最終更新日時 2019/02/22

今回は群馬に行ったら必ず訪れたい、おすすめの夜景スポットをご紹介します。
群馬といえば、良質なお湯が沸く温泉県といったイメージですが、温泉が多いということは、山が多いということ。そういった意味では、高いところからの景色が楽しめる、いわゆる”絶景スポット”にあふれているともいえるのです。とくに有名な2大都市である前橋や高崎は山に囲まれており、美しい夜景を見せてくれるポイントがたくさん存在します。そこで今回は、群馬県の絶対に外さない夜景スポットを、ひとつひとつ順番にご紹介していきたいと思います。

群馬県庁

画像素材|PIXTA

ぜひ立ち寄っておきたい、群馬県ナンバーワン夜景スポットといえば、「群馬県庁」。意外に思われるかもしれませんが、32階にある展望室からは、かなり広い範囲で夜景を楽しむことができるのです。しかも展望エレベータは透明なので、上りながらすでに夜景が見えるのもポイント。

画像素材|PIXTA

群馬大橋はもちろんのこと、その橋の灯りが利根川の水面に映し出されている景色は要チェックです。光の量が倍増するので、華やかで思わずうっとりとしてしまいます。また水面のゆらぎに応じて光が揺らめく様子は幻想的でもあります。なお、22時までオープンしており、さらに駐車場が2時間まで無料というから、県内在住者でなくともぜひ訪れておきたいおすすめスポットです。

高崎市役所

画像素材|PIXTA

群馬県庁と並んで人気の夜景スポットが、高崎市にある「高崎市役所」です。21階にある展望ロビーでは、交通量の多い17号線の光のラインや、高崎市街、そして高崎市のシンボル、白衣観音のライトアップを眺めることが出来ます。

画像素材|PIXTA

展望ロビーに併設されているレストランでは、観音山や白衣観音などの夜景を眺めながら軽食をいただけるとあって、結婚式の二次会などで利用されることもあるほど。しかも22時まで空いており、有料ではありますが駐車場も完備しているので、おすすめのスポットとなっています。

榛名山 高根展望台

画像素材|PIXTA

ある漫画でも有名になったスポット「高根展望台」。標高1029mのこの場所は、群馬の山々と伊香保温泉を眺められる絶好のビュースポットとなっています。昼間の景色も素晴らしいのですが、夜景スポットとしてもおすすめ。晴れていれば赤城山麓の光まで見えてより一層美しい夜景を楽しむことができます。

画像素材|PIXTA

駐車場の台数は12台。しかも無料です。伊香保温泉からも車で15分程度とわりと近いので、伊香保温泉に泊まり温泉を楽しみつつ、夜は夜景を見にお出かけというコースも悪くないのではないでしょうか。ちなみに展望台は、伊香保ロープウェイ見晴駅を降り歩いて2,3分のところにある「上ノ山公園」の中につくられています。渋川駅からバスで25分で到着できますが、本数が少ないので時間をあらかじめチェックすることをおすすめします。

高崎観音

画像素材|PIXTA

高崎市のシンボルともいえる高崎観音。その観音様のいる観音山には、素晴らしい眺望が拝めるという「観音山霊園」があります。場所は、駐車場に向かう途中の険しい下り坂、または駐車場が観賞場所です。市街地から近いため、光量もスケール感も抜群です。しかも車内にいながらにして、フロントガラス越しに夜景を堪能することができます。

ここからの夜景観察におすすめしたいのは、まずは春。境内には定番のソメイヨシノなどの桜が何本も植えられているのです。真っ白に浮かび上がる観音様と夜桜の組み合わせは、なかなか幻想的な雰囲気。ロマンチックな時間を過ごせるに違いありません。また、8月の第4土曜日の「万灯会(まんどうえ)」もイチオシです。観音様の足元や石の階段にろうそくや灯籠が並べられ、平和を願うイベントが実施されるのです。その数なんと1万5千本。日常では決して味わえない、厳かな雰囲気を味わうことができます。最後におすすめなのは、やはり冬。車の中からも眺められるということで、寒い思いせずに、のんびりと会話を楽しみながら夜景を満喫できますよ。

北部運動公園 見晴らしの丘

画像素材|PIXTA

太田市にあるファンタジックな夜景が楽しめるスポットが「北部運動公園」。スポーツ施設や展望施設が充実した、広大な敷地を誇る公園ですが、冬になるとイルミネーションが見事。公園全体が丘陵地になっているため、眺めを楽しめるポイントがいくつもあります。
画像素材|PIXTA

そのうち一番おすすめは、「見晴らしの丘」。駐車場から1分ぐらいの場所にあるため、アクセスがしやすく、さらに眺めも抜群。北関東自動車道と太田市の夜景が見渡すことができます。園内のイルミネーションと合わせ、時間をかけて楽しみたいスポットです。なお、3月下旬から4月上旬の桜の季節には、午後6時から8時まで桜のライトアップが行われ、公園自体も美しく彩られます。また、2017年の11月中旬から1月上旬にかけては、「おおたイルミネーション」と呼ばれる光の絨毯や花火を楽しむイベントが実施されました。2018年の予定はまだ発表されていませんが、気になる方は公式ホームページをチェックしてみてください。

ぐんまフラワーパーク

画像素材|PIXTA

群馬県のなかで、夜景がきれいな定番のデートスポットといえばここ、「ぐんまフラワーパーク」ではないでしょうか。18.4ヘクタールもの広さを誇る園内には、四季折々の草花を楽しむことができますが、毎年12月には夜間営業も行われイルミネーションが実施されるのです。

画像素材|PIXTA

最大のビューポイントは、高さ18mのタワーパーク。ここから園内にあるイルミネーションと、前橋市北部の夜景を同時に楽しむことができるのです。カップルだけではなくファミリーにも人気。愛犬も入場可能なので、愛犬家にもおすすめです。

大胡ぐりーんふらわー牧場

画像素材|PIXTA

前橋市にある道の駅、「ぐりーんふらわー牧場・大胡」。大きな風車がある展望公園は広々とした明るい雰囲気で、家族連れやカップルでいつも賑わっています。そこにある展望台からは、大胡地区や赤城山麓の夜景を楽しめます。

この「大胡ぐりーんふらわー牧場」は、大胡地区や赤城山麓の夜景が楽しめるだけではありません。実は展望台と同じく西側にある風車が、週末の夜になるとライトアップされるのです。時間は21時までと遅くまでやっているので、デートでのお食事の後、この素晴らしい夜景を一目見ようとたくさんのカップルがここを訪れます。ただし公園内は暗いので、懐中電灯を持参すると良いでしょう。ちなみに春には、桜が一斉に見頃をむかえるので、お弁当をもって一日ゆっくり滞在するのもおすすめですよ。

榛名湖イルミネーションフェスタ

画像素材|PIXTA

榛名山と合わせて訪れる人が多い榛名湖。普段は静かな湖面をたたえている榛名湖が、多くの人でにぎわい、ひときわ華やかに彩られる季節があります。それが、毎年冬に行われる「榛名湖イルミネーションフェスタ」。例年の人出はおよそ13万人というから、その人気ぶりは類推いただけるはず。

画像素材|PIXTA

55万球もの電球が使われるほか、期間中は打ち上げ花火が行われる日もあります。とはいえ、花火がない日でも、多彩な光が湖を幻想的に照らし出すその様子は、ロマンチックな雰囲気を演出してくれます。カップルはもちろん、ファミリーにもぜひ訪れていただきたい、群馬県イチのおすすめイベントとなっています。

都市部も観光地にも夜景スポットがたくさん!

今回は群馬県にある夜景スポットを紹介してまいりました。市役所や県庁などのアクセス抜群な公共機関で、快適でお得に市街地の夜景を楽しめるほか、山に囲まれた場所であるからこそのパノラマビューが楽しめる、夜景スポットの宝庫と言える県でした。
群馬の観光地で楽しんだあとは、上質な宿泊体験を楽しみませんか?
Reluxでは今回お届けした、群馬のホテル・旅館を旅のプロが厳選してご紹介しています。あなたもReluxで、今までにない特別な旅をご体験ください。

群馬のおすすめホテル・旅館をさがす

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事