最終更新日時 2019/06/08

「貴船」は京都市街から北へ車で約1時間程走ったところにあるパワースポットとして知られるエリアです。
エリアを流れる貴船川では「川床」が有名で、初夏になると涼と京料理を楽しんだり、自然豊かな緑の中を散策すると心が癒されます。
天狗伝説で有名なお寺などもあり、癒しとパワーがもらえる「貴船」のおすすめスポットをご紹介します。

貴船でおすすめの定番スポット10選

1. 貴船神社

「貴船神社」は地域名の貴船(きぶね)ではなく、水の神である高龗神を祀っていることから濁らず貴船(きふね)と読みます。水の神様の御利益を受けようと、全国から調理業など水を取り扱う職業の人々が多く信仰しています。

また縁結びの神としての信仰もあり、若いカップルや縁を求める女子旅などで訪れている人が多くいます。
その反面、縁切りの神としての信仰もあり、丑の刻に神社の御神木に向かって藁人形に釘を打ち込む「丑の刻参り」でもよく知られています。

名称 貴船神社
住所 京都市左京区鞍馬貴船町180
営業時間 6:00~20:00 (5月1日~11月30日)
6:00~18:00 (12月1日~4月30日)
年中無休
サイト http://kifunejinja.jp/index.html

2. 鞍馬寺

牛若丸(源義経)が修行した地として有名な鞍馬山は、650万年前に護法魔王尊(サナート・クマラ)が金星から降り立った地であると言われています。そんな宇宙のパワーをまとった鞍馬山を境内としているのが「鞍馬寺」です。

鞍馬山は山自体が御神体として考えられているため、自分の足で参拝することが望ましいですが、体力に自信がない方のために「鞍馬山ケーブルカー」が運行しています。日本一短いケーブルカーとされ、その長さは全長207mで山門から約2分で到着します。

名称 鞍馬寺
住所 京都府京都市左京区鞍馬本町1074
営業時間 拝観時間:9:00~16:30
サイト http://www.kuramadera.or.jp/

3. 鞍馬街道

鞍馬駅から鞍馬寺に行く間にあるのが「鞍馬街道」。鞍馬街道は京の街と丹波を繋ぐ道として昔から多くの人が使用しており、今なお昔ながらの雰囲気を残す街並みです。京都の街並みとは少し違った家の造りを楽しむことができます。

鞍馬では山椒がよく採れたため、山椒の佃煮が名物の一つとして売られており、その中でも昆布と山椒を煮た「木の芽煮」が一番人気。
街道の中で一際目立つ建物が「瀧澤家住宅」です。1760年に建設され、250年前の町屋の造りは非常に貴重なため、重要文化財に指定されている名所です。

名称 鞍馬街道
住所 京都府京都市左京区鞍馬本町
サイト https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=3000037

4. 由岐神社

天慶の時代に都である京都では大地震や戦乱などの災いが相次ぎ、世情が不安定でした。
そんな世の中の平定を祈願し、朱雀天皇は940年に御所に祀られていた由岐大明神を都の北にあたる鞍馬に移したのが現在の「由岐神社」です。

由岐神社では毎年10月22日に行われる「鞍馬の火祭」で有名で、由岐大明神遷宮の際の様子を後世に遺してきたことが火祭の起源と言われています。御祭神は商売繁盛や縁結びの神様としてご利益があり、火祭から火災除けの神様としての信仰も厚い神社です。

名称 由岐神社
住所 京都市左京区鞍馬本町1073番地
サイト http://www.yukijinjya.jp/index.html

5. 貴船川

貴船川は関西の夏の風物詩である「川床」で有名なスポットです。貴船川の川床は川面のすぐ上に建てられているのが特徴で、座敷から素足をつけられるくらいの距離にあるのが魅力です。真夏の炎天下でも京都市内よりも10℃近くも温度が低く、川のせせらぎを聞きながら頂く京料理は格別。

貴船川沿いには川床を楽しめるお店が多く点在しており、お店によって始まる時期は違いますが、多くは5月1日から始まるところが多いです。貴船で最大級200席の広さを誇る「貴船べにや」や、流しそうめんが楽しめる「ひろ文」などお店ごとに京グルメを堪能することができ、デートに最適なスポットです。

名称 貴船川
住所 京都府京都市左京区鞍馬貴船町
サイト https://kyoto-design.jp/special/kibune

6. 大原

「大原」は京都駅から車で約1時間程のところにある日本の原風景が残る、日頃の疲れを癒してくれるスポットです。かつて皇族や貴族が隠棲したこの地には地元の京野菜の田畑や四季折々の自然が広がり、ゆっくりと散策することができます。

また、大原は桜の季節が有名で、京都の市街地の見頃が終わる4月中旬ごろがシーズンになります。他にも、1,200年の歴史がある「三千院」などの由緒正しいお寺がいくつもあり、桜と合わせてお寺も巡ると心の安らぎを得ることができます。

名称 大原
住所 京都府京都市左京区大原
サイト https://souda-kyoto.jp/travel/life/ohara.html

7. 三千院

「三千院」は約1,200年の歴史がある天台宗のお寺です。境内は苔や緑に覆われており、街中のお寺とは違う静寂さを味わうことができます。
桜や紅葉の時期には寺院との美しい風景が見れ、それ以外にも椿やアジサイなど1年を通してきれいな花を見ることができます。

見どころは多くありますが、「聚碧園」「有清園」の二つの庭園は必見。縁側に座って小さな清流が流れる音を聞きながら、苔が広がる庭園をいつまでも見ていたい気分になることでしょう。すべてを受け入れてくれるような優しい表情で癒してくれる「わらべ地蔵」も必見!

名称 三千院
住所 京都市左京区大原来迎院町540
営業時間 8:30~17:00
※12~2月は16:30まで
サイト https://kyoto-design.jp/spot/2746

8. 寂光院

聖徳太子が創建で、594年に父である用明天皇の菩提を弔うために創建されたと言われている「寂光院」。平清盛の娘である建礼門院が平家滅亡後に隠棲した場所としても知られていて、「平家物語」のゆかりのお寺とも言われています。

本堂には「木造地蔵菩薩立像」が安置されており、1229年に製作された256.4センチもある大作です。像内には約3,000体以上もの菩薩像や多くの納入品が入っていましたが、2000年の本堂火災の際に本体が焼失しました。
中の納入品は無事であったため、現在は焼損した本体と納入品合わせて重要文化財に指定されています。

名称 寂光院
住所 京都市左京区大原草生町676
営業時間 3月1日~11月30日 9:00~17:00
12月1日~12月31日 9:00~16:30
1月1日~1月3日 10:00~16:00
1月4日~2月28日(29日) 9:00~16:30
サイト http://www.jakkoin.jp/

9. 瑠璃光院

市街地から少し離れた比叡山の麓に位置する「瑠璃光院」。建物内2階にある黒塗りの机に反射したリフレクションの景色が綺麗だと最近SNSで話題になりました。隣の部屋では自由に写経ができるスペースが用意されており、興味がある人はぜひ体験してみてください。

建物1階にある一室からは見どころの一つである「瑠璃の庭」を鑑賞することができます。
「瑠璃色に輝く浄土」を表した庭園では、青々とした緑や苔を眺めがら抹茶を頂くという緑三昧の世界を楽しむことができ、外国人の方も多く訪れています。

名称 瑠璃光院
住所 京都府京都市左京区上高野東山55
営業時間 普段は非公開、春と秋の年2回のみ特別拝観 10:00~17:00
サイト http://rurikoin.komyoji.com/lp/

10. くらま温泉

京都市街から約1時間で硫黄温泉が味わえる「くらま温泉」に到着します。鞍馬の山里の中にある温泉のため、露天風呂の景色は抜群で、森林浴も同時に味わえます。鞍馬川の清流が流れる澄み切った空気を吸えば、日頃の疲れも癒されることでしょう。

くらま温泉の特徴である露天風呂からは春は桜、夏は青々とした木々、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の景色を楽しむことができます。特に、冬の雪景色の中で入る露天風呂は格別で、雪に覆われた北山杉を見ながら静かな時間を過ごせます。

名称 くらま温泉
住所 京都府京都市左京区鞍馬本町520
営業時間 日帰り入浴
10:30~最終受付20:20 21:00閉館 
※冬期の最終受付19:20(12月中旬~3月末日)冬期露天風呂は20:00終了
サイト http://www.kurama-onsen.co.jp/

貴船駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 叡山ケーブル・ロープウェイ

「叡山ケーブル・ロープウェイ」は八瀬から比叡山頂までを雄大な自然を満喫しながら移動することができます。ケーブルの高低差は日本一の標高差561mを誇り、ケーブルから途中でロープウェイに乗り換え、山頂までは約486mを空中散歩。季節ごとに変わる景色と京都市内の街並が一望できます。

比叡山麓の八瀬では春の桜、秋の紅葉シーズンでは紅葉のトンネルをケーブルの中から楽しむことができます。山頂の世界遺産延暦寺まではシャトルバスが運行しており、到着するとそこは別世界に来たかのような静寂と荘厳さを感じることができます。

名称 叡山ケーブル・ロープウェイ
住所 京都市左京区上高野東山
営業時間 時刻表参照
サイト https://eizan.keifuku.co.jp/train/

2. 多聞堂

鞍馬寺の門前町にある老舗和菓子店「多聞堂」。名物は貴船産の栃の実をまぜたお餅の中に、塩気のあるこし餡を使用した「牛若餅」というご当地和菓子。源義経が鞍馬寺にいた際の故事にちなんで名付けられ、1つ120円と安いこともあり今では午前中で売り切れてしまう程の人気。

他にも鞍馬寺の毘沙門天の使いである虎から名付けた「神虎餅」や、ヨモギを使用した「蓬だんご」なども人気商品。店内の奥は食事処になっており、お菓子だけではなく、うどんやお稲荷さんなどの軽食も食べられます。

名称 多聞堂
住所 京都府京都市左京区鞍馬本町235
営業時間 9:30~17:00(L.O 16:30)
水曜日(5月~11月の第1水曜日は営業)
サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260502/26001601/

3. 鞍馬山霊宝殿

「鞍馬山霊宝殿」は鞍馬寺と鞍馬山の信仰についての理解を深めるため、1972年に開館された施設で、「鞍馬山博物館」とも呼ばれています。階ごとに展示されているテーマが異なり、鞍馬観光する際は訪れておくとより深く鞍馬を楽しめるようになりますよ。

1階では鞍馬山の自然の植物や昆虫などの生き物についての展示、2階では寺の文化財の展示や与謝野晶子・寛夫妻に関しての資料を展示しています。3階には国宝・毘沙門天三尊像が安置されているなど、見どころの多い博物館と言えるでしょう。

名称 鞍馬山霊宝殿
住所 京都左京区鞍馬本町1074
営業時間 9:00~16:00
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月12日~2月末日
サイト https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=5000064

4. 白龍園

鞍馬街道沿いにある「白龍園」は長らく一般公開されることなかったベールに包まれた庭園でした。その白龍園が2012年にはじめて1日限定100人に一般公開されるようになると、その庭園美が話題となりました。京都市内の子供服メーカーが所有する庭園で、庭の整備も社員家族で手掛けているという異質の庭園です。

白龍園の魅力はその苔がびっしりと敷かれた庭園と、秋の紅葉。今まで1日限定100名でなかなか入る事すら難しいと思われてきた白龍園ですが、2019年春の特別公開では1日限定100人の枠をなくしているため、この機会に訪れてみることをおすすめします。

名称 白龍園
住所 京都市左京区鞍馬二ノ瀬町106
営業時間 2019春の特別公開
3月30日(土)~6月16日(日)
10:00~14:00(受付13:30まで)
サイト http://hakuryuen.com/

5. 貴船ギャラリー

「貴船ギャラリー」は地元のアーティストが製作した陶器やアクセサリーを展示、販売しているギャラリーです。200年前に余呉湖畔に建てられた庄屋を移築したという建物は、情緒あふれる佇まいのショップ。

貴船の水から作られた「KIFUNE COSMETICS」、コスメの他にも「貴船パワーストーン」などでも有名。ストーンを使ってブレスレットなどのアクセサリーを作ってもらったり、併設されたカフェでコーヒーやケーキを地元アーティストの器を使って提供してくれます。

名称 貴船ギャラリー
住所 京都市左京区鞍馬貴船町27
営業時間 11:00~18:00(シーズンオフは~17:00、秋の紅葉シーズンは~20:00)
不定休
サイト http://www.ugenta.co.jp/kifunegallery.php

貴船でおすすめの穴場スポット5選

1. みつる工芸

「みつる工芸」は古くから庶民の中で使われてきた柿渋染や草木染などの天然染料にこだわりをもった工房です。一枚一枚職人が手作りし、のれんからTシャツ、スカーフ、日傘まで味わいのある商品を手にすることができます。

工房では体験プログラムが2つ用意されていて、型染めの和紙のハガキや包装紙を1時間程で作れるお手軽コースと、2時間程じっくりと作品と向き合う絞り染めの手ぬぐいを作るコースがあります。子供連れのご家族など、訪れた際の思い出作りにおすすめです。

名称 みつる工芸
住所 京都府京都市左京区大原草生町 60
営業時間 10:00~17:00
サイト https://kakishibuzome.com/index.php

2. 宝泉院

「宝泉院」の手前には、観光名所でも有名な「三千院」があるため、そこで満足してしまい多くの観光客はその奥まで足を向ける方は少ない。少し奥にある宝泉院は。それ程大きくない寺院ですが、三つの庭園と樹齢700年を誇る松など見どころが多い穴場スポットです。

中でも見るべき所は建物の柱と柱を額縁に見立てて鑑賞する「額縁庭園」です。この庭は盤桓園(ばんかんえん)と呼ばれており、立ち去りがたいという意味があります。四季を通して額縁の中の景色は変わるため、季節ごとに訪れたくなるスポットと言えるでしょう。

名称 宝泉院
住所 京都市左京区大原勝林院町187番地
営業時間 9:00~17:00
※受付は16:30まで
サイト http://www.hosenin.net/

3. 奥の院魔王殿

天狗伝説がある「鞍馬山」ですが、その中でも最も聖地と言われるのが「奥の院魔王殿」です。650万年前に魔王サマトクマラが金星から降り立った地だと言われているのでその名がついています。ここにたどり着くまでには険しい山道を進む必要があるため、行くことを諦める人も多い選ばれしパワースポット。

魔王殿の中にはサマトクマラが降り立ったとされる盤座が安置されています。サマトクマラ伝説は世界各地にありますが、総じて力を持つ戦いの神とされることが多い存在です。魔王殿周辺は静かな森に囲まれているため、一人で迷走し、パワーを感じてみてはいかがでしょうか。

名称 奥の院魔王殿
住所 京都市左京区鞍馬本町
サイト https://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=694&r=1559562860.5433

4. 土井志ば漬本舗

「土井志ば漬本舗」は創業100年を超える老舗の漬物屋さんです。伝統の味「紫葉漬け」を「名物志ば漬」と命名し、今なおその味を守り続けています。工場見学も可能で、自由に通路を周りながら袋詰めの様子を見ることもでき、事前予約すると案内を付けて見学することもできます。

土井志ば漬本舗はこれまで竈で炊いたごはんとお漬物をビュッフェ形式で食べられる「竈炊きたてごはん 土井」を3店舗展開しています。2019年3月には新業態の和食店である「竈炊きたて御飯 どいPLUS ONE KYOTO」を京都市街にオープンするなど常に最新のPRを行っています。

名称 土井志ば漬本舗
住所 京都府京都市左京区八瀬花尻町41
営業時間 月~金 9:00~17:30
土・日・祝9:00~18:00
サイト https://www.doishibazuke.co.jp/cgi/websys.cgi?SUBMODULE=index

京都屈指のパワースポットで癒しの旅へ

貴船エリアは「貴船神社」や「鞍馬寺」などパワースポットが多く、また日本の原風景が残る自然豊かなエリアです。京都市街から約1時間程でまた違った雰囲気の観光を楽しめ、京都の中ではまだあまり知られていないエリアでもあるのでおすすめです。初夏の川床から紅葉、雪景色まで1年を通して魅力的なスポットでパワーと癒しをもらう旅に出掛けてみてはいかがでしょうか。

関連記事

清水寺だけじゃない!東山で行ってみるべきおすすめの場所20選を厳選
紅葉の穴場の名所!京都・高雄でおすすめしたい観光スポット20選

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事