最終更新日時 2019/08/22

甲府には見どころがたくさんあります。素晴らしい景観の「昇仙峡」や「和田峠のみはらし広場」、ワイナリー、印判などから、ご当地グルメの「ほうとう」、B級グルメの大会で優勝した「鳥もつ煮」など、多くの楽しみがあるところです。そんな甲府のおすすめしたいスポットやグルメなお店を厳選してご紹介します。

おすすめの定番・穴場スポット15選

1. 昇仙峡

山梨県屈指の景観を誇る「昇仙峡」は、仙娥滝や覚円峰、天鼓林などの名所や、オットセイ岩やラクダ岩などの奇岩など、大自然の美しさを堪能できる景勝地。また、最新のVRゴーグルを装着してドローンの空撮動画を眺める「ドローン・バードビュー」を楽しむこともできます。

名所を眺めるデートや、一人もくもくとトレッキング、というのも楽しいですが、車を使えば昇仙峡の奥の「金桜神社」や、ダイナミックな景観の板敷渓谷「大滝」へ向かうことができます。駐車場から歩いて行くので、トレッキングの装備程度は必要です。昇仙峡のランチは名物の「ほうとう」が食べられる「円右衛門」でどうぞ!

名称 昇仙峡
住所 山梨県甲府市高成町
サイト https://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/

2. 山梨県立科学館

「山梨県立科学館」のコンセプトは、「科学の不思議を見て、触れて、体験して、学ぶ」。このコンセブト通り、天体観測や直径20メートルのドームシアターで宇宙についてのアニメや生き物についてのビデオ、天体ショーの鑑賞、化学実験や工作教室と、体験できるものが多くあります。大人も子供も一緒に体験して楽しめます。

赤ちゃんや小さな子供用の「あそびの部屋」では靴を脱いで遊ぶことができ、授乳室や幼児用トイレも備えられているので、どの年齢の子供と一緒でも楽しめます。甲府盆地が一望できる展望テラスなどでお弁当を食べることもできますが、軽食ができるレストランがあり、手ぶらで行っても一日滞在できますので、ご家族でのお出かけにおすすめです。

名称 山梨県立科学館
住所 山梨県甲府市愛宕町358-1
営業時間 9:30~17:00
定休日 月曜
サイト https://www.kagakukan.pref.yamanashi.jp/

3. 専心庵

いろいろなグルメサイトで高い評価を得ている「専心庵」は、十割粗挽き限定・十割生子(きこ)蕎麦・十割ダッタン蕎麦・十割玄生粉(くろきこ)蕎麦の食べ比べと、超濃厚な蕎麦湯が有名です。
なかでも十割粗挽き蕎麦は、他ではあまりみかけない噛み応えのある薫り高い蕎麦。せっかくの機会なのでぜひ味わってみて下さい。

白州の名水を使って打つこだわりの蕎麦以外に、「そば豆腐」や「鴨ロース」などが人気。熱々の濃厚な「蕎麦湯」は、ツユと薬味のネギでお好みの濃さに調整してください。また、専心庵手作りの器も魅力です。「ほうとう」の印象が強い甲府で、某サイト全国トップ5000に入った実力をどうぞお楽しみ下さい。

名称 専心庵
住所 山梨県甲府市髙畑1-13-18
営業時間 11:30~14:00
定休日 火・水
サイト https://tabelog.com/yamanashi/A1901/A190101/19000330/

4. 昇仙峡影絵の森美術館

昇仙峡近くにある「昇仙峡影絵の森美術館」は、「世界的影絵の巨匠」と呼ばれる藤城清治氏が設計・監修した世界初の影絵美術館。展示室は、自然の光が入らない地下に作られています。真っ暗な室内に柔らかな光で幻想的な影絵が浮かび上がります。水と鏡を使った作品は、影絵のイメージが変わる美しさで特におすすめです。

View this post on Instagram

@annlluuがシェアした投稿

第1展示室を抜けると、第2展示室には山下清や竹久夢二の作品が40点以上展示してあり、趣の違う絵画の鑑賞ができるようになっています。1年の長期で特別企画展を開催していて、1度の入場で常設展と企画展が鑑賞できます。
また、こちらのお土産店では、作品のグッズとともに信玄餅や蜂蜜も購入できるのでおすすめ。

名称 昇仙峡影絵の森美術館
住所 山梨県甲府市高成町1035-2
営業時間 4月~11月 9:00~17:30 /12月~3月 9:00~16:30
サイト https://www.kageenomori.jp/

5. うどん屋 源さん

「うどん屋源さん」では、甲府のご当地麺「甲府吉田うどん」が食べられます。甲府吉田うどんは、非常にコシが強くて硬めの太目の麺で、富士吉田の「吉田うどん」よりもより太い麺です。比較的リーズナブルな価格で販売されているうえ、ボリューミーなので特に男性に人気があります。

うどんは、「かけうどん」と「つけうどん」があり、かけうどんでは「みそ味」と「特濃にぼし味」が選べます。
また、こちらではラーメンもとても美味しいと人気で、うどんではなくラーメン目当てに来る人もいるくらいです。チャーシュー丼や、うどんで皮を作った餃子などもありますので、ぜひ一度お試しください!

名称 うどん屋 源さん
住所 山梨県甲府市上石田4-5-3
営業時間 11:30〜14:00
定休日 月曜
サイト http://udonya-gensan.jp/

6. 和田峠のみはらし広場

昇仙峡の景観を楽しんだ帰りにもう一か所、おすすめの場所があります。「和田峠のみはらし広場」です。広々とした空間で見晴らしが良く、甲府盆地を一望することができます。冬の天気が良い日には富士山も見える展望で、「健康の森展望台」とともに、「関東の富士見百景」に認定されていることでも知られています。

昼間の見晴らしもすばらしいのですが、夜景のスポットとしても有名。甲府盆地全体がきらめいて見える風景はデートにぴったりです。駐車場に車を止めて、車中からゆっくりと眺めることができますよ。
昼間も夜間もインスタ映えする写真が撮れるので、写真好きな方にもおすすめです。

名称 和田峠のみはらし広場
住所 山梨県甲府市和田町
サイト https://www.city.kofu.yamanashi.jp/welcome/yake/wadatouge.html

7. 甲斐善光寺

「善光寺」といえば「牛にひかれて善光寺まいり」の長野市のお寺が有名ですが、あちらは無宗派の単立寺院。「甲斐善光寺」は、浄土宗の寺院です。長野市の善光寺と区別するため、甲斐善光寺や甲府善光寺、甲州善光寺と呼ばれています。
秘仏であり重要文化財である「銅造阿弥陀三尊像」は7年に一度、ご開帳が行われます。

入り口にある朱塗りの山門は非常に大きく立派で、印象的です。有料の金堂中陣天井に描かれた2頭の龍付近の指定された位置で柏手を打つと、多重反響の共鳴によって鳴き龍現象が起きて変わった音色を聴くことができますので、ぜひ訪れて試してみて下さい。

名称 甲斐善光寺
住所 山梨県甲府市善光寺3-36-1
営業時間 8:00~16:30
サイト http://www.kai-zenkoji.or.jp/

8. 山梨県立美術館

「芸術の森公園」の中にある「山梨県立美術館」は、ジャン=フランソワ・ミレーを始めバルビゾン派の作品を多く所蔵することで有名で、「ミレーの美術館」とも呼ばれています。西洋美術や日本近代美術、野外彫刻なども含めて1万点を超える収蔵品があり、全国から来館者が訪れていています。

常設の「コレクション展」では、多くの収蔵品を観覧できるよう年に4回、展示の入れ替えを行っています。富士山を眺めながら広い庭を散策することもできますよ。ミュージアムショップは観覧チケットがない人も利用でき、レストランではランチやカフェが楽しめます。バスの便が少ないので車で行くのがおすすめです。

名称 山梨県立美術館
住所 山梨県甲府市貢川1-4-27
営業時間 9:00~17:00 
休館日 月曜
サイト http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/

9. 奥藤本店

甲府を代表するご当地グルメの一つ「甲府鳥もつ煮」は、1950年頃にここ「奥藤本店」で誕生しました。砂糖醤油の甘辛いタレを、モツに強火で手早く絡めて作る「甲府もつ煮」は絶品!これを食べにわざわざ来る人もいるほどです。このお店が蕎麦屋だったため、甲府の蕎麦屋でもつ煮を出すことが広まりました。

地元の人が、初めて「甲府鳥もつ煮」を食べるならここ!と推薦する「奥藤本店」の味は、他の店とは違う格別の味わいです。また、「甲州流かつ丼」というソースカツ丼、甲州のもう一つのグルメ「馬刺し」、なども提供していています。また、夜は蕎麦やもつ煮、揚げ物や刺身などが入ったコースとしても楽しめます。元祖の味をぜひどうぞ。

名称 奥藤本店
住所 山梨県甲府市国母7-5-12
営業時間 11:30~14:30(土日祝は11:00から) 17:00~20:30(L.O.20:15)
サイト http://okutou.com/

10. 山梨県地場産業センター

「かいてらす」の愛称で親しまれている「山梨県地場産業センター」内の地場産業ショップは、匠・光・蔵・味の4つのコーナーで山梨県の代表的な工芸品、名産品などを販売しています。研磨宝飾品・甲州印伝・ワイン・ほうとうなどのメジャーなものから、煮貝・甲州雨畑硯・市川和紙など知る人ぞ知るものが並んでいます。

お土産にするお菓子などの種類も多いので、ここだけですべて揃います。宝飾品は手ごろな物から高額なものまであり、ワインにいたっては山梨県内のすべてのワイナリーのものを揃えているという品揃えなので、宝飾品やワインを目当てに甲府に来た方には外せない施設です。少し交通が不便ですので車の利用をおすすめします。

名称 山梨県地場産業センター
住所 山梨県甲府市東光寺3-13-25
営業時間 9:00~17:00
休館日 第4火曜
サイト http://www.kaiterasu.jp/

11. 石とガラスの博物館(クリスタル・ミュージアム)

宝石の原石やガラス、天然石に興味がある方におすすめなのが「石とガラスの博物館」。ふだん見る機会がない原石を間近に見ることができ、その原石を使って作ったアクセサリーやアート作品も一緒に展示してあるので、原石が磨かれるとどんな形になるのかが解ってちょっとした勉強にもなることでしょう。

水晶の発掘地として有名な甲府だけに、水晶も多く飾ってあります。体験コーナーでは、原石を使ってオリジナルの天然石アクセサリーを作ったり、ガラス細工をはめ込んだキャンドルを作ったりすることもできます。
旅の思い出にアクセサリーを作ってみるのはいかがでしょうか。

名称 石とガラスの博物館(クリスタル・ミュージアム)
住所 山梨県甲府市貢川1-1-7
営業時間 9:30~17:30
サイト http://www.tanzawa-net.co.jp/shop/11.html

12. 印傳博物館(いんでんはくぶつかん)

甲府市で、海外から来日した外国人の方を連れて行くなら「印傳博物館」がおすすめ。印傳とは、羊や鹿のなめし皮のことで「甲州印傳」は、この鹿革に色のついた漆で模様をつけているものです。巾着やハンドバッグ、財布などを作ることができ、その見た目よりも摩擦に強くて色あせることがないのが特徴的。

「印傳博物館」では、印傳の古典資料や制作に使用する道具の展示を行っていて、年に4回、テーマを決めて展示を入れ替えています。手頃な入場料で見ることができ、ショップに併設のため、観覧の後にショッピングを楽しむこともできるので、外国人の方にもぴったりではないでしょうか。

名称 印傳博物館(いんでんはくぶつかん)
住所 山梨県甲府市中央3-11-15 印傳屋本店2階
営業時間 10:00~17:00
サイト https://www.inden-museum.jp/

13. 甲府市役所展望室

「甲府市役所」は街の中央部に位置し、非常に開放的な構造の建物内にあります。1階にはコンピニエンスストアや、壁面のガラスには「武田信玄公のモザイクアート」もあって、気軽に入りやすい雰囲気です。10階建ての高さで見晴らしが良く、誰でも入れる「展望ロビー」が開放されています。

10階には議場や会議室などがあり、その周辺の回廊部分が展望ロビー。窓ガラスには、そこから見える山々の名称を表示してあるので自分が何を眺めているのかよくわかって便利です。また、21:30まで開いていて、ベンチの設置もあり、甲府市内の夜景をゆっくり楽しむこともできるので、デートにもおすすめです。

名称 甲府市役所展望室
住所 山梨県甲府市丸の内1-18-1 甲府市役所
営業時間 8:30~21:30
サイト https://www.city.kofu.yamanashi.jp/kanzai/shise/gaiyo/chosha/tenbo.html

14. すきまのじかんL’heure vide

ガレットの有名店出身のシェフが開いた「すきまのじかんL’heure vide」は、一度行くと内緒にしておきたくなる穴場のお店。ガレットやクレープの種類が多く、子供用のメニューもあって、カリっとした香ばしい部分ともっちりした部分のバランスが絶妙です。具を包み込むタイプと上乗せのタイプが選べます。

ガレットに使われているベーコンは、ドイツで修行したマイスターが、添加物をほぼ使わない製法で作っています。キノコや鴨、トマト、タケノコなどの具の種類が多いのも特徴です。
また、ガレット以外の1品料理もあるので自分好みの内容を組み立てられますよ。ガレットと相性の良いシードルも一緒にどうぞ!

名称 すきまのじかんL’heure vide
住所 山梨県甲府市丸の内1-14-14 オリオン共同ビル106
営業時間 11:30~20:00(L.O.19:00)
定休日 月曜
サイト http://r.goope.jp/sukimanojikan/

15. 酒折宮(さかおりみや)

日本武尊が東征の際に御座所として設けられたことが起源とされる「酒折宮」は、古い歴史がある古刹。しっとりとした社殿は飾り気がなく、静かなたたずまいで「酒折宮」を目指していかないと、見過ごしてしまいそうな立地。しかし、「酒折宮」は御朱印にも書かれるように、連歌発祥の地として知る人ぞ知る神社なのです。

日本武尊が訪れた際に、「酒折宮にくるまで幾夜寝たかな」とお供に詠み、お供が返歌できないなか、焚火番の老人が「数えると9泊10日でした」と返し、日本武尊が大いにほめたことから「連歌」が生まれたと言われています。
境内のあちこちに歌人の歌碑や句碑が建っているので、文化的な興味がある方におすすめです。

名称 酒折宮(さかおりみや)
住所 山梨県甲府市酒折3-1-13
営業時間 24時間
※御祈祷受付 9:00~17:00
サイト http://sakaorinomiya.jp/s/top.html

買い物をするならここ!ショッピングスポット5選

1. 丸十パン店

「丸十パン店」のレモンパンがおすすめ。1921年創業で、山梨県を代表する老舗パン店のひとつ。ドライイーストの前進である玄平種を考案したパン店です。店内には、主力の菓子パンや総菜パン、食事パン、サンドイッチ、焼き菓子などが並びます。

数あるパンの中でも、一番の人気はレモンパンです。上掛けのビスケット生地のほんのりとした甘さとサクッとした歯ごたえが絶妙。パンの間にマーガリンを挟んだり、広島県産のレモンクリームを挟んだりとアレンジされたレモンパンもあります。菓子パンの原点を丸十で味わってみませんか。

名称 丸十パン店
住所 山梨県甲府市丸の内2-28-6
営業時間 6:30~19:00
サイト http://www.marujupan.co.jp/company/index.html

2. 清月

「清月」は、山梨県内に7店舗ある老舗の菓子店です。和菓子、洋菓子ともにおすすめです。一番の人気は、モンドセレクションを受賞したロールケーキ(プレーン)です。しっとりとした生地の中にフレッシュな口どけの良いクリームがたっぷり詰まっています。

清月のロールケーキには、味のバリエーションがあります。プレーン、チョコレートの他に、マロンや桃も人気。山梨産の大粒のピオーネがサンドされたレーズンサンドも有名です。素材にこだわり、手作りの製法を取り、大量生産できない貴重なお菓子を味わってみてはいかがでしょうか。

名称 清月 貢川店
住所 山梨県甲府市貢川本町9−33
営業時間 9:00~19:00
サイト http://www.saygets.co.jp/

3. 風土記の丘

「風土記の丘」では、甲府市周辺で取れた新鮮な農作物が手に入ります。もろこし、桃、スモモ、梨など、出荷契約を結んでいる生産者から直接仕入れているので、農作物は新鮮そのもの。甲府のお土産に立ち寄ってはいかがでしょうか。

風土記の丘にあるファームキッチン味菜では、甲府周辺のグルメを味わえます。食材を提供するのは、契約された農家など。おすすめは、甲府ならではの「ほうとう」や「もろこし味噌まんじゅう」です。甲府の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

名称 風土記の丘
住所 山梨県甲府市下曽根町1070-3
営業時間 9:00~18:00
サイト http://fudoki-nakamichi.com/

4. 印傳屋

甲府の伝統工芸である印傳(いんでん)は、浮き出た模様が素敵です。印傳とは、漆と鹿革で作られた甲州の伝統工芸品。使い込むほどにツヤが出て肌になじみます。「印傳屋」で、お気に入りの品を見つけてみてはいかがでしょうか。

1582年創業の印傳屋の本店では、甲州印伝の伝統工芸品を手に取り購入することができます。博物館も併設されていますので、印傳について詳しく知ることもできるのです。1500点の印傳・鹿革工芸・漆工芸品を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

名称 印傳屋
住所 山梨県甲府市中央3-11-15
営業時間 10:00~18:00
サイト https://www.inden-ya.co.jp/shops/honten/

5. 澤田屋 本店

「澤田屋本店」では、くろ玉が有名。丸いあんこ玉に黒糖の羊羹をかけたものです。1924年から続いているロングセラー商品です。昔からの伝統的な製法を継承しているツヤのあるくろ玉を味わってみてはいかがでしょうか。

澤田屋本店では、こだわりのあるお菓子を購入できます。お菓子作りは手作りを続けて、安心して使用できる原材料の調達に努めています。また、お菓子作りを教えてくれるイベントも月に一度開催中。甲府への旅行のついでに訪ねてみてはいかがでしょうか。

名称 澤田屋 本店
住所 山梨県甲府市中央4-3-24
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.kurodama.co.jp/?mode=f25

子供連れにおすすめのスポット5選

1. 山梨県笛吹川フルーツ公園

「山梨県笛吹川フルーツ公園」では、女子会におすすめです。レストランやカフェで旬のフルーツを使用した食事を頂いたり、フルーツのソフトクリームを食べたり、フルーツの魅力が随所に感じられる施設です。ホテルも併設しているので、ゆったりと過ごすことができますね。

山梨県笛吹川フルーツ公園は、カップルにおすすめです。新日本3大夜景のひとつであり、恋人の聖地と呼ばれています。毎日21時まで温室ドームがライトアップされ、甲府盆地一帯の夜景も望めますよ。カップルのデートで訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 山梨県笛吹川フルーツ公園
住所 山梨県山梨市江曽原1488
営業時間 9:00~17:00
サイト

2. マウントピア黒平

「マウントピア黒平」の滞在は穴場的。ゆったりとした雰囲気の中でアウトドア滞在をしたい方におすすめです。コテージは全部で10棟。バーベキューができる設備もあります。コテージ利用者限定で、管理棟にあるお風呂が使用可能です。

マウントピア黒平のグルメは、手作りのピザがおすすめ。手作りの窯で焼き上げたピザは、香ばしくて美味しいですよ。手打ちそばや甲府ならではの「ほうとう」も味わえます。沢沿いには、1,700mほどの遊歩道があり、探索するのもおすすめです。

名称 マウントピア黒平
住所 山梨県甲府市黒平町623−1
サイト http://kurobera.blog0.jp/

3. 山梨県立 愛宕山こどもの国

画像素材|PIXTA

「山梨県立 愛宕山こどもの国」は、子供がゆったりと遊べる施設。園内での楽しみは、自由広場や水遊び場でしょう。自由広場では、大型遊具の他に縄跳び、けん玉、コマ、竹馬で遊べます。入園料等も無料ですので、気兼ねなく遊べますよ。

画像素材|PIXTA

夏は、水遊びがおすすめ。小学2年生以下の利用に限られますが、ライオン池での水遊びが楽しめます。幼児用のパワーパドラーという幼児用の手漕ぎボートも人気。研修施設での宿泊体験もでき、キャンプファイヤーやナイトウォークなどの夜間のイベントも楽しめます。

名称 山梨県立 愛宕山こどもの国
住所 山梨県甲府市愛宕町358-1
営業時間 9:00~17:00
9:00~18:00(7.8月)
サイト http://atagoyama.yya.or.jp/

4. さかな公園

忍野村にある「さかな公園」は、子供が楽しめる公園。公園内の淡水魚専門の水族館や足を浸けて遊べるじゃぶじゃぶ池は、富士山の湧き水を利用しています。足を浸けると、熱い時期にはひんやりと気持ちいいですよ。また、無料で遊べるのも魅力ですね。

さかな公園にある「富士湧き水の里水族館」は、淡水魚専門の水族館です。イトウやニジマスなどの淡水魚が、渓流で暮らす様子を再現しています。日曜日には、淡水魚への餌やりイベントや工作教室が実施されます。子供が体験するのにちょうど良い施設です。

名称 さかな公園
住所 山梨県南都留郡忍野村忍草3098-1
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.vill.oshino.yamanashi.jp/docs/2013032200032/

5. 能泉湖

「能泉湖」は、荒川のダム湖です。周辺には、御岳昇仙峡水源の森という森林が美しく広がっています。水源の森百選に認定され、散策する多くの人を和ませています。付近には、山梨県屈指の渓谷である昇仙峡がありますので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

能泉湖を眺めながらピクニックがおすすめ。荒川ダム湖である能泉湖の景色を楽しめるスポットは、多目的広場、記念館前広場、取水塔が良く見える取水塔前広場の3か所。いずれも湖と森林のコントラストが美しいですよ。

名称 能泉湖
住所 甲府市川窪町
サイト https://www.yamanashi-kankou.jp/viewpoint/pub/pvp047.html

厳選!甲府で食べたいグルメ5選

1. 土方洋蘭イチゴ園 いちごカフェ

いちごのかき氷を食べるなら「いちごカフェ」。土方洋蘭園が営む、いちごのかき氷はいちご好きにはたまりません。自社農園で収穫して、凍らせたいちごを1パックしているので、いちごの味が堪能できます。上からかけたいちごシロップがほどよく美味しさを引き立たせています。

いちごカフェは、農園の横にあるオープン形式のカフェ。桃や柿を丸ごと凍らせて、かき氷を作っています。桃は丸ごと一個分使用したダイナミックなかき氷です。他にも、いちごの旬の時期には、自社栽培されたいちごをふんだんに使用したいちごパフェも大人気です。

名称 土方洋蘭イチゴ園 いちごカフェ
住所 山梨県甲府市上町591
営業時間 11:00~16:00 木曜定休
サイト https://hijikata.co/

2. きなこ亭

「きなこ亭」で、きな粉を楽しめるカフェです。ここは、信玄餅で有名な桔梗屋が運営しています。カフェでは、黒蜜ときな粉にこだわりのある和菓子や洋菓子が人気。桔梗信玄ソフトクリームなどの人気メニューを味わってみませんか。

引き立てで薫り高いきな粉は3種類。きな粉、黒大豆きな粉、青大豆きな粉から選んでスイーツに振りかけることができます。黒蜜は、紅茶やソフトクリームに好きなだけかけられるサービスあり。桔梗屋信玄餅に付属されている黒蜜が振舞われています。きなこ亭でご当地スイーツを味わいませんか。

名称 きなこ亭
住所 山梨県甲府市丸の内1-1-25 甲州夢小路内
営業時間 10:00~18:00
サイト http://koshuyumekouji.com/shop/build_D2_01.html

3. 奥村本店

歴史を感じるご当地グルメ。「奥村本店」は、およそ360年前からの歴史がある、こだわりの蕎麦店です。外一そばが食べられます。これは、そば粉10とつなぎの小麦粉1で打つそばのこと。茹で上げられた蕎麦は、冷水で締めてから提供されます。

奥村本店は、歴史を感じる蕎麦店。甲府で最も古い蕎麦店だと言われています。昔ながらの雰囲気や純和風の造りが外国人にもおすすめです。テーブル席の他に、お座敷や個室もあり、落ち着ける雰囲気を醸し出しています。伝統的なそば店で、歴史に思いを馳せながら蕎麦を味わってみてはいかがでしょうか。

名称 奥村本店
住所 山梨県甲府市中央4-8-16
営業時間 11:30~21:00・20:00(日曜・祝日) 水曜定休
サイト http://www.okumura-honten.jp/

4. 円右衛門

画像素材|PIXTA

「円右衛門」では、流しそうめんが食べられます。昇仙峡をイメージした和風庭園の中で味わう料理が魅力。流しそうめんには、竹筒で流すタイプのものと丸い石のテーブルで周るタイプのものが選べます。昔ながらのスタイルでそうめんを楽しく食べていませんか。

地場野菜を美味しく料理しています。季節の野菜の天ぷらが人気。そして、自家製のキムチにもこだわりがあります。秘伝のタレと昇仙峡の水を使用した国産野菜と長い物キムチも評判。円右衛門で、流しそうめんを食べながら、野菜のてんぷらやキムチを食べてみてはいかがでしょうか。

名称 円右衛門
住所 山梨県甲府市猪狩町423
営業時間 10:30~17:00 L.O.16:30
サイト https://so-men.com/

5. ポモドーロ

「ポモドーロ」は、甲府で人気のパスタ店。全24席の落ち着いた空間でパスタなどを楽しむことができます。パスタメニューは全50種で、生パスタの食感とソースのハーモニーが人気のお店です。平日のランチコースが人気ですので、ランチタイムを過ごしてみませんか。

人気のパスタメニューは、ニューカレドニア産のエビを使用したパスタ。トマトクリームソースとの相性の良さが自慢。パスタ以外にもピザやサラダなどのサイドメニューも充実しています。また、カフェメニューも日替わりのスイーツも一緒にいかがでしょうか。

名称 ポモドーロ
住所 山梨県甲府市国母1-17-27
営業時間 11:30~15:00 L.O.14:30
18:00~21:30 L.O.21:00
サイト http://pasta-pomodoro.blogspot.com/

甲府駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 小作 甲府駅前店

ご当地名物の「ほうとう」や冷やしほうとうの「おざら」の種類が多いことで有名な「小作」は、B級グルメ金賞をとった山梨名物「鳥もつ煮」や、御当地グルメの「馬刺し」も食べられるお店です。品数の多さは居酒屋やファミリーレストラン並みで、ランチとディナーの区切りがないので、混雑時以外はゆっくり楽しめます。

人気の「ほうとう」は、麺自体も太いうえにカボチャや里芋、ジャガイモが入っているので、お腹いっぱいになる程のボリューム。ほうとうは、とても熱い状態で出されますので、熱い物が苦手な方には「おざら」がおすすめですよ。

名称 小作甲府駅前店
住所 山梨県甲府市丸の内1-7-2
営業時間 月~土11:00~22:00(L.O.21:10)
日11:00~21:00(L.O.20:30) 
※連休の場合は最終日が21:00閉店
サイト http://www.kosaku.co.jp/tenpo-kofuekimae.html

2. 山梨ジュエリーミュージアム

入館料無料で楽しめる「山梨ジュエリーミュージアム」は、小規模ながら充実した展示内容で人気があります。おもに山梨県特産の水晶について紹介していて、研磨職人についてのビデオが上映されています。「実演工房」では宝石の研磨や水晶美術彫刻、貴金属加工の実演を見ることができます。

「体験工房」では、土日祝日に製作体験ができます。カットされた宝石を磨く研磨体験、石留めリングやペンダントの制作体験などが可能ですので、自分だけのオリジナルを作ってみませんか?なお、展示入れ替えによる休館は、6月と10月に10日間ほどあるので、休館日を確認してから出かけられることをおすすめします。

名称 山梨ジュエリーミュージアム
住所 山梨県甲府市丸の内1-6-1 山梨県防災新館1階やまなしプラザ内
営業時間 10:00~17:30 
定休日 火曜
サイト https://www.pref.yamanashi.jp/yjm/about/index.html

3. 甲州夢小路

「甲州夢小路」は、明治から昭和初期の町並みを再現しているスポット。石畳が敷かれた路地には店舗が並び、現物に忠実に再現された「時の鐘」はボタンを押すと鳴る仕組みになっています。昔の様式で建てた店舗のほかに、古民家を移築した店舗もあって、大正ロマンや明治モダン、昭和レトロの雰囲気が楽しめます。

店舗の数はカフェやレストランのほか、スポーツウェアやギャラリー、ワイン、天然石とアクセサリー、お土産店など10店舗ほどあり、丁寧に観て回ると半日くらいはすぐに時間がたってしまいます。甲府名物の「信玄餅」をソフトクリームにトッピングしたデザートが食べられるお店もありますので、おひとついかがですか。

名称 甲州夢小路
住所 山梨県甲府市丸の内1-1-25
営業時間 9:00~18:00
サイト http://koshuyumekouji.com/

4. ワイナリー・サドヤ

甲府は明治初期からワインの醸造を始めた、日本のワイン発祥の地です。1917年にワイン製造を始めた南ヨーロッパ風の外観の「ワイナリー・サドヤ」は、「シャトーブリヤン」や甲州種のみで作った白ワイン「オリウェ甲州シュール・リー」などを生産しています。すっきりとした口当たりは和食にもよく合うと評判です。

地下にある約700坪のワインセラーでは、見学ツアーを行っています。展示室では貯蔵用のタンクの内部や樽の貯蔵庫、ブドウ栽培やワイン作りについての展示を見ることができます。
ツアーの後には、ショップでワインの購入もできますよ。また、レストランでランチやディナーが楽しめますのでワインと一緒にいかがでしょうか。

名称 ワイナリー・サドヤ
住所 山梨県甲府市北口3-3-24
営業時間 10:00~18:00
サイト http://www.sadoya.co.jp/

5. 山梨県庁舎別館

1930年に建てられた「山梨県庁舎別館」は、県庁敷地内の真ん中にあります。漆喰壁に大理石張りの階段、車寄せ柱や外壁腰部には塩山産の花崗岩、その上部は愛知県産の特殊タイルを貼り付けるという凝った造りの重厚な建築物です。内部は職員が仕事をしていますが、断りを入れる必要はなく入場無料で観覧できます。

2階は無料で入場できる「山梨近代人物棺」。山梨県の発展に尽力してきた、「塔博士」と呼ばれた内藤多仲、「甲州財閥」の「雨宮敬次郎」、樋口一葉など50人の人物を紹介しています。展示室の再現した「笹子トンネル」で歴史映像の鑑賞でき、子供が楽しめる展示などもある充実ぶり。ご家族一緒にいかがですか。

名称 山梨県庁舎別館
住所 山梨県甲府市丸の内1-6-1 山梨県庁舎別館
営業時間 9:00~17:00
休館 第2・4火曜
サイト https://www.city.kofu.yamanashi.jp/senior/bunkazai/034.html

甲府はいろいろな楽しみ方ができます!

甲府の楽しみ方はいろいろです。地元の方が激賞するB級グルメを味わって、明治から昭和の町並みを散策し、美術館巡りを楽しむ、という過ごしかたもできますし、アクティブにトレッキングに挑戦したり、ワインの飲み比べをしてみたり、と多くの遊び方ができます。自分にぴったりのコースを探してみて下さい。きっと思い出深い休日が過ごせますよ!

【関連記事はこちら】
▷山梨で一度は訪れたい!おすすめの観光スポット30選!
▷女性が喜ぶこだわりがあるお宿10選!女子旅にもカップル旅にもぴったり!

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事