最終更新日時2019/07/01

日光へ旅行を考えている人は、なかなか多いのではないでしょうか?日光東照宮をはじめ、北関東でも有名な観光地として栄えています。悩むのがお土産選び。今回は名物や変わり種まで、おすすめのお土産を幅広くご紹介していきます。

日光土産でおすすめのお菓子10選

1. 日光カステラ本舗

「日光カステラ本舗」は日光のお土産の定番である「カステラ」を購入することができます。江戸時代に長崎出島のオランダ商館長が日光東照宮に灯籠を奉納したときに、カステラを神前に献上したという逸話があり、その逸話からカステラが作られました。

「家康公のひときれかすてら」には、ハニー味と抹茶味のカステラがそれぞれ入っています。一切れずつ入っているので、お土産にもぴったりですよ。アカシアのハチミツが使用されたハニー味は上品な甘みで絶品です。一つ買っておきたいお土産です。

名称 日光カステラ本舗
住所 栃木県日光市本町1-8
営業時間 4月~11月 9:00~18:00
12月~3月 9:00~17:00
サイト
https://nikko-castella.jp/honten/

2. さかえや

「さかえや」は日光の名物である湯葉を使った「揚げ湯葉まんじゅう」が販売されています。1960年代から50年以上にもわたって不動の人気を誇っている名物です。テレビや雑誌などに紹介されることも多々あります。

店先では出来立ての「揚げ湯葉まんじゅう」が販売されています。食べ歩きにぴったりのグルメですし、お持ち帰り用もあるのでお土産に買って帰ることもできます。レンジやオーブントースターで温めるだけでおいしい「揚げ湯葉まんじゅう」が食べられますよ。

名称 さかえや
住所 栃木県日光市松原町10-1
営業時間 9:30~18:30
サイト
http://www.sakaeya.net/

3. 綿半

「錦半」は絶品の「羊羹」が販売されています。「羊羹」を販売しているお店はたくさんあるのですが、ここでは「塩羊羹」を食べることができます。他にも「水ようかん」なども販売されており、上品な味が多くの人気を得ています。

「塩羊羹」は一個から購入することができるので、お土産にもぴったりです。塩が入っているからといってしょっぱく感じるのではなく、小豆の甘さが引きたてられているので、通常の羊羹よりも上品な甘さを感じられますよ!

名称 綿半
住所 栃木県日光市安川町7-9
営業時間 8:30~17:30
サイト
https://www.nikko-watahan.jp/

4. 虎彦製菓株式会社

「虎彦製菓株式会社」では「きぬの清流」が販売されています。日光のお土産として持っていないといけない!という印象で知られておりロングセラーの商品です。一つ一つ包装されているので、お土産に買って帰る人も多いです。上品なデザインなのも特徴です。

「きぬの清流」はどら焼きのような見た目なのですが、皮が薄いので中のあんこの味をしっかり感じることができます。意外と固めの食感になので、クッキーにも近いです。保存料や油などは使用されていないので、ダイエット中の方へのお土産にも最適ですよ。

名称 虎彦製菓株式会社
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝428
営業時間 8:00~17:00
サイト
http://www.torahiko.co.jp/

5. 湯沢屋

「湯沢屋」は創業200年以上になる老舗の和菓子専門店です。名物の「酒まんじゅう」を大正天皇にも献上したことがあるというほど古くから愛されているお菓子です。一種の発酵食品だったので、昔は「長寿菓子」とされていました。

口に入れるとほのかにお酒の香りが広がります。お酒が入っているのでふんわりとした食感で、中のあんこの味も引き立たせてくれます。クエン酸が少し入っているのですが、保存料のような役割をしてくれるので日持ちもしますよ。

名称 湯沢屋
住所 栃木県日光市下鉢石町946
営業時間 8:00~18:00
サイト
https://yuzawaya.jp/

6. 日光甚五郎煎餅本舗 石田屋

「日光甚五郎煎餅本舗石田屋」は日光のお土産としても定番の「おせんべい」を購入することができます。100年以上もの歴史に誇っているお店で、昔ながらのおせんべいを楽しめます。一つ一つ包装されているのでお土産にもぴったりです。

「おせんべい」には少しバターが入っているのですが、口に入れた瞬間にバターの風味がふんわりと広がります。そこにお塩が良いアクセントとして効いており、やみつきになる味を実現しています。年配の方へのお土産としても喜ばれることでしょう。

名称 日光甚五郎煎餅本舗 石田屋
住所 栃木県日光市本町4-18
営業時間 8:30~17:00
サイト
http://www.jingorou.com/

7. 日光のけっこう漬本舗

「けっこう漬本舗」では日光の名物である「たまり漬け」が販売されています。昔から醤油や味噌が盛んに醸造されていたので、製造過程に出てきた「たまり液」を利用して野菜を漬け込んだのが始まりでした。ちょうど良いくどさが後を引きます。

ちょうど良い量の漬物がパッケージに入っているので、自分用にもお土産用にもぴったりです。ご飯のお供になりますし、お酒のおつまみにもなります。お酒が好きな方のお土産にもぴったりなのでぜひたまり漬けを選んでみてはいかがでしょうか?

名称 日光のけっこう漬本舗
住所 栃木県日光市平ケ崎390-2
営業時間 11:00~18:00
サイト
http://kekkozuke.co.jp/

8. 落合商店

「落合商店」は300年以上の歴史を誇っているお店です。ここでは「志そ巻とうがらし」を購入することができます。もともとは日光修験が体を温めるための食事として食べていたことが始まりだと言い伝えられています。

「志そ巻とうがらし」は緑色の唐辛子をべっこう色になるまで私用でつけて、シソの葉一つ一つ丁寧に巻かれたものです。ほどよい辛さがアクセントで、シソの葉がさっぱりとさせてくれます。ご飯のお供にもなるので、家族へのお土産にもぴったりですよ。

名称 落合商店
住所 栃木県日光市下鉢石町938
営業時間 9:00~18:00 
サイト
http://www.shisomaki.com/

9. 元祖 日昇堂

「元祖 日昇堂」は1927年に創業されたお店で、私だけではなく「ラスク」も販売しているお店です。オリジナルの特許製法でパンの繊維にまでチョコレートを染み込ませています。サクサク食感の「ラスク」は幅広い世代から人気です。

「ラスク」にはシュガー、黒糖、メープル、ビターチョコ、抹茶、ストロベリーの味があります。一口タイプのラスクも販売されているので、贈る相手によって味や形を変えることができますよ。優しい甘さが自慢の「ラスク」をお土産にしてみてはいかがでしょうか?

名称 元祖 日昇堂
住所 栃木県日光市上鉢石町1038
営業時間 9:00~18:00
サイト
http://www.ganso-nisshodo.jp/

10. 日光人形焼みしまや

「日光人形焼みしまや」はオープンしてからまだ数年しか経っていませんが、連日多くのお客さんが来店するほど高い人気を誇っています。お店の看板メニューは「人形焼き」です。店主さんは日光彫アーティストでもあるので、「三猿」がモチーフにしてあります。

国内産100%の小麦粉、あずき、蜂蜜、もち米飴などが使用されています。一つ一つの素材を厳選して選んでいるので、もっちりとした食感と程良い甘さの人形焼きが出来上がりました。デザインも可愛いですし、お土産にぴったりです。

名称 日光人形焼みしまや
住所 栃木県日光市石屋町440
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.nikko-n.com/

日光土産でおすすめの名産5選

1. 日光湯波 ふじや

「日光湯波ふじや」は日光の名産である湯葉を使用したお土産が販売されています。京都の湯葉と違って、分厚く食べ応えのある日光湯波は湯葉ならではのあっさりとした味を楽しむことができます。特に女性に人気の商品です。

「日光湯波」は乾燥させてパッケージに入っているので、いつでも食べることができます。そのまま刺身で食べることもできますし、煮物にするのも良いです。日光ならではのお土産になるので、家族、友人にもオススメですよ。

名称 日光湯波 ふじや
住所 栃木県日光市下鉢石町809
サイト
http://www.nikko-fujiyayuba.com/

2. 宮前だんご

「日光宮前だんご」ではお味噌の上に黒糖のタレをかけて焼き上げられた珍しいお団子が販売されています。味噌の独特の甘さと黒糖の甘さが相まって、最高のハーモニーが奏でられるています。焼きたてをぜひ味わってみてください。

「宮前だんご」はお持ち帰りすることもできます。食べたことのない味を楽しむことができるので、友人や家族へのお土産にもぴったりですよ。おだんごのあまじょっぱい独特の味に家族みんなで虜になってしまうことでしょう。

名称 宮前だんご
住所 栃木県日光市下鉢石町956
営業時間 http://miyamaedango.dohome.net/
サイト
http://miyamaedango.dohome.net/index.html

3. 日光東照宮

「日光東照宮」は観光スポットとしても有名です。日向東照宮と言えば「徳川家康」が有名ですね。ご利益もありそうですし、ぜひ参拝してみてはいかがでしょうか?「日光東照宮」には様々なデザインのお守りがあるのでお土産にもぴったりです。

特に「眠る猫のお守り」がおすすめです。「眠り猫」は平和の象徴ともされていて、まねき福と開運のご利益を受けることができます。キーホルダースタイルのお守りになのでかわいいですし、つけやすいので喜ばれますよ。

名称 日光東照宮
住所 栃木県日光市山内2301 MAP
営業時間 4月~10月 8:00~17:00
11月~3月 8:00~16:00
サイト
http://www.toshogu.jp/

4.
日光那須野遊印し

「日光遊印し」ではリンゴの木の枝を使った「はんこ」を作ってもらえます。世界に1つだけのオリジナルはんこができます。模様もつけてくれるのでとてもおしゃれでかわいらしい自分だけのはんこが出来上がりますよ!

ぜひ家族や大切な人へのお土産にいかがでしょうか?見た目もおしゃれでかわいいですし、はんこは日常生活でもよく使うものなので、きっと喜んでもらえますよ。太さや形もそれぞれ違いますし、思い出作りにもいかがでしょうか?

名称

日光那須野遊印し

住所 栃木県日光市松原町10-10
営業時間

10:00~17:00

サイト
http://sinon.petit.cc/

5. 村上豊八商店

「村上豊八商店」では日光彫の商品はたくさん販売されています。それではなく日光彫の体験をすることができるので、自分の思い出作りにもなりますよ。手鏡、写真立て、デスクボックスのいずれかを選べるので、自分だけの作品を作ってみてください。

自分で作ったはんこをお土産にあげるのも良いですね。もちろん職人がすべて手作業で作った日光彫を販売されていますし、金額もリーズナブルなのでお財布にも優しいです。大切な人へのプレゼントにいかがでしょうか?

名称 村上豊八商店
住所 栃木県日光市松原町256
営業時間 9:00~17:00
サイト
http:www.toyohachi.net/

日光土産でおすすめの雑貨5選

1. cafe&gallery仁右衛門

「cafe&gallery仁右衛門」は東武日光駅から徒歩5分のところにあるお店です。駅から近いのでアクセスも良いですよ。こだわりの陶器や小物などが販売されており、普段遣いもできる雑貨なども揃えてあります。カフェも併設されているのでお土産を選びながら休憩することも可能です。

和を感じられるようなガラス陶器なども販売されています。一つ一つ違った模様が描かれていますし、贈り物としてもぴったりですよ。自分用にも購入して、日々の食事を穏やかに色とってみるのもいいかもしれませんね!

名称 cafe&gallery仁右衛門
住所 栃木県日光市石屋町418-1
営業時間 10:00~18:00
サイト
https://www.niemon.net/

2. TEN to MARU

「TEN to MARU」は「日光東照宮」の近くにある雑貨店です。白を基調としたおしゃれな外観が特徴的なお店です。店主自らが厳選して選ばれたハンドメイドアイテムが種類豊富に販売されています。バラエティー豊富なので選ぶだけでもウキウキしますよ。

中でも「マスキングテープ」がおすすめです。ご当地ならではのデザインが描かれたかわいいマスキングテープもありますし、和柄のマスキングテープなど種類豊富にあります。神社を巡った後にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

名称 TEN to MARU
住所 栃木県日光市安川町4-23
営業時間 11:00~16:00
サイト
https://ja-jp.facebook.com/tenmaru.nikko/

3. Nippon de Irimachi

「Nippon de Irimachi」は栃木県の伝統的な工芸品が多く販売されている新感覚のアンテナショップです。人気の作家の作品だけではなく若手作家が手がけた作品もたくさん並んでいるので、まるで美術館に来ているような雰囲気が味わえますよ。

中でも「コースター」がおすすめです。和柄がデザインされた「コースター」は渋くてとてもかっこいいです。男性へのお土産にもぴったりですし、自分用に買うのもよいですね!他にもピアスやヘアゴムなど、かわいい雑貨もあるのでじっくり見てみてください。

名称 Nippon de Irimachi
住所

栃木県日光市安川町8-9

営業時間 11:00~16:00

4. 日光東照宮

「日光薬師堂」も有名な観光スポットの1つです。手を打つと音が反響するのですが、その音が龍の鳴き声に聞こえると有名です。薬師堂では龍をイメージしたお守りを購入することができます。運が逃げないように穴は一つもありません。

デザインがとても渋くてかっこいいです。大切な人やお父さんに贈ると喜ばれますよ。開運のご利益があるので、神社で参拝をした後にお守りコーナーを見てみてはいかがでしょうか?様々な種類のお守りがあるのも特徴です。

名称 日光東照宮
住所 栃木県日光市山内2301
営業時間 4月~10月 8:00~17:00
11月~3月 8:00~16:00
サイト
http://www.toshogu.jp/

5. 倉田工房

「倉田工房」では「日光下駄」が販売されています。有名人も多く来店している人気店で、この店オリジナルの下駄も販売されています。一つ一つ職人が手作りされているので、商品によって雰囲気が違うのも魅力的ですね!

家族へのお土産や、友人へのお土産にぴったりですよ。下駄は浴衣にも映えますし、足元を華やかに飾ってくれるので、お土産で狙ったらきっと喜んでくれますよ。一つ一つ微妙な違いがあるので相手にピッタリの下駄を探してみてください。

名称 倉田工房
住所 栃木県日光市所野2835-49 
サイト
http://tesigotosenka.com/kuratakoubou.html

日光のお土産を買って喜んでもらおう!

今回は日光でおすすめのお土産をご紹介していきましたが、いかがでしょうか?日光には伝統的なものもたくさんありますし、名物もたくさんあります。たくさんありすぎて何を選べばよいのか迷ってしまいますよね。今回ご紹介したお土産を参考に、ぜひピッタリのお土産を見つけてみてください。風情のあるものからかわいいものまでありますから、幅広い年代の方に喜んでもらえますよ!

▷栃木県に行くなら訪れたい!おすすめの観光スポット30選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事