最終更新日時 2019/10/25

東京から車で約90分、都会の喧噪から離れてのんびりと過ごしたい!そんな方におすすめのマリンリゾートが茨城県の大洗です。大自然を満喫できる観光名所から、豊かな漁場に集まる海の幸を味わえるグルメポイントなど、おすすめの観光スポットをご紹介しますので、心ゆくまでのんびりと、素朴な温かさに触れる旅に出かけてみませんか?

外せない大洗の定番スポット12選

1.アクアワールド大洗水族館

画像素材|PIXTA

日本一のサメの飼育数を誇り、約580種・68000点の世界の海の生物に出会うことができる巨大水族館「アクアワールド大洗水族館」。人気はやはり1日4回開催されるイルカ・アシカオーシャンライブ!大洗の海がバックに広がるホールで、かわいらしいアシカやダイナミックなイルカのショーが繰り広げられます。よちよち歩きが愛らしいフンボルトペンギンのお食事タイムや、様々な海の生物にが泳ぐ大水槽も見応えがあっておすすめです。子供だけでなく、大人も十分楽しめるので、一度足を運んでみてくださいね。

大洗水族館にきたらチェックしていただきたいのは、マンボウの水槽です。ひれが小さいマンボウは、海の中でも海流にのって身を任せているくらい、泳ぎが苦手。小さい水槽の中ではうまく向きを変えられず、壁にぶつかって傷ついてしまいがち。そんな、飼育が難しいといわれているマンボウを、ここでは沢山見ることができるのです。貴重な体験ですね。また、水族館の裏舞台を見るツアー『バックヤードウォーク』を実施していたり、ダイビング器材を背負って水槽にもぐるというイベントなど、魅力的な試みをしているのもポイント。とにかく目が離せないスポットです。

所在地 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
電話番号 029-267-5151
営業時間 9:00〜17:00(最終入館は16:00)
定休日 2017年6月26日(月)〜6月27日(火)、12月4日(月)〜12月8日(金)
料金 大1850円 小中学生 930円 幼児(3歳以上)310円 2歳以下無料
アクセス 水戸大洗ICから車で約15分
サイト http://www.aquaworld-oarai.com

2.大洗磯前神社

画像素材|PIXTA

大己貴命(大国主神)、少彦名命をまつる神社で、福徳円満・家内安全・商売繁盛・農業・漁業・知徳剛健の神として人々の信仰を集めています。現在の社殿は、水戸藩2代藩主徳川光圀公が由緒深い名社の荒廃を嘆き元禄3年(1690)に建造を始め、3代綱篠公の享保15年(1730)に再興されたものです。社殿に施された彫刻とともに江戸初期の建築様式を今に伝えており、県指定の文化財となっています。

大洗磯前神社でチェックしておきたいことは、第2の鳥居をすぎ階段を上りきったところで振り返ったときに見える素晴らしい景色。眼下に海が広がり、爽快な気分になれます。もちろん、本殿でお参りした後にゆっくりと眺めてみても良いでしょう。なお、本殿は1730年に建てられたもの。きれいに刈り揃えられた茅葺屋根が印象的です。ちなみに元旦は、0時から力強い太鼓の音が鳴り響き、甘酒や樽酒がふるまわれます。都合があう方はぜひ訪れてみてください。

所在地 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
電話番号 029-267-2637
アクセス 水戸大洗ICから車で約15分
サイト http://oarai-isosakijinja.or.jp/index.html

3.神磯鳥居

画像素材|PIXTA

先ほど紹介した大洗磯前神社と、ひたちなか市にある酒列磯前神社に祀られた2人の神が降り立った地で、神磯というのは大御降臨の地を表しており、海上の岩の上に鳥居が建てられています。関東でも指折りの朝日の撮影地として人気で、そのドラマティックな朝焼けの様子を一目見ようと多くの観光客が訪れます。

毎年元旦に、宮司や神職につく方たちが、この神磯に降り立ち、太平洋に昇る初日の出を奉拝するのだとか。想像するだけで厳かな気持ちになりますね。なお、前述した「酒列磯前神社(さかつらいそさきじんじゃ)」は、この大洗磯前神社と、2社でひとつの「対の宮」になっています。したがって、この2社を合わせて訪れると、より御利益がいただけるとされています。場所は大洗よりさらに北にあるひたちなか市。車だと30分ほどで到着できますよ。

所在地 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町
電話番号 029-267-2637
アクセス 水戸大洗ICから車で約15分
サイト http://oarai-isosakijinja.or.jp/index.html

4.めんたいパーク

画像素材|PIXTA

老舗の明太子メーカー・かねふくの工場見学や直売、試食コーナーが人気の観光スポットです。日本全国で4ヶ所のめんたいパークがありますが、関東ではここだけなので毎年多くの観光客が足を運んでいます。明太子の作り方や歴史についてムービーやゲームで学べたり、できたて新鮮な明太子を無料で試食したりと、大人も子供も食べて遊んで楽しく過ごせます。

ちなみに、明太子を見ていると、自然とご飯が食べたくなりそうですよね。ここでは、明太子を使ったグルメを満喫できるフードコーナーがあるのです。明太子とご飯の組み合わせ・・・それは、エンドレスにいただけるほどの相思相愛のカップル。これが楽しみでまた訪れる・・・そんな方もいるのだとか。明太子好きなら、シンプルにおにぎりでいただいてみてはいかがでしょうか。なんと、明太子ソフトクリームなどの変わり種も楽しめます。

所在地 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
電話番号 029-219-4101
営業時間 9:00〜18:00
定休日 年中無休
料金 無料
アクセス 水戸大洗ICから車で約15分
サイト https://mentai-park.com/park/ooarai/

5.大洗サンビーチ

画像素材|PIXTA

北関東最大級の広さを誇る大洗サンビーチ海水浴場は、広大な砂浜に覆われた遠浅のビーチです。夏の海水浴はもちろん、地引き網体験、サーフィンなどのマリンスポーツや釣りまで、様々な遊びを楽しむことができます。近くの丘の上には大洗サンビーチキャンプ場があり、太平洋を臨む絶好のスポットでBBQやキャンプを楽しむことができます。

とにかく広大なビーチと言うことで、潮干狩りも有名です。時期は特に定められていませんが、温かくなる4月中旬から6月末がおすすめです。もちろん、潮がひく干潮時が狙い目なので、気象庁の潮位表をチェックして計画をたてましょう。駐車場は7,500台分もあり、海水浴シーズ以外はなんと無料と言うから驚きです。採っていい量は1人あたり1日1キログラムまで。また、採資源保護のため、第1・第2サンビーチ以外での採取は禁じられているので注意が必要です。

所在地 茨城県東茨城郡大洗町大貫町1212-57(キャンプ場)
電話番号 029-267-2234
営業時間 9:00〜17:00(電話受付)
定休日 年中無休
入場料 大人300円 5歳〜中学生200円(その他サイト使用料等あり)
アクセス 水戸大洗ICから車で約15分
サイト http://sunbeach-camp.org/index.shtml

6.大洗マリンタワー

IMG_0133

地上60m、ガラス張りが眩しい大洗マリンタワーは町のシンボルとしてひときわ目立つ存在です。1階のエントランスホールにはお土産が買える売店や観光情報コーナーがあり無料で利用することができますし、3階にある高さ55mの展望台からは雄大な景色が一望できます。

大洗マリンタワーからは、大きな船が停泊し、沢山のコンテナが並んでいる大洗港も眺めることができます。また、ここからの夜景も美しく、夜はちょっとしたデートスポットになっています。展望室にあるルミライトアート「ドルフィンファンタジー」も必見。浮かび上がるイルカたちにうっとりしてしまいます。ちなみにこのタワーのすぐ足下には、去年新店舗もオープンし、『大洗リゾートアウトレット』から『大洗シーサイドステーション』と名前を変えたアウトレットもあります。新しくなったアウトレットにもぜひ足を運んでみてください。

所在地 茨城県東茨城郡大洗町港中央10番地
電話番号 029-266-3366
営業時間 3月1日~8月末日9:00〜21:00、9月1日~2月末日9:00〜18:00
定休日 12/28〜12/30
料金 大人300円 小中学生160円
アクセス 水戸大洗ICから車で約10分
サイト http://www.oarai-mt.jp

7.潮騒の湯

画像素材|PIXTA

サーファーにも人気の日帰り温泉&お食事処で、海を眺めながら湯に浸かり体と心を休めれば、雄大な自然に癒されること間違いなしです。露天風呂やレストランからは、毎年夏に開催される大洗海上花火大会が目の前で楽しめますし、ツーリング中のライダー限定プランや、ガールズ&パンツァーとのコラボ企画もありますので、詳しくはホームページをチェックしてみてくださいね。

ちなみに肝心のお湯は、地中から彫り上げた「太古の化石海水」というもので、多量に塩分を含んでいるのが特徴です。この化石海水に入浴すると血行が活発になるうえ、肌に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぐことで、保温効果を発揮するのだとか。つまり、湯冷めしにくく、いつまでもぽかぽかでいられるというわけです。こういったことから、別名、「温まりの湯」とも呼ばれています。また、塩分には殺菌効果があるので、鎮痛効果も期待できます。そのほかにも、高濃度炭酸泉やジェットバイブラバスなどのお風呂もあります。

所在地 茨城県東茨城郡大洗町大貫256-25
電話番号 029-267-4031
営業時間 10:00〜23:00(最終受付22:20)
定休日 年中無休
料金 中学生以上 平日800円・土日祝1000円、4歳〜小学生 平日500円・土日祝600円
アクセス 水戸大洗ICから車で約8分
サイト http://www.siosai.jp/index.html

8.那珂湊おさかな市場

Grilled Scallop (Nakaminato, Ibaraki, Japan)

大洗のお隣、ひたちなか市にある那珂湊おさかな市場は、鮮魚や干物、珍味などの海産物を扱う店が立ち並び、お寿司や海鮮丼、定食などを味わえる魚介好きにはたまらない観光スポットです。鮮度抜群の海の幸がお手頃価格で食べられるので、週末には行列ができることもしばしば。冬には名産のアンコウを食べられるお店もありますよ!

さまざまなグルメが販売されていますが、食べ歩きも楽しめるのが嬉しいところ。烏賊焼きや貝などの香ばしい香りが漂い、思わずつまみたくなります。季節により生牡蠣も。しかも、スーパーでは考えられないほどのお値段で販売されています。もちろん新鮮さはピカイチです。また、きちんと座っていただきたいという場合は、海鮮丼や刺身定食などをあつかう食事処もあるので安心。もちろんテレビ取材で何度も登場している、デカネタのお寿司やさんもありますよ。

所在地 茨城県ひたちなか市湊本町19-8
電話番号 店舗により異なる
営業時間 店舗により異なる
定休日 土日祝(GWやお盆は全店営業)
アクセス ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅から徒歩で約10分
サイト http://www.nakaminato-osakanaichiba.jp

9.大洗海鮮市場

Nabe of angler fish / あんこう鍋

大洗漁港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介を、漁師味の丼や浜焼きでいただける海鮮市場です。漁港ならではの鮮魚はもちろん、自家製の干物をお土産にするのも良いですね。季節によって旬の限定メニューも登場しますので、ラムネやビールを片手に海の幸を心ゆくまで堪能しましょう!

「那珂湊おさかな市場」がよくテレビで登場する一方、先にご紹介した大洗マリンタワーやめんたいパークからほど近く、アクセスの良さもポイントです。炭火焼きが楽しめる「かじま」や皿からあふれんばかりの蟹が自慢の「かに弥」、安くて美味しいと評判の「大洗町漁協直売店 かあちゃんの店」など、8軒ほどのお店が並んでいます。もちろんこちらでも、ハマグリ、ホタテ、そしてエビなどの浜焼きをやっています。春のはまぐりは風物詩ですよね。ちなみに、夏は岩ガキ、秋は戻り鰹、そして冬はやっぱりアンコウ。一年中美味しい物があることも自慢の一つです。

所在地 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-56
電話番号 029-267-0121
営業時間 平日 7:30〜19:00、土日祝 6:30〜19:00
定休日 年中無休(臨時休業あり)
アクセス 水戸大洗ICから車で約15分
サイト http://www.oarai-kaisen.com/index.html

10.鹿島臨海鉄道

画像素材|PIXTA

赤いディーゼル車が走る鹿島臨海鉄道は、水戸駅から鹿嶋氏の鹿島サッカースタジアムを結ぶ路線で、のんびりと田舎の田園風景を楽しめるローカル線です。最近では大洗を舞台としたテレビアニメ、ガールズ&パンツァーで人気となり、ファンが写真を撮りに訪れるため乗客が増えているのだとか。

途中、のどかな田園風景や高架線を走るこの鉄道は、とにかくのんびりと景色を見ながら楽しむのがポイント。都会とはまったく異なる景色に、心から癒やされることでしょう。旅情気分が味わえると、わざわざ列車で旅する人も。路線の長さは59キロメートル。そこに15の駅が点在しています。駅と駅との間も長いのが特徴で、ガトンゴトンと揺られていると、思わず心地よくなってしまいます。大洗駅改札口ではレンタサイクルも置かれているので、サイクリングしながら街をまわってみてはいかがでしょうか。

所在地 茨城県東茨城郡大洗町桜道301
電話番号 029-267-5200
サイト http://www.rintetsu.co.jp

11.国営ひたち海浜公園

Nemophila @ Hitachi Seaside Park

爽やかな潮風が吹き抜ける、花と緑でいっぱいの都市公園です。季節毎に美しい花々が丘いちめんに咲き誇る絶景が楽しめますが、最も有名なのは4月中旬から5月の中旬にかけてみはらしの丘を水色に染めるネモフィラです。真っ青な空と花のスカイブルーが溶け合う様子はまさに絶景!それ以外にも、夏のひまわり畑や秋のコキアの紅葉などなど、とにかくいつ行っても美しい景色が楽しめますよ。28のアトラクションがある遊園地・プレジャーガーデンや地元産グルメが味わえるショップ、アスレチック広場やBBQ施設もありますので、家族でもカップルでも、仲間同士でも楽しめるおすすめスポットです。

どうしてもネモフィラが咲く春と、ひまわりの夏、コキアが色づく秋ばかりが注目されがちですが、密かにいま注目を集めているのが実は冬なんです。冬には他の季節に見られるような一面の花畑はありませんが、そのかわり、グラスハウスで行われる「パシフィックアートフラワー展」があるのです。グラスハウスと言えば、海を望めるお洒落なレストランがあるということで立ち寄る方が多い場所です。しかし、冬にはこの建物が、花やオブジェによる空間演出で、結婚式場ようにゴージャスでロマンチックに彩られるのです。実施期間は12月中旬から2月中旬。SNS映え間違いなし。今後、ますます注目を浴びることでしょう。

所在地 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話番号 029-265-9001(公園管理センター)
営業時間 3月〜7月20日・9・10月9:30〜17:00、7月21日〜8月31日9:30〜18:00、11〜2月9:30〜16:30
定休日 月曜日、12/31、1/1、2月の第1火曜日からその週の金曜日まで
アクセス ひたち海浜公園ICから車ですぐ
サイト http://hitachikaihin.jp

12.偕楽園

偕楽園

大洗町のお隣、水戸市にある偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園のひとつで、天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。園内には約百品種・三千本の梅が植えられており、梅が見頃となる早春にはたくさんの観光客で賑わいます。梅以外にも四季折々の見どころがあり、春には桜、初夏には深紅のキリシマツツジ、夏には孟宗竹や杉林、秋には萩の花やモミジを楽しむことができますので、季節を問わず訪れていただきたい名園です。

偕楽園には見所がたくさんありますが、そのなかでも、最初にぐっとくるポイントのひとつが、この孟宗竹林。表門から一の木戸を入って吐玉泉に通じる園路の左側にある竹林です。もともとは弓の材料とするために、徳川斉昭が京都男山の竹を移植したものですが、なんとも風情が感じられる道になっています。ちなみにハイライトである「好文亭」では、毎年度4月から2月まで一般人向けのお茶会が開かれています。茶の湯ボランティアによる催しで、呈茶料は300円とリーズナブルな価格も魅力。由緒ある広間でいただけるなんて光栄ですよね。回数はおよそ月に1回程度。日にちだけでなく、いただけるお菓子までホームページにて確認できるようになっています。

所在地 水戸市見川1-1251(水戸市土木事務所 偕楽園公園課)
電話番号 029-244-5454
営業時間 本園:6:00〜19:00(2/20~9/30)、7:00〜18:00(10/1~2/19)
定休日 年中無休
アクセス 水戸ICから車で約20分
サイト http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html

行ってよかった!人気のホテル6選

1. 大洗ホテル

大洗ICから車で10分ほどのアクセスの良い場所にある「大洗ホテル」は、ほとんどの部屋から太平洋を眺めることができるロケーションが人気のホテルです。部屋はもちろん、展望大浴場からも海を眺めながらゆっくりと入浴することができることも魅力のひとつです。

客室は、スタンダードで落ち着く和室から、ベッドと和室のネオモダンでおしゃれな部屋なども用意されています。食事は、海の幸や山の幸の競演のバイキング形式と「体にやさしい」料理づくりを目指している和食ダイニングでの会席料理を選ぶことができ、子供連れの家族からカップルデートにもおすすめです。

名称 大洗ホテル
住所 茨城郡大洗町磯浜町6881
営業時間 チェックイン15:00 
チェックアウト10:00
サイト http://www.oarai-hotel.co.jp/

2. 大洗パークホテル

「大洗パークホテル」は、アクアワールド大洗水族館が目の前にある、子供連れ家族やカップルに人気のホテルです。大洗のなかでは珍しく、温泉が楽しめるのも魅力的で、ナトリウム塩化物冷鉱泉の泉質は、保温効果の高い温泉として、湯上り後もお肌の潤いを保ってくれます。

客室は、展望ジャグジー付のリッチなお部屋から、海を一望できる洋室や和室、一人旅でリーズナブルに泊まれるエコノミーツインなど、さまざまなタイプが用意されています。食事は、特選会席からカジュアル会席など、自分の旅に合わせて選べるのも魅力のひとつです。

名称 大洗パークホテル
住所 東茨城郡大洗町磯浜町8249-10
営業時間 チェックイン15:00 
チェックアウト10:00
サイト https://www.ooarai.co.jp/

3. 大洗シーサイドホテル

「シーサイド」という名にふさわしい海沿いの「大洗シーサイドホテル」は、全室がオーシャンビューのロケーションがすばらしいホテルです。さらに、食事が部屋食なので、子供連れの家族やシニア旅行には特に嬉しい施設となっています。

近隣の「大洗磯前神社」の湧水100%を使用した展望大浴場からは、朝と夜で表情の異なる大海原の眺望を楽しみながら、のんびりと入浴することができます。部屋食と気持ちの良い大浴場で、日常の疲れから解放されること間違いなしです。

名称 大洗シーサイドホテル
住所 東茨城郡大洗町磯浜町6881
営業時間 チェックイン14:00 
チェックアウト10:00
サイト http://ooarai-seasidehotel.co.jp/

4. 里海邸 金波楼本邸

「五感を洗う海辺の別荘」をうたっている「里海邸 金波楼本邸」は、海辺でゆっくりとひと休みすることができる癒しの宿です。全8室のみの海辺テラス付のお部屋には、半露天ひのき風呂付客室もあり、大人のカップルデートや女子旅におすすめです。

こだわりの食事は、フレッシュな食材を一気に調理して、作り立てを食べることができる田舎料理です。素朴でありながら、四季を映す美しい料理は、まさに五感に優しい食事となっています。都会の謙遜に浸かれて、とにかくのんびりと過ごしたい人にはぴったりの癒しの宿です。

名称 里海邸 金波楼本邸
住所 東茨城郡大洗町磯浜町6883
営業時間 チェックイン15:00 
チェックアウト12:00
サイト http://www.satoumitei.jp/

5. かんぽの宿大洗

太平洋に注ぐ那珂川を一望できる高台に位置する「かんぽの宿大洗」は、大洗屈指のロケーションを楽しむことができる宿です。特に、たちなか市と大洗町を結ぶシンボル的存在の赤い海門橋は、夕暮れの美しさは圧巻です。

お風呂は、内湯が「光明石温泉」という人工温泉ですが、露天風呂は天然温泉で癒されることができます。和室や洋室、バリアフリーの部屋などもあり、用途や人数で選ぶことができます。食事も海や山の幸を味わうことができ、総合的に評価の高い宿として人気です。

名称 かんぽの宿大洗
住所 東茨城郡大洗町磯浜町7986-2
営業時間 チェックイン15:00 
チェックアウト10:00
サイト https://www.kanponoyado.japanpost.jp/oharai/

6. ホテル大洗 舞凛館

大洗駅から車なら1分ほどの好アクセスな場所にある「ホテル大洗 舞凛館」は、メディアでも取り上げられている人気のホテルです。風水の宿としても知られていて、お部屋・大浴場・館内すべてから風水パワーを感じることができるはずです。

客室は、広々とした和室がメインで、食事は完全個室で豪華な和食会席を味わうことができます。また、女性には選べる浴衣のサービスや、子供用に駄菓子コーナーなどもあり、家族連れやカップルデートにおすすめです。

名称 ホテル大洗 舞凛館
住所 東茨城郡大洗町大貫町357
営業時間 チェックイン15:00 
チェックアウト10:00
サイト http://www.marinkan.net/

7. 大洗パークホテル

最初にご紹介するのは、大洗駅から車で10分程度で行ける「大洗パークホテル」。海辺に佇むホテルには、オーシャンビューの部屋もあり、絶景を眺められます。また、ホテルから3分のところには、代表的な観光スポットの「アクアワールド水族館」があります。

大洗では珍しく、ホテル内に大浴場の温泉があるのも嬉しいポイントの一つ。「熱の湯」と呼ばれるぐらい保温効果の高い温泉として知られており、湯上り後もお肌の潤いを保ってくれます。観光で疲れた体を癒し、ゆっくりと寛いでくださいね。

名称 大洗パークホテル
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8249-10
営業時間 チェックイン 15:00〜
サイト https://www.ooarai.co.jp/

8. 大洗ホテル

大洗駅から車で5分程度のところにある「大洗ホテル」。客室は和室も洋室もあり、オーシャンビューバスがついた豪華な部屋もあるので、家族連れはもちろん、デートや女子会などにもオススメです。

食事は、好きなものを自由に選べるバイキング形式の「蓬莱」と、茨城が誇る海の幸をふんだんに取り入れた本格和食懐石の「風和」の、2箇所あります。11月〜3月の冬季には、限定で大洗名物のあんこう鍋を食べることができるので、お見逃しなく。

名称 大洗ホテル
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6881
営業時間 チェックイン 15:00〜18:00
サイト http://www.oarai-hotel.co.jp/

9. 大洗シーサイドホテル

「大洗シーサイドホテル」も大洗駅から車で10分弱と、好立地のホテルです。客室は全室和室になっており、日本人にとってはくつろぎの象徴ともいえる畳の部屋で、波音を聞きながら極上の時間を過ごすことができます。

夕食は部屋でとるシステムなので、他の宿泊客を気にすることなく、大切な人との会話を楽しめますよ。プロの料理人が心を込めて作るご飯は、見た目の華やかさもさることながら、家庭料理のテイストを取り入れていることで、地元ならではの味が表現されています。

名称 大洗シーサイドホテル
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6880-9
営業時間 チェックイン 14:00〜18:00
サイト http://ooarai-seasidehotel.co.jp/

10. 里海邸 金波楼本邸

「里海邸 金波楼本邸」は、波打ち際まで30メートルのところにある穴場旅館。海辺でゆっくりと「ひとやすみ」することをコンセプトにした宿には、スローな時間が流れており、都会の喧騒を忘れリラックスできることでしょう。

全ての部屋の海岸側にテラスが付いており、太平洋を一望することができます。邸内の所々に置かれた木の家具も温かみがあり、まるで自分の田舎に帰ったかのような居心地の良さを感じるはずです。寄せては返す白波を眺めながら頂くお食事も、絶品ですよ。

名称 里海邸 金波楼本邸
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6883
営業時間 チェックイン 15:00〜18:00
サイト http://www.satoumitei.jp/

11. かんぽの宿大洗

最後にご紹介する宿泊施設は、「かんぽの宿大洗」です。このホテルは高台にあるので、雄大な那珂川を一望できるのが魅力。特に夕焼けの海門橋は、一見の価値ありです。和室に洋室、両方の良さをとった和洋室など、様々なタイプの客室があるので、きっとお好みのお部屋が見つかるはずですよ。

天然温泉が湧いている大浴場からも、太平洋と那珂川を眺ることができます。くつろぎながら、素晴らしい景観を堪能してみてくださいね。さらに、貸切風呂も用意されているので、家族水入らずの時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

名称 かんぽの宿大洗
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町7986-2
営業時間 チェックイン 15:00〜
サイト

厳選!大洗で食べたいランチ6選

1. お魚天国

大洗の新鮮な海鮮料理を味わえる「お魚天国」は、観光や海水浴の際のランチにおすすめです。朝に市場で仕入れてた旬の食材を新鮮な状態食べることができることや、活気のある店内も人気で、日本人はもちろん外国人も多く訪れる飲食店です。

お魚天国には3店舗あり、地魚や魚介類を豪快に使った海鮮丼が人気の「お魚天国海鮮食事処」、ベテラン職人の本格的な握り寿司が食べられる「新鮮回転寿司」。さらに、単品メニューが豊富に用意されている「お魚天国大洗浜っこ食堂」など、人数や気分に合わせて選べるのが魅力となっています。

名称 お魚天国
住所 東茨城郡大洗町磯浜町8253-18
営業時間 平日11:00~20:00
週末10:00~20:00
サイト https://www.osakana-tengoku.com/kaisen

2. ちゅう心

大洗駅から徒歩で20分、車で5分ほどの場所に位置する「ちゅう心」。創業65年余りの老舗鮮魚店「魚忠商店」が運営する落ち着いたモダンな雰囲気の店内で、近海の天然物を中心とした新鮮な魚介類が食べられると評判のお店です。

おすすめは、8~10貫の乗った鮨セットや地魚・海鮮丼、さらにお造り膳や浜焼き膳など、海鮮をしっかり食べられるメニューが人気です。また、1品料理も充実しているので、色々と注文して、ワイワイしながら食べたくなるお店です。

名称 ちゅう心
住所 大洗町磯浜町987
営業時間 11:30~14:00
サイト http://www.oarai-info.jp/page/page000106.html

3. 磯料理 山水

大洗駅から徒歩30分、車で8~10ほどかかる場所にある「磯料理 山水」は、軒先に大きな「アンコウ」が吊るされている場合もある磯料理のお店です。海沿いのため食事をしながら海を眺められるのも人気で、雑誌にもよく紹介されている評判のお店です。

おすすめは、新鮮な魚がたくさん乗っていて洋風のお皿で出される「海鮮丼」や、煮魚と刺身のどちらも食べられる「煮魚刺身定食」。さらに「地魚 ソイ煮魚定食」などの海鮮系から、カレーやハンバーグ定食なども味わえます。多彩なメニューが人気で、子供から大人まで好きなものを味わうことができます。

名称 磯料理 山水
住所 大洗町磯浜8249
営業時間 11:00~19:00
サイト http://www.oarai-info.jp/page/page000066.html

4. かあちゃんの店

2010年にオープンした「かあちゃんの店」では、その名の通り、浜のかあちゃん(漁師の奥さん)が腕を振るい、元気な掛け声と笑顔で活気に溢れているお店です。大洗漁港で水揚げされた生シラスやヒラメ・タイ・スズキ など、季節ごとに旬の地魚が味わえると評判になっています。

特に人気のメニューは、ボリュームたっぷりで新鮮な「生しらす丼」です。さらに、かき揚げがメインの「かあちゃん御膳」や煮魚が楽しめる「とおちゃん御膳」など、多彩なメニューがあるので、何を食べるか迷ってしまい、何度も訪れたくなる人気店です。

名称 かあちゃんの店
住所 東茨城郡大洗町磯浜町8253-20
営業時間 10:00~14:30
サイト https://www.jf-oarai.com/mother

5. トラットリアJマリーナ

大洗駅から徒歩15分歩いた場所にある大洗マリーナクラブハウス2階にオープンした「トラットリアJマリーナ」。ピザ窯で焼いた本格的なピッツァやパスタ、新鮮な魚介類を使ったメニューが食べられる本格イタリアンです。

店内は、白を基調として明るい光が差し込み、非日常的なリゾート気分が味わえるのも魅力的です。解放感のあるウッドデッキのテラス席も人気で、天気の良い日には優雅なランチタイムを楽しむことができます。カップルデートやオシャレな女子会にもぴったりのお店です。

名称 トラットリアJマリーナ
住所 東茨城郡大洗町港中央12-5
営業時間 ランチ平日11:00~15:00
ランチ週末11:00~17:00
サイト http://www.oarai-port.com/marina/restaurante/index.html

6. シーフードレストラン メヒコ 大洗店

「シーフードレストラン メヒコ 大洗店」は、大洗の海を一望できるオーシャンビューレストランです。全面ガラス貼りの店内は、海がよく見える座席がありますが、人気となっているので事前に予約をしておくのがおすすめです。

人気メニューは、メヒコの看板とも言える「カニピラフ」のスペシャルランチです。カニピラフに加え、前菜からスープ、選べるサイドメニューやサラダなど、大満足のセットになっています。他にも、ステーキピラフやウニピラフなど、さまざまなメニューがありますので、ぜひチェックしてみてください。

名称 シーフードレストラン メヒコ 大洗店
住所 東茨城郡大洗町磯浜町8249
営業時間 11:00~22:00
サイト http://www.mehico.com/shop/oseanbew2.html

大洗で疲れを取ろう!人気の温泉6選

1. 潮騒の湯

大洗駅から車で5分ほどの場所に位置する「潮騒の湯」は、大洗サンビーチにもほど近い日帰り温泉施設です。男女それぞれに「展望露天風呂」がありで、海を一望しながら気持ちよく入浴することができる人気の温泉です。

さらに、高濃度炭酸泉やジェットバイブラ風呂、遠赤外線サウナなど、ついつい長風呂をしてしまう入浴設備が揃っています。館内には、海を見渡せるロケーションの展望レストランや、ボディケアルームなどの施設も充実しています。子供から大人まで、ゆっくりと温泉や食事を楽しむことができます

名称 潮騒の湯
住所 東茨城郡大洗町大貫256-25
営業時間 10:00~23:00
サイト http://www.siosai.jp/

2. ゆっくら健康館

カメの親子のかわいいシンボルマークが目印の「ゆっくら健康館」は、全身浴や薬湯、ジェット浴などがある町営の日帰り温泉施設です。天然成分豊かな温泉は、体の芯まで温まり、日頃の疲れが癒されると地元の人にも人気です。

温泉の他に、温水プールやトレーニングルームが併設されているので、子供連れの家族やアクティブなカップルにも人気です。また、館内には地元産の新鮮な海の幸を使ったメニューが評判のレストラン「ゆっくら亭」がありますので、合わせて食事をするのもおすすめです。

名称 ゆっくら健康館
住所 東茨城郡大洗町港中央26-1
営業時間 10:00~17:00
サイト http://www.yukkurakan.jp/sisetu_o.html

3. リゾート大洗 まつもと

大洗駅から車で5分ほどの場所に位置する「リゾート大洗 まつもと」は、静かな青い海と潮の香りと広い松の庭園が、情緒を醸し出す宿泊施設です。大洗温泉は1999年に開湯しましたが、その温泉をいち早く取り入れ、最初に大洗温泉を導入した宿としても知られています。

大洗の天然温泉は、ナトリウム塩化物泉の温泉で、保温効果が強いことから「熱の湯」とも呼ばれているほどです。また弱食塩泉なので、刺激が少なく高齢者や子供にも適していて、病後の回復にもすすめられています。浴場に派手さはありませんが、のんびりと温泉を楽しみたい方には最適です。

名称 リゾート大洗 まつもと
住所 東茨城郡大洗町大貫64-83 大洗サンビーチ前
サイト http://oarai-matsumoto.jp/hotspring/

4. 大洗鷗松亭

大きな窓から松林と雄大な太平洋をのぞむことができる「大洗鷗松亭」は、大洗駅から車で10分の場所に位置する温泉宿です。泉質は、ナトリウム塩化物冷鉱泉で神経痛・筋肉痛・関節痛・慢性皮膚病などに効能があると言われています。

広々として清潔感のある浴場は、石造りの「磯の湯」とひのき造りの「松の湯」の2種類があり、朝と夜で男湯と女湯が入れ替わるので、どちらのお風呂も楽しめるのが魅力的です。それぞれ、露天風呂やサウナもついているので、温泉好きにはたまらない環境となっています。

名称 大洗鷗松亭
住所 東茨城郡大洗町磯浜町8179-5
営業時間 11:00~15:00
サイト http://www.iba-kyo.com/hp/oushoutei/dayuse/index.php

5. とびた荘

創業40年余りで、落ち着いた雰囲気の「とびた荘」は、観光やレジャーはもちろん、ビジネスにも最適な民宿です。泉質は、ナトリウム塩化物泉で、大洗温泉の特徴である肌に優しくさめにくいもので、子供や年配の方にも人気です。

2つある温泉は、小さいながらもシンプルかつシックなつくりが、落ち着く空間を演出して癒されること間違いなしです。温泉風呂の貸切もできるので、家族はもちろん女子旅やカップル、一人旅でのんびりと温泉を楽しむのもおすすめです。

名称 とびた荘
住所 東茨城郡大洗町磯浜 8226-
サイト http://tobitaso.com/onsen.html

6. 旅館入船

アクアマリンパークまで徒歩3分の場所に位置する「旅館入船」は、マリンスポーツや釣りを楽しむ人も多く訪れます。天然温泉をはじめ、海の見える客室や海の幸を使った美味しい料理が味わえる、小さいながらも魅力的な旅館です。

温泉の泉質はナトリウム塩化物泉で、神経痛や筋肉痛、疲労回復などに効能があるので、マリンスポーツやレジャーの後に入浴するのに最適です。浴槽は大きくないですが、宿泊者なら追加料金無しで使える貸切ことができるので、家族やグループでのんびりと入浴するのもおすすめです。

名称 旅館入船
住所 東茨城郡大洗町磯浜町8252-9
サイト http://ooarai-irifune.com/kannai.html

大洗のアウトレットSEASIDE OUTLETでおすすめのお店5選

1. 大洗まいわい市場

大洗近郊で採れた、新鮮な野菜や海産物などを販売している直売物産所。「まいわい」とは、大漁祝の引き出物として配られた反物のことで、海の恵みや自然への感謝を表現していました。大洗の恵みをお客さんに伝えるという意味から、この名前となったそうです。

「大洗まいわい市場」にはスーパーなどには売っていない大きなサイズの野菜や、ご当地名物がたくさん揃っているので、お土産を探すのにうってつけのお店です。干し芋がトッピングされた「干し芋ソフト」は、紅はるかが使われていて、クリーミーな甘さが人気の一品。小腹が空いた時に、ぜひ食べてみてくださいね。

名称 大洗まいわい市場
住所 茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2 1F
営業時間 10:00~19:00
サイト http://www.oarai-maiwai.com/

2. サザコーヒー

茨城県内を中心に店舗を構える、スペシャルコーヒー専門店の「サザコーヒー」。コロンビアに自社農園を持ち、その豆はコーヒーの品評会で優勝したこともある自慢の味です。バリスタが一杯一杯丁寧に淹れてくれるこだわりのコーヒーで、ホッと一息つくのはいかがでしょうか?

パティシエが腕によりをかけた手作りのケーキや、夏におすすめのシェイクなど、コーヒーが苦手な方でも楽しめるメニューもふんだんに用意されています。テラス席もあるので、暑い季節には心地よい風を感じながらお過ごしいただけますよ。

名称 サザコーヒー
住所 茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2 1F
営業時間 10:00~19:00(L.O.19:00)
サイト http://www.saza.co.jp/

3. Active Family

「Active Family」は、サーフボードやスケートボードなどの横乗り系のスポーツ用品を扱う専門店。店内には、スケートボードやローラースケートを試せる試乗コーナーがあり、その場で店員さんからレクチャーを受けることができるので、安心して商品を買うことができます。

また、目の前が海になっているロケーションを生かし、SUPやサーフィンなどの体験スクールも主催しています。希望に合わせて様々な内容のレッスンを用意しているので、気軽に参加することができますよ。ご家族や友人と、ひと夏の思い出を作ってみるのはいかがでしょうか?

名称 Active Family
住所 茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2 1F
営業時間 10:00~19:00
サイト

4. お魚天国大洗浜っこ食堂

「お魚天国大洗浜っこ食堂」は、大洗の新鮮な海鮮料理を味わえると評判のお店。色々な魚介を一度で堪能できる海鮮丼や、大洗名物のしらすが豪快に盛られた釜揚げしらす丼などの定番メニューを始め、旬の地魚を使った料理もあります。

カキフライやエビフライなどの揚げ物をメインにした定食や、さざえやほたての浜焼きも提供しています。キッズメニューもあるので、子供連れでも満足できること間違いなしです。観光客だけでなく、地元のお客さんも惚れ込む海鮮料理を、心ゆくまでお楽しみください。

名称 お魚天国大洗浜っこ食堂
住所 茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2 2F
営業時間 平日 11:00~19:00
土日祝 10:30~19:00(L.O.18:30)
サイト https://www.osakana-tengoku.com/

5. 大洗ガルパンギャラリー

大洗を舞台にしたアニメ『ガールズ&パンツァー』のギャラリー兼アンテナショップの「大洗ガルパンギャラリー」。ギャラリーには、今までに登場したアイテムや全キャラクターのパネルなどが勢揃いしていて、ここならではのものを見ることができます。

ショップで扱っているアイテムも、大洗やその周辺で製作されたものなどが多く、他では入手困難になっているそう。映画やアニメが新しく放映されるたびに、新商品が追加されるので、何度も訪れるファンが多いスポットです。

名称 大洗ガルパンギャラリー
住所 茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2 2F
営業時間 10:00~19:00

絶対外せない大洗での食事5選

1. 大洗町漁協直売店 かあちゃんの店

大洗漁港の隣にある「かあちゃんの店」は漁協直営の人気店。浜のかあちゃんが腕を振るうお店は、元気な掛け声と笑顔であふれていて、お昼頃には行列ができるほどの賑わいを見せています。獲れたての新鮮な魚を、安くいただくことができます。

このお店に来たら絶対に頼んでほしいのが、透明なしらすがたっぷりと盛られた「生しらす丼」。しらすの山の真ん中にのった黄身を絡めて、温かいご飯と一緒に食べれば、あまりの美味しさに言葉が見つからないはずです。

名称 大洗町漁協直売店 かあちゃんの店
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-10
営業時間 10:00~(L.O.14:30)
サイト https://www.jf-oarai.com/mother

2. ちゅう心

続いてご紹介するのは、大洗駅から徒歩10分程度のところにある寿司割烹店「ちゅう心」。老舗活魚店が営むお店で、個室でゆっくりと過ごせる隠れ家的なお店です。熟練の技で仕上げられたお寿司は、一品一品丁寧にハケで醤油が塗られていて、そのままの状態でいただくことができます。

お寿司以外にも煮魚やお鍋などのメニューもあり、魚好きなら大満足のラインナップです。地酒を含めたお酒も、種類豊富に用意しているので、ぜひ料理と一緒にお楽しみくださいね。大洗を代表する有名店、事前に予約するのがオススメですよ。

名称 ちゅう心
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町987
営業時間 ランチ:11:30〜14:00(L.O.14:00)
ディナー:17:30〜21:30(L.O.21:30)
サイト https://retty.me/area/PRE08/ARE56/SUB5603/100000725109/

3. 海鮮どんぶり亭

「海鮮どんぶり亭」は大洗海鮮市場内にあるので、大洗漁港から毎朝直送されてきた新鮮な魚介類が揃っています。メインは店名にもなっている丼もので、マグロやいくら、ネギトロがふんだんに使われている丼はボリュームも満点です。

隠れた人気メニューは、厳選した鯛の骨から出汁をとったスープが売りの「鯛出汁ラーメン」。岩のりが入っているので、磯の香りを感じることができます。朝早くから夕方まで営業しているので、行きたい時に行ける優れた名店です。

名称 海鮮どんぶり亭
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-56
営業時間 平日:7:30~19:00
土日祝:6:30~19:00
サイト http://www.oarai-kaisen.com/donburi/index.html

4. 味処 大森

「味処 大森」はイワシ料理を主に、夏は岩ガキ、冬はあんこうなど、大洗の地魚が食べられる海鮮料理店。近海で獲れた鮮度抜群のイワシを、刺身や天ぷら、たたき、塩焼き、西京焼など、様々な味でいただくことができます。

名物メニューは、あん肝がたっぷりと入ったあんこうのどぶ汁鍋。水やだしを加えず、あんこうや野菜から出る水分がスープになるので、旨味がぎゅっと詰まった濃厚な味わいです。要予約なので、お目当ての方はお忘れなく。

名称 味処 大森
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町3152-1
営業時間 11:30〜14:30/17:00〜20:30
サイト http://www.ajidokoro-oomori.com/

5. めんたいパーク大洗

「めんたいパーク大洗」は、関東近郊にある唯一のめんたいパークで、かねふくの明太子が生産されている工場の様子を間近で見ることができます。直営店や明太子ギャラリーもあるので、家族みんなで楽しめますよ。

フードコーナーでは、できたての大きな明太子を使ったおにぎりや、プチプチとした食感が病みつきになる明太ソフトクリームなどを販売しています。ここでしか食べられないオリジナルの明太子グルメを、心ゆくまでご堪能ください。

名称 めんたいパーク大洗
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
営業時間 9:00〜18:00
サイト https://mentai-park.com/park/ooarai/

わざわざ行きたい!大洗のイベント5選

1. 大洗海上花火大会

毎年7月下旬に大洗サンビーチで開催される花火大会で、約3万人もの人が訪れる夏の一大イベントです。出店も並び賑やかな雰囲気ですが、広々とした砂浜からゆったりと眺めることができるのが大きなメリット。打ち上げ場所が近いので、花火の迫力を間近で感じることができますよ。

「大洗海上花火大会」での打ち上げ数は、約3,000発とそこまで多くありませんが、内閣総理大臣を受賞した創造花火や大輪の花を咲かせる二尺玉などのラインナップは、見応えも十分。フィナーレには、音楽に合わせたミュージックスターマインが打ち上げられ、人気を博しています。

名称 大洗海上花火大会
住所 茨城県東茨城郡大洗町港中央 大洗サンビーチ
営業時間 7/27(土)20:00〜21:00
サイト http://www.oarai-info.jp/

2. 大洗八朔祭

「大洗八朔祭」は古代神話にまつわる神事で、五穀豊穣、四海平穏を祈願するお祭りです。8月25日に大洗磯前神社にて神事が執り行われ、その週の土曜日が宵祭、日曜日が本祭として様々なイベントが行われます。宵祭には、笠間や水戸など茨城各地から山車が集まり、非常に盛り上がりますよ。

本祭の日は、各商店街が歩行者天国になり模擬店などが出るほか、山車巡業、神輿渡御、磯節パレードや園児による子供パレードなどが行われます。江戸時代に遊郭で歌われていた座敷歌の磯節や、マーチングバンドによる演奏もあり、老若男女問わず1日中楽しめるはずです。

名称 大洗八朔祭
住所 大洗町内
営業時間 8/25(土)
サイト http://www.oarai-info.jp/page/page000043.html

3. 大洗あんこう祭

大洗は、知る人ぞ知るあんこうの名所。茨城県内各地の底曳網漁船によって、水深100〜300mに生息しているあんこうが漁獲されています。水温が低くなることで身が引き締まり、春先の産卵に向けて肝が肥大化し始める11月には、毎年「大洗あんこう祭」が行われています。

会場内に設けられたステージで行われているのは、名物「あんこうの吊るし切り」。表面がヌルヌルしていて、まな板ではさばきづらいあんこうを吊るし、体内に水を入れ回転させながらさばいていきます。熟練の板前が、部位を説明しながら解体していく様は圧巻です。

名称 大洗あんこう祭
住所 茨城県大洗町港中央10 大洗マリンタワー前芝生広場
営業時間 11/18(日)

4. 大洗春まつり 海楽フェスタ

春先に大洗マリンタワー前広場で行われる「大洗春まつり 海楽フェスタ」。大洗を舞台にしたアニメ『ガールズ&パンツァー』のキャストによるトークショーや、お笑い芸人によるライブ、地元の学校・団体によるマーチングバンドやフラダンスの発表などが行われます。

海楽フェスタ当日は、複数の商店街が歩行者天国になり、飲食ブースも多数出店されています。会場の大洗マリンタワー前広場だけでなく、町全体をあげたイベントになっているので、アニメ目当てのファンはもちろん、地元住人も訪れる人気イベントです。

名称 大洗春まつり 海楽フェスタ
住所 茨城県大洗町港中央10 大洗マリンタワー前芝生広場
営業時間 3月中旬
サイト https://www.ibarakiguide.jp/events/events-140274.html

5. みなとメディアミュージアム

最後にご紹介するのは、大洗から那珂川を隔ててすぐのところにある、ひたちなか市で開催されるアートプロジェクト「みなとメディアミュージアム」です。毎年、全国各地からアーティストを募集し、ひたちなか海浜鉄道湊線の駅や車両内、那珂湊地区商店街などで作品の展示を行なっています。

絵画、彫刻、版画、映像、メディアアート、写真、インスタレーションなど、ありとあらゆるジャンルの作品が並ぶので、芸術に関する知識がそんなにない人でも気軽に楽しむことができますよ。まるで一つのミュージアムとなったひたちなかの町を、ぜひ散策してみてください。

名称 みなとメディアミュージアム
住所 ひたちなか海浜鉄道湊線車両/駅構内、那珂湊地区商店街
営業時間 8/11(日)〜8/31(土)
サイト https://minato-media-museum.com/

大洗でおすすめのショッピングスポット5選

1. 大洗イエローポート

黄色い看板が目印の「大洗イエローポート」。海産物販売店の「大洗ポートエリア」と、お食事処「お魚食堂」の2店舗が入っています。
大洗港や那珂湊港に水揚げされた新鮮な魚介類が楽しめると人気のショッピングスポットです。

買い物が楽しめる大洗ポートエリアでは、刺身をはじめとする新鮮な魚介類はもちろん、自家製干物やお土産に人気の自家製さつま揚げなどの加工品も販売されています。
常時50種類以上の魚類がそろっており、購入した魚をおろしてくれるサービスもあります。

名称 大洗イエローポート
住所 茨城県水戸市大串町895
営業時間 <お魚市場>
9:00~18:30
※土日祝は8:30~

<お魚食堂>
10:45~19:30
※土日祝は10:30~20:00

サイト http://www.yellowport.co.jp/

2. 海・山直売センターいきいき

1896年創業の飯岡屋水産が運営している、大洗市場前の「海・山直売センターいきいき」。
大洗漁港で水揚げされた新鮮な魚介類をはじめ、ちりめんや干物、そして茨城県ならではの特産品がたくさんそろっています。

海・山直売センターいきいきは、小腹を満たすのにもぴったりの場所。茨城名物のあんこう汁やカニ汁、そしてほたて焼や人気のたこのバター焼き、さらにカキや海老焼きなど、その場で様々な種類の新鮮な魚介類が楽しめます。

名称 海・山直売センターいきいき
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253
営業時間 7:30~17:30
サイト http://iiokaya.com/ikiiki/

3. JA茨城旭村特産物直売所 サングリーン旭

JA茨城旭村が運営している、「JA茨城旭村特産物直売所 サングリーン旭」。収穫量日本一の茨城県産のメロンをはじめ、新鮮な朝採り野菜や地元の食材で作られた加工品や特産品など、品ぞろえ豊富でおすすめのお店です。

数多くある新鮮な農産物の中でも、やはり一番おすすめなのはメロン。糖度が18度以上ある最上級のメロン、「極(プレミアム)」が購入できます。
また、メロンのソフトクリームが美味しいと評判で、メロンをトッピングしたりメロンに乗せたりする食べ方も人気です。

名称 JA茨城旭村特産物直売所 サングリーン旭
住所 茨城県鉾田市樅山602-6
営業時間 <4月~9月>
9:00~18:00
<10月~3月>
9:00~17:00
定休日
10月~3月 第2、4水曜
サイト http://www.sungreen-asahi.jp/

4. ほしいも専門店 大丸屋

創業120年を誇る、「ほしいも専門店 大丸屋」。ほしいもの種類だけで30種類以上あるという、専門店ならではの品ぞろえで試食もできます。
メディアにも多くとりあげられている、茨城ならではの人気のお店です。

ほしいもをはじめ、らっきょうやスイートポテトといったデザート類も全品無添加のため、安心安全の美味しい品がそろっています。
ジェラートも種類が豊富で、卵アレルギーを持っている方でも食べられるようノン・エッグジェラートとなっています。

名称 ほしいも専門店 大丸屋
住所 茨城県ひたちなか市釈迦町18-38
営業時間 平日 10:00~17:00
日・祝 9:00~17:30
サイト https://www.e-daimaruya.co.jp/

5. ファームパティスリー・ル・フカサク

メディアにも頻繁に取り上げられている人気のお店、「ファームパティスリー・ル・フカサク」。
100年続く農家・深作農園が作るメロンと、厳選素材で作られた手づくりスイーツが手に入る人気のショッピングスポットです。

カフェやバウムクーヘン専門店も併設されているので、ドライブでの移動の休憩にもおすすめ。
メロンだけでなくイチゴも作っており、イチゴの季節にはイチゴを使ったスイーツが並びます。
様々な賞を受賞したスイーツも数多くあるので、お土産探しにぴったりのお店です。

名称 ファームパティスリー・ル・フカサク
住所 茨城県鉾田市台濁沢157
営業時間 9:30〜18:00 (L.O.17:00)
定休日 水曜
サイト https://le-fukasaku.com/

マリンリゾート大洗でのんびりと過ごす休日

いかがでしたか?大洗周辺には都心から90分で行けるとは思えないほど、豊かな自然と美しい景色が広がっています。海の風景が楽しめる旅館や、海の幸が堪能できる素敵な宿もありますので、今度のお休みは心の洗濯に出かけてみてはいかがでしょうか?

【関連記事はこちら】
▷茨城の港町!大洗に行ったら訪れたい、おすすめランチ20選
▷運気アップを求めて、いざ茨城へ!意外と知らないおすすめパワースポット

特集

2019/11/29【宿泊体験】ドーミーインの和風プレミアムブランド – 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 –

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

人気記事