最終更新日時 2019/05/07

茨城県が5年連続「魅力度全国最下位」にランキングされていますが、実際はどうなの?と思った方もいるのではないでしょうか。実際は歴史、文化、自然、パワースポットや「海」もあり、多くの観光地があります。今回は茨城県のエリアごとにおすすめスポットを紹介します。

水戸エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 水戸偕楽園

「水戸偕楽園」は、日本三大庭園や総面積世界第2位都市公園など大きさや魅力がいっぱいの公園。もともとは水戸藩第9代藩主徳川斉昭が創設した公園で、千波湖・好文館、梅林など季節ごとに違った表情を見せるのが特徴です。

春は梅の花、桜の花、5月のつつじ、四季の原のネモフィラにコスモスなど偕楽園全体が花に包まれる光景が圧巻。お隣の常盤神社は徳川光圀と斉昭が祀られる由緒ある神社で、観梅時期に行われる祭事も見事で、屋台も出ているため市民には欠かせない場所です。

名称 水戸偕楽園
住所 茨城県水戸市見川1-1251
営業時間 偕楽園本園
2月20日~9月30日:6:00~19:00
10月1日~2月19日:7:00~18:00
偕楽園本園を除く区域0:00~24:00
サイト https://www.ibarakiguide.jp/kairakuen.html

2. 水戸芸術館

現代美術の企画展が目を引く「水戸芸術館」は高さ100mのシンボル塔が水戸のランドマーク!独自の楽団や劇団があり、水戸室内管弦楽団などの定期演奏会やパイプオルガンのエントラスホールコンサートがココロを潤してくれる芸術館です。

水戸芸術館広場では、休日になると野外イベントも多く、代表的なサマーナイトコンサートやあおぞらクラフトいち、茨城県警察音楽隊の金曜コンサートなどで盛り上がれます。また、水戸の成人式などにも使われています。

名称 水戸芸術館
住所 茨城県水戸市五軒町 1-6-8
営業時間 9:30~18:00
定休日 月曜日、年末年始
サイト https://www.arttowermito.or.jp/

3. 徳川ミュージアム

View this post on Instagram

@y_cpprcnがシェアした投稿

茨城県水戸市にある徳川家の史料をまとめてみることのできる「徳川ミュージアム」は、家康公の遺品を中心に江戸の貴重な収蔵品を見学することができます。水戸ゆかりの黄門様の印籠や慶喜公の貴重な品も展示されています。

特に、徳川家の秘蔵品の刀剣に関しては所蔵品が多く「刀剣プロジェクト」として文化を継承していく拠点です。徳川ミュージアムは、水戸で徳川家に伝わる刀剣を守り、保存して未来へと引き継いでいます。刀剣女子のメッカとしても話題です。

名称 徳川ミュージアム
住所 茨城県水戸市見川1-1215-1
営業時間 10:00~17:00
休館日 月曜日
サイト https://www.tokugawa.gr.jp/

4. 水戸八景

徳川斉彬公が水戸藩内の素晴らしい景色を厳選した「水戸八景」は、偕楽園南崖の「僊湖の暮雪(せんこのぼせつ)」を代表に、「青柳の夜雨 (あおやぎのやう)」、水戸市青柳町(那珂川畔)など茨城県に8つあります。

八景をぐるっとめぐると約80kmもありますが、当時の健脚自慢の人が1日で8か所回ったという話もあります。ますますに八景を巡ることに興味が湧いてきますね。水戸の大太郎坊(だいだらぼう)は、新八景として1996年に市民投票で選ばれました。

名称 水戸八景
サイト http://www.mitokoumon.com/sightseeing/list_8kei.html

5. ロマンチックゾーン(保和苑と周辺史跡案内)

水戸市内、水戸八幡宮から万葉集ゆかりの湧き水・曝井(さらしい)までの史跡一帯を「ロマンチックゾーン」と呼んでいます。旅好きな人の間では、普通の観光地からひとつ先を行く、水戸の史跡・歴史を巡るのがひそかなブームですよ。

国指定文化財の水戸八幡宮や愛宕山古墳、常磐共有墓地など水戸に来たら訪れてほしい場所がたくさんありますね。特に回天神社は徳川幕府が終焉を迎える時代、安政の大獄や桜田門外の変で殉職した、歴史とともに生きた水戸藩士たちの聖域です。

名称 ロマンチックゾーン(保和苑と周辺史跡案内)
サイト https://www.city.mito.lg.jp/000271/000273/000288/000363/001885/p001263.html

つくば・土浦エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 筑波山

茨城県の名峰、「筑波山」は西の富士、東の筑波と言わしめるほどで男体山と女体山の2つの山頂があります。この2つの山の御神体は日本神話の夫婦神「イザナギノミコト」と「イザナミノミコト」で筑波山は恋愛成就のパワースポットとして崇められています。

ケーブルカーやロープウェイで山頂まではトレッキングすることもでき、その頂上付近から見る関東平野の眺望は圧巻です。女体山山頂の「筑波山神社」は、縁結びの神様のほか商売繁盛、出世の神さまなどがいて様々な願いが叶う場所としても有名です。

名称 筑波山
住所 茨城県つくば市筑波
サイト http://www.mt-tsukuba.com/

2. ワープステーション江戸

江戸の街並みを再現した「ワープステーション江戸」は、時代劇のワンシーン毎に撮影のできるオープンセットです。柳がしげる船着き場や商家・長屋、下町風景などのセットは、ドラマ・映画で見ている光景そのものです。

NHK大河ドラマなどのロケで使われていたり、コスプレの撮影場所としても人気だったりと茨城の話題の観光スポットです。場内で撮影のロケをしている場合などは一部規制などありますが、見学は可能です。

名称 ワープステーション江戸
住所 茨城県つくばみらい市南太田1176
営業時間 9:30~16:00
定休日 月曜日
サイト https://www.warpstationedo.com/

3. JAXA筑波宇宙センター

宇宙航空研究開発機構「JAXA筑波宇宙センター」は、筑波研究学園都市の一画にあり宇宙航空開発施設をガイド付きで見学できるコースがとても人気です。イベントも豊富で「ロケット打ち上げ音響体験」「宇宙飛行士訓練体験」などができます。要予約なので注意が必要です。

2018年6月「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに到着したこと、同年10月「いぶき2号」の打ち上げなどのニュースにワクワクした人も多かったと思います。筑波宇宙センターでは最新の地球観測衛星に関する情報が発信されていますので、要チェックです。

名称 JAXA筑波宇宙センター
住所 茨城県つくば市千現2-1-1
営業時間 展示館「スペースドーム」9:30~17:00
プラネットキューブ(企画展示・ミュージアムショップ)10:00 ~ 17:00
休館日
不定休、年末年始(12/29 ~ 1/3)、施設点検日等
サイト http://fanfun.jaxa.jp/visit/tsukuba/

4. 茨城県フラワーパーク

茨城県石岡市にある「茨城県フラワーパーク」は、約30ヘクタールの面積があり、バラ800品種3万株・ボタン2,700株、大温室に1500株などさまざまな植物を見ることができます。特に4月は花が一斉に咲くため、バラまつりやフラワーフェスティバルなどでにぎわっています。

春の桜、ボタン、つつじ、あじさい、ヤマユリ、ダリア、そして冬のクリスマスローズ&イルミネーションなど1年を通してみどころいっぱい!ロマンチックすぎて今では「恋人の聖地」として認定されています。ハート形の記念のモニュメントで思い出を作ってみては?

名称 茨城県フラワーパーク
住所 茨城県石岡市下青柳200番地
営業時間 9:00~17:00(2月~11月)
9:00~16:00(12月~1月)
※4月13日~6月23日の土日祝は8:30~18:00
サイト http://www.flowerpark.or.jp/

5. カガミクリスタル

茨城県龍ケ崎市にある「カガミクリスタル」は、日本の皇室が認めた最高級のクリスタルガラスの工場。世界各国の王室・大統領を日本にお迎えした際に使用されている、宮内庁御用品のグラスがここで生産されています。大使館や領事館にもフルセットで配置されているそうです。

最高級クリスタルガラスのカガミクリスタルには、グラス作家やグラヴィール職人・成形職人など専門の職人がいます。絶対に真似できない、丁寧で芸術性の高いきめ細かな唯一無二のグラスが購入できるショップも併設されています。

名称 カガミクリスタル
住所 茨城県龍ケ崎市向陽台4丁目5番地
営業時間 月~土 9:00~17:00
休業日 日曜日・祝日・夏季・年末年始    
サイト http://www.kagami.jp/index.html

鹿嶋エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 鹿島神宮

常陸國一之宮 「鹿島神宮」は、日本の建国の地神武天皇元年創建と言われている由緒ある神社で、伊勢神宮、香取神宮と肩を並べる「武」の神様です。年間90を超える祭儀はその最たるもので、他の神宮では見られない独特の祭事もあります。

天皇陛下の勅使をお迎えして厳粛に行われる「御船祭」は、陸路と海(水)路合わせて30km弱を練り歩く祭事です。前回は2014年9月1日から3日には12年に一度の「御船祭」が執り行われました。次回は2026年です!

名称 鹿島神宮
住所 茨城県鹿嶋市宮中 2306-1
サイト http://kashimajingu.jp/

2. 鹿島港魚釣園

「鹿島港魚釣園」は、鹿嶋市の県営魚釣り公園施設です。人工的に作られた砂浜の工業港で魚を釣ることができます。のんびりファミリーで、というイメージもありますが、文塩と黒潮が交わる海とあって、多種多様な魚が釣れます。

黒鯛、アジ、アナゴなど子どもたちがチャレンジしても大きな魚が釣れることもあり、とにかく多くの人たちでにぎわいます。カップルやおひとりさまでも利用できる投げ釣りセット竿(600円)レンタルで1日中遊ぶことができますよ。

名称 鹿島港魚釣園
住所 茨城県鹿嶋市新浜地先
営業時間 5~10月 7:00~19:00
11~4月 8:00~17:00
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
サイト http://kashimakou-uotsurien.com/

3. 大野潮騒はまなす公園

「大野潮騒はまなす公園」は、広い大きな海が見渡せる展望台と星空プラネタリウムなどが楽しめる公園です。海の近くにある広い公園にはローラー滑り台(長さ154m)もあり子供も楽しめることでしょう!週末などには家族連れでにぎわいます。

半日から1日ずーっと公園内で自然を楽しめ、散策しながら時間を過ごしても気持ちが良い公園。天気の良い日はお弁当を持ってピクニックへでかけましょう。地元のみなさんの初日の出スポットとしても愛されています。

名称 大野潮騒はまなす公園
住所 鹿嶋市角折2096番地1
サイト http://city.kashima.ibaraki.jp/info/detail.php?no=1064

4. カシマサッカースタジアム

「カシマサッカースタジアム」といえば、Jリーグ「鹿島アントラーズ」の本拠地!シーズン中には熱い戦いが繰り広げられ、J1トップを目指して戦いが続きます。収容人数は4万人超えと埼玉スタジアム2002に次いで日本で2番目に大きいスタジアムです。

試合がある週末はスタジアム周辺が大変混雑するため、東京駅から出発のシャトルバスで向かうことをおすすめします。人気の対戦カードの場合は特に注意が必要です。生で見る現地観戦は、選手とサポーターの声援を身近に感じることができるので、迫力がありますよ。

名称 カシマサッカースタジアム
住所 茨城県鹿嶋市神向寺後山26-2
サイト http://www.so-net.ne.jp/antlers/kashima-stadium/

5. らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ

「茨城大好き芸人」などテレビでも茨城の観光スポットを推しているためか、「体験型農業施設 らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」は人気急上昇!山の小高い丘の上にある小学校の廃校にはたくさんの人が訪れます。

「やきいもミュージアム」では茨城の名産さつまいもを使った「やきいも」を授業形式で学べる展示室があります。さつまいも工場やレストラン・カフェ、お土産屋も集合していて楽しいやきいもの聖地と言えるでしょう。

名称 らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ
住所 茨城県行方市宇崎1561
営業時間 10:00~18:00
サイト https://www.namegata-fv.jp/

ひたちなかエリアでおすすめの観光スポット5選

1. 国営ひたち海浜公園

日本最大のロックフェス「ROCK IN JAPAN」が夏に開催されるのが、「国営ひたち海浜公園」。約200haの面積がある園内は、みはらしエリアや樹林エリア、プレジャーガーデンエリアなど四季折々の風景が楽しめる公園です。

特に有名なのは「ネモフィラの丘」!レモン色の菜の花のお隣に、薄紫と青のきれいなネモフィラのじゅうたんが広がり絶景が広がります。雑誌やSNSで人気のため大変混雑する日もありますが、春咲きGW頃に訪れる価値ありです。

名称 国営ひたち海浜公園
住所 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業時間 3月1日〜7月20日 9:30〜17:00
7月21日〜8月31日 9:30〜18:00
9月1日〜10月31日 9:30〜17:00
11月1日〜2月末日 9:30〜16:30
サイト https://hitachikaihin.jp/

2. 那珂湊おさかな市場

歩っているだけでも楽しい「那珂湊おさかな市場」は、大洗のちょっと先にある魚市場。大きいネタで人気の回転ずしや、新鮮な魚を使った食事処のおさかな定食などリーズナブルに、海鮮料理を楽しむことができます。

水産卸業者や魚卸業から直接購入できるため、那珂湊に揚がる旬の魚を新鮮なまま安価で購入できるのがうれしいですね!ひらめ、かつお、さんまなど刺身やBBQ用にたくさん購入してしまいますね。

名称 那珂湊おさかな市場
住所 茨城県ひたちなか市湊本町19-8
営業時間 土日祝日:全店営業。
年末12/28~31まで全店営業。
※物販店は5:00~
※一部の飲食店は6:00~
年始 1/1は一部の店舗が営業。1/2以降、全店営業。
GWお盆 全店営業
サイト http://www.nakaminato-osakanaichiba.jp/

3. アクアワールド・大洗

太平洋に面した茨城県大洗にある水族館「アクアワールド・大洗」。海側にイルカのショーが見られるオーシャンゾーンがあり、とても見晴らしがよい大型水族館です。マンボウやサメなど80種2万匹の魚たちが縦横無尽にのびのび泳ぐ水槽は、多くのファンを魅了しています。

北の海で暮らすエトピリカやゴマフアザラシの生態も間近で鑑賞することができ、大興奮できます。各フロア食事タイムがあることやスケールが大きい展示も特徴で、水族館マニアが、わざわざ茨城県の大洗を目指して訪れるほどです。

名称 アクアワールド・大洗
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252−3
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.aquaworld-oarai.com/

4. ひたちなか海浜鉄道

「ひたちなか海浜鉄道」は、ひたちなか市にある第3セクターのローカル鉄道で、市内10駅14.3㎞を結び、市民の足として毎日運航しています。田園風景の中をゆっくりコトコト走る姿は、ノスタルジックで心が和む風景です。

乗り鉄や撮り鉄の聖地としても有名ですが、関東でこの田舎感が堪能できるのは、千葉のいずみ鉄道や小湊鐵道などがあります。映画などのロケ地に那珂湊駅などが利用されている実績もあります。美しい自然を堪能してみてはいかがでしょうか。

名称 ひたちなか海浜鉄道
住所 茨城県ひたちなか市釈迦町22-2
サイト http://www.hitachinaka-rail.co.jp/

5. 那珂湊反射炉

茨城県指定史跡で、経済産業省認定近代化産業遺産 の「那珂湊反射炉」は、水戸藩の鉄製大砲鋳造所として建設されました。反射炉の外壁は耐火煉瓦でできていて、破損部分は当時の材料を用いながら複製保存されてきました。

水戸藩の鋳造事業は、近代製鉄史に大きな影響を与えてきましたが、操業は短期間だったとの史実があります。那珂川を見下ろす「吾妻台」にある那珂湊反射炉、江戸時代から明治の激動の時代を支えてきました。今もその当時の面影を感じることができます。

名称 那珂湊反射炉
住所 茨城県ひたちなか市 釈迦町3−21
サイト https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/id-0800000000134.html

魅力あふれる茨城県は観光&グルメの街

都道府県、魅力度ランキングが下位の茨城県ですが、多くの観光地がありましたね!見どころいっぱいで元気になれる場所ばかりです。茨城グルメもシーフードやスイーツなどまだまだたくさんありますので、次のお休みは茨城へ旅してみてはいかがでしょうか。

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事