菜のカクテルもあり、特に女性にはオススメのお店です。

名称 煮野菜 おにかい
住所 京都府京都市中京区河原町通り四条上る米屋町388 2F
営業時間 17:30〜24:00
サイト http://onikai.isozumi.jp/

3. 串焼きとおでん五十棲

“女性でも気軽に入れる赤提灯”がコンセプトの「串焼きとおでん五十棲」。大通りから少し入った細い道にある、一際目をひく巨大な赤提灯が目印です。メインはダシが決め手の自慢のおでんと、バリエーション豊かな串焼き。

「煮野菜 おにかい」と同じく五十棲農園産の野菜を使用しており、その日に採れた新鮮な野菜を、やさしい味わいのおでんでいただくことができます。店員さんのサービスも行き届いており、京都に訪れたら一度は立ち寄ってほしい人気店です。

名称 串焼きとおでん五十棲
住所 京都市中京区河原町通り四条上る米屋町388
営業時間 17:30〜24:00
サイト http://isozumi.isozumi.jp/

4. もなか堂

裏路地の2階にあり、木の温もりと柔らかな光に包まれた店内で、様々な創作料理をいただける「もなか堂」。野菜がたっぷりと入ったおばんざいをはじめ、手間暇かけたヘルシーなお料理が女性を中心に人気を集めています。

名物は、ボリューム満点の「チキン南蛮」。甘辛い南蛮ダレに絡めたジューシーな鶏もも肉に、酸味のある自家製のタルタルソースをたっぷりとつけていただきます。アボカドを器にした「アボカドそのまんまグラタン」なども人気で、アイディア満載の料理が並びます。

名称 もなか堂
住所 京都府京都市中京区河原町通四条上ル米屋町378
営業時間 平日 18:00~翌1:00(L.O.24:30)
土曜 17:00~翌1:00(L.O.24:30)
日祝 17:00~00:00(L.O.23:30)
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26013633/

5. BANSAN 京色

路地裏にひっそり佇む町屋居酒屋「BANSAN 京色」。細くなった石畳の道を進んでいくと、ブラウンを基調とした大人な雰囲気のお店に辿り着きます。京都七谷の地鶏、丹波の新鮮野菜、鮮魚などの食材にこだわった豪快な逸品を味わえます。

看板メニューの地鶏は、お造り、焼き、揚げなど様々な調理法でいただくことができます。120日以上じっくり育てられた地鶏は、噛みごたえがありジューシーな肉質です。甘さを感じるほど臭みのない地鶏を、藻塩とわさびでお召し上がりください。

名称 BANSAN 京色
住所 京都府京都市中京区 柳馬場四条上ル瀬戸屋町473-1
営業時間 17:00〜24:00
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26020008/

歴史のある建造物から最新のスイーツまで

京都といえば、古都と呼ばれているように歴史的な建造物が非常に多い場所です。やはりせっかく京都に来たのだから京都のイメージに合った場所に行きたいというのは当然だと思います。しかし京都にはそういった歴史的な建造物だけではなく、最新のスイーツであったり若者向けの店であったりが一同に集まっている街です。京都に来たら古い歴史を感じるだけではもったいないです。是非様々な場所に足を延ばして京都を満喫してくださいね。

【関連記事はこちら】
▷京都河原町の居酒屋で、おいしいお酒とおいしい料理が楽しめるお店17選
▷河原町で美味しいランチを味わうことができるおすすめのお店19選

特集

2020/06/01港町・函館で日本一の朝食を。温泉も夜景も味わう最高の癒し体験 ──センチュリーマリーナ函館

2020/05/18余韻を楽しむ大人にふさわしい、手の届く贅沢──京都悠洛ホテル Mギャラリー

おすすめ記事

人気記事