最終更新日時 2019/02/27

今回ご紹介するのは、県内有数の観光地である日光と鬼怒川温泉に佇む高級旅館・ホテルです。世界遺産・日光東照宮や中禅寺湖、華厳の滝など多くの観光名所を要する日光・鬼怒川温泉。数々の名所を巡ったあとは、癒しの時間を過ごしたいですよね。美しいクラシックホテルから老舗旅館など宿の種類も様々です。きっと、あなたの旅のスタイルにあった宿が見つかるはずーー。 見所が満載の日光・鬼怒川温泉に旅に出てみませんか?

1. 鬼怒川金谷ホテル

鬼怒川金谷ホテル出典:Relux|鬼怒川金谷ホテル

ここは、ジョンカナヤが愛した「渓谷の別荘」、鬼怒川金谷ホテルです。鬼怒川温泉駅から徒歩で約3分の場所に佇むホテルは、日本最古のホテルをルーツとし、「西洋と東洋」、「伝統とモダン」が心地よく融合する、和の老舗ラグジュアリーリゾートです。モダンで洗練された空間とサービスは、創業者ジョン金谷鮮治の描いた“もてなしの心”と“美学に溢れたダンディズム”の息づかいが継承されています。

鬼怒川金谷ホテル出典:Relux|鬼怒川金谷ホテル

豊かな自然に囲まれた和敬洋讃のゲストルーム。全室にウッドデッキテラスを用意し、自然と一体となったような全面ガラス張りのテラスからは鬼怒川のせせらぎ、美しい渓谷をお楽しみいただけます。館内1室限定の最上階に位置する「ジョン・カナヤ・スイート」はゆったりと余暇を過ごす大人のための、特別な空間です。渓谷美を眺め、川のせせらぎに耳を傾けながら大切な人と語り合うーー。そんな時間をお過ごしください。

鬼怒川金谷ホテル出典:Relux|鬼怒川金谷ホテル

四季折々の地場食材を贅沢に使用し、懐石料理をベースに洋のテイストを取り入れた季節替わりの金谷流懐石は、西洋膳所ジョンカナヤ麻布の意思を継承した「金谷流懐石〜和敬洋讃〜」と鬼怒川の清流の恵みを活かし旬の野菜をふんだんに盛り込んだヘルシーな「金谷流湯波懐石〜渓流水明〜」の2つのディナーメニューからお選びいただけます。心が躍るような彩りと味わいに、酔いしれることでしょう。「老舗は常に新しい」を体現する渓谷の別荘で、本物の贅沢をお愉しみください。

鬼怒川金谷ホテルの詳細をみる

2. 奥日光 ゆの森

奥日光 ゆの森出典:Relux|奥日光 ゆの森

奥日光の静かな森のなかに佇む、癒しの宿、奥日光 ゆの森。自然の声に耳を傾ければ、ゆったりとした時の流れを感じることができます。12室の客室はすべて源泉100%掛け流しの露天風呂付き。乳白色の良質なお湯を好きな時に好きなだけお楽しみいただけます。趣を凝らした和風モダン、欧スタイル、ZEN、コンパクトダブルの4種類のお部屋を用意しているので、あなたの旅のスタイルに合わせてお選びください。

奥日光 ゆの森出典:Relux|奥日光 ゆの森

この宿の自慢はお料理は、とちぎ和牛や日光湯波など、地場の滋味をふんだんに盛り込んだ手作り創作料理です。大地の恵みを存分に使用した逸品の品々を、木のぬくもり感じるレストランにてお愉しみください。温泉、食、自然と癒しの要素がつまったこの宿に、ぜひ一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

奥日光 ゆの森の詳細をみる

3. 奥の院 ほてる とく川

奥の院 ほてる とく川出典:Relux|奥の院 ほてる とく川

ここは、日光の奥座敷。豊かな自然に抱かれ、”四季庭のおもてなし”をコンセプトにゲストを迎えるのが「奥の院 ほてる とく川」です。東武日光駅より車で10分の場所に佇みます。この宿の特徴のひとつが、名峰が連なる日光連山に育まれた湧き水です。豊富なミネラルを含むこの水は、「霊水」として祀られ、館内の全てで天然水を使用しています。本館、別邸からなる全22室の客室は、水がテーマのプライベート庭園のついた別邸や露天風呂付のお部屋、露天風呂付きのお部屋、季心をテーマとしたお部屋など趣の異なる部屋を用意しています。

奥の院 ほてる とく川出典:Relux|奥の院 ほてる とく川

この宿自慢の”四季彩”豊かな野趣ある岩造りの露天風呂。手足を思いきり伸ばし、美味しい地酒を飲みながら日光温泉の湯につかって心身をほぐしましょう。また、プライベートな空間でも湯を楽しめるよう、貸切風呂もあります。どうぞ、ご家族やカップルで思う存分におくつろぎください。ゆるやかに過ぎるときの流れを身を委ね、大切な人とゆっくり過ごす滞在はいかがでしょう。

奥の院 ほてる とく川の詳細をみる

乳白色の温泉が自慢 奥日光ホテル四季彩 >

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事