最終更新日時 2019/05/13

日本で一番宇宙に近い街・つくば。科学技術の開発・研究のイメージが強いつくば。実は、自然豊かな絶景スポットから子供や大人も楽しめるアクティビティが充実した観光スポットが点在しています。名所がたくさんあるので、つくばを訪れる際は、ぜひお役立てください。

つくばでおすすめの定番スポット10選

1. 筑波山

日本百名山と日本百景にも選ばれている「筑波山」。西の富士、東の筑波と富士山と並び称される美しい山です。さらに、朝夕で山肌の色が違って見えることから、紫峰とも呼ばれています。日本百名山の中でも、標高が1,000mに満たないことから、気軽に登山を楽しめる山として人気。

筑波山の歴史は、新元号「令和」でも話題の万葉集にも登場するほど昔まで遡ります。また、江戸時代の浮世絵師・歌川広重にも愛された山として知られています。初心者でも登れる山なので、ぜひチャレンジして、山頂から見える絶景を堪能してください。

名称 筑波山
住所 茨城県つくば市筑波
営業時間 ケーブルカー8:00~18:40(1時間に3本、20分おき)
サイト http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=136

2. JAXA筑波宇宙センター

日本の宇宙開発研究の拠点となっているのが「JAXA筑波宇宙センター」。ロケットや人工衛星の開発や打ち上げ、宇宙ステーション「きぼう」の運用なども行っています。その中でも、無料で見学できる最新の情報を発信しているプラネットキューブは、かなりの人気。

さらに、未来の宇宙飛行士を目指すお子さんたちに人気なのが、宇宙飛行士を養成するエリアや「きぼう」の管制室などの、有料のガイド付きツアー。無料見学エリアと合わせて、じっくり見学してみてください。有料の見学ツアーは、事前に予約が必要なので注意が必要。

名称 JAXA筑波宇宙センター
住所 茨城県つくば市千現2-1-1
営業時間 9:30~17:00
サイト http://fanfun.jaxa.jp/visit/tsukuba/

3. 科学万博記念公園

1985年の科学万博の跡地に作られた公園が「科学万博記念公園」。公園のシンボルともいえる高さ10mの科学の門は、一見の価値あり。なぜなら、門に吊り下げられた小さな球体は、見る角度によって世界的に有名な科学者の顔が現れるアート作品になっているからです!

エジソン、ニュートン、ガリレオ・ガリレイ、アルキメデスの顔が隠れています。ぜひ、賢者の顔を探して、記念に一枚撮影してみてはいかがでしょうか。また、自然豊かな科学万博記念公園は、四季折々に表情を変えるので、春の桜から秋の紅葉まで見応え十分な絶景を楽しめます。

名称 科学万博記念公園
住所 茨城県つくば市御幸が丘6
営業時間 テニスコート:9:00~17:00(5月~8月は19:00まで)
サイト https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisetsu/kouensports/kouen/1002809.html

4. 洞峰(どうほう)公園

つくば市でも、広大な敷地を誇る公園といえば「洞峰(どうほう)公園」。緑豊かな自然環境が整えられた公園です。たくさんのアスレチックや遊具が敷地内の至る所に設置されているので、飽きることなく子供も大人も楽しめます。また、体を動かすことが好きな方には、温水プールやテニスコートの利用もおすすめ。

公園内には、スイーツやドリンク、そして軽食も食べられるカフェコーナーもあります。観光名所や穴場スポット巡りの合間に、体を思う存分動かして、リフレッシュしてはいかがでしょう。地元・つくばの人目線で観光を楽しめることでしょう。

名称 洞峰(どうほう)公園
住所 茨城県つくば市二の宮2-20
営業時間 施設によって異なる
サイト https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisetsu/kouensports/kouen/1002827.html

5. 筑波山神社

3,000年以上の歴史を誇る神社が「筑波山神社」。由緒ある筑波山神社は、縁結びの神様が祀られているので、素敵な人との出会いを期待している女性におすすめの名所。やはり、縁結びの神様が祀られているということで、つくば市内の結婚式の定番スポットの一つです。

View this post on Instagram

@potapotterがシェアした投稿

筑波山の麓にあるので、登山のスタート地点にする方も多いようですが、春には桜、秋には紅葉の美しい景色が望める絶景スポットとして、たくさんの人で賑わいます。また、パワースポットとしても有名なので、移ろいゆく景色を眺めながら、パワーチャージしてみても良いでしょう。

名称 筑波山神社
住所 茨城県つくば市筑波1
サイト http://www.tsukubasanjinja.jp/

6. つくば牡丹園

4月下旬~5月にかけて、美しい牡丹やシャクヤクなどを鑑賞できるのが「つくば牡丹園」。無農薬栽培された550種・10,000株の牡丹。そして、250種・50,000株のシャクヤクが広大な6万㎡の敷地に植栽され、次から次へと咲き誇っています。

自然のままの景観を生かした牡丹園は、日本最大のピオニー(シャクヤク)ガーデン。シーズン中は、鳥のさえずりや花々の甘い香りが漂う夢み心地な空間で、多種多様の花々を鑑賞できます。園内では、お食事も可能。美しい花々を鑑賞しながらのランチはいかがでしょう。見頃に合わせて、足を運んでみてください。

名称 つくば牡丹園
住所 茨城県つくば市若栗500
営業時間 4月下旬~5月/9:00~17:00(入園16:30まで)
サイト http://www.ushikukankou.com/images/member/tsukubabotanen.htm

7. サイエンス・スクエアつくば

見て・聴いて・触って楽しむことのできる施設が「サイエンス・スクエアつくば」。入場無料で、見学できるこちらのスポットは、産業技術のショールームといわれ、日本人が発見した夢の素材といわれる「カーボンナノチューブ」の応用例や、人の心を癒してくれると評判のアザラシ型ロボットなども展示されています。

展示ゾーンは、グリーン・ライフ・ものづくりの3つのジャンルで構成されています。どちらかというと、子供向けというより、子供の頃に科学者に憧れていた大人に、おすすめしたいスポット。研究成果を自分の目で見ると「きっとこの研究が、未来の生活を豊かなものにしていくだろうな」とワクワクした気持ちで見学できるはず!

名称 サイエンス・スクエアつくば
住所 茨城県つくば市東1-1-1中央第1中央本館1階
営業時間 9:30~17:00
サイト https://www.aist.go.jp/sst/ja/

8. 筑波山梅林

筑波山の中腹に位置する「筑波山梅林」。標高約250mの位置にあり、東京ドーム1個分の広大な園内に、白梅、紅梅、緑萼梅(萼が緑色)など、約30種の梅の木が植えられている市営の梅園です。

園内の全長130mの木道からは、筑波石と梅の美しいコントラストを見ることができ、展望あづまやからは、梅園内で咲き誇る梅の花の全体を見渡すことが可能。天候に恵まれると、富士山も眺められます。毎年2月中旬ごろから始まる梅のシーズンに開催される梅まつりは、子供連れの家族、カップル、外国人観光客など、世代を超えて楽しまれています。

名称 筑波山梅林
住所 茨城県つくば市沼田
営業時間 梅まつり期間8:30~17:15
サイト https://www.city.tsukuba.lg.jp/kankobunka/kankojoho/tsukubasan/1001423.html

9. つくばわんわんランド

女子旅で訪れてほしい場所といえば、小型犬から大型犬まで約90の犬種と気軽に触れ合うことができる「つくばわんわんランド」。巨大な秋田犬の展望台がトレードマークの場所。20分1,000円でお気に入りのワンちゃんとお散歩が楽しめます。家族にアレルギーの方がいたり、住宅事情でワンちゃんを家族に迎えることのできない人におすすめのスポットと言えるでしょう。

わんわんランドでは、毎日開催されるイベントのほかに、期間限定イベントも盛りだくさん!訪れる際はイベントのチェックも忘れないでくださいね。さらに、わんわんランドでは、猫好きの方の声に答えて、ねこハウスもオープンしました。ワンちゃん、ネコちゃんと触れ合うことで、日頃の疲れをリフレッシュしてはいかがでしょうか。

名称 つくばわんわんランド
住所 茨城県つくば市沼田579
営業時間 10:00~17:00
サイト https://wanwan-land.co.jp/

10. 地質標本館

地球科学専門の博物館が「地質標本館」。建物は小規模ですが、地球の歴史や生活と鉱物資源などのテーマを軸にダイナミックに展示されています。館内に入って、真っ先に目に飛び込んでくるのが、宮城県牡鹿半島の「ジュラ紀の褶曲層」の実物大レプリカ。

さらに、2002年につくば市で発掘された、日本最大級のナウマンゾウの臼歯も見どころ。また、ミュージアムショップでは、トランプやマスキングテープ、ナウマンゾウの手ぬぐいなど、数多くのオリジナルグッズを販売しています。地質標本館でしか、購入できないレアグッズは、お土産に喜ばれますよ。

名称 地質標本館
住所 茨城県つくば市東1-1-1
営業時間 9:30~16:30
サイト https://www.gsj.jp/Muse/

つくば駅周辺でおすすめのスポット5選

1. つくばエキスポセンター

雨の日でも楽しめるスポットといえば「つくばエキスポセンター」。科学技術に興味・関心を持ってもらうためにオープンした茨城を代表する施設。体験型のイベントや講演会も開催されるので、子供から大人まで幅広い世代が参加できるアクティビティが充実しています。

View this post on Instagram

@kmarigramがシェアした投稿

デートにもおすすめなのが、センター内にあるプラネタリウム。美しい星空をくつろぎながら鑑賞できます。訪れる際は、空席情報などチェックすることをおすすめします。また、併設されているサイエンスミュージアムショップでは、実験キットや宇宙食などが販売されています。つくばならではのお土産として購入してみてください。

名称 つくばエキスポセンター
住所 茨城県つくば市吾妻2-9
営業時間 9:50~17:00
サイト http://www.expocenter.or.jp/

2. つくばクレオスクエア

TX(つくばエクスプレス)つくば駅と地下通路で直結している都市型の複合施設が「筑波クレオスクエア」。駅に到着して、急な雨に降られても、天気に左右されることなく、ショッピングや食事を楽しめる人気スポットです。

施設内には、ロゴスやモンベルなどアウトドアショップを始め、様々なショップが入店しているので、幅広い目的に対応できる便利なスポット。つくばエクスプレスの発車時刻まで時間があるときは、本屋さんや雑貨屋さんでウィンドウショッピングも楽しめますよ。さらに、筑波まで車で訪れた方は、購入金額に関係なく、3時間まで駐車料無料。

名称 つくばクレオスクエア
住所 茨城県つくば市吾妻1-6-1
営業時間 店舗によって異なる
サイト http://www.creo-sq.com/

3. 茨城県つくば美術館

1990年に茨城県近代美術館の分館としてオープンした「茨城県つくば美術館」。つくば駅から徒歩約5分の場所にある、つくば文化会館アルス内につくば市が運営する図書館とともに併設されています。

緑豊かな公園内にある茨城県つくば美術館の展示室は、貸ギャラリーとして個展やグループ展の展示が行われ、地域密着型の美術館として親しまれています。駅からのアクセスも良いので、気軽に一人で作品を鑑賞できます。

名称 茨城県つくば美術館
住所 茨城県つくば市吾妻2-8
営業時間 9:30~17:00
サイト http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/

4. つくば総合インフォメーションセンター

つくばに到着したら、真っ先に訪れたい場所が「つくば総合インフォメーションセンター」。つくば駅から徒歩約3分というアクセスの良いBiviつくばの中にあります。バスの路線からイベントまで、つくばの情報収集に欠かせない便利な案内所です。

バスやタクシーを利用せず、暮らすようにつくばを観光したい人には、1日500円という安いお値段で利用できるレンタサイクルがおすすめ。緑豊かなつくばの街並みを、自転車で風を切りながら観光を楽しんでください。つくば最強のパワースポット筑波山を訪れるなら、筑波山観光案内所がおすすめです。

名称 つくば総合インフォメーションセンター
住所 茨城県つくば市吾妻1-8-10
営業時間 8:30~18:30
サイト https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisetsu/bunkagakushu/1002782.html

5. 中央公園

TXつくば駅改札を抜けてすぐの場所にあるのが「中央公園」。つくば市内には、自然豊かな公園が数多くあります。その中でも中央公園は、ロケットが見られるところが最大の人気ポイント!さらに、周辺には、市立図書館や美術館もあるので、公園散策を楽しんだあと、図書館や美術館で落ち着いた時間を過ごせます。

毎月第一日曜日に中央公園で開催される「つくいち」と呼ばれる朝市は、誰でも気軽に参加できます。秋葉原から車で1時間弱なので、ドライブデートの途中で立ち寄ってみてはいかがでしょう。無農薬野菜の販売だけでなく、カフェご飯も味わえるので、ランチにおすすめです。

名称 中央公園
住所 茨城県つくば市吾妻2-7-5
サイト https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisetsu/kouensports/kouen/1002823.html

つくばでおすすめの穴場スポット5選

1. 筑波実験植物園

世界各国のあらゆる環境下で、生息している植物を見学できる贅沢なスポットが「筑波実験植物園」。多種多様な植物の保全や収拾を行い、約150万点以上の植物や菌類の標本を保有していています。さらに、絶滅危惧種に対する保全や研究に取り組んでいることでも広く知られています。

植物園のサバンナの温室、熱帯雨林温室、水生植物温室の3つの環境に分けて、展示を行っているところも見どころです。魅力的な常設展のほかにも、季節ごとにイベントや企画展も開催されているので、公式スケジュールをチェックして参加してみてください。生物好きな方はもちろん、そうでない人にも満足していただける植物園ですよ。

名称 筑波実験植物園
住所 茨城県つくば市天久保4-1-1
営業時間 9:00~16:30
サイト http://www.tbg.kahaku.go.jp/

2. ガマ石

ガマ石の口の中に石を投げ、見事に入ると金運が上がり、願いが叶うといわれているのが、筑波山の奇石の一つ「ガマ石」。山そのものが御神体といわれる筑波山。そのパワーも相当なものといい伝えられています。

有名なガマの油売りの口上も、この石の前で考え出したといわれています。そのため、天下の奇祭といわれる筑波山のガマ祭りは、ガマの油を生み出したといわれる光誉上人(こうよしょうにん)を供養したものといわれています。勝負運、仕事運、商売繁盛などに、御利益があるといわれています。ぜひ、つくばを訪れたら、ガマ石まで足を延ばして、運を味方につけてください。

名称 ガマ石
住所 茨城県つくば市筑波1
サイト http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=899

3. 農林さくら通り

つくば市内の筑波農林研究団地にある「農林さくら通り」と呼ばれる道路があり、つくば市内の桜の名所として有名です。春の桜のシーズンになると、全長約1.5kmの両側にソメイヨシノ、八重桜、ヤマザクラなど、約500本の桜が順々にきれいな花を咲かせます。

時期を同じくして、一角にある菜の花畑が満開になると、鮮やか黄色と桜のピンクの美しい絶景を望めます。残念ながら、菜の花畑は立ち入り禁止。マナーを守って、インスタ映えまちがいなし!の景色を満喫してください。菜の花が満開の時期を迎えるころがおすすめですよ。

名称 農林さくら通り
住所 茨城県つくば市観音台3-1-1
営業時間 3月下旬~4月上旬、終日可能
サイト https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/sakura_street.html

4. サイバーダインスタジオ

2008年にオープンした「サイバーダインスタジオ」は、イーアスつくば内に設けられたロボットミュージアム。科学館や博物館とは違って、ショッピングモールの中にあるので、気軽にロボット技術に触れられる施設として人気。

世界初の有名なロボットスーツHALが、世界で唯一、常設展示されているところも人気の要因。さらに、事前に予約しておくと、ロボットスーツHALの装着体験も可能なので、お出かけ前にチェックしておいてくださいね。装着体験は、1名15,000円と安くはないですが、90分~120分貴重な装着体験ができますよ。

名称 サイバーダインスタジオ
住所 茨城県つくば市研究学園5-19イーアスつくば
営業時間 10:00~21:00
サイト https://www.cyberdyne.jp/studio/

5. 煮干中華そば・イチカワ

全国的にも、有名なつくばのご当地グルメといっても良いのが「煮干中華ソバ・イチカワ」。そんな、つくばの名店は、筑波大近くの落ち着いた穴場エリアにひっそり佇んでいます。いつ、訪れても行列ができていますが、1杯750円という安いお値段で食べられる極上の味は、待ってでも食べる価値あり!の逸品です。

View this post on Instagram

@kotorinstがシェアした投稿

一度食べたら、トッピングのレアチャーシュー、味卵にはまってしまいますよ。つくばを訪れたら、ぜひ立ち寄って食べていただきたい、ご当地グルメ。追加は、替え玉ではなく「和え玉」。煮干しソバとは違ったおいしさがクセになりますよ。

名称 煮干中華そば・イチカワ
住所 茨城県つくば市天久保2-9-2リッチモンド2番街
営業時間 11:30~14:00
サイト
「HPなし」

宇宙に一番近い街・つくばの魅力を再発見!

日本屈指の学園研究都市のつくば。最新の科学技術や、様々な研究機関の成果を展示しているスポットが、点在している日本で一番宇宙に近い街です。研究や学びの街のイメージが強いつくばですが、自然豊かな筑波山を始め、絶景スポットも数多く点在しています。都心からのアクセスも良いので、週末の日帰り旅行で気軽に訪れてみてはいかがでしょう。

【関連記事はこちら】
▷意外な観光地がたくさん!茨城のおすすめ観光スポット20選
▷日立の魅力を再発見!女子旅や外国人にもおすすめの観光スポット20選

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事