最終更新日時 2019/05/31

桜の名所として知られる奈良県・吉野。春の桜はもちろん、夏には紫陽花、秋には紅葉、冬には辺り一面の銀世界が広がります。また、定番の吉野山は世界遺産に登録され、歴史ある寺社仏閣を徒歩で回れるという魅力も。そんな吉野でおすすめしたい、定番から穴場、吉野駅周辺の観光スポットをご紹介します。

吉野でおすすめの定番スポット10選

1. 金峯山寺

金峯山を本拠地として、役行者が7世紀後半に修行に入り、お堂を祀ったのが「金峯山寺」のはじまりとされています。修験道の聖地とされ、平安時代には多くの天皇や上皇が訪れました。2004年には、金峯山寺本堂蔵王堂、仁王門が世界遺産に登録されました。

金峯山寺本堂蔵王堂は、高さ34m、四方36m、重層入母屋造りの堂々とした外観が特徴。これまで何度か焼失と再建を繰り返し、現在の建物は1592年頃に完成したものとされています。周辺にも見どころが多く、合わせて吉野山を散策するのがおすすめ。吉野山のシンボルであり、吉野に訪れたら必見の名所です。

名称 金峯山寺
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山2500
営業時間 8:30~16:30
URL

http://www.kinpusen.or.jp/index.html

2. 吉水神社

金峯山寺蔵王堂から歩いて5分、「吉水神社」も世界遺産に登録された、吉野山の名所のスポットです。かつては吉野山の僧坊・吉水院でしたが、明治時代の神仏分離により、神社となりました。源義経、弁慶、豊臣秀吉にゆかりある神社として、現在も彼らにまつわる史跡を見ることができます。

豊臣秀吉は、桜の名所の吉野山で花見の宴を開催したとされています。その際に滞在したのが吉水神社で、その盛大な宴は天下に権勢を示しました。また、弁慶が岩に指で打ち付けたとされる弁慶の力釘は、秀吉もその力を分けてもらおうと、実際に触れたと伝えられています。実際に触れば、不思議な力を授かること間違いなしです。

名称 吉水神社
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山579
営業時間 9:00~17:00
URL

http://www.yoshimizu-shrine.com/index.html

3. 如意輪寺

金峯山寺蔵王堂から車で8分、「如意輪寺」は901年から922年の延喜年間に創建されたと伝えらえています。楠木正行が戦へ行く前に刻んだ「かえらじとかねて思えば梓弓なきかずにいる名をぞとどむる」の辞世の詩は、如意輪寺一番の見どころです。

毎年4月にはご本尊の御開帳、毎年秋には後醍醐天皇御霊殿特別公開が行われます。春には桜、秋には紅葉を迎える吉野山。こちらも合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょう。また、桜の見頃を迎える季節には朝7時からの拝観が可能です。日中とは一味違った幻想的な雰囲気が味わえます。

名称 如意輪寺
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山1024
営業時間 4月観桜期:7:00~17:00
その他期間:9:00~16:00
URL

http://www.nyoirinji.com/index.html

4. 谷瀬の吊り橋

吉野山から車で約1時間半、自然に囲まれた十津川村にあるのが「谷瀬の吊り橋」です。今では十津川村を代表する観光スポットとなりましたが、元は生活用の吊り橋として使用されていました。1954年につくられたこの橋は、当時のお金で800万円。その頃は、初任給7800円の時代です。

谷瀬の吊り橋が無い時代には、丸木橋を使用していましたが、洪水で流されることも。谷瀬の人々が暮らしていくのには必要不可欠であり、私財を投じた先人のぬくもりを感じられるスポットです。吊り橋なのでぐらぐら揺れる様子はスリル満点。デートで立ち寄れば距離が縮まること間違いなしです。

名称 谷瀬の吊り橋
住所 奈良県吉野郡十津川村谷瀬
営業時間 24時間

5. 洞川温泉

吉野山から車で約50分、山上川のほとりに位置する「洞川温泉」。標高820mと高地に位置しており、1年を通して涼しい気温から、関西の軽井沢とも呼ばれているほど。修験道の発展と共に賑わいを見せた温泉街で、役行者の高弟「後鬼」の子孫の里ともされています。

レトロな街並みが特徴的な温泉街で、散策すればどこか懐かしい気持ちに。散策していると、「陀羅尼助」と書かれた看板を目にします。これは修験者の秘薬で、胃腸の調子が悪い場合のすべてに効く万能薬と言われています。そのレトロな字体や陳列する姿はフォトジェニック。昭和にタイムスリップしたような時間が過ごせます。

名称 洞川温泉
住所 奈良県吉野郡天川村洞川
営業時間 施設によって異なる

6. 池神社

キャンプ場や豊かな自然が広がる奈良県の南部、吉野山から車で1時間半ほどの場所にあるのが「池神社」です。明神池に面した神社で、奈良時代に役行者が信仰の場所として開いたのが始まりとされています。明神池には、不思議な言い伝えが多く残されています。

不思議な言い伝えの一つが、注ぎ込む谷や流れ出る川がないのに、常に水が満ちていること。これまで一度も枯れたことがないと伝えられています。また、神社の前の道路も聖域とされ、車で通る時も軽く一礼して通ることをおすすめします。

名称 池神社
住所 奈良県吉野郡下北山村池峰1
営業時間 24時間

7. 十津川温泉

先ほどご紹介した池神社から、車で1時間ほど、二津野ダムに面した「十津川温泉」は、1688年から1704年の元禄年間に炭焼き職人によって発見された温泉地です。十津川村で一番賑わいを見せる温泉街で、旅館や商店が立ち並びます。

十津川村は、全国ではじめて「源泉かけ流し宣言」をした村です。村内の温泉施設では、お湯の循環や再利用を一切行わず、薄めたり塩素消毒をしていない、「ほんまもんの温泉」が流れています。無料の足湯や公衆浴場もあるので、吉野の観光の際気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 十津川温泉
住所 奈良県吉野郡十津川村平谷
営業時間 施設によって異なる

8. 面不動鍾乳洞

先ほどご紹介した洞川温泉から車ですぐの「面不動鍾乳洞」。鍾乳洞の少ない関西では最大規模の鍾乳洞で、奈良県の天然記念物に指定されています。LEDライトで照明が施された内部は、とっても幻想的。形によって名前がついているので、じっくりと観察することがおすすめです。

鍾乳石は、1㎝成長するのに100年から300年かかるとされています。長い年月をかけて成長した鍾乳石からは、自然の神秘が感じられます。また、内部は一年を平均して8度という低い気温。羽織るものを持って行ったり、濡れているところもあるのでスニーカーを履いていくと良いでしょう。

名称 面不動鍾乳洞
住所 奈良県吉野郡天川村洞川673-89
営業時間 7月20日~8月31日:8:00~18:45
10月1日~3月31日:9:00~17:00
4月1日~7月19日、9月1日~9月30日:9:00~18:00

9. 天の川温泉

洞川温泉から車で約15分の「天の川温泉」は、キャンプ場や神社の立ち並ぶ天川村に位置しています。吉野杉、桧、松、楓など木にこだわった温泉で、しっとりとした泉質が特徴です。美人の湯ともされており、女子旅にもおすすめのスポットです。

天の川温泉は、薪ボイラーを使用してお湯を沸かしています。2台の薪ボイラーは「ケン」と「メリー」という名前がついていて、休憩室からはせっせと働く姿を見ることができます。また、館内ではお土産の販売も行っています。吉野観光で疲れた体を癒すのにおすすめのスポットです。

名称 天の川温泉
住所 奈良県吉野郡天川村坪内232
営業時間 11:00~20:00
URL

http://yamatoonsen.com/

10. みたらい渓谷

洞川温泉から車で約10分の「みたらい渓谷」。エメラルドグリーンの淵、大小さまざまな滝、底まで透けて見える清流が流れ、ダイナミックな自然を体感できます。春や夏の新緑、秋の紅葉、冬には山水画のような幻想的景観が広がり、関西随一の美しさとされています。

全長7.4kmのみたらい渓谷ハイキングコースからは、吊り橋から眺める滝や岩など、間近で眺めるのとは一味違った光景が広がります。所要時間は約2時間と、気軽にトレッキングが楽しめるのも魅力の一つ。ハイキングコースのゴール地点は洞川温泉となるので、歩き疲れた体を温泉で癒してはいかがでしょう。

名称 みたらい渓谷
住所 奈良県吉野郡天川村北角
営業時間 24時間

吉野駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 吉野山ロープウェイ

1929年に開通した「吉野山ロープウェイ」は、現存する日本最古のロープウェイとして、機械遺産にも登録されています。開業当初は「空中を走るなんてとんでもない」と声も挙がりましたが、行楽シーズンを中心に多くの観光客の交通手段となっています。

使われているゴンドラは、桜の模様をあしらった「さくら」と、楓の模様を塗装した「かえで」の2つ。これは3代目のゴンドラで、28人乗りとなっています。支柱は1928年に建てられたものを使用しており、その歴史や、地元民の足となってきた経緯が感じられるスポットです。

名称 吉野山ロープウェイ
住所 千本口駅~吉野山駅
営業時間 9:20~17:20(観桜期は異なる)
URL

http://www.yokb315.co.jp/index.php

2. 吉野神宮

吉野駅から車で6分、「吉野神宮」は1889年に明治天皇により創建されました。現在の社殿は1932年に改築されたもので、本殿、拝殿全て檜造りとなっています。御祭神は後醍醐天皇で、ご尊像は吉水神社から奉還されたものです。

吉野神宮は、縁結びのご利益があるとされています。絵馬というと、願い事が誰にでも見えてしまって気が引ける、という方もいらっしゃるかもしれません。吉野神宮の結縁絵馬は、2つ重ねになっていて願い事が見えないのが特徴です。秘密にしたい恋のお願いも祈願することができます。

名称 吉野神宮
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山3226
営業時間 8:30~17:00
URL

https://www.naranet.co.jp/yoshinojingu/

3. ひょうたろう 吉野本店

吉野駅から車で10分、吉野山周辺観光の際にぜひ立ち寄りたい「ひょうたろう吉野本店」。奈良県の郷土料理である柿の葉寿司のお店です。買ってすぐに食べてもおいしいですが、おすすめは二日目。常温で保存できるので、観光途中に買っても悪くなることを心配せずに済みます。

商品はサバのみ、サバとサケの、2つの種類が販売されています。また、開店は朝8:30からですが、時には開店前から行列を作っていることも。特に桜や紅葉の見ごろの時期は要注意です。時間に余裕を持って訪れましょう。

名称 ひょうたろう 吉野本店
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山429
営業時間 8:30~17:00
URL

https://tabelog.com/nara/A2905/A290501/29000233/

4. 旅館 歌藤

吉野山ロープウェイ吉野山駅から歩いて2分と、アクセス抜群の「旅館 歌藤」。吉野杉や桧を使った客室、観光スポットからほど近いことから、外国人観光客からも好評の旅館です。料理は当主が選んだ大和伝統野菜や、地元猟師が取ったしし鍋などが味わえます。

吉野山周辺は、桜をはじめ、自然豊かな地域です。夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、一年を通して美しい風景が楽しめる露天風呂は、特に大人気。晴れた日には満天の星が広がります。麦飯石を使ったお風呂は体の芯まで温まるので、女子旅にもおすすめです。

名称 旅館 歌藤
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山3056
営業時間 チェックイン:15:00~
チェックアウト:~10:00
URL

http://www.kato-yoshino.jp/

5. 吉野荘 湯川屋

吉野の名所である金峯山寺蔵王堂に一番近い旅館「吉野荘 湯川屋」。吉野山の中腹に位置するこの旅館は、1841年、1848年といった、江戸時代の文献にも記載されている歴史ある旅館です。「ぬくもりのある宿」をモットーとしており、館内には落ち着いた雰囲気が流れます。

全14室の客室は、全て和風の木造建築。料理は、吉野山を愛した西行が食べたとされる料理をモチーフとした、西行鍋が人気です。吉野葛が入ったとろみのあるスープが特徴で、女性に嬉しい栄養素が含まれています。吉野観光の拠点としてはもちろん、吉野の歴史を体感できる旅館です。

名称 吉野荘 湯川屋
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山440
営業時間 チェックイン:15:30~
チェックアウト:~10:00
URL

http://www.yukawaya.com/

吉野でおすすめの穴場スポット5選

1. 義経隠れ塔

吉野駅から車で25分、吉野山の奥地にある穴場「義経隠れ塔」。1185年に、源頼朝に追われた源義経が身を潜めたとされています。追っ手を逃れるために屋根をけ破って逃げたことから、別名「蹴抜け塔」とも呼ばれます。

修験場の一つとされており、扉を閉めると真っ暗な空間に。真っ暗な空間で、俗気を抜くと言われています。そのため、「吉野なる 深山の奥の隠れ塔 本来空のすみかなりけり」と唱えながら、周囲を巡るそうです。周囲には虫や鳥の鳴き声だけが鳴り響き、厳かな雰囲気が漂います。

名称 義経隠れ塔
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山1651
営業時間 24時間

2. 西行庵

吉野駅から車で20分ほどの場所にいちする「西行庵」は、武士を捨て、法師となり3年間滞在したとされる場所です。庵の中には西行像が安置されています。周囲は自然に囲まれており、桜や紅葉の名所でもあります。西行もこの風景を眺めながら生活したのでしょう。

西行はこの場所で、「とくとく落つる岩間の苔清水汲みほすまでもなき住居かな」という一句を読んでいます。敷地内には今でも苔清水が湧き続けています。また、西行を師と仰ぐ松尾芭蕉も、この地に二度訪れており、彼の句碑を目にすることができます。

名称 西行庵
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山
営業時間 24時間

3. 天空の庭 高見の郷

桜の穴場「天空の庭 高見の郷」は、吉野駅から車で50分ほどの場所に位置します。高見山の近く、標高650mの場所に、約1,000本のシダレザクラが咲き誇る姿は、まさに桃源郷。開園は4月のみとなり、短い期間のみ楽しめる美しい光景が広がります。

開園中にはレストランも営業し、ソフトクリームや名物の高見ロールなどの軽食、うどんやそばといったメニューも豊富です。駐車場は無料ですが、限りがあるためシャトルバスの利用がおすすめ。榛原駅からの直行バスは無料で利用できます。

名称 天空の庭 高見の郷
住所 奈良県吉野郡東吉野村杉谷298-1
営業時間 9:00~17:00
URL https://shidare-sakura.jp/

4. 道の駅 十津川郷

十津川温泉から車で約10分、十津川村の中心部に位置する「道の駅 十津川郷」。十津川村は、日本で一番大きな村としても知られています。十津川清流で育った鮎やあまごの加工品、名物でもあるゆべしや、山の幸の販売を行っています。

週末には朝市が開催され、新鮮な野菜やお寿司の販売が行われます。観光客はもちろん、地域住民の方の憩いの場ともなっています。また、足湯や十津川の暮らしが分かる資料の展示室なども無料で利用でき、十津川温泉に宿泊の際はぜひ立ち寄りたいスポットです。

名称 道の駅 十津川郷
住所 奈良県吉野郡十津川村小原225-1
営業時間 4月~11月:8:00~17:30
12月~3月末:8:30~17:00
URL

http://www.michinoeki-totsukawago.com/index.html

5. TSUJIMURA/cafe kiton

吉野駅から車で13分、旅館やお土産屋が並ぶ道沿いに位置するお店が「TSUJIMURA/cafe kiton」です。吉野杉を贅沢に使った店内は、ついつい長居したくなる空間が広がります。地元民からも愛される、葛スイーツを取り扱うお店です。

メニューは、くずもちやくず湯など、大人から子供まで安心して食べられるラインナップ。ドリンクにも葛菓子がついています。また、土日祝限定の1,000円とリーズナブルなランチメニューは必見。売り切れ次第終了となるので、早めに訪れることをおすすめします。

名称 TSUJIMURA/cafe kiton
住所 奈良県吉野郡吉野町吉野山950
営業時間 9:00~18:00
URL http://tsujimura-yoshino.com/

歴史ある寺社仏閣と自然に囲まれた吉野への旅

今回は、吉野の定番から穴場、吉野駅周辺のおすすめスポットをご紹介しました。歴史ある関西の街と言えば、奈良の市街地や京都の街を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、吉野には歴史ある寺社仏閣が立ち並び、現在も多くの修験者が訪れる聖地となっています。厳かな雰囲気が漂う中にも、木のぬくもりを感じる旅館や温泉、地域住民との交流の場、おしゃれなカフェが広がります。そして、なんといっても美しい自然に恵まれた吉野の街。歴史と自然にあふれた、魅力満載の吉野へ出かけてみませんか?

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事