最終更新日時 2019/03/11

群馬県の人気のおすすめ人気観光は、伊香保、四万、万座などの温泉はもちろん尾瀬を代表するように大自然が豊富なエリアです。恋人と訪れたい大理石村ロックハート城ではまるで海外の古城に旅しているような気分にも!あなたも観光スポット満載の群馬に出かけてみませんか?

前橋・桐生エリアでおすすめの観光スポット5選

1.伊香保温泉

P8303070

万葉の時代から地元や観光客に愛されている、石段街がシンボルの「伊香保温泉」街には石段の両脇には名物温泉まんじゅう屋さんや老舗旅館が立ち並びます。テレビドラマの舞台にもなることが多いので、ご覧になられたことのある方も多いのではないでしょうか?伊香保温泉には「黄金の湯」と「白銀の湯」があります。刺激は少なく、お肌に柔らかなお湯で湯治場としても人気があります。また「子宝の湯」としても知られていますよ。身体を芯からあたためて日々の疲れを癒してくださいね。

画像素材|PIXTA

石段街を楽しんだら、ぜひ立ち寄っていただきたいのが「河鹿橋」。伊香保温泉の湯元付近にある風流な朱色の橋です。盛夏の頃は目にも涼やかで、風流な気分に浸ることができます。特に人気なのは秋。赤く染まった紅葉の葉とのコラボレーションは、筆舌に尽くしがたいものがあります。紅葉の時期には、夜間にライトアップが行われるので、日中と夜とで違った姿を楽しめるのもポイント。さらにその先を進むと「伊香保露天風呂」と呼ばれる共同浴場があり、400円で名湯を味わうことができます。

名称 伊香保温泉
住所 群馬県渋川市伊香保町541−4 伊香保温泉ビジターセンター
電話番号 0279-72-3151
公式サイト http://www.ikaho-kankou.com/

2.水澤観音

Benzaiten(Japanese Saraswati) / 龍王辨財天(りゅうおうべんざいてん)

お地蔵様の台座を願い事を唱えながら左に3回まわすと運気ががるといわれる「水澤観音」。健康運アップには、お線香をお供えし、金運アップには鐘楼で鐘をつくとよいといわれています。

画像素材|PIXTA

実はこの「水澤観音」は、最近女性から人気を集めているパワースポットでもあります。坂東三十三ヶ所の十六番札所で、木造の千手観音菩薩像はなんと平安時代末期に造られたものなのだとか。古刹だということはお分かりいただけたかと思いますが、さらにこのお寺がある場所というのが特別なのです。東京へ三十六里、日光へ三十六里、善光寺へ三十六里という位置にあり、ここが重要な霊場であることを示しています。事実、三つ葉葵も見られ、徳川家の祈願寺であったことがわかります。なお、参拝後には水沢うどんをいただくのが慣習。近くに沢山のお店があるので、ぜひ本場の味をお楽しみください。

名称 水澤観音
住所 群馬県北群馬郡伊香保町水沢214
営業時間 参拝自由、納経受付8時~17時、釈迦堂参拝9時~16時

3.前橋公園

日露戦役の記念を兼ねて前橋市内最初の公園として作られたのが、こちらの「前橋公園」です。利根川の流れ、関東の名峰をいくつも並べた山並み、それらを一望できる最高のロケーション。芝生広場は気持ちよく、小学生未満のお子さんに人気なのは「るなぱあく」。刺激は全くなしのほっこり優しいのりもので1回50円か10円。派手さはありませんが、子どもには笑顔を、大人には郷愁を与えてくれます。懐かしさ満点の遊具ばかりです。

View this post on Instagram

@mmic2140がシェアした投稿

大人にはもう1つの目玉、国指定の重要文化財で明治年間創設の臨江閣へ。日本の近代の黎明期を柱の1つ1つににじませる近代和風の木造建築は必見です。子どもから大人まで1日かけて楽しめる。それが前橋公園の魅力です。花見の時期は桜が、夏には水遊びが楽しめるので、季節にあわせて公園を探検してみてくださいね。

名称 前橋公園
住所 前橋市 大手町3-16-1
営業時間 終日
公式サイト
https://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi_tetsuzuki/4/1/12/1/13832.html

4.梨木温泉 梨木館

「梨木館」は、桐生市の奥座敷にある一軒宿。気軽に日帰り入浴を楽しむという施設ではありません。日帰りでも食事付きで予約が必要というのがこちらのデフォルトなのです。しかし、その分混み合うこともなくゆったりと極上の泉質を味わうことが可能。少しとろりとした茶褐色の湯は成分の濃厚さが湯の色に現れています。

しっとりと肌に絡み、しみこみ、温める。後々まで、体の隅々に温泉のぬくもりが残るような心地よさがあります。じっくりゆったりと1日をかけてくつろぐ大人の休日を演出してくれる温泉なのです。交通機関としてわたらせ渓谷鉄道だけというロケーションも秘湯という雰囲気を盛り上げてくれます。情報番組など各種テレビ番組で取り上げられることも納得です。

名称 梨木温泉 梨木館
住所 群馬県桐生市黒保根町宿廻285
営業時間 11:30~17:00(昼食付プラン)平日のみ
12:00~20:30(夕食付プラン)ともに要予約
公式サイト
https://www.nashigikan.com/

5.県立ぐんま昆虫の里

45ヘクタールの広大な敷地に、雑木林や棚田、畑、小川などの里山が再現されている「県立ぐんま昆虫の里」。敷地内では、どこでも見かける虫を観察することができます。身近な昆虫は苦手でも温室に入るとちょっと気分は変わります。滝が流れ亜熱帯の植物が生い茂る中には国内最大級といわれる「オオゴマダラ」などのチョウたちが乱舞。その空中ダンスは必見。チョウの楽園という表現がふさわしいでしょう。子どもだけでなく大人まで「わー」と歓声を上げるはずです。

外には、もう見かけることも少なくなったかやぶき民家が再現されています。ここではさまざまな民具や昔の遊びを体験可能。お年寄りには懐かしく、子どもたちには目新しい。世代をつなぐ架け橋となるのは間違いのないところ。できれば、家族総出で出かけるとより楽しめるでしょう。

名称 群馬県立ぐんま昆虫の森
住所 桐生市新里町鶴ケ谷460-1
営業時間 9:30~17:00(4月から10月)
9:30~16:30(11月から3月)
公式サイト
http://www.giw.pref.gunma.jp/

高崎・藤岡エリアでおすすめの観光スポット5選

1.碓氷峠鉄道文化村

碓氷峠鉄道文化村(6)

鉄道好きの方でもそうでない方でも、いろいろな本物の電車が置いてある「碓氷峠鉄道文化村」は老若男女が楽しめる施設です。ミニ列車のアプトくんやアパンマン号など、ちいさな子どもがよろこぶ電車も多くあり、家族旅行にもおすすめです。

画像素材|PIXTA

間近で実際の電車の運転席を見られるほか、運転シミュレーターも置かれています。もっと本格的に電車に触れたい方は、電気機関車運転体験をお申し込みください。なんと、碓氷峠専用EF63形電気機関車を実際に運転することができるのです。重量108トンの本物の電気機関車を自分自身で動かせるとあって、電車マニアにとっては垂涎の場所。回数に応じてステップもあがり、腕章をいただくことができます。思わず通い詰めたくなる魅力的なスポットです。

名称 碓氷峠鉄道文化村
住所 群馬県安中市松井田町松井田町横川407−16
電話番号 027-380-4163
公式サイト http://www.usuitouge.com/bunkamura/

2.碓氷峠

Usui-Pass

碓氷峠には、廃線跡があり、ハイキングコースで古いトンネルや、もはや動かくなくなってから何年も経っている信号機、そして駅や変電所など鉄道ファンのみならず歴史と自然を一度に楽しむことができます。途中にある日本最大の煉瓦づくりアーチ橋「めがね橋」は国の重要文化財でもあり、一見の価値ありですよ。

峠の釜めし

そして、鉄道と言えば「駅弁」。碓氷峠の信越線横川駅では、おぎのやの名物駅弁「峠の釜めし」を食べることができます。その昔、険しい峠越えをするため、補助機関車の連結作業をこの駅で行っていたのだとか。その間およそ10分間。そこで飛ぶように売れたのがこの「峠の釜めし」だったのです。今では、各地域で購入することができるようになりましたが、やはり本場でいただくのが一番ですよね。土釜は益子焼。きっと良い記念になることでしょう。

名称 碓氷峠
住所 群馬県安中市松井田町坂本と長野県北佐久郡軽井沢町との境
公式サイト http://www.usuitouge.com/bunkamura/about/

3.榛名湖

IMG_0168

日本で2番目に高い湖「榛名湖」は、榛名富士がとても優美で心から癒される場所。四季折々の花をみながらの湖岸のサイクリングは最高です。1月下旬~2月下旬は、湖が氷におおわれ氷上ワカサギ釣りを楽しめますよ。釣り道具一式はレンタル(有料)できるので手ぶらでお出かけもおすすめです。

画像素材|PIXTA

榛名湖の周辺には、地元の美味しいお料理がいただける食堂がいくつかあります。おすすめは群馬の代表的な郷土料理である「おっきりこみうどん」。きしめんと似ていますがもっと分厚い麺を使うのが特徴で、下ゆでをせず、いきなりつゆに入れるため、とろみが出るのが特徴です。野菜がたっぷり入っていることも特徴のひとつ。煮込むので麺にもうまみがたっぷり染みて、癖になる味わいです。なお、岩魚ややまめ、あゆの塩焼きなどの軽食もあります。

名称 榛名湖
住所 高崎市榛名山山頂に位置する湖
公式サイト http://harunavi.jp/

4.群馬サファリパーク

ミーアキャット(Suricata suricatta)

ライオンやトラ、ゾウやキリンとなどのアフリカ動物を放し飼いされた園内を車で探検できる人気のスポット「群馬サファリパーク」。エサやり体験バスや遊園地も人気ですよ。

画像素材|PIXTA

この「群馬サファリパーク」をおすすめする理由は、それだけではありません。なんとナイトサファリが実施されているのです。昼間は寝ていることが多い動物たちも、夜になると姿を一変させ、あなたの知らない表情を見せてくれるに違いありません。暗闇に光るシマウマの瞳にドキッとさせられたり、意外な発見もあることでしょう。月により実施日が異なるので、ぜひチェックしてみてください。なお、ナイトサファリは昼間の入園料とは別に料金が発生しますが、昼間の入園券を見せれば割引が受けられますので、捨てずにとっておくことをおすすめします。

名称 群馬サファリパーク
住所 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
電話番号 045-621-0634
公式サイト http://www.sankeien.or.jp/

5.富岡製糸場

富岡製糸場

2014年6月21日に日本の近代化遺産で初の世界遺産リストに登録された「富岡製糸場」みごとな明治5年からの建築に目を奪われます。有料の解説員のガイドツアーもあるのでおすすめですよ。

画像素材|PIXTA

建築物や歴史を知るのにパネル紹介などもありますが、より楽しく学べるようイベントが実施されているのもポイントです。平日はフランス式繰糸器の実演が行われており、実際に目で見て学ぶことができます。また、毎週土日祝日には、「座繰り実演・体験」として糸紡ぎ体験ができるのです。製品化されたシルク商品しか見たことのない方は多いと思いますが、それの元となる絹糸を繭から巻き取る作業を実際に見ると、座繰りが気が遠くなる作業であり、改めてシルク製品が貴重品だと言うことがご理解いただけることでしょう。新しい発見の扉を開きに、ぜひ訪れてみてください。

名称 富岡製糸場
住所 群馬県富岡市富岡1−1
電話番号 0274-67-0075
公式サイト http://www.tomioka-silk.jp/

利根・沼田エリアでおすすめの観光スポット5選

1.尾瀬

P6141335

🎵夏がくれば思い出す、はるかな尾瀬~ と学生時代に合唱された方も多いのではないでしょうか?群馬屈指の観光地「尾瀬」は、美しい盆地状の高原で特にハイキングにおすすめ!四季折々のお花は、来る旅人たちを癒してくれます。暑い夏の日にマイナスイオンがたっぷり降り注ぐ、平滑・三条ノ滝で天然クーラーを楽しめます。大きな一枚岩の上を流れる華麗な滝は必見ですよ。そして、尾瀬と言えば「アヤメ平」は外せないポイント。「天上の楽園」として人気が爆発しました。観光客の増加に伴い一度は、泥沼湿原になったアヤメ平ですが、現在は地元の努力で緑を取り美しい姿を見ることができます。

画像素材|PIXTA

一方、まだハイキング初心者で、体力に自信がないという方には、福島側の沼山峠から入るハイキングコースがおすすめです。花の湿原として知られる大江湿原にむかいます。ニッコウキスゲが咲く頃には、一面山吹色に染まり感動体験を味わえます。体力が余っていたら、その先の尾瀬沼まで足を伸ばしてみましょう。沼越しに見る燧ヶ岳は、季節ごとの美しさを見せてくれます。その美しい姿とは裏腹に、実は東北最高峰の火山でもあります。距離にして7キロメートル程度。沼で過ごす時間をのぞけば3時間程で楽しめるコースです。

名称 尾瀬
住所 群馬県利根郡片品村戸倉
電話番号 0278-58-3222
公式サイト http://www.oze-info.com/

2.丸沼湖畔

Lake Marunuma

美しい自然に囲まれた丸沼湖畔は、夏には釣りやサイクリング、冬にはスキーが楽しめます。丸沼自然遊歩道は湖畔散策にオススメの道ですよ。のんびりと天然のマイナスイオンに癒されて。

画像素材|PIXTA

ちなみに丸沼での釣りは、一般的なエサ釣りやルアーフィッシングのほか、フライフィッシングも楽しむことができます。解禁日は毎年4月下旬から11月末日まで。1人あたり2,160円の入漁料のほか、ボートを利用する場合はボート料金がかかります。ちょっと費用はかかりますが、静かな湖畔で無心に楽しむことができます。なお、湖畔には、日帰り温泉も受け入れている「環湖荘」という旅館があります。「虹マス風呂」というユニークなお風呂があるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

名称 丸沼湖畔
住所 群馬県利根郡片品村東小川

3.谷川岳ロープウェイ

谷川岳ロープウェイ

標高差573メートルを約15分で上っていく「谷川岳ロープウェイ」。谷川岳が一望でき、紅葉の時期は美しく燃えるような山々を眺めることができますよ。時期によって営業時間が変わりますのでご注意を。

画像素材|PIXTA

方法としては、まず標高746メートルのところにある「土合口駅」から乗車します。その後、標高1,319メートルにある「天神平駅」へ10分というわずかな時間で進みます。その間、眼下に素晴らしい景色が広がるので、ぜひ下も眺めてください。その後はリフトで「天神峠駅」まで上ります。駅の屋上が展望台になっているので、360度自然の大パノラマを一望することができます。「天神峠駅」から山頂までを尾根沿いに登山する方もいますが、途中ごろごろと岩もあり、往復5時間はかかります。初心者の方は、途中にある「熊穴沢避難小屋」で引き返すか、最初の「土合駅」から「一ノ倉沢岩壁トレッキングコース」がおすすめ。いづれも2時間程度の体験ができますよ。

名称 谷川岳ロープウェイ
住所 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽湯吹山国有林
電話番号 0278-72-3575  

営業時間 【4月~11月】平日:8:00~17:00土日祝:7:00~17:00
【12月~3月】全日:8:30~16:30
公式サイト http://marinetower.jp/

4.たんばらラベンダーパーク

東京から車でわずか2時間でラベンダーの素晴らしい香りに包まれる体験ができるのが、「たんばらラベンダーパーク」です。冬はスキーリゾートとしても有名ですが、夏はラベンダーをはじめとする花が咲き乱れるフラワーリゾートなのです。特におすすめは8月。園内のすべての花が繚乱と咲き誇ります。

都会のうだるような暑さと喧騒を抜けて、涼しい高原の風とかぐわしい花の香りに心は安らぎを覚えるでしょう。ラベンダーの香りにはイライラ解消の効果もあるのです。心が疲れたと思うときには最適なスポットです。遊びたい盛りのやんちゃキッズ向けのアトラクションも充実しています。芝そり、トランポリン、じゃぶじゃぶプール。ふわふわエア遊具に夏はウォータースライダー。大人も子どもも満足な一日になるでしょう。

名称 たんばらラベンダーパーク
住所 群馬県沼田市玉原高原
営業時間 8:30~17:00(6月より開園)
公式サイト
https://www.tambara.co.jp/lavenderpark/

5.沼田公園

大河ドラマ「真田丸」で登場した真田信之とその妻小松姫が治めたのが現在の沼田市近辺。2人の居城が沼田城の遺構を今に伝えるのが、「沼田公園」です。歴史好きならずとも一度は2人が暮らし見た景色に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。入口近くの2人の石像は夫婦円満のパワースポットともいわれます。

季節ごとに花が咲き乱れる公園内をめぐり、沼田上の威容を今に伝える石垣や鐘楼を見学しつつ、平八石のあるビューポイントへ。山谷川岳連峰や武尊山、三峰山などの雄大な山々を眺めれば、2人の時代にタイムスリップしたかのような気分になれるはず。映画かドラマのワンシーンのような美しさ、雄大さ。一見の価値はあります。園内には旧生方家住宅や旧土岐家住宅洋館など歴史的な建造物も移設されており、この沼田界隈の歴史を凝縮されています。

名称 沼田公園
住所 沼田市西倉内町594
営業時間 9:00~16:00(旧生方家住宅・旧土岐家住宅洋館)
公園は終日
公式サイト
http://www.city.numata.gunma.jp/kanko/bunka/1001835.html

吾妻エリアでおすすめの観光スポット5選

1.草津温泉

Kusatsu Spa : Yubatake

日本を代表する名泉の一つ「草津温泉」。温泉街の中心部に湧く源泉の湯畑は、芸術家の岡本太郎氏が手がけたデザイン。ロータリーで囲むようにデザインされています。また、期間限定で、夜間のライトアップも実施。観光客を目でも楽しませてくれます。草津温泉のお土産と言えばやはり「湯の花」はかかせません。2,3ヶ月に一度だけ僅かな量しか出荷されないので、貴重なお土産に喜ばれることでしょう。人気商品のため、売り切れてしまう場合があるので見つけたら、ご購入されることをおすすめします。

画像素材|PIXTA

草津温泉に来たら、西の河原通りや公園、そして白根山の湯釜などが王道コースですが、最近じわじわと人気が上昇している穴場的なスポットをご紹介します。それは「嫗仙の滝(おうせんのたき)」。湯畑からは少し離れていますが、珍しいルックスの滝なのでわざわざ行く価値があるでしょう。落差は35メートルほど。赤肌の岩を滑り落ちる滝には、おもわず目を奪われてしまいます。透き通る水が涼しげで、夏には涼をとることができます。なお、駐車場もあるので安心。また車で7、8分のところに道の駅もあります。

名称 草津温泉
住所 群馬県吾妻郡草津町草津
電話番号 0279-88-0001
公式サイト http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

2.草津白根山

IMG_0907.JPG

草津温泉へお出かけの際は、白根山経由がおすすめ!何も遮るものがないので景色が良く開放感が味わえます。途中に現れる、エメラルドグリーンの火口湖は絶景です。活火山なので、念のため気象庁などの火山活動の状況を確認してからお出かけくださいね。注意事項も必読です!

名称 草津白根山
住所 群馬県吾妻郡草津町
気象庁 火山活動の状況 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/305.html

3浅間火山博物館

分岐点のシェルターから。#dp1

浅間山に関することを知ることができる博物館「浅間火山博物館」は「浅間山北麓ジオパーク」のコア施設のひとつ。近年各都道府県でもジオパーク(「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉。地球(ジオ)を丸ごと学び楽しむことができる場所)
が続々と増えてきていますよね。この「浅間火山博物館」では、浅間山の噴火の様子や周りの自然などについて、ガイドによる無料の展示物解説も聞くことができ、より分かりやすく楽しめますよ。また2016年7月16日には、非常食専門のレストラン「華山」がオープン。パスタ類やご飯ものなど15種類の非常食を1食500円~お試しできますよ。テイクアウトも可能なので、大自然の中で通常は食べることのあまりない非常食グルメを楽しんでみてくださいね!

画像素材|PIXTA

最初に現れるのが、溶岩洞窟をイメージした入り口。真っ赤に燃える溶岩やマグマがリアルで、最初に度肝を抜かれることでしょう。三原山の噴火や雲仙普賢岳の噴火など、これまでに実際に起きた噴火の実際映像を見ることができるのですが、地鳴りまで再現されるので、思わず身をすくめそうになります。最近、日本や海外でも噴火が頻発しているので、知識を深めておきませんか?なお、ここから車で5、6分の所に後ほど紹介する「鬼押し出し園」があるので、合わせて訪れると良いでしょう。

名称 浅間火山博物館
住所 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1053−26
公式サイト http://www.asamaen.tsumagoi.gunma.jp/

4.四万温泉

20120608-四万温泉(Shima Onsen)

万病に効くといわれる名湯「四万温泉」。人里離れた山間の場所にあり、山の緑と川のせせらぎをさんさくするのもおすすめです。季節によって熊が出ることもあり、人がいることをクマに知らせる「熊鈴」は旅館などで借りることもできます。とても素敵な温泉地です。

画像素材|PIXTA

群馬県の名所として意外に知られていないのが、「四万温泉」のそのまた奥にある「奥四万湖」。とはいえ、最近では奇跡の絶景「四万ブルー」として、人気急上昇中のスポットでもあるのです。その名の通り美しき碧色の湖で、ご覧の通り、神秘的な雰囲気が漂っています。まるで絵の具を落としたような鮮やかな発色ですが、中に溶け込んでいる物質が乱反射して碧く見えるなどの諸説があり、原因は今のところわかっていません。しかし、そんなことは大きな問題ではありません。感動の絶景をただただ味わいに、ぜひ訪れてみてください。

名称 四万温泉
住所 群馬県吾妻郡中之条町四万

5.万座温泉

万座温泉郷

軽井沢の奥座敷にある「万座温泉」。大自然の中で湧き出る泉質は、乳白色のお湯で疲労が和らいでいくようなとても気持ちの良いお湯ですよ。群馬観光では外せないスポットです。

画像素材|PIXTA

万座温泉には、さまざまなホテルがそれぞれ自慢のお風呂を備えていますが、中でもおすすめなのが「日進舘(にっしんかん)」にある極楽湯。目の前には雄大な山々がそびえ立ち、満天の星空を堪能できる露天風呂です。お湯は源泉掛け流し。硫黄濃度も日本一という乳白濁色のにごり湯を堪能できます。また、「万座プリンスホテル」のこまくさの湯もおすすめ。絶景を望むことができ、開放感もたっぷりです。日帰り料金はそれぞれ1,000円、1,300円でホテル内にある他のお風呂も味わえます。

名称 万座温泉
住所 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣
電話番号 0279-97-4000
公式サイト http://www.manzaonsen.gr.jp/index.php

伊勢崎・太田エリアでおすすめの観光スポット5選

1.群馬こどものくに

太田市のシンボル、金山には、戦国時代に関東七名城のひとつに数えられた「金山城」があります。このふもとに広がるのが「群馬こどもの国」です。こどもの国とはいうものの、喜ぶのは子どもたちだけとは限りません。パノラマチェアでは静かに眺望を楽しめますし、サマーボブスレーにしても、サイクルモノレールにしても大人と子どもが体を使って一緒に遊べる遊具なのです。

もちろん、大人同士のグループでも楽しめるのは確実。童心に帰ってアウトドアをエンジョイ。そのあとは、プラネタリウムでロマンチックな気分になるのもよし。こどもの国ではありますが、子どもに独占させておくにはもったいない。晴れた休日をたっぷりと楽しめるスポットです。

名称 群馬こどもの国
住所 太田市長手町480
営業時間 7:00~17:00(遊具は9:30~)
公式サイト
https://gunma-kodomonokuni.jp/

2.華蔵寺公園

「華蔵寺公園」は、広場、遊園地、野球場、体育館、市民プールを持つ総合都市型公園です。つつじ、桜の名所として毎年、訪れます。3月下旬のソメイヨシノにはじまり、4月半ばからツツジ、6月には花しょうぶと豪華なリレーを繰り広げられるのです。これに合わせて人気なのが華蔵寺公園遊園地。

規模は大きくはありませんが、シンボルである大観覧車「ひまわり」は高さ65メートル。伊勢崎市内をゆったりと遠望します。日本初の水上コースターといわれるジェットコースター(コズミック・エキスプレス)は時速75キロで疾走。十分にスリルを味わえるアトラクション。遊園地への入場自体は無料なので、大人は花を、子どもは遊園地をと多角的に楽しめる公園になっています。春になると桜に囲まれたメルヘンチックな公園は夢の国のムードを感じることができますよ。

名称 華蔵寺公園
住所 伊勢崎市華蔵寺町1(華蔵寺公園遊園地)
営業時間 9:00~17:00(3月~11月)
9:00~16:30(12月~2月)
公式サイト
https://www.city.isesaki.lg.jp/kanko/kanko/spot/5151.html

3.伊勢崎ゆまーる

伊勢崎市の日帰り温泉施設「ゆまーる」。たくさんのお風呂と岩盤浴施設、リラクゼーションルームを備えた人気の施設です。泉質は「炭酸水素塩泉」で肌をすべすべにする「美肌の湯」。泉質も濃く、疲れが吹き飛ぶと評判です。入浴だけならば、650円(土日祝特定日750円)とスーパー銭湯並みの価格で楽しめます。

半日をゆったり過ごすならば、岩盤浴コースがおすすめ(平日1,150円、土日祝特定日1,250円)岩盤浴とリラクゼーションルームが利用でき、岩盤浴着、館内着がついて、プラス500円は大変お得です。じっくりと岩盤浴で汗をかいて、リラクゼーションルームで体を伸ばせば、疲れは赤城山のかなたに消えて行ってしまいそうです。源泉風呂付個室も予約すれば利用可能。周りを気にせず温泉を楽しめます。食事も軽いスナックから本格的な和食までメニューが豊富。外で遊べない日などは、こちらにこもって日頃の疲労回復をし、明日へのパワーを養いましょう。

名称 伊勢崎ゆまーる
住所 伊勢崎市太田町1136-9
営業時間 9:00~24:00
公式サイト
http://www.yumarl.com/

4.金山城跡

「金山城」は日本100名城の1つ、かつ関東七名城の1つでもあります。戦国最強と言われた上杉謙信が何度も攻めても落とせなかった難攻不落の山城として名を馳せています。今は金山自然公園の一部として整備され、城の遺構も1590年の廃城から約400年を経て修復されました。周辺はハイキングスポットとしても人気を集めています。

約1時間ほどの行程となりますが、標高約235メートルの独立した山なので、眺望の良さは抜群。物見台からは、はるか赤城、榛名の山々。南には関東平野。夕暮れ時ともなれば、山々に沈む夕景が素晴らしい。木立の間を吹き渡る風もさわやかで、戦国のロマンを感じさせる道行となっています。頂上に当たる本丸には新田義貞を祀った新田神社があります。夜は有名な夜景スポット。地上にきらめく関東平野の星々と、本物の星空を楽しむことができます。ただ駐車場からは街灯がないので、手もとの明かりの準備は必要です。

名称 金山城
住所 群馬県太田市金山町40−98
営業時間 終日
公式サイト
https://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0170-009kyoiku-bunka/topics/nyumon.html

5.三日月村

江戸時代の村を再現したテーマパークが「三日月村」です。1970年代のドラマ「木枯し紋次郎」の生まれた場所をイメージして作られています。全国各地の江戸村はどちらかといえば江戸のつまり大都会の町を再現していますが、こちらは江戸のころの地方の村を再現。そのためか、テレビドラマの撮影にもよく使われています。

入場は、日本スネークセンターと共通の駐車場から入ります。中にあるトンネルをくぐれば、まったくの異世界にタイムスリップ。林の間に、江戸時代そのままの建物。少し、くすんだ色合い。今にも鍬や鋤を担いだお百姓さんや、大きな荷物を背負った行商人が出てきそうです。リアリティがとんでもなく高い建物は必見です。見学だけでなく、絡繰屋敷(からくりやしき)、不可思議土蔵など様々なアトラクションも用意されていて、ファミリーでも楽しめる施設となっています。

名称 三日月村
住所 太田市藪塚町3320
営業時間 9:30~16:00
公式サイト
http://www.mikazukimura.com/

群馬でおすすめの穴場観光スポット5選

1.西の河原露天風呂

西の河原

草津温泉「西の河原露天風呂」は日本有数の大露天風呂です。夏にはキラキラと輝く新緑を、秋には燃えるような紅葉、冬には日本らしい雪見温泉を楽しめます。日本らしい至高のひと時をぜひお楽しみ下さいね!

画像素材|PIXTA

開放的な雰囲気の大露天風呂ではありますが、女湯は外から見えないように仕切りがつくられているので安心です。もちろん男女別の脱衣所やトイレも完備。最初はちょっと勇気がいるかもしれませんが、ぜひ試してみましょう。なお、夜はライトアップされ、より情緒が深まります。また、幾重にも重なる朱い鳥居が印象的な穴守稲荷は、羽田の穴守稲荷から分霊された神社でああり、そこの砂は「招福の砂」といわれ、蒔けば御利益があると言われています。お土産にぜひ持ち帰りましょう。

名称 西の河原露天風呂
住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津521−31
電話番号 0279-88-6167
公式サイト http://sainokawara.com/

2.吹割の滝

DSC06124

東洋のナイアガラとよばれる「吹割の滝」。川床を割くように水が流れ落ちることから。そう名づけられました。「日本の滝100選」にも選ばれている美しい景色を、遊歩道でのんびり散策されるのもおすすめです!

画像素材|PIXTA

「吹割の滝」を観光したら、お土産屋さん巡りを楽しみましょう。あちらこちらから声がかかるので、ぜひお目当てのお店を見つけてくださいね。ちなみに、お土産物の数も豊富で、ご当地グルメも楽しめるのが「伽羅苑(きゃらえん)」。地元原料だけを使ったブルーベリージュースや老舗のつくるこんにゃくは、お友達にも喜ばれそうです。なお、食堂「ふきわれ亭」のおすすめは、群馬のB級グルメとして名を馳せた「ソースカツ丼」。大きな舞茸をのせた「まいたけ天ぷらうどん」や「山菜うどん」も人気があります。駐車場も借りられるので、観光前にお立ち寄りください。

名称 吹割の滝
住所 群馬県沼田市利根町追貝
電話番号 0278-56-2111
公式サイト http://sainokawara.com/

3.達磨寺

Dharma / DARUMA / 達磨(だるま)

達磨大師の教えを受け継ぐ寺院「達磨寺」。張り子の縁起だるまはこの「達磨寺」が発祥と言われています。縁起担ぎに訪れてみてはいかがですか?

画像素材|PIXTA

「達磨寺」は、総門を越えてからしばらく石段をのぼる必要があります。日頃運動不足の方には難行ですが、これも修行の一つと思ってのぼっていきましょう。本堂に近づくにつれ、鐘の音が響いてきます。鐘の正体は「招福の鐘」。午前9時から午後5時の間自由につくことができるのです。心を穏やかにしながら、自分のため、そして周りの人のためにと2回つくのがポイントです。小高い山の上にあるこちらのお寺からは、高崎の景色を一望することができます。なお、本堂の裏手には駐車場があり、より楽に参拝できるので、足が悪い方やご年配の方は、そちらからお参りされるとよいでしょう。

名称 達磨寺
住所 群馬県高崎市鼻高町296
電話番号 027-322-8800
公式サイト http://www.daruma.or.jp/

4.大理石村ロックハート城

Lock Heart Castle ~ロックハート城~

スコットランドの騎士であるロックハート家が建築した本物のお城を群馬県に移築して復元した「ロックハート城」。敷地内にある教会で結婚式を行うこともできますよ。

画像素材|PIXTA

25周年にあわせイングリッシュガーデン「William’s Garden(ウイリアムズガーデン)」をオープンしたことにより、今後ますます人気が上がりそうなスポットです。映画のロケ地にもなったことで知名度もアップしました。豪華なお姫様の衣装を着て記念撮影できる「プリンセス体験」が人気ですが、なんと女性用ドレスは350着以上もあるのだとか。きっとあなた好みのお気に入りのドレスが見つかるはずです。ちなみにお子様用のドレスは100着。さらにわんちゃんのプリンス・プリンセス体験も用意されています。ティアラやウィッグなどもあるので、大変身できますよ。

名称 大理石村ロックハート城
住所 群馬県吾妻郡高山村中山5583−1
電話番号 0279-63-2101
公式サイト http://www.jrs-w.com/lock-heart/

5.鬼押出し

+

天明3年の浅間山噴火によって生まれた溶岩「鬼押出し」は、ウォーキングコースもあり見晴らしの素晴らしいスポットです。雄大な「鬼押し出し」のそばを散策するだけでもパワーが受けれるパワースポットとしても人気です。

画像素材|PIXTA

間近で見る溶岩の固まりは大迫力です。まさに自然が作り上げた芸術で、思わず手に触れたくなるでしょう。奇岩に包まれていると、まるで地獄にいるかのような気分にもなりそうです。なお、これらは天明三年に起きた、浅間山の大噴火によるものです。その距離はなんと、5.5キロメートルにもなるのだとか。まさしく自然の驚異といえそうですね。ちなみに、先にご紹介した「浅間火山博物館」から車で6分ほど。先に博物館を訪れて知識を深めてから訪れると良いでしょう。

名称 鬼押出し
住所 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原
公式サイト http://www.tsumagoi-kankou.jp/

大自然と温泉!群馬で開放的に癒される休日を過ごそう

いかがでしたか?群馬にしかない美しい大自然と、日本の名湯温泉が多く、観光地巡りにはオススメのスポットがたくさんある群馬。日常の疲れも都内からアクセスしやすい群馬ならショートトリップで気軽に足を運べます。ぜひ心置きなく家族や仲間、恋人と楽しい休日をお過ごしくださいね!

群馬エリアのおすすめ旅館・ホテルをさがす
【関連記事はこちら】
▷【エリア別】群馬県で人気のおすすめ温泉宿10選
▷伊香保温泉で一度は訪れたい!おすすめの観光スポット10選

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事