最終更新日時 2018/12/22 18:24

温泉天国と言われる程、温泉地が豊富な栃木県。源泉数がおよそ600あり、鬼怒川温泉のような全国屈指の名湯から、山奥の秘湯まで様々な温泉を楽しめます。特に日光、那須高原周辺は夏の避暑地としても人気の高いエリアです。自然が豊かな土地でもあり、自然を楽しみながら、ゆったりと温泉に浸かるのがオススメです。今回はそんな魅力あふれる栃木県の温泉地をご紹介します。

鬼怒川温泉

画像素材|PIXTA

栃木の温泉地でも大きく、有名なのが鬼怒川温泉です。雄大に流れる鬼怒川沿いにある鬼怒川温泉は、江戸時代に発見されました。当時は日光詣でに来た僧侶や大名しか温泉に入ることを許されませんでした。しかし明治時代に一般に開放されてからは、多くの観光客で賑わい、発展しました。泉質はなめらかな肌触りのアルカリ性単純温泉で、神経痛、疲労回復、健康増進に良いとされています。

画像素材|PIXTA

温泉と一緒に訪れたいのは、鬼怒川温泉南部にある鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)です。鬼怒川温泉と名称「楯岩」を結んでおり、高さ40m、全長140mあります。眼下には鬼怒川の流れを、秋には山の紅葉も楽しめます。楯岩には展望台もあり、鬼怒川温泉を眺めることも出来ます。

那須温泉郷

画像素材|PIXTA

那須温泉は、日光国立公園の那須岳山麓に位置しています。近くには皇室が利用する那須御用邸があるなど、夏の避暑地として人気の高い場所です。那須温泉の歴史は古く、西暦630年頃までさかのぼります。一番古い鹿の湯が発見された後も、様々な源泉が発見され、那須七湯(なすしちゆ)と呼ばれていますが、実際にはもっと数があります。そのため効能・泉質の異なる様々な温泉を楽しむ湯めぐりが人気です。

画像素材|PIXTA

殺生河原に近づくと、硫黄の匂いを感じられます。このすぐ傍にあるのが、那須温泉で一番古い「鹿の湯」です。源泉温度は63~80度と高く、実際に浸かる湯舟も41度からと熱めです。泉質に硫黄を含んでいるため、皮膚病やきりきず、筋肉痛、肩こり、冷え症、疲労回復などに効果があるとされています。那須温泉郷には、この鹿の湯のお湯をひく宿も何件かあり、鹿の湯に行かずとも同じお湯を楽しむことができます。

鹿の湯:http://www.shikanoyu.jp/

日光温泉

画像素材|PIXTA

日光東照宮のすぐ近くにある温泉が、日光温泉です。昭和62年からの新しい温泉ですので、ホテルの数は多くはありませんが場所によっては徒歩で東照宮へ行くことも可能です。日光温泉は、弘法大使が「夢想の湯」と言っていた源泉を改めて掘り当てたと言われています。日光駅近くには市営の公共浴場「日光温泉浴場」があり、日帰りでも訪れることが出来ます。

画像素材|PIXTA

日光温泉を訪れたら、一緒に観光したいのが日光東照宮です。全国にある東照宮の総本山で、世界遺産にも登録されました。現在、平成の大修理の真っ只中ですが、陽明門が白く塗りなおされて綺麗になり、三猿が変わったなどとメディアで取沙汰されました。今までに訪ねたことがある方も、是非新しい姿となった日光東照宮を訪ねてみて下さい。歴史ある姿も良いですが、綺麗になった姿というのもまた清々しい気持ちにさせてくれます。

日光湯元温泉

画像素材|PIXTA

奥日光の湯ノ湖畔にあるのが「日光の奥座敷」とも呼ばれる日光湯元温泉です。西暦788年に勝道上人に発見されたのが始まりとされています。豊富な湯量と泉質の良さで知られ、1954年には酸ヶ湯温泉、四万温泉と共に国民保養温泉地の第一号指定を受けました。湯元温泉の泉質は中性~弱酸性の硫化水素泉で、源泉はエメラルドグリーンですが、空気に触れることで白く変わります。美肌効果、高血圧、疲労回復、神経痛、冷え症などに効果があるとされています。

画像素材|PIXTA

源泉地が温泉街の外れ、湯ノ平湿原にあります。源泉は屋根に保護されて、日光湯元の各旅館に配湯されています。この隣には日光山輪王寺別院の温泉寺があります。昔、温泉を発見した勝道上人が建立したお寺で、その後途絶えていたものの1973年に輪王寺によって再建されました。このお寺にも温泉が引かれており、参拝客は男女別の共同浴場を利用することができます。

川俣温泉(かわまたおんせん)

画像素材|PIXTA

川俣温泉は、平家の落人伝説が残るような山奥の秘境にあります。車で走るにも対向車が心配になるほどの山奥ですが、都会の喧騒から離れてのんびりできる何件かの温泉旅館があります。ほとんどが川沿いに建てられており、川を眺める露天風呂が人気です。鬼怒川沿いにある間欠泉は見どころの一つで、30m近くまで吹き上がる温泉を見ることが出来ます。泉質は単純泉で、切り傷や火傷、皮膚病、高血圧に良いとされています。

画像素材|PIXTA

紅葉の名所といわれる瀬戸合峡(せとあいきょう)からも程近い立地ですが、そこまで行かずとも川俣温泉でも十分紅葉は楽しめます。紅葉の時期に温泉を訪ね、露天風呂につかりながらの紅葉見物も良いものです。宿によっては貸し切り露天風呂を設けている場所もあり、家族でのんびり楽しめます。

さらに栃木の温泉地をご紹介します

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事