最終更新日時2020/08/18

秩父は温泉やラフティングなど大自然のアウトドアが人気の、レジャースポットが豊富なエリア。
またレジャースポットにとどまらず、遠方からも美食を求めて人々が集う、グルメの聖地でもあります。その中でも欠かせないのがB級グルメをはじめとする名物料理の数々。
今回は、秩父に行くなら絶対に外せない、話題の人気店を厳選してご紹介します。

秩父の絶品B級グルメ4選

1.豚みそ丼本舗 野さか

「豚みそ丼本舗 野さか」は、秩父名物「豚みそ丼」発祥の店であり、「第1回全国丼グランプリ」で金賞を受賞した超人気店。
曜日にかかわらず毎日お客さんでいっぱいで、お店の前は行列が常に絶えません。
並んででも食べたいお店の一つです。

「豚みそ丼」は、ホカホカのご飯に、炭火で香ばしく焼きあげた「豚みそ漬け」を乗せた丼ぶりです。
秩父名物の豚みそ漬けは、厳選された豚肉を2日間じっくり秘伝の味噌たれに漬けこんだもの。味噌の焼けた香りが芳しく、味わいはタレと絡み合う肉の甘みが口内にジュワッと広がり絶品。その美味しさは口コミでたちまち拡散され、今では様々なメディアで取り上げられる全国区の人気メニューとなっています。

名称 豚みそ丼本舗 野さか(のさか)
住所 埼玉県秩父市野坂1-13-11
営業時間 11:00~15:00 
※豚みそ漬けがなくなり次第終了。
公式サイト http://www.butamisodon.jp/

2.たぬ金亭

「たぬ金亭」の人気メニューは、秩父で新名物として話題の「豚玉丼」。「全国丼グランプリ」で、なんと5年連続金賞を受賞する実力派の人気丼です。
麦味みそダレのコクと旨味のある豚肉、まろやかな温泉たまご、さくさくの天かす。これが白いご飯にのっていて、美味しくないわけがありません。絶妙な歯ごたえと味わいの組み合わせに、リピーターが急増中です。
この「豚玉丼」は、秩父の丼ぶり界に新風を巻き起こす人気メニューとして、今話題になっています。

確かな美味しさを求めて、こちらに行ってみてはいかがでしょうか。
店舗には開放的なテラス席やドッグランも併設されており、ペット連れにも嬉しいお店です。

名称 たぬ金亭(たぬきんてい)
住所 埼玉県秩父市荒川上田野396−1
営業時間 11:00~16:00
公式サイト http://www.tanukin-tei.jp

3.安田屋

秩父グルメといえば、真っ先に名前が挙がる名物料理が、この「わらじカツ丼」。「安田屋」は秩父名物の「わらじカツ丼」店の元祖であり、ダントツの知名度を誇る人気店です。
甘辛い秘伝のタレが染み込んだ、”わらじ”のように大きなカツが2枚、どんぶりをはみ出していて、食いしん坊には嬉しいボリュームですね。

口の中に染み出す甘辛いタレと、サクサクの食感が止まらないやみつきの美味しさで、意外と女性でもあっという間に2枚食べられてしまいます。わらじカツ丼は2枚セットが基本ですが、カツが1枚のお腹に優しいメニューもありますよ。
お持ち帰りで「豚肉みそ漬け」などもあるので、お土産にもぴったりです。

名称 安田屋
住所 埼玉県秩父市日野田町1-6-9
営業時間 11:30~17:00
公式サイト http://yasudaya-shop.com/html/page3.html

4.はなゆう

ここ「はなゆう」は、地元の人が通う立ち食いそばのお店。こちらで有名なのは秩父のB級グルメ「みそポテト」。「みそポテト」は、秩父の家庭で古くから作られ、愛されてきたメニューです。
「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」で優勝したことがきっかけで、テレビにも取り上げられるなど一躍話題になりました。

こちらのみそポテトは、じゃがいもの天ぷらに秘伝の甘辛味噌ダレがたっぷり。
はなゆうの看板メニューです。まったりと広がるタレ、サクサクとした揚げたて衣、ホクホクのじゃがいも。異なる食感が重なってクセになる美味しさです。
焼きアゴ出汁のそばとセットで注文する人が多いようです。

名称 はなゆう
住所 埼玉県秩父市東町21
営業時間 7:30~17:00
公式サイト 記載なし

秩父周辺のそばの名店4選

1.二八そば ひらい

秩父そばの名店に必ずと言って良いほど名を連ねる「ひらい」。
名水百選に選ばれた「毘沙門水」を仕込みに使い、そば本来の味わいを引き出します。
さっぱりと喉ごしの良い「もりそば」を始め、そばの香りや歯ごたえを生かした「手挽きそば」が人気。口の中にいっぱいに広がり鼻から抜けてゆく、粗挽き独特のしっかりしたそばの香りと味わい、ほんのり感じる大人の苦味を楽しめます。麺は細くてコシがあり、そばの旨味がダシの効いたつけ汁にからみつき抜群の相性です。

「手引き田舎そば」は、数量限定で開店前から並ばないと食べられないことがある程の人気メニューです。
そばの香ばしさが感じられるそば湯には、お好みで梅干しを入れて飲むのがオススメ。ぜひ一度試してみてください。

名称 二八そば ひらい
住所 埼玉県秩父市山田2675-20
営業時間 11:30~15:00
公式サイト 記載なし

2.本家 原

「原」は、自然豊かな秩父山中の、140年を超える古民家で営まれるそば処。
歯ごたえのあるそばと、旬の素材をからりと揚げた天ぷらに定評があります。そば打ち歴20余年の店主が打つ絶品そばは、透明感に溢れ繊細。そばの香りが芳しく爽やかな喉越しで、まろやかなつゆとの相性は抜群。
普通盛りでも、しっかりしたボリュームがありお腹も心も大満足です。

サクサクの天ぷらとおそばのメニューは、このお店に来たら絶対外せないメニューです。広々とした店内には歴史を感じる調度品が飾られ、目でも楽しめますね。
店外の土蔵には無料の足湯もあり、食後にホッと落ち着つくこともできます。

名称 本家 原(はら)
住所 埼玉県秩父市寺尾1081
営業時間 11:00~18:00
公式サイト 記載なし

3.本格手打わへいそば

「原」1982年創業の老舗そば店。そば殻を一緒に粗挽きし、そばの香りを高めた昔ながらの田舎そばです。秩父地方ならではの「くるみ汁」につけて食べるそばは、香ばしくコクがあるのにさらっとして飽きのこない味。くるみの風味に負けない、香り高いそばは独特の甘みがあり、しっかりした歯ごたえはやみつきになります。
そば粉だけでなく、つけ汁に使われる山くるみも、店主自らが手間暇かけて挽いたものです。手引きならではの奥深い香りの広がりを感じることができます。

View this post on Instagram

@asayu.aがシェアした投稿

古い町並みの中に佇む店舗は、古き良き時代を彷彿させるあつらえ。懐かしさを感じるその趣きに、秩父の歴史が息づくお店です。
田舎そばを楽しむなら、こちらを訪れてはいかがでしょうか。

名称 本格手打わへいそば
住所 埼玉県秩父市中村町1-4-13
営業時間 11:00~18:00
公式サイト http://www.waheisoba.gr.jp/

4.名物 秩父そば 立花

「立花」では、秩父地粉と武甲山の伏流水で打つ、香り高いそばが人気。少し粗挽きのそばには、腰の強さと食感、風味の優しさが生きています。太めの手打ちそばはコシが強く、そばの風味が一段と楽しめますよ。
特製のつけ汁は、立花独自の製法で作られており蕎麦本来の旨みを惹き立てる本格派。通常の醤油ベースとくるみのつけ汁があり、香りや風味、舌触りはどちらも絶品です。

けやき作りで民家風の建物が印象的なそば処。懐かしい囲炉裏が、暖かな寛ぎの時間を与えてくれます。
生そばと特性つゆはお持ち帰りもできるので、お土産としても喜ばれそうですね。

名称 名物 秩父そば 立花
住所 埼玉県秩父市熊木町14-11
営業時間 11:00~15:00
公式サイト http://tachibana.gourmet.coocan.jp/

秩父駅周辺のおすすめグルメ4選

1.珍達そば

元に愛され続ける、1953年創業の「支那そば」のお店「珍達そば」。創業以来受け継がれる麺は、こだわりのスープの旨味と良く絡み、肉やネギなどの具材とも絶妙な相性を持っています。
小麦本来の風味が引き立つ独特の細麺で、つるっとした食感が心地よい味わい。具には店主が選び抜いた食材が使われ、風味に華を添えています。
ブランドネギの「土男ネギ」を使っていて、味や品質のみならず見た目も美しいこだわりの一品です。

味に頑固な2代目店主が極める一杯を求め、遠方から観光客やラーメン通も訪れる、秩父を代表するラーメン店です。
香ばしいごま油の香りとシャキシャキのネギがクセになる美味しさですので、ぜひお試しください。

名称 珍達そば(ちんたつそば)
住所 埼玉県秩父市東町23-4
営業時間 平日 11:00〜16:00
土日祝日 11:00〜19:00
※売り切れ次第終了
公式サイト http://www.chintatsusoba.jp/

2.武島家

View this post on Instagram

@610_ykがシェアした投稿

「武島家」は、1916年創業当時からの懐かしい味を守り続ける「五色巻きといなり寿司」の専門店。武島家が大切にするのは、秩父で100年以上愛され続ける心のこもった手作りの味です。
温かいうどんや、お弁当のメニューもあり、小休憩やランチにオススメのお店。

View this post on Instagram

@aimer6002がシェアした投稿

人気メニューは「五色巻きセット」。五色巻きにいなりずしをセットした、多くの人が注文する商品です。具沢山の「五色巻き」と60年以上の”返し”を使った「いなり寿司」を両方楽しめる定番メニュー。
いなり寿司は、小さなおにぎりくらいの大きさでボリューム満点。口に入れると甘辛く濃厚な煮汁がじゅわっとしみ出し、米の甘さと旨味に絡んで、たまらない美味しさです。
テイクアウトも出来るので、レジャーのお供にも最適です。

名称 武島家(たけしまや)
住所 埼玉県秩父市番場町16-4
営業時間 8:00〜18:00
※売り切れ次第終了
公式サイト 記載なし

3.イタリアンダイニング&カフェ TRAGHETTO(トラゲット)

築100年の歴史的な建物を改築した、イタリアンレストラン「TRAGHETTO(トラゲット)」。1983年まで営業していた映画館「秩父国際劇場」の外観を当時のままに残し、街での存在感を放っています。その内装も建設された明治の雰囲気を生かしつつ、現代的にリノベーション。
広く開放感のある店内は、地元の人や観光客で賑わいを見せています。

人気メニューは本格的な石で焼き上げるピッツァ。
チーズと胡椒、生クリームのスパイシーで濃厚なソースが特徴の「カーチョエペペ」ピッツァやミルキーなモッツァレラチーズの「マルゲリータ」ピッツァがオススメ。自慢の石窯でこんがり焼き上げた生地が香ばしく、フレッシュな具材と特製ソースが食欲を誘います。つい、もう一切れ、と手が伸びてしまう絶品ピッツァです。

名称 イタリアンダイニング&カフェ TRAGHETTO(トラゲット)
住所 埼玉県秩父市宮側町18-7
営業時間 11:00~23:00
公式サイト http://www.tra-ghetto.com/

4.成田屋

ここ「成田屋」は、地元の人が通う昔ながらの洋食屋さんです。創業は1932年、煎餅屋、和食屋と歴史を重ね、今ではモダンな雰囲気の洋食屋として人々に愛されていています。
そのすぐ裏手には、樹齢1,000年を超えるケヤキの御神木がパワースポットとして名高い「秩父今宮神社」が鎮座しています。食事をいただく前に、癒しのパワーもたっぷりいただきに行きましょう。

ハンバーグやカニクリームコロッケ、カレーライスなど、小さなお子様から大人まで皆に愛されるメニューの数々。その味付けは食材のおいしさが生かされ、ボリュームもたっぷり。落ち着ける店内で、ゆっくり食事ができます。
オススメは、肉厚の鶏肉をからりと揚げたチキンカツに濃厚なチーズがとろりと乗った「チーズチキンカツ」。ジューシーな鶏肉と、とろりと溶けたクリーミーなチーズ、コクのあるソースの味わいが人気の一品です。

名称 成田屋
住所 埼玉県秩父市中町6-2
営業時間 【昼】11:30~15:00(L.O.14:30)
【夜】17:00~21:00(L.O.20:30)
公式サイト 記載なし

長瀞周辺のおすすめグルメ3選

1.松ばや

長瀞名物の新鮮な川魚が味わえる料理店で、50年以上、長瀞に根付く歴史ある老舗「松ばや」。国の名勝・天然記念物に指定される「長瀞渓谷」の側にあり、清らかな水で育った鮎料理が有名です。
人気メニューは、選び抜かれた新鮮な鮎を一匹丸ごと炊き上げた「鮎めし」。ふっくらした鮎の身と、鮎の旨味が染み込んだご飯がよく合います。シンプルながらも、噛めば噛むほど米のほのかな甘みと鮎の旨味、上品な味わいが立ち登り、幸せな気持ちにさせてくれます。
鮎の塩焼きは店内だけではなく、週末には店頭でも購入して味わうことができるので、食べ歩きにもぴったり。
街並みを楽しみながら鮎を食べて、散歩してみてはいかがでしょうか。

名称 松ばや
住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞481-1
営業時間 12:00~16:00
公式サイト 記載なし

2.阿左美冷蔵 金崎本店

「阿左美冷蔵 金崎本店」は、1890年創業、長瀞に唯一残る天然氷の老舗製氷店です。沢の清水を池に溜め、自然の冷気で製氷するという伝統的な製法を今でも行なっています。
現在では、この天然氷の蔵元は全国でも数件しかなく、とても貴重な氷なのです。その氷を削り出し、天然素材の体に優しいシロップをたっぷりかけた、ふわふわのかき氷が大人気。

削り目が立ち、目の前に現れた大きな氷の彫刻はまるでアート。少し暖かい日でもなかなか溶けない天然氷は自然の冷気に磨かれた賜物でしょう。
秘伝の氷みつは奥深い風味があり、優しい上品な甘さが感じられます。和風で情緒あふれる店内と四季折々の変化を楽しめる庭園で、極上のかき氷を楽しんでみてはいかがでしょうか。
※季節により天然氷ではなく純氷を使用することがあります。

名称 阿左美冷蔵 金崎本店
住所 埼玉県秩父郡皆野町金崎27-1
営業時間 10:00~17:00
公式サイト 記載なし

3.お豆ふ処 うめだ屋

秩父産の大豆「白光」と、天然にがりで作る豆腐料理が人気の「うめだ屋」。豆腐づくしのランチは、1日40食限定で売り切れる日も多い人気メニュー。なめらか豆腐や小鉢、まるでそうめんのような独特の見た目と食感の滝川豆腐や生湯葉、フレッシュで香り豊かな豆乳など、その数々は豆腐がこれほど様々な表情を見せてくれるのかと驚くばかり。自慢の豆腐はデザートかと思うような、自然の甘さと風味と滑らかさがあり絶品です。
古民家を改築した店内には、昔懐かしい縁側や土間があり、ほっこりと旅の羽休めができます。

併設の売店では、大豆を使った製品や可愛い雑貨が購入できるのでショッピングにも最適。
お土産に人気の「おからドーナツ」は優しい味わいで、プレーン味のほか、きなこ味やシナモン味などバラエティに富んでいます。

名称 お豆ふ処 うめだ屋(うめだや)
住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞268
営業時間 【ランチ】11:30~14:00
【カフェ】14:00~17:00
公式サイト 記載なし

秩父でおすすめのおしゃれランチ5選

1. Restaurant MATIERE(レストラン マチエール)

「Restaurant MATIERE(レストラン マチエール)」では、秩父の季節の食材を使いフレンチの技法を生かした料理が味わえます。ランチメニューは、リーズナブルなセットメニュー3種類と本格的なコースメニューが2種類。パスタやリゾットもありイタリアンの要素も取り入れた料理です。

彩りよく美しい盛り付けと、繊細で深みのある味が人気。デザートにも定評があるので、デザート付きのランチを注文するのもおすすめです。店内は洗練されたおしゃれな空間が広がり、デートでのランチにも最適。30席ほどのコンパクトな店内ですが、スタッフの感じのいい接客も評判で心地よい時間を過ごせそうです。

名称 Restaurant MATIERE(レストラン マチエール)
住所 埼玉県秩父市東町24-8
営業時間 【ランチ】11:30~13:30(コースL.O.13:00) 【ディナー】17:30~20:00  定休日:木曜・第3水曜 その他不定休
サイト
http://www.r-matiere.jp/

2. 古民家レストラン シャンドフルール

「古民家レストラン シャンドフルール」は、完全予約制の築100年以上の古民家を改装した洋食、フレンチレストランです。のどかな風景の中にひときわ目を引く風情のたたずまいは、店内もレトロモダンな素敵な空間になっています。日本庭園を見ながら落ち着いた雰囲気でお食事が楽しめます。

ランチメニューは、メインを肉か魚から選び、スープとサラダ付き。その他単品メニューもあります。どの料理も選び抜かれた食材の味を生かした味付けで、美味しいと評判。何といってもリーズナブルでお財布にも優しく、雰囲気良し、味よしと、訪れてみたいお店です。来店希望の方は、早めのご予約をお忘れなく。

名称 古民家レストラン シャンドフルール
住所 埼玉県秩父市上影森258-3
営業時間 12:00~14:00(L.O.13:30) 18:00~21:00(L.O.20:30) 定休日:月曜日
サイト
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11005120/

3. 季節の和食 秩父茶屋

「季節の和食 秩父茶屋」は、築90年の古民家レストランです。大正ロマンを感じさせる店内で、川のせせらぎを聞きながら、緑に囲まれた静かな環境でいただくランチは至福の時間。気品のある個室も7部屋完備しており、用途に応じて利用できます。個室は人気のため、ご希望の際はお早目のご予約をおすすめします。

厳選した旬の食材を使った料理は、どれも料理長のこだわりが感じられます。お店自慢の人気ランチ「旬彩花かご料理」がおすすめ。旬の食材を使った和洋のお料理を少しずつ楽しめます。花かご料理に加え、他に2つのメニューが選べます。上品な味付けと品数豊富で繊細な料理が味わえる「旬彩花かご料理」は女性にも人気です。

名称 季節の和食 秩父茶屋
住所 埼玉県秩父市山田2318‐1
営業時間 11:00 ~ 15:00 (L.O. 14:00) 17:30 ~ 21:30 (L.O. 20:30)  定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日が休み)
サイト
http://www.nigurumaya.co.jp/chichibuchaya/

4. イルディチョット

「イルディチョット 」は、カジュアルにおしゃれな空間で食事ができるイタリアンレストランです。路地裏にあり穴場的なお店ですが、店内は、オープンキッチンがあり木のぬくもりを感じながら広々とした空間になっており、落ち着ける雰囲気。客席の間隔が広く、周囲を気にせずお食事を楽しめそうです。

ランチメニューは、ピッツァとパスタランチ、グラタンとラザニアランチがあり、それぞれメインを選び、サラダとドリンクがついています。人気のピッツァは、窯で焼く本格的な味で、もっちりした食感とトマトソースが見事にマッチしています。秩父でイタリアンレストランをお探しの方におすすめのお店です。

名称 イルディチョット
住所 埼玉県秩父市中宮地町24-16
営業時間 11:30~15:00( L.O.14:00)17:00~23:00( L.O.21:00) 定休日:月曜日
サイト
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11018454/

5. cafe 森羅万象

素敵な庭とウッディな建物がおしゃれな「cafe 森羅万象」。店内は、木を基調にした安らげる雰囲気で、一人でも気軽に入れるカフェです。ゆったりした時間を過ごしながらのランチにおすすめです。お店では、季節によりライブやミニコンサートなども行われています。

ランチは、栄養バランスを考慮した内容で季節によってメニューが変わります。メインをチョイスし後は6品の小鉢とご飯と汁物がつきます。ランチメニューの他にもカレーなどの単品メニューもありますが、やはり人気のランチメニューがおすすめです。

名称 cafe 森羅万象
住所 埼玉県秩父市黒谷535-1
営業時間 11:30~16:00 定休日:水曜日/木曜日(さらに不定休日あり)
サイト
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11045424/

秩父でおすすめのそば店5選

1. みやび庵

一皿に色の違うおそばを三種盛り合わせた、「三種蕎麦きり」が有名な「みやび庵」。一番粉、二番粉、三番粉のおそばを盛り合わせているので、味の違いを食べ比べるのも楽しいですね。そばの里として有名な秩父で、珍しい十割蕎麦の専門店。武甲山伏流水とそば粉だけで作った十割蕎麦は、そば好きにたまりません。

名物の三種蕎麦きりを注文してみましょう。それぞれしっかりとした歯ごたえがあり、食感の違いもあるそうです。そばつゆは、濃い目の味でそばとの相性抜群。カラッと揚がった天ぷらも美味しいと評判ですので一緒にいかがでしょうか。店内は、テーブル席以外にも小上がり席もあり、子供連れで利用しやすいお店です。

名称 みやび庵
住所 埼玉県秩父市日野田町2-6-24
営業時間 11:00~15:00(そばが売切れ次第営業終了)定休日:不定休
サイト
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11003396/

2. 手打そば 武蔵屋

「手打そば 武蔵屋」は、秩父神社近くにあり、そばの人気店の1つです。お店の入り口で、そばの手打ちも見ることができます。自社挽きのそば粉には、玄そばの甘皮を挽き込み、味や香り栄養にもこだわっているそうです。そばは、細打ち麺ですが、のど越し良く量はボリュームもあり、満足できるのではないでしょうか。

そば団子やそばアイスなどそばを使った独自のスイーツもあり、食後のデザートにおすすめです。秩父の昔ながらのおやつ「小昼飯」の1つ「みそポテト」でも有名なお店です。ギャラリーカフェも併設されていて、「手打そば 武蔵屋」で食事をした方は、100円で食後のコーヒーを召し上がれます。

名称 手打そば 武蔵屋
住所 埼玉県秩父市番場町4-11
営業時間 11:00~19:00 定休日:火曜日
サイト
http://www.chichibu-musashiya.co.jp/

3. 蕎麦いんなみ

「蕎麦いんなみ」は、脱サラして始めた店主のこだわりが詰まったお店です。そばの実100%を石臼自家製粉し、普通の石臼では挽けなかった甘皮を98%ほど挽く独自の製法でそば粉を製粉しています。それによって健康にも良いルチンが多く含まれ消化にも良いそばができるそうです。

店主が天ぷら専門店を食べ歩き、工夫したこだわりの天ぷらも味わえる、人気ナンバーワンの「天せいろ」がおすすめです。おそばは、ほんのりとした甘みが感じられコシが強くのど越しが良いと評判です。店内は椅子席と小上りがあります。バリアフリー対応のため、車椅子やベビーカーでのご利用の際にもおすすめのお店です。

名称 蕎麦いんなみ
住所 秩父市上影森122-1
営業時間 11:00~15:00ごろ(そばが売切れ次第営業終了)土・日・祭日は 11:00~17:00ごろ 定休日:火曜日
サイト

ホーム


4. そば道場あらかわ亭

「そば道場あらかわ亭」は、そば打ち体験ができ、自分で打ったそばを食べることができるお店です。そば打ち体験は完全予約制。子供も体験できますので、ファミリーでそばを打ち、そして自分だけのそばを堪能できる貴重な体験にもなりますね。店内は100名も収容できる広々とした作りになっています。
JAが運営しているお店でリーズナブルな価格で、コスパが良いと評判です。地元秩父産のそば粉で作ったそばは、素朴な味わいながらコシもしっかりとあり、食べ応え十分。濃いめのつゆでいただきます。早めの来店が可能なら、天ぷらや小鉢もついた1日30食限定のそば定食がおすすめです。

名称 そば道場あらかわ亭
住所 埼玉県秩父市荒川上田野1432-1
営業時間 10:00~15:00(そばが売切れ次第営業終了)定休日:12~2月は火曜日/3~11月は無休
サイト
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11019326/

5. そば処うちだ

上長瀞駅より徒歩3分とアクセス抜群の人気店「そば処うちだ」。夏季限定の「雪わりそばセット」は、かき氷で有名な阿左美冷蔵で製氷したふわふわの氷が、そばに載っているユニークなメニューです。冷たいそばを、コクとさわやかさが絶品のゴマ味噌だれで味わいます。そばと氷のコラボ一度味わってみてはいかがでしょうか。

麺は白く透き通り綺麗なそばで、こしがあり歯ごたえも十分あり、そばのうま味が伝わります。地元秩父山のキノコがたっぷり入った、たれでいただく「きのこつけ汁そば」も人気メニューです。あっさりしたたれが、そばの味を邪魔せず香り豊かに味わえると評判です。人気店のため、お時間に余裕を持ってお出かけください。

名称 そば処うちだ
住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1503
営業時間 11:00~17:00 定休日:金曜日
サイト
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110704/11002959/

秩父でおすすめのスイーツ5選

1. ジェラテリアHANA

自然豊かな森の中にあるおしゃれなカフェ「ジェラテリアHANA」。お店のコンセプトは「自然と共存」、まさに自然を感じ喧騒を逃れ、至福の時間を過ごせるカフェ。センスのいい小物を扱った雑貨店も併設されています。お車でのお出かけが便利です。

おすすめしたいのが、すべて手作りにこだわった「ジェラート」。保存料や添加物を使わずに地元産の材料で作るジェラートは、濃厚でクセになる味。季節により種類も変わりますが、そばの実を使ったジェラートがあることも。ぜひダブルで注文してみましょう。天気の良い日は、テラス席で自然の移ろいを肌で感じてください。

名称 ジェラテリアHANA
住所 埼玉県秩父市定峰514-1
営業時間 9:00~17:00(L.O.16:00) 定休日:木・金曜日
サイト
https://gelateriahana.com/

2. 泰山堂カフェ

ガイドブック掲載の常連店、「泰山堂カフェ 」。趣のある古民家カフェであり、店内もレトロな雰囲気でアンティークの家具や小物が品よく飾られており、落ち着ける空間です。何といっても「泰山堂カフェ 」ならではのスイーツ「ヌガーグラッセ」を味わってみましょう。「ヌガーグラッセ」はフランス発祥のスイーツです。

多くの人を虜にしている「ヌガーグラッセ」は、メレンゲと生クリームを混ぜた中にナッツやドライフルーツ入り。本場フランスで修業したスタッフが作る「ヌガーグラッセ」は、ひんやり冷たく、ふわっとした食感にナッツやドライフルーツがアクセントになり濃厚で程よい甘さが絶品と人気。秩父でぜひ味わいたスイーツです。

名称 泰山堂カフェ
住所 埼玉県秩父市番場町11-6
営業時間 13:00~17:00(L.O.16:30) ※日により早く営業終了することもあります。定休日:火曜日/水曜日
サイト
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11019304/

3. MAPLE BASE(メープルベース)

「MAPLE BASE(メープルベース)」は、秩父ミューズパーク内にあり、秩父産のメープルシロップを使ったスイーツが楽しめる人気カフェ。店内にはメープルシロップを作る機械もあり、手間をかけて作られるメープルシロップのありがたさを実感しながら味わえそうです。

おすすめは「パンケーキ」、たっぷりとメープルシロップをかけていただきましょう。カエデの樹液で作られた自然の甘さがたまらないメープルがパンケーキによく合います。季節のフルーツやジェラートをトッピングしたパンケーキもあり、どれにするか迷ってしまいそうですね。

名称 MAPLE BASE(メープルベース)
住所 埼玉県秩父郡小鹿野町長留1129-1 (秩父ミューズパーク内)
営業時間 10:00~17:00(L.O.16:30) 定休日:水曜日
サイト

PROJECTS


4. OMO茶や(おもちゃや)

「OMO茶や」は、スイーツが美味しいと評判の落ち着けるカフェ。スイーツ好きな方のお茶の時間におすすめです。生クリームがたっぷりのロールケーキや、カボチャのケーキなど、どれを味わってもはずれなしのお店。その日によりスイーツメニューも変わり、今日の甘いものと書かれたボードにメニューが書いてあります。

甘すぎず上品な甘さのスイーツが評判ですが、バナナカフェやシャーベットドリンクなどオリジナルのドリンクメニューも充実しています。店内では、おしゃれでナチュラルな雑貨も販売しています。お店は、一般のお宅のような外観で少しわかりにくいので、注意してお出かけください。

名称 OMO茶や(おもちゃや)
住所 埼玉県秩父市下影森688-2
営業時間 11:00~17:30 定休日:火曜日/不定休
サイト
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11004254/

5. 茶夢(チャーム)

「茶夢(チャーム)」は、お茶屋さんが運営している、美味しいコクのある抹茶ラテが人気のお店です。メディアでも何度も紹介された「茶夢」には、簡単なイートインスペースもあります。本業がお茶屋さんだけあって、抹茶ラテに使用されているのは宇治の高級抹茶なので、濃厚でまろやかな甘みが美味しさの秘密です。

メニューが豊富で目移りしてしまうほどです。アイスとホットのメニューがありますが、アイスクリームとホイップクリームをトッピングしたボリューミィな「濃厚抹茶ラテ」がおすすめ。ほろ苦さと甘さのバランスが抜群です。「宝登(ほど)サンド」というホットサンドもありますので、軽食としてのご利用にもいいお店です。

名称 茶夢(チャーム)
住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1547-4
営業時間 10:00~18:00 定休日:木曜日
サイト
http://www.tea-charm.com/matcha-latte.html

秩父でおすすめの名物お土産5選

1. 秩父餅七福本舗 水戸屋本店

「秩父餅七福本舗 水戸屋本店 」は、創業から120年以上の歴史がある老舗和菓子店です。地元の人にも愛される、定番の秩父お土産の1つが「ちちぶ餅」です。2個入り、3個入り、6個入りがあります。「ちちぶ餅」は、お餅の柔らかさとあんこの程よい甘さが飽きのこない美味しさ。

何個でも食べられそうな軽さと素朴な美味しさが長年愛されている秘密かもしれません。お餅が驚くほど柔らかいので、袋入りを購入の際は、デリケートに扱ってください。「ちちぶ餅」は日持ちがしませんので、秩父でしか購入できません。お土産にいかがでしょうか。

名称 秩父餅七福本舗 水戸屋本店
住所 埼玉県秩父市本町1-22
営業時間 9:00~19:00 定休日:火曜日
サイト
https://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11023806/

2. 秩父菓子処栗助

秩父のお土産と言えば「秩父菓子処栗助」のお菓子が有名です。お店売り上げ人気ナンバーワンのお菓子は、栗を丸ごと1個贅沢に使い自家製白あんで包み、新鮮な卵とバターを練り込んだ生地で全体を包み込んだ「栗助」。白あんに練り込んだ練乳が美味しさを引き立て、上品な甘さに仕上がっています。

もう1つおすすめしたいのが、「すのうぼうる」です。こちらは秩父産のメープルシロップを使い表面に粉砂糖をコーティングした、丸い形がかわいいクッキーです。口に入れるとほろっと崩れ溶けていく食感も味わい深く楽しめます。子供もから大人まで喜ばれそうなお土産。秩父産のメープル入りなのでおすすめです。

名称 秩父菓子処栗助
住所 埼玉県秩父市黒谷822-1(栗助本店の住所)
営業時間 9:30~18:00 年中無休
サイト
http://www.kurisuke.jp/

3. 秩父中村屋

「秩父中村屋」は、長きにわたり地元にも愛される和菓子店です。昔ながらの和菓子の美味しさにも定評がありますが、独自の新商品開発にも力を注いでいます。今ではすっかり秩父のお土産として人気になった「ちちぶまゆ」がおすすめです。

秩父産のメープルシロップをマシュマロでくるんだお菓子です。マシュマロのふわふわした食感の中からメープルシロップの甘みが口の中に広がり美味しいと評判。蚕の繭の形をイメージして作られた「ちちぶまゆ」は、モンドセレクションで3年連続銀賞を受賞しています。コーヒーに浮かべて飲んでも美味しいのだそうです。

名称 秩父中村屋
住所 埼玉県秩父市東町13-7
営業時間 9:00~18:30 年中無休
サイト
http://www5b.biglobe.ne.jp/~okasiya/

4. 石川漬物

「石川漬物」は、1963年創業の秩父の伝統的な漬物「しゃくしな漬」で知られる会社です。秩父では古くから冬の保存食として「しゃくしな」を漬物にしていたのが始まりだそうです。地元の人に親しまれていた味が、今では秩父名産としてお土産の定番となっています。

「しゃくしな漬」は、塩分控えめで酸味のある独特な味とシャキシャキの歯ごたえが特徴。ご飯がすすみそうですね。味も定番の味の他、たまり漬、キムチ味などもあります。まずは定番の味からいかがでしょうか。スイーツが苦手な方へのお土産にもおすすめです。

名称 石川漬物
住所 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野2387
営業時間 お取り扱い店舗・秩父地場産センター・9:30~17:30/ 道の駅ちちぶ・9:00~19:00/ 道の駅果樹公園あしがくぼ・8:30~18:00/矢尾百貨店・10:00~19:00/西武秩父駅前温泉祭の湯みやげ市・9:00~20:30 他にもお取り扱い店舗はございます。
サイト
http://www.shakushina.com/

5. 八幡屋本店

「八幡屋本店」は、秩父神社前にある1902年創業の老舗和菓子店です。和銅開珎を模した皮が特徴の「和銅最中」でも有名です。小倉あんと柚子あんがあり、昔からの変わらぬ味が受け継がれています。お店でも人気ナンバーワンの「秩父自慢」は、秩父のお土産の中でも不動の人気です。

「秩父自慢」は、白あんに細かくした栗を混ぜ薄皮で包み、クルミを載せた焼き菓子。あんのやさしい甘さに、クルミのカリッとした食感と香ばしさがいいアクセントになっています。全国菓子博覧会で全菓博会長賞を受賞しています。サイズも小さめで女性にも食べやすく何個でもいけそうです。和菓子好きな方におすすめです。

名称 八幡屋本店
住所 埼玉県秩父市番場町8-18
営業時間 8:00 ~ 19:00  年中無休
サイト
http://www.yahatayahonten.com/

秩父は都心からもアクセスしやすい、人気のグルメ王国。

秩父には、みんなにシェアしたくなる見た目も楽しいB級グルメから、スイーツ、歴史ある郷土料理まで盛りだくさん。
幅広いジャンルのグルメの数々は、ファミリーから女子旅、カップルも、みんなが満足できるお気に入りの絶品料理がみつかるはず。今度のお休みは、四季折々の秩父の豊かな自然に触れながら、美味しいグルメを満喫しに秩父へ出かけてみませんか?何を食べて良いか迷ったら、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

埼玉県のおすすめ旅館・ホテルをさがす

【関連記事はこちら】
▷秩父で必ず訪れたい!おすすめの観光スポット20選
▷豊かな自然に抱かれてーー。秩父のおすすめ温泉旅館&日帰り温泉施設10選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事