最終更新日時2019/05/28

真っ白な砂浜の白良浜を中心に美しい絶景が数多く点在する南紀白浜。景色を見て癒されたあとは海の幸と温かい温泉に癒される、そんな旅はいかがでしょうか。南紀白浜には子供も楽しめるレジャー施設や水族館も数多くあるので、家族旅行にもぴったりです。一人旅、女子旅、家族旅行、自分たちならではの旅コースを計画してみてはいかがでしょうか。

南紀白浜でおすすめの定番スポット10選

1. 白良浜

「白良浜(しららはま)」は和歌山県にある海岸。弓のような形をした海岸は白い砂浜とヤシの木が並び、南国のビーチに来たような雰囲気です。真っ白い砂は「養浜」という事業によってオーストラリアのバースから供給されたものです。ゴミ拾いやネットで飛散防止するなど、砂を守る努力によってきれいな砂浜が守られています。

夏になると海開きした白良浜は、海水浴の名所としてにぎわいます。キャンドルイルミネーション、メッセージ花火、白浜花火フェスティバル、白浜花火大会など夏にはイベントが盛りだくさんです。また、熊野水軍の言い伝えにちなんだ砂浜で宝探しをするイベントもあり、子供から大人まで楽しめますよ。

名称 白良浜
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町864
サイト www.town.shirahama.wakayama.jp/kanko/midokoro/1454401113276.html

2. 円月島

白浜の海に浮かぶ「円月島(えんげつとう)」は白浜のシンボルとして有名な観光スポットです。正式名称は「高嶋」といいますますが、円い月のように島の真ん中に穴が開いていたことから円月島と呼ばれるようになりました。近くには足湯がありゆっくり浸かりながら景色を楽しむこともできますよ。

沈む夕日は息をのむほどの美しさ。その姿は「日本の夕日100選」に選ばれていて、夕景スポットとして有名。日の入りは夏は18:30ごろ、冬は16:30ごろが見ごろといわれています。自然が造る美しい絶景スポットにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

名称 円月島
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町3740
営業時間
サイト http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332736052

3. 崎の湯

この投稿をInstagramで見る

#南紀白浜 #崎の湯 海岸の露天風呂、最古の温泉らしいです

Rio1さん(@rio_ichi_13)がシェアした投稿 –

日本三古湯として有名な白浜温泉。その温泉を源泉を日帰りで楽しむことができるのが「崎の湯」です。こちらの湯壺の歴史は古く、令和の年号の典拠となった万葉集がつくられた時代から存在します。近くの売店には温泉玉子も売られていますよ。

崎の湯の特徴は海からほぼ一体の湯舟です。波の音と温泉の硫黄の香りの中に潮の香りが混じりあい、自然を目いっぱい感じられる露天風呂です。思わず長湯してしまいそうな絶景の中でのリラックスタイムは、白浜に訪れた際にはぜひ立ち寄りたい場所です。

名称 崎の湯
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町1668
営業時間 8:00〜17:00
7:00〜19:00(7月1日〜8月31日)
8:00〜18:00(4月1日〜6月30日,9月1日〜9月30日)
最終入場は終業時間の30分前まで
サイト http://www.town.shirahama.wakayama.jp/i/kanko/onsen/1454046714439.html

4. 白浜エネルギーランド

「白浜エネルギーランド」は自然と人のエネルギーがテーマの施設です。恐竜のキャラクターのエネゴンと一緒に映像を見たり、実際に体験しながらエネルギーのことを楽しく学べます。ホームページにはファミリーから1人旅や滞在時間などタイプ別におすすめコースが紹介されているので事前にチェックしておくのもいいですね。

またミステリーゾーンは目の錯覚を利用していつもと違う感覚を体験できます。子供も大人も不思議の世界に迷い込んでしまいますよ。施設内には太陽の街、音の森、ジュラシックツアーなど楽しむのはもちろん、お子様の自由研究にもピッタリな内容が盛りだくさん。夏の旅行にいかがでしょうか。

名称 白浜エネルギーランド
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町3083
営業時間 季節によって変動あり
サイト https://www.energyland.jp/

5. 千畳敷(せんじょうじき)

広い岩畳のように見える大きな岩盤から名前がついた「千畳敷」。大迫力の景観は打ち寄せる太平洋の荒波により長い時間をかけて浸食されてできあがったものです。自然が造り上げた絶景を堪能できるスポットを訪れてみるのも旅の思い出になりますよね。

まるで自然が造り上げたアートのような千畳敷は夕日もまた美しいスポットです。干潮時には下まで降りることができ、景観と岩遊びを楽しめます。その際にはうごきやすい服装とスニーカーを履いて思う存分探索してみてください。

名称 千畳敷
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町
営業時間
サイト http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332737678

6. 三段壁洞窟(さんだんべきどうくつ)

「源平合戦で源氏側に加勢した熊野水軍が船を隠した」そんな伝説が残るのが「三段壁洞窟」です。地下36メートルの洞窟内には番所小屋の再現や雄大な自然を感じられるスポットが数多くあります。最近では外国人にも人気の観光地で、日本人も外国人も歴史ロマンを感じられる場所として有名です。

パワースポットとしても有名な「牟婁大辨才天(むろだいべんざいてん)」は幸せをもたらしてくれるといわれている水の神です。大黒天、毘沙門天、十六童子を従えてていることから、どんな願いも叶えてくれるといわれています。ここでは参拝の証に御朱印をいただくことができます。

名称 三段壁洞窟
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52
営業時間 8:00〜17:00(最終入場16:50)
サイト http://sandanbeki.com/

7. 京都大学白浜水族館

「京都大学白浜水族館」は2003年に発足した京都大学フィールド学科教育研究センターが保有する施設です。ここにいる生物は全て白浜周辺に生息する生き物で、無脊椎動物と魚を展示しています。無脊椎動物とは脊椎を持たない生き物で、この水族館ではエビやヒトデなどを飼育しています。日本でも有数の無脊椎動物に特化した水族館です。

中は4つのエリアに分かれていて、住んでいる場所や生き物の生態などにグループに分けて展示しています。春休みと夏休みには小学生以上を対象に餌やり体験のイベントもおこなわれています。派手さはありませんが、地域の海洋生物を良く知ることができる貴重な水族館です。

名称 京都大学白浜水族館
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町459
営業時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
サイト http://www.seto.kyoto-u.ac.jp/aquarium/

8. ミスオーシャンダイビングサービス

「ミスオーシャンダイビングスクール」は和歌山県で唯一5つ星の認定を受けたダイビングスクールです。手ぶらで参加や初心者の人からライセンスを持っている人まで、自分に合ったコースを選んぶことができます。日帰りでライセンスをとることもできるのでこれから本格的にダイビングを始める人にもピッタリ。

経験とレベルの高いスタッフと一緒にマリンスポーツを体験できるので、はじめての人にも安心です。また小さな子供でも参加可能なシュノーケリングなどのコースもあるので、家族連れでも手軽にマリンスポーツを楽しむことができますよ。白浜の透明度の高い海の中をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

名称 ミスオーシャンダイビングサービス
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町臨海410-1
サイト http://www.missocean.co.jp/

9. しらすな

「しらすな」は白良浜海水浴場のすぐ隣にある温泉施設です。露天風呂には100人は入れるほどの広さの露天風呂は、水着を着たまま入ります。海水浴で楽しんだ後は、体についた砂を落としてそのまま入れるのが魅力的です。冬になると海をゆっくり眺めながらの足湯を楽しむことができます。

しらすなの温泉はまぶ湯から源泉をひいています。まぶ湯は冷え性、皮膚炎、切り傷などに効果があるといわれています。そんな本格的な温泉に浸かって一息つけば海で遊んで疲れた体をきっと癒してくれるはずです。

名称 しらすな
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町864
営業時間 10:00〜15:00
10:00〜18:00(7月1日〜8月31日)
サイト http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332744268

10. 漁師直営海鮮市場フィッシャーマンズ・ワーフ白浜

「漁師直営海鮮市場フィッシャーマンズ・ワーフ白浜」は市場、レストラン、ダイビングなど南紀白浜を堪能できるスポットです。目の前に漁業があるので、水揚げ5分ほどで魚が市場に並べられることもあります。新鮮な魚を食べたいときや買いたいときにおすすめの施設。

1Fテラスの市場BBQは持ち込みが自由です。市場で買った新鮮な食材や自分たちで用意した食材もなんでも持ち込みOKです。またBBQに必要な道具はもちろん、割りばしやごみ袋なども販売されているので手ぶらで訪れても大丈夫です。

名称 漁師直営海鮮市場フィッシャーマンズ・ワーフ白浜
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町1667-22
営業時間 施設によって異なります。
サイト https://fw-sh.com/

南紀白浜駅周辺でおすすめのスポット5選

1. アドベンチャーワールド

「アドベンチャーワールド」は子供が大好きな動物園、水族館、遊園地が一緒になった南紀白浜を代表する最新のレジャースポットです。1日では足りないくらい「楽しい」がいっぱいつまった場所です。インフォメーションではかわいい動物がデザインされたベビーカーも貸し出ししていますよ。

アドベンチャーワールドの1番の魅力はやっぱりパンダです。日本一の大家族といわれるジャイアントパンダは現在6頭がパークで暮らしています。他にもホワイトタイガー、イルカ、ホッキョクグマなどたくさんの動物と出会うことができますよ。

名称 アドベンチャーワールド
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
営業時間 10:00〜17:00
サイト http://www.aws-s.com/

2. とれとれヴィレッジ

「とれとれヴィレッジ」はまるで別世界に入り込んでしまったような円いドームハウスが並んだ宿泊施設です。たくさんあるドームハウスには1つも同じものがないので、何度泊まりに来ても新しい発見があります。ペット棟もあるので、ワンちゃんも安心して一緒にお泊りができます。

なんとドームハウスには25棟限定のパンダドームがあり、外観のパンダはもちろん1つずつちがいます。こんなかわいい部屋に泊まれたら思い出に残る旅になりますね。他にもメルヘンゾーン、ファンタスティックゾーンもあるのでぜひドームを選ぶところから旅を楽しんでください。

名称 とれとれヴィレッジ
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2498-1
サイト http://www.toretore-village.com

3. とれとれ市場 南紀白浜

「とれとれ市場 南紀白浜」は西日本で一番大きな海鮮市場マーケットです。ご当地だけではなく全国の海鮮が手に入るのが市場の魅力です。マグロコーナーでは解体ショーも行われていて、運が良ければマグロの頭をまるまる1つ大特価で購入できますよ。ふるさと村のコーナーでは地元の農家さんが作った新鮮な野菜も手に入ります。

食事、軽食コーナーでは新鮮な海の幸をお刺身や丼などいろいろなグルメを食べられます。またカフェも充実していて、「カフェとれとれ」ではパンダカレーやパンダオムライスなどのかわいいメニューも豊富です。ぜひ立ち寄ってみてください。

名称 とれとれ市場 南紀白浜
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521
営業時間 8:30〜18:30
サイト https://toretore.com/ichiba/

4. 平草原公園

「平草原公園」は白浜を代表する大パノラマ公園です。ここから一望できるのは紀伊水道、吉野熊野国立公園、熊野三千六百峰の山稜です。園内の外周は全長2㎞のフィールドアスレチックになっているので、美しい景色を眺めながら体を動かすことができます。

平草原公園は四季を通して美しい植物を楽しむことができます。特に桜の季節には桜まつりが開催され花見客でにぎわいます。旅の途中に訪れると、園内の緑にほっと心を癒されるはず。ドライブの寄り道にいかがでしょうか。

名称 平草原公園
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町2054-1
営業時間 8:30〜17:00
サイト http://www.town.shirahama.wakayama.jp/i/kanko/midokoro/1454041023415.html

5. Cafe De Bale (カフェドバレ)

「Cafe De Bale (カフェドバレ)」はホテル「アレーズドバレSHIRAHAMA」が経営するカフェです。特製のパンとケーキを販売しています。宿泊客は朝食にこだわりのパンとコーヒー紅茶などのドリンクをいただくことができます。宿泊客以外も、もちろん利用できるのでおしゃれなものが大好きな女子旅にもおすすめのカフェです。

Cafe De Bale (カフェドバレ)のパンは無添加で天然酵母、国産小麦、オランダ産のバターなど素材にこだわっているのでおいしさは格別。また焼き菓子やケーキなどもパンと同様、素材にこだわっています。マフィンは甘さ控えめで男性にも人気の一品です。

名称 Cafe De Bale (カフェドバレ)
住所 和歌山県白浜町堅田2500-127
営業時間 朝食7:00〜10:00
パン・カフェ10:00〜17:00
サイト https://www.baleshirahama.com/cafe/

南紀白浜でおすすめの穴場スポット5選

1. 猫と過ごすバリ風民宿~MEONG(ミーオン)

「猫と過ごすバリ風民宿~MEONG(ミーオン)」はその名の通り、猫と過ごすことができる宿泊施設です。館内は木のぬくもりを感じられる空間で、くつろぐことができます。また民宿ならではのリーズナブルなお値段で宿泊できるのもうれしいポイントですよ。

ここには4匹の猫が暮らしていて「総支配人」「女将」など1匹ずつに肩書がついています。旅行中に猫と過ごせる民宿は、猫好きにはたまらないスポットです。ぜひ旅の思い出に自由気ままに過ごす猫たちと1泊してみてはいかがでしょうか。

名称 猫と過ごすバリ風民宿~MEONG(ミーオン)
住所 和歌山県西牟婁郡白浜3298-10
営業時間 チェックイン16:00〜21:00
チェックアウト10:00
サイト http://kys-co.jp/

2. グラスボート(白浜海底観光船)

 

「グラスボート(白浜海底観光船)」では船からしか見られない白浜の美しい海の景色を見ることができます。定員80名の船の底がガラス張りになっているので、そこから海の中をのぞくことができます。小さなお子様や、ダイビングが不安な人でも手軽に海中の様子を見ることができます。

白浜の自然豊かな海の中には色とりどりのたくさんの魚の姿を見ることができます。運が良ければウミガメに出会えることもあるそうです。また海の上から見る地上の景色も感動的。船に乗りながら「円月島」を眺めることができます。ぜひ贅沢な海の旅に出かけてみてください。

名称 グラスボート(白浜海底観光船)
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町527
営業時間 8:45〜16:10
サイト http://www.glasboat.com/

3. 熊野三所神社

「熊野三所神社」は白良浜から鳥居が見える神社で、境内は白い砂浜の砂です。敷地内に県の史蹟に指定される火雨塚(ひさめづか)古墳という約1400年前に造られた古墳があり、歴史を近くで感じられる珍しい神社でもあります。

別名を浜の宮大神社(はまのみやおおみわしろ)この神社では御朱印をいただくことができます。目の前には白良浜の海、後ろには豊かな自然に囲まれた静かで美しい神社は白良浜を訪れたときには立ち寄りたいスポットです。

名称 熊野三所神社
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町744
サイト http://www.wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=7017

4. グランパスinn白浜

「グランパスinn白浜」はBBQやキャンプやフットサルなどを楽しめる施設です。珍しくて見た目もおしゃれなトレーラーハウスは別荘に来たような非日常を味わる穴場です。またホテル棟に温泉があるほか系列の温泉も無料で入浴できるので、アウトドアレジャーを楽しんだあとは温泉でゆっくり疲れをとりましょう。

BBQガーデンテラスからは美しい夕日をバックに、新鮮でおいしいお肉や海鮮などを食べられます。食材を持ち込むプランも選べるので、自分たちのスタイルに合わせたBBQを楽しめます。美しい絶景の中でのおいしい食事は白浜ならではと言えるでしょう。

名称 グランパスinn白浜
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町千畳敷2953-3
営業時間 受付時間 9:00~21:00
サイト http://www.grampus.biz/access/

5. 串本海中公園

「串本海中公園」は海と水族館を丸ごと楽しむをコンセプトにつくられた公園です。水族館では温かい黒潮の影響を受けて、生活する色とりどりの生物を見ることができます。ここでは串本の海で生活する生き物だけを展示しているので、串本のことをより深く知ることができますよ。

海中トンネルの水槽には、大きなサメ、エイ、マグロなどが展示されていて、頭の上を魚たちが泳ぐ姿は圧巻です。またここでは貴重な赤ちゃんウミガメを見ることができます。ウミガメの餌やり体験もできるので、タイミングが合えばぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

名称 串本海中公園
住所 和歌山県東牟婁郡串本町有田1157
営業時間 9:00〜16:30
サイト http://kushimoto.co.jp/

癒しがたくさんの南紀白浜

南紀白浜の魅力は伝わったでしょうか?メジャーなスポットから穴場スポットまでまだまだ知らない南紀白浜はたくさんあります。豊かな自然と海の幸と温泉と…南紀白浜は心も体もデトックスして、またリラックスさせてくれる場所です。しっかり遊んで、美しいものを見て、おいしいものを食べて、ゆっくり温泉に浸かれば明日へのパワーを充電してまた毎日を頑張れそうですね。そんな観光スポットが盛りだくさんの場所をぜひ訪れて、楽しんでみてください。

関連記事はこちら】
▷見どころ満載!自然や歴史の名所あふれる徳島のおすすめ観光スポット20選
▷外国人にも女子旅にも人気!名所や穴場が満載の奈良観光スポット40選

特集

2020/07/01鎌倉で泊まるのに便利で人気のホテル・宿泊施設10選

2020/06/29愛犬と一緒に初めてのリゾートホテルステイ ──あてま高原リゾート ベルナティオ

おすすめ記事

人気記事