最終更新日時 2019/02/25

今回は日光に行ったら必ず訪れたい、おすすめのパワースポットをご紹介します。日光といえば、徳川家康がまつられた神社「日光東照宮」。風水的にさまざまな条件をクリアした、日本屈指のパワースポットであります。しかし、世界遺産や豊かな自然の宝庫である日光には、他にも強力なパワースポットが存在します。今回はそれらのスポットを、ひとつひとつ順番に見ていきたいと思います。

日光東照宮 鳥居

鳥居と陽明門

日本を代表するパワースポット「日光東照宮」。遠足や修学旅行でも、すでにお馴染みの場所と思うかもしれません。しかし、ここから発生するエネルギーを感じつつ参拝したら、ずっと違うものに思えることでしょう。まずはこの「鳥居」から。陽明門がこの鳥居にすっぽりと収まるように見える位置こそが、第一のパワースポットです。

DSC06592

そこは「北辰の道」の起点となっています。「北辰の道」とは、北極星へ向かう道という意味で、陽明門と鳥居を中心に結んだ上空に真北を示す北極星がくるよう設計されているのです。このように日光東照宮は、風水と陰陽道を駆使し建てられた、日本屈指のパワースポットとなっているのです。

日光東照宮 奥宮宝塔(徳川家康公の墓)

日光東照宮 (NIKKO TOSHOGU)

次は日光東照宮のなかにある、奥宮宝塔。ここは、日光東照宮の中でも最も高い標高に位置しており、かの徳川家康公が埋葬されている墓でもあります。特に真横と真後ろから強いパワーが発生しているのだとか。

徳川家康公の墓

家康は遺言として「遺体は駿河(静岡県)久能山に葬り、霊魂は日光山に神として祀れ。八州の鎮守とならむ」という言葉を残しました。八州とは日本全国のこと。そのように国家の安泰を祈る家康は、ここで「東照大権現」という神として祀られているのです。そういった意味ではこのポイントは、絶対に外せない場所と言えそうです。

日光東照宮 叶杉

日光二荒山神社

家康が眠る墓のすぐそばにあるのが「叶杉(かなうすぎ)」。木の真ん中には穴が開いていて、ちょっと見たところ洞窟のようになっています。そこには、しめ縄がかけられているのですぐにお分かりいただけるはず。樹齢はなんと600年。それだけに、秘められたパワーは相当なものでしょう。

画像素材|PIXTA

なお、名前の通り、この杉に向かって願い事を唱えると、願い事が叶うと伝えられています。叶杉にそっと触れて、パワーをいただくのも良いでしょう。なお、どうしても行列ができやすいので、朝は早めの参拝がおすすめです。

日光東照宮 上神道

參道

日光東照宮で最後に紹介するポイントは、石灯籠が並ぶ上神道です。東照宮の表門を出てすぐ右側にある、東照宮に近い参道のほうです。ここは杉の並木道で、歩くだけで清々しい気分になれる、そんな道となっています。空に向かってすらりと立ち並ぶ杉の木に見守られつつ、深呼吸をしながらゆっくりと歩いてみましょう。

Tōrō, Toshogu Shrine, Nikko

この参道は日光東照宮と隣にある日光二荒山神社を結ぶ道で、2つの神聖な場所を結ぶエネルギーの通り道でもあります。そんなことを念頭におきながら、エネルギーをすべて受け止める気持ちで、一歩一歩踏みしめて歩くと良いでしょう。

二荒山神社 正面鳥居

2014-01-26 日本行第二天 日光世界遺產之旅

日光東照宮に続いて、強力なパワースポットと言われているのが二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)。782年勝道上人によって開かれ、日光山内の中で最古の神社だといわれています。この正面鳥居の階段から神門付近にかけてが、パワーを感じられるスポットになっています。

次ページへ >>

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事